ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Church of the Holy Sepulchre, Cambridge - Wikipedia

聖墳墓教会: Google map フォトスフィア

聖墳墓教会、ケンブリッジ
(Church of the Holy Sepulechre, Cambridge)

聖墳墓教会 (The Church of the Holy Sepulchre) は一般に ラウンド教会 (The Round Church) と呼ばれ、 イングランド、ケンブリッジ市のアングリカン教会 (Anglican Church) である。 これは、ラウンド教会ストリートとブリッジ・ストリートの角にある。 1950 年以来、教会はグレード I の指定建造物に指定され、 現在は「クリスチャン・ヘリテッジ」 (Christian Heritage) によって管理されている。 これはイングランドで使用中の 4 つある中世のラウンド教会の 1 つである。

聖墳墓教会、西の正面 ケンブリッジシャーにおける位置
  1. 歴史
  2. 建築様式
  3. 最近の歴史と現在
  4. 埋葬
歴史

教会は 1130 年頃に建設され、この形はエルサレムの 聖墳墓教会 (the church of the Holy Sepulchre) の円型の建物 (rotunda、ロタンダ) に 触発された。 これは「聖墳墓友愛会」 (Fraterity of the Holy Sepulchre) により建設され、 これは恐らくはオースティン・キャノン (Austin canons) のグループである。 教会は円形のネイブアンビュラトリー に短いチャンセル (chancel、内陣) が付いたもので構成され、 チャンセルは恐らくはアプス (apse、後陣) の形をしてる。 当初は、これはヴィア・デヴァーナ (Via Devana、現在のブリッジ・ストリート) と呼ばれた ローマの道路の 歩行旅行者 (wayfarer) の礼拝堂であった。 13 世紀中頃までに、これは教区教会となり、バーンウェル修道院 (Barnwell Priory) の保護下になった。 この頃に、構造的変更が教会に加えられ、 チャンセルの再建と北の側廊が追加され、側廊はチャンセルよりも短くなった。 15 世紀の最中に、ネイブのノルマン様式の窓が広いゴシック様式の窓で交換された。 チャンセルと側廊の天井の天使の彫刻が追加された。 多角形の鐘楼階 (bell-storey) がネイブの上に建設された。 イングランド内戦中の 1643 年に、偶像崇拝的な像の多くが破壊された。 19 世紀には教会は状態がひどく悪くなっていた。 1841 年にアンビュラトリーの一部分が崩落し、 ケンブリッジ・カムデン協会 (Cambridge Camden Society) が修理を実施することを申し出た。 彼らはこの目的のためにアンソニー・サルヴィン (Anthony Salvin) を任命した。

"[1644 年 1 月 22 日ケンブリッジシャーの聖墳墓教会で] 我々が壊したものは: 14 個の迷信的な絵、 色々な偶像崇拝の銘文、 1 つは父なる神 (God the Father) のもの、 1 つはキリストと使徒のもの"
ウィリアム・ダウジング (William Dowing) の日記
1809 年聖墳墓教会、
ゴシック様式の鐘楼階が見える。

サルヴィン (Salvin) は鐘楼階 (bell-storey) を元々の屋根に類似した屋根で交換した。 これが必要となったのは、鐘楼の重さは壁が支えるのに重すぎたせいである。 15 世紀のゴシック様式の窓はノルマン様式の窓で交換され、以前に挿入された廊下は ここに至る外部の階段と共に取り除かれた。 これを補うために、新しい南の廊下が追加された。 チャンセルの東の壁が不安定であることが発見され、これが交換された。 この時までに、北の側廊が貧弱な状態になって再建され、チャンセルと同じ長さまで延長された。 フロアは、これ以前は黒い大理石であったが、タイルで敷きなおされた。 修理経費の元々の見積もりは £1,000 (2018 年の £90,000 に等価) で、 教区が £300 (2018 年の £30,000 に等価) を支払うことになっていたが、 結局 £4,000 (2018 年の £360,000 に等価) 近くかかり、教区はたった £50 (2018 年の £4,000 に等価) のみ支払った。 1866 年に、ケンブリッジ・ユニオン協会 (Cambridge Union Society) は教会のかっての墓地に、 彼らの建物を建設し、一方 1899 年に聖具保管室 (bestry) が北の側廊の北に追加された; この側廊は 1980 年に延長された。 東の窓のビクトリア時代のステンドグラスは第二次世界大戦に爆弾で破壊され、1946 年に交換された。 1994 年までに信者が教会には多くなりすぎたため、集会場所を近くの 「セント・アンドリュー・ザ・グレート」 (St Andrew the Great) の教会に移した。

建築様式

教会は石造である。 平面図ではこれを構成するのは:  円形ネイブとこれを取り囲むアンビュラトリーチャンセルと南北の側廊、 及び北の聖具保管室である。 教会にはノルマン様式の西の入り口から入り、 ここに 3 本の細い柱があり、 この入り口はホタテ貝の飾りを付けた柱頭とジグザグ、及びせり石 (voussoirs) が銃眼のようになって装飾されていた。 アンビュラトリーネイブの間には 8 本のノルマン様式のどっしりした柱と、丸いアーチがある。 各柱の柱頭は異なるデザインで彫刻されている。 アンビュラトリーのヴォールトの一部分は犬の歯 (dog-tooth) の装飾がある。 アンビュラトリーネイブには人の頭が彫られ、19 世紀のものである。 ネイブの上にはトリフォリウムがあり、二重ノルマン・アーチを含んでいる。 東にはチャンセルと側廊がある。 チャンセルと北の側廊には彫刻された天使があり、15 世紀のもので、 屋根を支えるコーベル (corbel) に付属している。 天使の何人かは楽器を持ったり、演奏したりしている。 聖餐台 (communion table) は 1843 年のもので、ジョセフ・ウェントワース (Joseph Wentworth) により作られた。 チャンセルではクワイヤ―の固定席 (stall) の間は 1842 年にタイルが敷かれている。 これには王室の紋章、ビクトリア女王とプリンス・アルバートの紋章が描かれている。 角 (かど) には 4 人の福音書記者 (Four Evangelists) を表す動物がいる。 鐘楼 (bell-turret) には 2 つの鐘 (bell) がある。 このうちの 1 つは 1663 年のもので、ロバート・ガー二― (Robert Gurney) により鋳造された;  もう 1 つの鐘は恐らく 1440 年と 1458 年の間にロンドンの J. スターディ (J. Sturdy) により鋳造されている。 教会にあるステンドグラスの大半は 19 世紀の修復の時に導入され、 トーマス・ウィルメント (Thomas Willement) とウィリアム・ウェイルズ (William Wailes) によりデザイン・製造された。 東窓のガラスは 1942 年の爆弾で破壊され、1946 年に新しい窓で交換され、 クライスト・イン・マジェスティ (Christ in Majesty、荘厳なキリスト) を描いている。

内部、祭壇の方を見る。 ネイブ (手前) と
北の側廊 (右奥)
最近の歴史と現在

1994 年に、信者が増えすぎて収容できなくなり、近くのセント・アンドリュー・ザ・グレート (St Andrew the Great) の教会に移動した。 聖墳墓教会は訪問客に公開され、「イングランドにおけるキリスト教の影響」 (The Impact of Christianity in Englnad) と題した展示と、写字室 (scriptorium) と呼ばれる研究センターがある。 教会はコンサート、リサイタル、そして演劇を後援し、講座、サマー・スクール、及び講演を手配している。

埋葬