ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Narthex - Wikipedia
ナルテックス (Narthex)

ナルテックスは、キリスト教初期、及び ビザンティンのバシリカと教会 (Byzantine basilicas and churches) に典型的な建築要素であり、 入り口あるいはロビー領域から構成され、 ネイブの西端にあり、 教会の主祭壇の反対側にある。 伝統的にはナルテックスは教会の一部分であったが、本来の教会とはみなされなかった。

初期のキリスト教会では、 ナルテックスはしばしば 2 つの異なる部分に分割された:  エゾナーテックス (esonarthex、内部ナルテックス)、 西の壁と本来の教会本体の間で、 ネイブと側廊から、 壁、アーケード、列柱 (colonnade)、仕切り (screen)、あるいは手すり (rail) で分離されている;  及び外部の閉鎖空間であるエクソナーテックス (exonarthex、外部ナルテックス)、 教会正面の前にある庭 (court) で、 すべての周囲が列柱で囲まれ、 ローマの最初のサン・ピエトロ大聖堂 (St. Peter's Basilica) あるいは ミラン (milan) の サンタンブロージョ聖堂 (Basilica of Saint' Ambrogio) のものと類似なものである。 エクソナーテックス (exonarthex) は開放されていても、囲い込まれていてもよく、 ビザンティン・コーラ教会 (Byzantine Chora Church) のように外に至る扉があってもよい。

拡張されて、ナルテックスは建物の屋根付きのポーチ (porch、玄関)、 あるいは入り口も意味する。

西方教会の平面図、ナルテックスは
西端の灰色の領域
コーラ教会 (Chora Church) の平面図、
内側と外側の両方のナルテックスが表示
  1. 語源
  2. 目的
語源

この単語はナルテックス (narthex) -- 古代ギリシャ語 (Classical Greek) の narthex νάρθηξ (大きな fennel、鞭) に由来する中世ラテン語 (Medieval Latin) -- に由来しており、懺悔者 (penitents) の場所であった。 現代のギリシャ語のナルテカス (narthekas、νάρθηκας) にはもはやこの意味がなく、 英語のように教会のポーチ (porch、玄関) 及びねん挫した手首の支え (brace) あるいは折れた腕の吊り包帯 (sling) のことである。 英語ではナルテックス (narthex) は今でも教会の西端の外側のポーチ (porch, 玄関) の ことで、元々は教会の一部分であった。

目的

ナルテックスの目的は、一般的な集会 (congregation) に受け入れられない人 (とりわけ洗礼志願者 (catechumens) と悔悟者 (penitents)) を入れて、礼拝を聞かせ、参加させるためである。 ナルテックスにはしばしば洗礼盤があり、幼児や大人がネイブに入る前に洗礼を受けることができ、 礼拝に集まる時に、他の信者に彼らの洗礼を思い起こさせるためであった。 ナルテックスは従って伝統的に懺悔 (penitence) の場所であり、 東方教会 (Eastern Christianity) では、懺悔の礼拝ようなことがここで行われ、 例えば 受難週 (Holy Week) の Little Hours が、教会の本体においてではなく、ここで祝賀される。 ロシア正教会 (Russian Orthodox Church) では、葬式は伝統的にナルテックスで行われる。

訳注
Canonical Hours (時課) で matins (早課)、 lauds (賛歌)、vespers (日の入り時の晩課) を除いたものが Little Hours。

後の改革により、集会 (congregation) の完全メンバーでない人々を礼拝から排除することが取り除かれ、 伝統によってはナルテックスを不要にした。 しかしながら、教会建築家はネイブに入る前の部屋を建設し続けた。 この部屋は (もしも建築的にネイブの構造の 1 部分であれば) 内部玄関ホール (inside vestibule) と呼べるし、 (もしも異なる外部の構造であれば) ポーチ (porch、玄関) と呼べる。 幾つかの伝統では、この領域をなおナルテックスと呼び続けている、 というのは、ネイブ自身に誰もが入ることが許されたが、ここは教会に入る場所であったからである。

東方正教会 (Eastern Orthodox Church) では、 エソナーテックス (esonarthex) とエクソナーテックス (exonarthex) には異なる礼拝式の機能 (liturgical function) があったし、 現在もある。 例えば、復活前夜祭 (Paschal Vigil) の行列は復活福音書 (Resurrection Gospel) の朗読で、 エクソナーテックス (exonarthex) で終了し、一方、ある種の懺悔の礼拝 (penitential service) はエソナーテックス (esonarthex) で伝統的に詠唱される。

東方正教会寺院 (Easter Orthodox temples) によっては、ナルテックスは trapeza (食堂) と呼ばれる、 というのは古代には 聖体礼儀 (Divine Liturgy) のあとで、ここにテーブルが設置され、 信者が共通の食事をとり、 初期教会の agape feast に類似のものであった。 今日に至るまで、ここはイースター (Pasche (Easter)) の時に、 信者がバスケットを持ち込み、 聖職者 (priest) がイースターの食物を祝福し、これを彼らは 祭りの最初の食事 (break-fast) のために家に持って帰る。 伝統的には、ナルテックスはロウソクとプロスフォラ (prosphora) を 時課 (Divine Service) で捧げるために売られる場所である。

訳注
プロスフォラ (prosphora) とは正教会 (Orthodox Christian) で使用される 発酵させたパンの小さな一切れ。(Prosphora - Wikipedia)

ナルテックスからネイブに至る扉 (doorway) は時々、王室扉 (Royal Doors) と呼ばれる。 というのは、重要な大聖堂 (atholica) では、ネイブに至る幾つかの扉があり、中央のものは ビザンティン皇帝が使用するために予約されているからであった。

祝祭の日には、ナルテックスに至る行列があり、 リティヤ (Litiy) と呼ばれる調停の祈とう者 (intercessory prayer) がこの後を追う。

アルメニアでは、ナルテックスの地元の様式は gavit と呼ばれる。

ルーマニアの小さな正教会
のナルテックス、扉を通して
ネイブと「聖なる扉」 (Holy
Doors) を見る。
東方正教会ナルテックスの横の光景。中央には アナロイ
(analogion) があり、ここで聖職者は懺悔を聞く。右に、
銀の洗礼盤と聖水を分配する器がある。メイン・ホール
は左 (ペチェルスキー昇天修道院、 ニジニ・ノヴゴロド
(Pechersky Ascension Monastery, Nizhny Novgorod))