ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Stained glass - Wikipedia

ステンドグラスに描かれるのは本来は宗教的な絵で、教会などに設置されるものです。 家庭向けで非宗教的なものは本来は鉛明かり採りと呼ばれます。 このようなものが製造されたのは大きな 1 枚ガラスが製造できなかったことによっています。 (そのため小さなガラスを組み合わせて大きなものにした。)

ステンドグラス (Stained glass)

ステンドグラスの用語は材料としての色付きガラスを意味したり、 ここから作る作品を意味することもある。 この 1000 年の歴史を通して、この用語はもっぱら 教会、あるいは他の宗教的に重要な建物の窓に適用されてきた。 伝統的には平坦なパネルに作られ、窓として使用されるが、 現代のステンドグラス・アーチストの作品には 3 次元的な構造と彫刻も含まれる。 現代の日常用語ではステンドグラスの用語を拡張して、 箔によるガラスワークで作られた家庭向けの鉛明かり採り (domestic lead light) とオブジェ・ダール (objects d'art, 芸術作品) が含まれ、 ルイス・カムフォート・ティファニー (Louis Comfort Tiffany) の 有名なランプに例示される。

シャルトル大聖堂の北翼廊のローズ窓
ブランシュ・ド・カスティーユの寄進、聖母マリアが天の女王として
表示され、聖書の王と預言者に囲まれている。下には聖母マリアの
母親の聖アン (St Anne) が 4 人の正しい指導者といる。窓には
フランスとカスティーリャの紋章がある。

材質のステンドグラスは製造時に 金属塩 (metalic salt) を添加して 色を付けたガラスである。 色を付けたガラスをステンドグラス窓に仕上げるには 小さな窓の部品が、模様や絵を作るように配置され、 鉛の小片で (伝統的に) 結び付け、硬い枠で支えられる。 詳細な絵と黄色がデザインを強化するためにも使用される。 ステンドグラスの用語はガラスに色を塗って、炉で融合した窓にも適用される。

ステンドグラスは、芸術品・工芸品として、 適切で作業できるデザインを考えるには芸術的な技量が要求され、 部品を組み立てるには工学的技術が要求される。 窓はこれが作られた空間にぴったりと適合する必要があり、 風と雨に耐える必要があり、とりわけ大きな窓では自重を支える必要がある。 多くの大きな窓は中世以来、時の試練に耐え、実質無傷のままでいた。 西ヨーロッパでは、これらは生き延びた絵画的芸術 (pictorial art) の重要な型式 を構成している。 この背景から、ステンドグラス窓の目的は建物内の者に外部を見せることではなく、 主に光を入れるものでさえない。 むしろ、これを制御するものである。 この理由から、ステンドグラス窓は 『照らされた壁の飾り』 (illuminated wall decorations) として記述されてきた。

窓のデザインは抽象的 (abstract) でも、具象的 (figurative) でもよく、 聖書、歴史、あるいは文学から引用した物語を組み込んでもよく、 聖人や後援者を表示してもよく、 象徴的なモチーフ -- とりわけ紋章 -- を使用してもよい。 建物内の窓はテーマを構成してもよい、 例えば: 教会内では -- キリストの生涯からのエピソード;  議会の建物内では -- 選挙区の盾 (shield、紋章); 大学のホールでは -- 芸術、科学を代表する人物像;  家庭内では -- 動植物、あるいは景色。

ステンドグラスは今日でもなお人気があるが、 時々、アート・ガラスとして言及される。 良くある場所は贅沢な家庭、商業ビル、そして信仰の場所である。 芸術家と企業は美しいアート・ガラス -- ドーム、窓、汚れ止め板に至るまで -- を作るために契約をしている。

  1. ガラス製造
  2. ステンドグラス窓の創作
  3. 歴史
  4. ステンドグラス窓を組み込んだ建物
ガラス製造

中世末の間に、ガラス工場が シリカ -- ガラス製造の基本的材料 -- がすぐ手に入る場所に設置された。 シリカは溶けるために非常に高い温度が必要で、ガラス工場すべてが達成できるようなものではなかった。 ポタッシュ (potash、語源:pot + ash、主に Potassium (カリウム))、 ソーダ (soda)、 そして鉛 (lead) が融点を下げるために追加された。 ガラスに色を付けるに、溶融状態の時に、金属酸化物の粉末、あるいは細かく分離された金属を付け加えた。 酸化銅は緑、あるいは青みがかった緑、 コバルトは深い青、 金はワイン・レッドと紫を生成した。 現代の多くの赤いガラスは銅を使用して製造され、 銅は金ほど高価でなく、もっと明るく、もっと朱色の影を与える。 溶鉱炉のクレイ・ポット (粘土の壺) に入っている時に色を付けられたガラスは ポット金属ガラス (pot metal glass) と呼ばれ、被せガラス (flashed glass) とは違っている。

シリンダー・ガラス (Cylinder glass)、あるいはマフ (Muff)

ブローパイプ (blow-pipe, 吹管) を使用して、溶けたガラスのギャザー (gather, かたまり) が、溶鉱炉の加熱ポットから取り出される。 ギャザーは正しい形に成型され、空気が吹き込まれる。 金属の道具、水に浸した木型、及び重力を使用して、 ギャザーを操作して、長いシリンダー (円柱形) にする。 冷却すると、再加熱され、操作が継続される。 この工程中に、円柱の底が取り除かれる。 一旦、望み通りのサイズになったら冷却さる。円柱の一方の側が開けられる。 別のオーブン (oven、かまど) に入れられて、素早く加熱・平らにされ、 次に焼き戻し装置 (annealer) で冷却率をコントロールして、材質をもっと安定にする。 手吹き円柱 (Hand-blown cylinder, マフガラス (muff glass) とも呼ばれる) とクラウンガラス (crown glass) は古代のステンドグラス窓で使用された形式である。 ステンドグラス窓は通常は教会と礼拝堂で使用され、もっと多くの尊敬された建物でも 使用されたことは言うまでもない。

クラウン・ガラス (Crown glass)

この手吹きガラス (hand-blown glass) を作るには、 溶けたガラスのギャザー (gather) に空気を吹き込み、 次にこれを回転する、このために手を使うか、 陶工 (potter) の ロクロのように高速で回転するテーブルを使用する。 遠心力により、溶けたガラスが広がって平らになる。 これを切断して小さな板ガラスにする。 このようにして作られたガラスは色を付けてステンドグラス窓に使用するか、 あるいは色を付けずに使用され、これは 16 世紀や 17 世紀の家屋の小さなパネル窓に見受けられる。 同心上の曲線の波がこの工程を特徴づける。 各々のガラスの中心は 「牛の目」 (bull's-eye) と呼ばれ、 回転中に加速にさらされることがなく、板の他の部分よりも、厚いままである。 これは、回転した時にガラスを支えたポンティル棒 ("pontil" rod) が残したガラスの独特のコブがある。 このコブがあって屈折する性質が意味することは 「牛の目」 はそれほど透明ではないが、 家庭でも教会でも窓としてなお利用された。 クラウンガラスは今日でもなお製造されているが、大規模ではない。

ロールド・ガラス (Rolled glass)

ロールド・ガラス (時々、「テーブル・ガラス」と呼ばれる) を製造するには、溶けたガラスを金属、 あるいは石墨テーブルの上に注ぎ、直ちに大きな金属シリンダーを使用して板に延ばすもので、 パイ生地の引き延ばしに類似している。 引き延ばしは手作業でも機械でも実施できる。 ガラスは 「2 重延ばし」 (double rolled) することができる。 この意味は一度に 2 つのシリンダー (古い洗濯機の洗濯絞り (clothes wringers) に類似) に通して、 指定された厚さ (典型的には 1/8'' あるいは 3 mm) にした。 ガラスは次に焼き戻された (aneealed)。 ロールド・ガラスは 1830 年代中頃に始めて商用に製造され、今日では広く利用されている。 これは、しばしば大聖堂ガラス (cathedral glass) と呼ばれるが、 中世の大聖堂とは関係がなく、中世の大聖堂の使用ガラスは手吹きであった。

被せガラス (Flashed glass)

建築ガラスは、典型的な風の振動に耐えるためには、 少なくとも 1/8 インチ (3 mmm) の厚みがないといけない。 しかしながら、赤いガラスを作る上で、着色原料は一定の濃度が必要で、そうでないと発色しない。 この結果による発色は非常に激しく、1/8 インチ (3 mm) の厚さでは赤いガラスはほとんど光を通さず、黒く見えた。 採用された方法は赤いガラスの薄い層を、 透明あるいは少し色が付いた分厚いガラスにかぶせることで、 これにより被せガラス (flashed glass) ができた。

軽く色が付いた、溶けたギャザー (gather) が、溶けた赤いガラスのポットに浸けられ、 これが上で述べた円柱 (マフ) 技術、あるいはクラウン技術を使用して、 薄く延ばされたガラスに吹き出された。 この方法が一旦赤いガラスを作るのに使用されると、 他の色もこのようにして作られた。 大きな利点は、二重層のガラスは彫刻したり、削ることで、下の透明なガラスや少々色の付いたガラスを 見せることができたことである。 この方法により、豊かな細部の詳述と模様を実現することが可能となり、 もっと鉛の線を追加しなくてもよくなり、デザインで多大な自由がアーチストに与えられた。 何人かのアーチストは被せガラスが与える可能性を活用した。 例えば、16 世紀の紋章窓は複雑な羽毛飾りと生き物で、色々な被せ色にひどく依存した。 中世にはガラスは削られ;  後にはフッ化水素酸が化学反応で被せを取り除くのに使用され (とても危険な技術)、 19 世紀にはサンドブラスト (sand blast, 砂吹き機) が、この目的のために使用され始めた。

伝統ガラスの現代の生産

幾つかのガラス工場があり、とりわけ、ドイツ、米国、イングランド、フランス、ポーランド、及びロシアにあり、 ここで高品質のガラスを製造し、 手吹き (円柱、マフ、クラウン) とロールド (大聖堂ガラス、及び オパレセント・ガラス (opalescent glass) のどちらも製造している。 現代のステンドグラス・アーチストは 新しい方法で伝統を継続しながら、 使用できる幾つかの資源と、学ぶべき何世紀もの他のアーチストの作品がある。 19 世紀末と 20 世紀には技術と使用するガラスの形式に多くの革新があった。 多くの新しいガラスの形式がステンドグラス窓の使用で開発され、 とりわけティファニー・カラス (Tiffany glass) とダル・ド・ヴェール (Dalle de verre) があった。

透明ガラス

通常の ソーダ石灰ガラス (soda-lime glass) は薄いと裸眼では無色のように見える。 もっとも酸化鉄の不純物は緑の色合いを作り出し、これは分厚いガラスで明らかとなるか、 もしくは化学的装置の助けで見ることができる。 幾つかの添加物が緑の色合いを削減するために使用され、 とりわけ、ガラスがステンドグラス窓ではなく、単純な窓ガラスに使用する場合にはこのようになる。 緑の色合いを削減する添加物に含まれるものに 二酸化マンガン (manganese dioxide) があり、これは 過マンガン酸ナトリウム (sodium permanganate) を生成し、 少しふじ色 (mauve) の色合いになり、 ニュー・イングランドの古い家のガラスに特徴的である。 セレン (Selenium) が同じ目的に使用される。

緑色のガラス

非常に薄い緑は透明ガラスの典型的な色であるが、より深い緑は 酸化鉄 (II) (Iron (II) oxide) の添加によって達成され、 これで青みがかった緑のガラスになる。 クロム (chromium) と共に、これは、より豊かな緑色のガラスになり、 ワイン・ボトルを作るのに典型的な色になる。 クロム (chromium) の添加は暗い緑ガラスを生み、被せガラスに適切である。 酸化スズ (tin oxide) とヒ素 (arsenic) と共に、 これはエメラルド・グリーンのガラスになる。

青色のガラス
赤いガラス
黄色のガラス
紫色のガラス
白いガラス
シャルトルの 13 世紀の窓
コバルト・ブルーと緑が至る所にある
紫・茶色のガラスで、琥珀色の詳細と
被せた赤いガラスの境界がある。
19 世紀の窓が中世ガラスと
ゴシック・リバイバル・ガラスの両方
に共通な色の範囲を表示、
リヨン、リュシアン・ベギュル
(Lucient Begule)
ネイメーヘンのアーノルド (Arnold
of Nijmegen) による 16 世紀の
窓、ルネッサンスの窓で普通の
着色ガラスと激しい色の組合せ。
20 世紀末の窓、色の段階表示。
ロナルド・ホワイティング 作
英国、タターズホール城
チャペル・スタジオ
ティファニーの窓、19 世紀終わり
の、被せ、オパール化、縞模様
ガラスの発展と使用を表示
ステンドグラス窓の創作
デザイン

窓制作の最初の段階は建築家、あるいは建物の所有者からはめ込まれる窓の開口部の正確な型板を 手に入れることである。

窓の主題の問題は:  場所、特別なテーマ、あるいは後援者の望みに適合するように決定される。 Vidimus (ヴィディムス、ラテン語: 我々は見た) と呼ばれる小さなデザインを用意すれば 後援者に見せることができる。 縮小模型も提供できるかもしれない。 デザイナーが考慮に入れないといけないのは:  デザイン、窓の構造、利用可能なガラスの性質と大きさ、そして自分が好む技術である。

伝統的な物語の窓は一つの窓に関連する (複数の) パネルがある。 具象的 (figurative) な窓には聖人や高僧の列がある。 聖書のテキストや標語 (motto) を時には含めることもあり、 後援者や窓を捧げる人の名前を含めることもある。 伝統的な窓では、 周りの領域を、境界、花のモチーフ、天蓋で満たすことは 通常デザイナーの裁量に任されている。

実物大の下絵が窓のすべての "明かり採り" (light) (開口部 (opening) のこと) に対して描かれる。 小さな教会窓は典型的には 2 つの "明かり採り" があり、 この上に何らかの単純な トレーサリーのついた "明かり採り" がある。 大きな窓には 4 つか 5 つの "明かり採り" がある。 大きな大聖堂の東、あるいは西の窓は 7 つの明かり採りが 3 段になり、 入念なトレーサリーがあることがある。

中世には、下絵は漆喰で白く塗ったテーブル (whitewashed table) の 表面に直接描かれ、窓を切り取って、着色して、組み立てるための模様 (pattern) として使用された。 下絵は次につぎはぎ細工 (patchwork) に分割され、 小さなガラス部品の各々に型板 (template) を提供した。 ガラスを支える鉛の正確な場所も書き留められ、これは計算された視的効果の 1 部分であるからである。

ガラスの選択と着色

各ガラスの部品は望ましい色によって選択され、型板のセクションに適合するように切断される。 正確に適合するように、少しづつ削る道具で確実に端が整えられる。 顔、髪、そして手の詳細は特別なガラス着色剤でガラスの内部表面に描かれ、 この着色剤が含むものは:  細かくすり潰した鉛、 あるいは銅くず (copper filing)、 すり潰したガラス、 アラビア・ゴム (gum arabic)、 そしてワイン、酢、あるいは (伝統的に) 尿が媒体としてある。 着色技術の詳細はますます入念になり、20 世紀初頭に絶頂に達した。

1300 年以後、アーチストは "銀染料" (silver stain) の使用が開始され、 硝酸銀で作ったものであった。 これは黄色の効果を与え、薄いレモン色から、濃いオレンジ色まで変化し、 通常、ガラス部品の外側に着色されて、次に加熱して永続させた。 この黄色がとりわけ有益であったのは:  境界、天蓋、そして後光 (haloe) を強調することと、 青いガラスを緑のガラスに変換することであった。 およそ 1450 年頃から、『カズンズ・ローズ』 (Cousin's rose、いとこのバラ) と呼ばれる染料 (stain) が 皮膚のトーンを強調するのに使用された。

16 世紀には一連のガラス染料が導入され、大半はすり潰したガラス粒子で色を付けた。 これらはエナメルの一種であった。 これらの染料によるガラスの着色は当初は小さな紋章デザインと他の詳細に使用された。 17 世紀までに、ステンドグラスの様式が進展し、着色ガラスをセクションに巧妙に切断することに もはや依存することがなかった。 景色はタイルのような四角い様式のガラス・パネルの上に描かれた。 色は次に焼きなまされて、ガラスに固着され、この後で組み立てられた。

装飾と金メッキに使用された方法はガラス部品の一方の側の装飾で、 これは次に鉛ケイムの中で背中合わせで設置された。 これによりエンジェル金メッキ (Angel gilding) とエグロミゼー (Eglomise, ガラス裏面の金メッキ) の使用が可能となり、両側から見える効果を与えたが、 装飾された表面を大気、あるいは機械的被害にさらすことがなかった。

組み立てと搭載

一旦、ガラスが切断・着色されると、部品は断面が H 字型の鉛ケイムに挿入されて組み立てられる。 次に、すべての継ぎ目は互いに溶接され、ガラス部品がガタつかず、窓を風雨に耐えるようにする。 このためには、ガラスとケイムの間に油性のセメント、あるいはマスティック樹脂 (mastic) を押し込める。 現代の窓では、銅箔が今や鉛の代りに時々使用される。 これ以上の技術的詳細は ケイム・ガラスワークを参照の事。

伝統的には窓が窓枠に挿入された時に、重さを支えるために 鉄棒が色々な場所で横断して設置される。 幾つかのとても大きな初期のゴシック窓はフェラメンタ (ferramenta、ラテン語:道具) と呼ばれる重い金属枠でセクションに 分割された。 この支えの方法は、バロック時代の大きな通常は着色された窓でも好まれた。

19 世紀のイングランド製造業の
ヒートン、バトラー & べイン社
(Heaton, Butler and Bayne)
による下絵 (maquette)
ポルトガル、 コインブラの旧大聖堂
(Sé Velha de Coimbra) の窓の外側,
現代的鋼の補強材
カンタベリーの トマス・ベケット
が見せるのは:ポット金属着色ガラス
断面が H 字型のケイム、現代の鋼棒
銅線の付属品
フランス、モー大聖堂
(Meaux Cathedral) の 19 世紀の
窓の巧妙なガラス切断と鉛詰め
エール大学における G. オーウェン・
ボナウィット (G. Owen Bonawit) 作
(1930 年頃) 小さなパネルが銀染料で
活性化したグリザイユ・ガラス着色を実証。
1564 年スイスの ウンターヴェルテン
の紋章ガラス、典型的な着色された
詳細、広範な銀染料、顔のカズンズ・
ローズ (counsin's rose)、被せた
ルビー・ガラスと削った白いモチーフ
ベルギー、Eyneburg (城) の 19 世紀
あるいは 20 世紀の窓の詳細が示す
のは顔の詳細な多色着色である。
歴史
原点

ステンドグラス (stained glass) は古代以来製造されている。 エジプト人もローマ人も小さな着色ガラスのオブジェクトの製造には卓越していた。 フェニキアはガラス製造で重要で、中心地が サイダ (Sidon), ティルス (Tyre), そして アンティオキア (Anticoch) にあった。 大英博物館 (British Museum) は最も素晴らしいローマの作品を 2 つ所有している。 1 つは リュクルゴス・カップ (Lycurgus Cup) で、 これは見通せないカラシ (mustard) 色であるが、通過する光で紫・赤に輝く、 もう 1 つはポートランド花瓶 (Portland vase) で、 これはミッドナイト・ブルー (midnight blue) で、彫刻された白い上塗りがある。

4 世紀と 5 世紀の初期のキリスト教会には、 多くの残存する窓があり、これらには薄く切り、飾り立てた アラバスター (alabaster) が木枠にはめられ、ステンドグラスのような効果が与えられている。

英国の教会と修道院のステンドグラス窓の証拠は早くも 7 世紀に見ることができる。 最も初期の既知の言及は AD 675 年のもので、この時 ベネディクト・ビショップ (Benedict Biscop) はフランスから労働者を導入して、 モンクウェアマス (Monkwearmouth) に建設中の聖ピーター (St Peter) の修道院の窓のガラスをはめさせた。 7 世紀末にさかのぼる何百もの着色されたガラスと鉛のかけらが、こことジャロー (Jarrow) で見つかった。

柱頭では、シリアのガラス産業はイスラム帝国の時代に継続し、製造の重要な中心地が ラッカ (Raqqa)、 アレッポ (Alleppo)、 そして ダマスカス (Damasucus) にあり、 最も重要な製品は着色ガラスではなく、 高度に透明な無色ガラスと金メッキしたガラスであった。

BC 100 年から BC 200 年の
香水瓶 (perfume flask)
ポートランド花瓶
ローマの被せガラス、珍しい実例
イタリア、オルビエト大聖堂の
アラバスター窓
南西アジア

南西アジアにおけるステンドグラスの製造は古代に始まった。 着色ガラスの現存する製法の、この地区での最も初期のものの 1 つは アッシリアの都市 ニネヴェ (Nineveh) に由来し、BC 7 世紀のものである。 8 世紀の錬金術師 (alchemist) の ジャービル・ブン・ハイヤーン (Jābir ibn Hayyān) による作と される Kitab al-Durra al-Maknuna (「隠された真珠の本」 (The Book of the Hidden Pearl)) は古代のバビロニアとエジプトにおける着色ガラスの製造を議論している。 Kitab al-Durra al-Maknuna は着色ガラスと高品質なステンドグラスから人口宝石の作り方も議論している。 ステンドグラス製造の伝統は継続し、イスラム世界中のモスク、宮殿、公共の場がステンドグラスで装飾された。 イスラム世界のステンドグラスは絵画ではなく、純粋に幾何学的デザインであるが、花のモチーフとテキストも含むことがある。

イラン、シーラーズ (Shiraz) の
ナスィーロル・モルク・モスク ( Nasir al-Mulk mosque) の
ステンドグラス
イラン、 ヤズド (Yazd) の
ドウラト・アーバード庭園
(Dowlat Abad Garden) の
ステンドグラス
エルサレムのモスク
この窓は高度に詳細な
テキストを含んでいる。
ヨーロッパ中世のガラス

ステンドグラスはアートの形として、中世に頂点に達し、 この時大半が文字が読めない庶民に、聖書の物語を図解するのに使用された重大な絵の形式であった。

ロマネスク時代とゴシック時代初期の 950 年頃から 1240 年頃に、 トレーサリーのない窓には大きなガラス面が必要となり、 例えば シャルトル大聖堂 (Chartres Cathedral) と カンタベリー大聖堂の東端に見られるものである。 ゴシック建築がもっと装飾的な形に進展すると、窓はより大きくなり、 内部をもっと照らすことが可能となったが、 垂直な棒と石のトレーサリーにより分割された。 この形式の綿密な仕上げはヨーロッパではフランボイヤント様式で複雑さの頂点に達し、 イングランドでは垂直様式の発達で窓はなお大きくなった。

ゴシック様式の大聖堂と教区教会のそびえたつ垂直線と一体化され、 ガラスデザインはもっと大胆になった。 円形の形式、あるいはバラ窓は、 フランスで比較的単純な窓から開発され、開口部は薄い石の厚板に穴を開けて、 車輪窓 (wheel window) にしたもので、例えば シャルトル大聖堂の西の正面の実例があり、 究極的には膨大に複雑なデザインになり、 トレーサリーは何百もの異なる点から描かれ、例えば パリの サント・シャペル (Sainte-Chapelle) のものと、 リンカーン大聖堂のビショップス・アイがある。

ステンド・グラスは広く製造されたが、 シャルトルはステンドグラス製造の最大の中心で、どこにもひけをとらない量のガラスを生産した。

フランスの中世のガラス

シャルトル大聖堂
13 世紀の窓の詳細
ストラスブール大聖堂
ロマネスク様式の窓の
カール大帝 (Charlemagne)
ポアチエ大聖堂
(Poitiers Cathedral)
のはりつけの窓
エブルー大聖堂
(Évreux Cathedral) の
エッサイの木 (Tree of Jesse) の窓
ゴシック様式末期
シャルトル大聖堂の
南翼廊の窓

ドイツとオーストリアの中世のガラス

アウクスブルク大聖堂
のキング・デイビッド
(King David)、12 世紀初頭
元の場所にある最古の実例
の 1 つ。
オーストリア、 グラーツ
Leechkirche 教会、
はりつけと聖人 (Catherine,
George, Margaret)
ケルン大聖堂 (1340 年)
はりつけと荘厳な
聖母と子供のキリスト
(Virgin and Child in Majesty)
ウルム大聖堂
ハンス・アッカー (Hans Acker)
の最後の審判 (1430 年)
ケルン大聖堂のクワイヤ
の窓 (14 世紀始め)

イングランドの中世のガラス

ヨーク・ミンスター
エッサイの木 (Tree of Jesse)
(1170 年頃) の詳細。イングランド
で最古のステンドグラス窓
カンタベリー大聖堂
貧乏人の聖書の窓
カンタベリー大聖堂の
南翼廊窓 (13 世紀)
ヨーク・ミンスターの西の窓 フェアフォード (Fairford)、
聖メアリーの教会 (1500 年 - 1517 年)
最後の審判、バーナード・フラワー作
(Barnard Flower)

スペインの中世のガラス

トレド大聖堂 (Toledo Cathedral)
(14 世紀 - 17 世紀)、ステンドグラス窓
ルネッサンス、宗教改革、及び古典窓

恐らく、ルネッサンスの最中に創設されたステンドグラス窓の最も初期の計画は サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 (Florence Cathedral) で、 ロレンツォ・ギベルティ (Lorenzo Ghiberti) により考案されたものである。 この計画にはドームの 3 つの オクルス (ocular window) と正面の 3 つがあり、 これらは 1405 年から 1445 年にかけて、この時代で最も有名な何人かの芸術家 によってデザインされた:  ギベルティ (Ghiberti)、 ドナテッロ (Donatello)、 ウッチェロ (Uccello)、 そして アンドレア・デル・カスターニョ (Andrea del Castagno)。 大きな オクルス (ocular) の各々はキリストの生涯、聖母の生涯から描かれた 1 つの絵を含み、 この周りを囲むのは、広い花の境界とギベルティによる 2 つの小さな正面の窓で、 殉教した助祭 (deacon) の聖ステパノ (St. Stephen) と 聖ラウレンチオ (St. Lawrence) を見せている。 キューポラ (cupola) の窓の 1 つはそれ以来失われ、ドナテッロの窓はその着色された詳細のほとんどすべてが失われた。。

ヨーロッパでは、ステンドグラスは製造され続けた:  様式はゴシックから古典 (Classical) に進化し、これは プロテスタントの興隆にもかかわらず、 ドイツ、ベルギー、そしてオランダで良好に描写された。 フランスでは、この時期の多くのガラスはリモージュ工場 (Limoges factory, /lɪˈmoʊʒ/) で、そしてイタリアではムラーノ島 (Murano) で製造され、 ここではステンドグラス窓と面を刻んだ クリスタル・ガラス (faceted lead crystal) は同じ窓で時々組み合わされた。 フランス革命ではフランスの多くの窓が顧みられなくなったり破壊された。

イングランドの宗教改革では、多くの中世とルネッサンスの窓は粉砕され、 単純な窓で置き換わった。 ヘンリー 8 世の下での修道院の解体と トマス・クロムウェル (Thomas Cromwell) に対する 「乱用された画像」 ("abused images") (崇拝目的 (the object of veneration)) に対する命令により、何千もの窓が失われることになった。 わずかが被害を受けずに残っている;  この中で、 サフォーク州 (Suffolk) のヘングレーブ・ホール (Hengrave Hall) の私的礼拝堂の窓は最も素晴らしいものの 1 つである。 後の破壊の波と共に、ステンドグラスで作業する伝統的な方法は死滅し、 イングランドでは 19 世紀に至るまで再発見されることがなかった。 より詳しくは 『ステンドグラス -- 英国ガラス、1811 年 - 1918 年』 を参照 (未翻訳)。

オランダではガラスの珍しい計画が ハウダ (Gouda) の聖ヤン教会 (Grote Sint-Jan Church) で 無傷で残っている。 窓は、幾つかは 18 m (59 フィート) の高さで、1555 年から 1600 年代の初頭にかけたものである;  最も初期のものは、ディルク・クラベト (Dirck Crabeth) と彼の兄弟のバウター (Wouter) の作品である。 元々の下絵がなお存在している。

復活 (The Resurrection)、
パオロ・ウッチェロ
著名なルネッサンス芸術家により
デザインされた フィレンツェ大聖堂
のドームのシリーズの 1 つ。
ジョバンニ・ディ・ドメニコ
(Giovanni di Domenico) の
「お告げの天使」1493 年 - 1503 年、
ナショナル・ギャラリー
エッサイの木 (Tree of Jesse) 窓、
フランス、 ボーベ (Beauvais) の
サンテティエンヌ教会 (St Étienne)
アングラン・ルプランス作
(Engrand Le Prince)
サンテティエンヌ大聖堂
のアダムとイブの詳細、フランス、
シャロン=アン=シャンパーニュ
(Châlons-en-Champagne)
ルネッサンスの窓
聖ジョバンニと聖パウロの教会
ベニス、16 世紀
聖ヤン教会 (Sint Janskerk)、自由の
勝利 (The Triumph of Freedom)
製造者 Adriaen Gerritszoon de Vrije
(ハウダ) デザイン Joachim Wtewaei
(ユトレヒト) (1595 年 - 1600 年)
Dirk Crabeth の家庭の窓
ライデン の Adriaen Dircxzoon
van Crimpen の家屋 (1543 年)
窓は預言者 Samuel と使徒 Paul
を表示、パリ装飾芸術美術館
(Musée des Arts Décoratifs)
キリスト受難 (The Passion of
Christ)、捕われとはりつけ、
フランス、 エソンヌ (Essonne)、
リムール (Limours)、Saint-Pierre
1350 年 2 月 23 日/24 日の
Mordnacht (殺人の夜) を表示
するガラス絵、チューリッヒ
マイセン・ギルドのギルド・
ハウス (Zunfthaus) の前触れ
いばらの冠 (Crown of Thorns) が
いかにしてコンスタンティノープルの
ジャン・ド・ブリエンヌ ボードゥアン 2 世
から、フランスの ルイ 9 世
に手渡されたかの物語、ムーラン大聖堂
(Moulins Cathedral) (16 世紀)
聖母メアリの死と被昇天
(The Death and Assumption)
聖 Ägidius と聖 Koloman の
教会、オーストリア、
シュタイアー (Steyr)
英国でのリバイバル

イングランドにおけるカトリックのリバイバル (revival, 復活) は、 中世の教会の新たな興味と共に 19 世紀始めに力を増して、ゴシック様式の 教会の建物のリバイバルをもたらし、 ジョン・ラスキン (John Ruskin) は "真のゴシック様式" と主張した。 建築運動は オーガスタス・ウェルビー・ピュージン (Augustun Welby Pugin) により統率された。 多くの新しい教会が大きな町で建設され、多くの古い教会が復元された。 これはステンドグラス窓製造技術の復活の大きな需要をもたらした。

19 世紀始めのイングランドの製造業者とデザイナーに バーミンガムのウィリアム・ウォリントン (William Warrington) とジョン・ハードマン (John Hardman) がいた。 後者の甥のジョン・ハーマン・パウエル (John Harman Powell) は商的な観察力があり、 1876 年のフィラデルフィアの博覧会で作品を展示し、米国のステンドグラスに影響を与えた。 他の製造業者に含まれたものは:  ウィリアム・ウェイルズ (William Wailes), ウォード & ヒューズ (Ward and Hughes), クレイトン & ベル (Clayton and Bell), ヒートン (Heaton), バトラー & べイン (Butler and Bayne)、 及びチャールズ・イーマー・ケンプ (Charles Eamer Kempe) がいた。 スコットランドのデザイナーであるダニエル・カティア (Danniel Cottier) はオーストラリアと米国に会社を作った。

使徒の John と Paul、詳細、
バーミンガムのハードマン作、
1861 年 - 1867 年、人物の
配置と色彩の純粋さでハードマン
に典型的。
イングランドで最大の窓の 1 つで、
リンカーン大聖堂の東窓。
ウォードとニクソン作 (1855 年)、
(Ward と Nixon)、小さな物語の
シーンを丸い枠に形式的に配置。
ウィリアム・ウェイルズ (William
Wailes)、この窓は明るいパステル・
カラーがあり、独創的な飾りが沢山あり
この会社の典型的な姿勢がある。
チルハム (Chilham),聖メアリー教会
クレイトン & ベル (Clayton and Bell。)
優雅な形式と色彩の叙述的窓、色彩はその組合わせで、
光輝きながら繊細。 ピーターバラ大聖堂
フランスでのリバイバル

フランスではステンドグラスの製造で、イングランドよりも、 より大きな連続性があった。 19 世紀始めには、大半のステンドグラスは大きなガラスで製造され、 広範囲にわたって着色されて火を入れた。デザインはしばしば有名なアーチストの油絵から 直接複写した。 1824 年に セーヴル製陶会社 (Sèvres) はステンドグラスの製造を始め、 増大する需要を供給した。 フランスでは多くの教会と大聖堂はフランス革命の最中に略奪で苦しんだ。 19 世紀に多くの教会は ヴィオレ・ル・デュク (Viollet-le-Duc) により復元された。 多くのフランスの古代の素晴らしい窓は、この時に復元された。 1839 年以後に多くのステンドグラスが製造され、 中世のガラスをとても密接に模倣し、芸術作品としても、ガラスそれ自身の性質においても模倣した。 開拓者は Henri Gèrente とアンドレ・ルソン (André Lusson) であった。 他のガラスはもっと古典的な方法でデザインされ、 (シャルトルのガラスの紫青に対して) 青の背景に光り輝く空色、 ピンク、及びふじ色の使用により特徴づけられた。

ランス大聖堂のエッサイの木
(Tree of Jesse) 窓の詳細
ヴィオレ・ル・デュクのために
L. Steihell により 13 世紀
様式でデザインされ、
Coffetier により着色 (1861 年)
「聖ルイ (Louis) が正義を執行」
ロバン (Lobin) 作、絵画的様式、
トゥアール、St. Medard 教会
輝かしく着色された窓
アヴェロン
カサーニュ=ベゴヌ
(Cassagnes-Bégonhès)
トロワのサンチュルバン・バシリカ聖堂
(Saint-Urbain) の西窓
リバイバル

19 世紀中頃から末期の間に、ドイツの古代建築の多くが復元され、 幾つかは ケルン大聖堂のように、中世の様式で完成した。 ステンドグラスには大きな需要があった。 多くの窓のデザインは アルブレヒト・デューラー (Albrecht Dürer) のような有名な彫刻家の作品に直接基づいていた。 オリジナルなデザインはしばしばこの様式を模倣した。 19 世紀ドイツの多くのガラスは、大きな範囲が詳細に着色されて、鉛に依存した輪郭・詳細ではなかった。 「王立ババリア・ガラス着色スタジオ」 (Royal Bavarian Glass Painting Studio) が 1827 年に ルートヴィヒ1世 (Ludwig I) により設立された。 重要な会社は「ミュンヘンのマイヤー」 (Mayer of Munich) で、これは 1860 年にガラス製造を開始し、 現在でも「ミュンヘンのフランツ・マイヤー社」 (Franz Mayer of Munich, Inc) として操業している。 ドイツのステンドグラスはヨーロッパ中と米国、オーストラリアに市場を見つけた。 ステンドグラスのスタジオがこの時期にイタリアとベルギーに設立された。

オーストリア帝国 (Austrian Empire) そして後の オーストリア・ハンガリー (Austria-Hungary) で、 主要な芸術家の 1 人はカール・ガイリング (Carl Geyling) で、 彼は 1841 年にスタジオを設立した。 彼の子息は「カール・ガイリングのエーブン」 (Carl Geyling's Erben、Erben = 遺産) として事業を継続し、これが現在でもなお存在している。 「カール・ガイリングのエーブン」 (Carl Geyling's Erben) はウィーンなどの主な教会の数多くのステンドグラスを完成し、 オーストリアの フランツ・ヨーゼフ1世 (Franz Joseph I) から「帝国及び王室御用達」 (Imperial and Royal Warrant of Appointment) を受領した。

ルートヴィヒ2世により寄付された
ケルン大聖堂の 5 つの窓の 1 つ。
ベルギーの ヘント大聖堂 末期ゴシック様式の窓
チェコ共和国 オロモウツ
聖モジツ教会 (Church of Saint
Maurice)、 20 世紀始め
英国とヨーロッパの革新

最も革新的なイングランドのデザイナーたちの中にいたのは ラファエル前派 (Pre-Raphaelites)、 ウィリアム・モリス (William Morris、1834 年 - 1898 年)、 エドワード・バーン=ジョーンズ (Edward Burne-Jones、1833 年 - 1898 年) で、 彼らの作品が影響のある アーツ・アンド・クラフト運動 (Arts & Crafts Movement) の前触れとなり、これが 英語圏中のステンドグラスを再生した。 イングランドで最も重要な唱道者の中に クリストファー・ワール (Christopher Whall、1849 年 - 1924 年) がおり、 彼は古典的工芸マニュアル 「ステンドグラス・ワーク」 (Stained Glass Work、ロンドンとニューヨークで出版、1905 年) の著者で、デザイナーが自分たちの窓を作ることに直接かかわることを唱道した。 彼の代表作は グロスター大聖堂 (Gloucester Cathedral) の 聖母礼拝堂 (Lady Chapel) の一連の窓 (1898 年 - 1910 年) である。 ワール (whall) が教えたのはロンドンの ロイヤル・カレッジ・オブ・アート (Royal College of Art) と セントラル・スクール・オブ・アーツ・アンド・クラフツ (Central School of Arts and Crafts) である。 彼の弟子と信奉者に含まれたのは:  カール・パーソンズ (Karl Parsons), メリー・ローンデス (Mary Lowndes), ヘンリー・ペイン (Henry Payne), キャロライン・タウンゼント (Caroline Townshend), ヴェロニカ・ワール (Veronica Whall、彼の娘) 及びポール・ウッドロフ (Paul Woodroffe) であった。 スコットランドの芸術家のダグラス・ストローン (Douglas Strachan、1875 年 - 1950 年) はワール (Whall) の実例に随分と影響を受け、 アーツ & クラフト (Arts & Crafts) の作風 (idiom) を 表現派 (expressionist) の方法で発展させ、 ここで強力なイメージ (imagery) と細かい技術 (meticulous technique) が優れた技量で結び合わされた。 アイルランドでは、 ワール (Whall) の弟子であるアルフレッド・チャイルド (Alfred Child) により、 ダブリンのメトロポリタン・スクール・オブ・アート (Metropolitan School of Art) で教えられた若い芸術家の世代は ステンドグラスの独特な国内学派を創設した:  この主要な代表は ウィルヘルミナ・ゲッデス (Wilhelmina Geddes), マイケル・ヒーリー (Michael Healy) およびハリー・クラーク (Harry Clarke) であった。

アール・ヌーヴォー (Art Nouveau)。 アール・ヌーヴォーあるいはベル・イーポック (Belle Epoch) のステンドグラス・デザインはフランスと 東ヨーロッパで繁栄し、 ここで、これは曲線の使用により、 鉛の曲がりくねった線と渦巻くモチーフに特定された。 フランスでは、これは リモージュ (Limoges) のフランシス・シゴー (Francis Chigot) の作品にみられる。 英国では、これはチャールズ・レニー・マッキントッシュ (Charles Rennie Machintosh) の洗練され、形式的な鉛明かり採りのデザイン (leadlight desighn) に現れる。

「ソロモンへのディビッドの攻撃」(David's
charge to Solomon) が見せるのは、強い
線型デザインと被せガラスの使用で、これに
よりバーン=ジョーンズ (Burne-Jones)
のデザインが有名である。米国、
ボストン、トリニティ教会 (1882 年)
スタニスワフ・ヴィスピャンスキ
による創造主の神、この窓には、
ガラス絵はなく、完全に鉛の線、
巧妙な色と色調の配置に依存。
クラクフ、フランシスコ教会
(1900 年頃)
プラハ、 聖ヴィート大聖堂
アルフォンス・ムハの窓
にはきつく組織された視的構造
ではなく画像のモンタージュがあり、
表現派の効果が与えられている。
ジャック・グリュベール (Jacques Grüber) によるアール・ヌーヴォ
(Art Nouveau)、ガラスはそれを取り巻く湾曲した建築様式と調和。
ナンシー派美術館 (Musée de l'École de Nancy)、1904 年
米国の革新

J & R ラム・スタジオ (Lamb Studio) は 1857 年にニューヨーク市に設立され、 米国で最初の主な装飾アート・スタジオであり、長年の間教会のステンドグラスの主な製造業者であった。

著名な米国の業者に含まれたのは:  ジョン・ラファージ (John La Farge、1835 年 - 1910 年)、 彼は オパレセント・ガラス (opalescent glass) を発明し、1880 年 2 月 24 日に米国特許を受領した、 そして ルイス・カムフォト・ティファニー (Louis Comfort Tiffany、1848 年 - 1933 年) がおり、 彼は同年の 11 月に同じオペレセント・ガラスの、幾つかの変種の特許を受領し、 窓、ランプなどの装飾に広範囲に使用した。 しかしながら、オペレセント・ガラス窓の美学と技術に対する反応は -- 当初はラルフ・アダムス・クラム (Ralph Adams Cram) などの建築家によって統率され -- 1900 年代初頭に伝統的なステンドグラスの再発見につながった。 チャールズ J. コニック (Charles J. Connick、1875 年 - 1945 年) は 1913 年にボストン・スタジオを創設し、 ヨーロッパにおける彼の中世ステンドグラスの研究と イングランド人のクリストファー・ワール (Christopher Whall) のアーツ & クラフツ (Arts & Crafts) に 深く影響を受けた。 コニック (Connick) は米国中で何百もの窓を作り、 これにはプリンストン大学礼拝堂 (1927 年 - 1929 年) と ピッツバーグのハインツ記念礼拝堂 (Heinz Memorial Chapel、1937 年 - 1938 年) の主なガラス窓をはめる計画があった。 中世に触発された作風 (idiom) を信奉するその他の米国の芸術製造家に含まれたのは:  フィラデルフィアの二コラ・ダセンツォ (Nicola D'Ascenzo)、 ウィルバー・バーナム & レイノルズ (Wilbur Burnham and Reynolds)、 ボストンのフランシス & ローンストック (Francis & Rohnstock)、 及びニューヨークのヘンリー・ウィンド・ヤング (Henry Wynd Young) と J. ゴードン・ガスリー (J. Gordon Guthrie)。 がいた。

ティファニーにより発明されたガラス
の異なるタイプの多くはこの単純な小
さなパネルの内部で実証され,これに
フラクチャー・ストリーマー・ガラス
ドレイプリー・ガラスが含まれる。
ジョン・ラファージ (John La Farge)
「救いの天使」,マサチューセッツ州
ノース・イートン (North Eaton)。小さな
小窓の使用が被せガラスや、
オパレセント・ガラス の広領域との
対比を見せる。
「王座についた宗教」(Religion
Enthroned) J&R ラム・スタジオ、
デザイナー:フレデリック・スタイメッツ・
ラム (Frederick Stymetz Lamb),1900 年
頃, ブルックリン美術館, 対称デザイン,
"美的様式", パレット限定、モットル・
ガラス (mottled glass) の広範囲使用
ホーリー・シティ (Holy City)
ルイス・カムフォト・ティファニー 作 (1905 年)、
この 58 個のパネルの窓は日の出の輝かしい
赤、オレンジ、黄色の彫刻ガラスと
テクスチャ―・ガラスが流水の効果に使用。
トロンプ・ルイユガラス (1884 年頃)
Eugène Stanislas Oudinot 作、
Richard Morris Hunt デザイン、ニューヨーク市
の Henry Gurdon Marquand の自宅のため
20 世紀と 21 世紀

多くの 19 世紀の企業は 20 世紀に破産した、というのはゴシック運動が、 新しい様式に座を奪われたからである。 同時に、幾つかの興味ある進展もあり、ステンドグラス (の製造) は共同施設の スタジオに移った。 実例にはメリー・ラウンズ (Mary Lowndes) とアルフレッド・ドゥルーリー (Alfred J. Drury) が設置したロンドンのガラス・ハウス (Glass House) と ダブリンの An Túr Gloine [訳注:The Glass Tower, ガラスの塔] があり、これは サラ・パーサー (Sarah Purser) が経営し、 ハリー・クラーク (Harry Clarke) のような芸術家が含まれていた。

リバイバルは世紀の中頃に起きた。 というのは第二次世界大戦前の爆撃の結果、ヨーロッパ中の教会の窓を復元する必要が あったからであり、ドイツの芸術家がこの道を率いた。 この時の大半の作業はありふれたもので、デザイナーによってなされたものではなく、 産業的に製造されたものであった。

他の芸術家は古代の芸術の形式を現代的なものにしようとし、 時々、革新的な方法で、そして異なる方法との組み合わせで、 ガラス媒体を使用しながら伝統的な技術を使用した。 厚板ガラスの使用はダル・ド・ヴェール (Dalle de Verre、[訳注:仏語、Glass slab、ガラスの厚板]) と呼ばれる技術で、 ガラスはコンクリートやエポキシ樹脂 (epoxy resin) に設置され、 これは 20 世紀の革新で、ジャン・コダン (Jean Caudin) によるもので、 英国にはピエール・フォーマントロ (Pierre Fourmaintraux) により持ち込まれた。 この技術を使用したもっとも多産なガラス芸術家の 1 人は バックファスト寺院 (Buckfast Abbey) のドミニコ会修道士 (Dominican Friar) ドム・チャールズ・ノリス (Dom Charles Norris) OSB である。(訳注、OSB = Order of Saint Benedict ?)

ジュマイユ (Gemmail) -- 1936 年にフランスの芸術家のジャン・クロティ (Jean Crotti) により開発された技術で、 1950 年代に完成された -- はステンドグラスの様式で、 隣接するガラスは鉛ケイムを使用せずに重ねられて、部品をつなぎ、 色彩のより大きな多様性と微妙さを可能にした。 19 世紀後半と 20 世紀前半の画家 -- 特に ピカソ -- の有名な作品がジュマイユで再現された。 この技術の重要な主唱者はドイツの芸術家であるヴァルター・ヴォマッカ (Walter Womacka) である。

ステンドグラスを抽象芸術の形式として実験した、 20 世紀初頭の良く知られた芸術家の中に テオ・ファン・ドゥースブルフ (Theo van Doesburg) と ピエト・モンドリアン (Piet Mondrian) がいた。 1960 年代と 1970 年代に 表現派の画家の マルク・シャガール (Marc Ghagall) は強烈に着色して、 象徴的詳細を詰め込んだ多くのステンドグラス窓のデザインをした。 重要な 20 世紀のステンドグラス芸術家に含まれるものは:  ジョン・ヘイワード (John Hayward), ダグラス・ストラッカン (Douglas Strachan), アービン・ボサニ (Ervin Bossanyi), ルイス・デイビス (Louis Davis), ウィルヘルミナ・ゲッデス (Wilhelmina Geddes), カール・パーソンズ (Karl Parsons), ジョン・パイパー (John Piper), パトリック・レインティエンズ (Patrick Reyntiens), ヨハネス・シュライター (Johannes Schreiter), ジュディス・シェクター (Judith Schaechter), ポール・ウッドロフ (Paul Woodroffe), サン・セブラン教会のジャン・ルネ・バゼンヌ (Jean René Bazaine), クブルシェフ・ラ・フォリ (Couvrechef- La Folie) ( カーン (Caen)) のセルジオ・ド・カストロ (Sergio de Castro)、 ハンブルク - ドゥルスベルク & ロモン (スイス) (Hamburg-Dulsberg and Romont (Switzerland)), 及び シャルトル (Chartres) の ガブリエル・ロワール (Gabriel Loire) のロワール・スタジオ (Loire Studio) である。 イングランドのマンチェスター大聖堂 (Manchester Cathedral) の (複数の) 西窓は、 トニー・ホラウェイ (Tony Hollaway) によるもので、シンボリックな作品 (symbolic work) の最も顕著な実例の幾つかである。

ドイツではステンドグラスの発展は ヨハン・トルン・プリッカー (Johan Thorn Prikker) とヨゼフ・アルバース (Josef Albers) の戦時中の作品と、 ヨアヒム・クロス (Joachim Klos), ヨハネス・シュライター (Johannes Schreiter) 及び ルードヴィッヒ・シャフラット (Ludwig Shaffrath) の戦後の業績で継続した。 傾向には形象的デザイン (figurative designs) とガラス描画を破棄し、 有機的造形 (biomorphic)、厳密な幾何学的抽象、及び鉛のカリグラフィー的で非幾何学的使用を好んだ。 ルードヴィッヒ・シャフラット (Ludwig Schaffrath) の作品は、建築目的のためにステンドグラスを使用する 20 世紀末の傾向を実証し、 着色したテクスチャー・ガラス (質感ガラス) で全壁面を充満した。 1970 年代に、ブライアン・クラーク (Brian Clarke) のような英国の若いステンドグラス・アーチストは ドイツの 20 世紀ガラスの規模の大きさと抽象に影響を受けた。

英国ではステンドグラス・アーチストの職業組織は 「ガラス画家マスターの英国協会」 (BSMGP、British Society of Master Glass Painters) で、1921 年に設立されたものであった。 1924 年以来、BSMGP は年に 1 度の雑誌 -- ステンドグラス誌 (The Journal of Stained Glass) -- を刊行した。これはステンドグラスの芸術と工芸を専門にした英国で唯一の組織である。 始めから、この組織の主な目的はステンドグラスの絵画 (painting) と着色 (staining) の高い標準の促進と奨励であり、 ステンドグラス工芸における情報とアイデアの交換の場所として機能し、 英国のとても価値のあるステンドグラスの伝統を保存することであった。 www.bsmgp.org.uk を参照すればわかることは:  ステンドグラスの色々な講義、 会議、ツアー、 会員によるステンドグラスの (委任された) 最近の仕事の ポートフォーリオ (portfolio)、 コースの情報、ステンドグラスの情報である。 ステンドグラス誌のバックナンバーの一覧があり、 ステンドグラス誌の記事 (article) の検索可能な索引があり、 ステンドグラスの研究者のとても重要な資源である。

第一次世界大戦後、ステンドグラスの記念碑が豊かな家庭の人気の高い選択になり、 実例が英国中の教会に見受けられる。

米国には 100 年の歴史のある職業組織 -- 米国ステンドグラス協会 (SGAA, Stained Glass Association of America) があった。 この組織の目的は工芸の生存を確実にするために、 公的に認められた組織として機能し、 工芸家にガイドライン・指図を与え、工芸家を訓練した。 SGAA は工芸を規制から守り、保護する役目もある。 規制は建築的な芸術形式としての自由に制限を与えることがあるからである。 現在の会長はキャシー・バーナード (Kathy Bernard) である。 今日、伝統技能を教える大学 (academic establishment) がある。 これらの 1 つはフロリダ州立大学のマスター・クラフトマン・プログラム (Master Craftsman Program) があり、 最近 30 フィート (9.1 m) の高さのステンドグラス窓を完成し、 プログラムのディレクターであるロバート・ビショフ (Robert Bischoff) と 彼の妻のジョー・アン (Jo Ann) によりデザインされ、 ドーク・キャンベル (Doak Campbell) スタジアムで、 ボビー・ボウデン・フィールド (Bobby Bowden Field) を見下ろすところに設置された。 ユタ州 オレム (Orem) のユタ峡谷大学 (Utah Valley University) に設置された「知識の根源」 (Roots of Knowledge) は長さ 200 フィート (61 m) で、 幾つかのヨーロッパ大聖堂のものに比較され、 これにはドイツの ケルン大聖堂 (Cologne Cathedral)、 フランスの サント・シャペル (Sainte-Chapelle)、 イングランドの ヨーク・ミンスター (York Minster) がある。

テオ・ファン・ドゥースブルフ
(Theo van Doesburg) による
デ・ステイル (De Stijl)
抽象、オランダ (1917 年)
マルク・シャガール (Marc Chagall)
による 表現派窓、英国ケント州
テュデレイ (Tedeley)、オール・
セインツ教会(All Saints' Church)
ユーカリストのキリスト、ドン・
チャールズ・ノリス (Don Charles
Norris) 作、イングランド、 デボン
バックファスト寺院、厚板ガラス
ブラジル、リオデジャネイロ大聖堂
の 4 枚の 64 m の高さの
ステンドグラス・パネルの 1 つ
スウェーデン、アーリングソース
(Alingsås) の Chiristinae church
の生命の木 (Tree of Life)、
ポストモダニスト・シンボリズム
「ハゲタカ」、伝統技術
で作業する商業スタジオ、
米国ドライデン高校
(Dryden Hight School)
鉛とガラスに組み込まれた薄い
メノウの薄片、スイス、
チューリッヒ、グロスミュンスター
大聖堂、Sigmar Polke 作 (2009 年)
セルジオ・ド・カストロ作
(Sergio de Castro)
「7 日間の創造」
フランス、 カーン (Caen)
ベネディクト教会
セルジオ・ド・カストロ作
(Sergio de Castro)
ロモンのカレッジエイト教会
(スイス) のヨナ (Jonah) 窓の詳細
古代と現代の流儀の組み合わせ
20 世紀中頃の窓が示すことは
古代と 19 世紀の方法の継続
が現代の歴史的主題に適用。
フローレンス・ナイチンゲール
の窓、ダービー、聖ピーターズ
教会、ダービーシャー王立病院
のために製造。
形象的デザイン (figurative
design) で、使用するのは
13 世紀の方法である鉛線と
最小のガラス絵画、と 大聖堂
ガラス
のテクスチャーの組合わせ
スイス、インス (Ins)
「聖ミカエルと悪魔」、パターノスター・
ロウ通り (Paternoster Row) の聖ミカエル
教会、イングランド芸術家のジョン・
ヘイワード (John Heyward) による。
伝統的方法とガラス破片のような部分
の特徴的な使用の組み合わせ。
ステンドグラス窓を組み込んだ建物
教会

ステンドグラスは普通は教会で使用され、装飾と情報提供の目的がある。 多くの窓は信徒の一員により故人のために教会に寄付される。 宗教的主題を描写するステンドグラスの使用に関してのこれ以上の情報は 「貧乏人の聖書」 (Poor man's Bible) を参照 (未翻訳)

重要な実例

ユダヤ教会 (Synagogue)

キリスト教会に付け加え、ステンドグラス窓は何世紀もの間、 ユダヤ寺院建築に組み込まれていた。 米国のユダヤ共同体には 19 世紀中頃にこれが登場し、 このような顕著な実例に ニューヨークの Congregation Anshi Chesed に十戒 (Ten Commandments) の聖域 (sanctuary) の描写がある。 20 世紀中頃から現在にかけて、ステンドグラス窓は米国ユダヤ教会建築 のどこにもある造作になった。 ユダヤ教会のステンドグラス芸術作品の様式・テーマは キリスト教会の対応物と同じ様に多様である。 キリスト教会と同様に、ユダヤ教会のステンドグラス窓は 教会への重要な資金寄付と引き換えに、 しばしば会員の家族に捧げられている。

祈りの場所 (Places of worship)
パリ、 サント・シャペル
中世のガラスの目がくらむ表示
ドイツ、 コーブレンツ
聖母教会の内陣
日の光がステンドグラスを通り抜けて
ナスィーロル・モルク・モスク
の着色された絨毯に降り注ぐ
イスタンブール、 ブルー・モスク
(blue Mosque) の内部。
カシミールの スリナガル・モスク
(Mosque of Srinagar、 発音) の
ステンドグラス窓
シドニーの セントアンドリュー大聖堂
はバーミンガムのハードマン
(Hardman of Birmingham)
による 19 世紀窓のサイクル
ジョージア州 サバンナ
の「洗礼者聖ジョン大聖堂」
(Cathedral of St John the Baptist)
イングランド、 コベントリー大聖堂
(Coventry Cathedral) には異なる
デザイナーによる一連の窓がある。
オヘヴ・シャローム寺院
(Temple Ohev Sholom) の
20 世紀後半のステンドグラス
ペンシルバニア州ハリスバーグ
アスカロン・スタジオ (Ascalon) 作
ペンシルバニア州ローズモント (Rosemont)
グッド・シェパード教会 (Church of the Good Shepard) の西窓
大霊廟 (Mausolea)

大霊廟は一般の共同体利用にせよ、 私的家族の利用にせよ、 自然光がさし、思い出のための、 あるいは宗教的な画像が表示されるステンドグラスを、 快適な入り口に採用することがある。

ロサンゼルス、 天使のマリア大聖堂
(Cathedral of our Lady of the Angels)
の地下大霊廟のステンドグラス
イリノイ州デス・プレーンズ
(Des Plaines) のオール・セインツ
(All Saints) 墓地の共同体大霊廟
の戦死者記念
礼拝堂ステンドグラス。イエスの
復活を示す。オール・セインツ墓地
共同体大霊廟、イリノイ州
デス・プレーンズ
ペンシルバニア州ピッツバーグホームウッド墓地の
ベネダム大霊廟 (Benedum) のステンドグラス窓
家屋 (Houses)

家屋のステンドグラス窓はとりわけ ビクトリア時代に人気があり、 多くの家庭の実例が現存している。 最も単純な形では、これらは典型的には小さなパネルで、 鳥と花を描き、しばしば機械で製造した大聖堂ガラスで囲まれ、 大聖堂ガラスは名前の示唆することとは違い、薄い色で、テクスチャー (texture, 粗い質感) があった。 大きな家のあるものは、 非宗教的な絵画ガラス (pictorial glass) の素晴らしい実例があった。 19 世紀と 20 世紀初頭の多くの小さな家屋には鉛明かり採り (leadlight) があった。

シャキハーン宮殿 (Palace of Shaki Khans)
の Shabaka (ステンドグラス)
公共と商用の建物

ステンドグラスは公共の建物の装飾要素として、しばしば使用され、 当初は学びの場、政府、あるいは裁判所で使用されたが、 ますます他の公共の場所や商用の場所に使用され、これには例えば銀行、小売店、そして鉄道があった。 国によっては公共の建物に、ステンドグラスと鉛明かり採り (leaded lights) が広範囲に使用され、快適な空間が作られ、 プライバシーが保たれた。

チェコ共和国 リベレツ
市役所のステンドグラス
ピッツバーグ大学
ハンガリー・ルームの窓
スイス、連邦宮殿
カナダ、ケベック州モントリオール,
地下鉄駅、マーセル・フェロン
(Marcelle Ferron) による抽象デザイン
エルサレムのユダヤ全国且つ大学図書館
のモルデカイ・アードン
(Mordecal Ardon) による窓
彫刻
オーストラリア、メルボルン
ラ・トローブ大学 (La Trobe)
彫刻公園、レオナード・フレンチ作
(Leonard French) 「四季」(1978 年)
Carlo Roccelle による
溶融ガラス彫刻 (2012 年)
フランス、パリのガラス彫刻
Chalour (2016 年)、8 フィートの
塔で、7 千個のステンドグラスと
板ガラスの破片から構成。ヘンリー・
リチャードソン作 (Henry Richardson)