ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Flamboyant - Wikipedia

ゴシック建築の flamboyant 様式はフランス語読みしてフランボワイヤンと読みますが、 以下、翻訳の都合上ややこしくなるので英語読みしてフランボイヤントとカナ表記します。

原文では大多数の写真を末尾のギャラリーにまとめていますが、 これだと見にくいので関連する場所に写真を移動しました。そのためギャラリーの節がなくなりました。

フランボイヤント (Flamboyant)

フランボイヤント (flamboyant) (フランス語 flamboyant (フランボワイヤン, 燃え上がる (flaming))) は末期ゴシック建築の華麗な様式に与えられた名称で、 フランスで 1350 年頃から流行し、 16 世紀初頭にルネッサンス建築で取って代わられるまで継続した。 この用語は主にフランス建築を述べるために使用されるが、 時には初期のイングランド・ゴシック建築を述べるために使用され、 通常は装飾様式 (Decorated Style) と呼ばれているものである; 歴史家のエドワード・オーガスタス・フリーマン (Edward Augustus Freeman) はこれを 1815 年の本で提案した。 この様式のバージョンがスペインとポルトガルに 15 世紀に広まった。 これはレイヨナン様式とイングランドの 装飾様式から発展し、 装飾に更に多くの注意が払われたことと、2 重の曲線トレーサリーの使用によりマークされている。 この用語はウスターシュ・イヤサント・ラングロワ (Eustache-Hyacinthe Langlois、1777 年 – 1837 年) により始めて使用され、 この段落で使用するすべての用語と同様に、 'Sondergotik' を除いて、 窓のトレーサリーの様式を述べている。 これはゴシック時代全体の中で区別するための最も単純な方法であるが、様式の他の側面を 無視している。 イングランドでは、この時期の後半は垂直建築様式 (Perpendicular architecture) と呼ばれている。 ドイツでは Sondergotik (ゾンダーゴティク、Special Gothic, 特別ゴシック) が もっと普通な用語である。

ヴァンセンヌのサント・シャペル
(Sainte-Chapelle de Vincennes)
の正面、1379 年開始、1480 年完了
ルーアンのパレ・ド・ジュスティス
(Palais de Junstice de Rouen)

この名前はトレーサリーの炎のような曲がり (winding) と妻壁 (gable) とアーチの 劇的な延長 (lengthening) に由来している。 鍵となる造作はオージー・アーチで、 1320 年頃のイングランドのビバリー大聖堂 (Beverley Minster) で始まり、ヨーク (York) とダラム (Durham) に広まった。 もっとも、この形式はイングランドで決して広く使用されることがなく、 1350 年頃の垂直様式 (Perpendicular style) の興隆で取って代わられた。 初期のイングランドの作品と、フランスにおける後の進展の間の 可能性のある接点はショーモン (Chaumont) の教会である。 ポルトガルのマヌエル様式 (Manueline) とスペインのイザベライン様式 (Isabelline) が 15 世紀末と 16 世紀始めの、この様式のずっと、もっと贅沢な続きである。

過去にはフランボイヤント様式は、先行するレイヨナン様式と共に、 しばしば批評家によりけなされた。 もっと最近では、何人かはこれを復権しようとした。 ウィリアム W. クラーク (William W. Clark) は次のようにコメントしている。

フランボイヤントは もっとも顧みられなかったゴシック建築の時期で、これは過去の世代の偏見である。 しかしながら、このような高度に独創的で、発明の才がある建築家のファンタジーを無視することは根拠がない。 古い考えを捨てて、ゴシック建築末期を新たに眺める時が来た。
トゥール大聖堂サン・ガシアン
(Tours Cathedral Saint-Gatian)
ニコシアの最後の現存する
リュジニャン宮殿 (Lusignan) の
フランボイヤント窓
リトアニア、ビリニュス
の聖アンナ教会
  1. フランスの実例
  2. フランス外のフランボイヤント・ゴシック様式の幾つかの実例
フランスの実例
宗教的建造物
民生建造物
フランス外のフランボイヤント・ゴシック様式の幾つかの実例