ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Cefalù Cathedral - Wikipedia

チェファル大聖堂: Google map フォトスフィア, その 1 フォトスフィア、その 2

チェファル大聖堂 (Cefalù Cathedral)

チェファル大聖堂 (イタリア語:Duomo di Cefalù) は シチリア島チェファルにあるローマ・カトリックのバシリカである。 これは アラブ・ノルマン様式のパレルモ、及びチェファルとモンレアーレ大聖堂教会 (Arab-Norman Palermo and the Cathedral Churches of Cefalù and Monreale) としてユネスコの世界遺産に含まれている 9 つの建物の 1 つである。

大聖堂は 1131 年に ノルマン建築様式で建設され、 シチリア島は 1091 年にノルマン人に征服されていた。 伝説によると、建物が建設されたのは、 シチリア王 ルッジェーロ2世 (Roger II) により「聖なる救い主」 (Holy Saviour) に対しての誓いから建設され、 彼が嵐から逃れてチェファルの浜に上陸してからの事であった。 建物は要塞のような性質があり、遠くから見ると、周辺の中世の町のスカイラインを威圧している。 これはノルマン人の存在を強力に述べるものであった。

大聖堂のファサード (açade、正面)
  1. 歴史
  2. 説明
歴史

大聖堂は長い間、人が住んでいた地域に建設され、 ローマの道路 と「キリスト教以前のモザイク」 (Paleo-Christian mosaic) の存在により示されている。 建設は 1131 年に開始して、アプス (apse, 後陣) のモザイクは 1145 年に開始し、 ルッジェーロ2世 (Roger II) が彼の墓と妻の墓のために用意した石棺は同じ年に定位置に置かれた。 1172 年の後で、教会は凋落の時期に苦しんだ。1215 年に ホーエンシュタウフェンのフリードリヒ2世 (Frederick II of Hohenstaufen) は 2 つの石棺を パレルモ大聖堂に移動した。 大聖堂の建設はすぐこの後に回復し、ファサード (façade) は 1240 年に完成した。 大聖堂は 1267 年に アルバーノ司教 (Albano) の Rodolphe de Chevriêres により奉献された。

1472 年に、 コモのアンブロジオ (Ambrogio da Como) により、 ポルチコ (portico) がファサード (facade) の塔の間に追加された。

説明
建築様式

大聖堂の以前は、大きな台になったパルヴィス (parvis、大聖堂や教会の前の広場) があり、 これは元々墓地であった。 伝説によると、エルサレムから取り寄せた土で建設し、この土により、 死体が急速にミイラになる性質を持つと信じられた。

ファサードを特徴づけたのはムリオンのある窓を持つ 2 つの大きな ノルマン様式の塔で、 15 世紀に各々の上に小さな尖塔が追加された。 各尖塔は異なっている:  1 つは平面図が正方形で、炎の形をしたマーロン (merlon、凹凸上の 胸壁 (battlement、バトルメント) の凸の部分) で取り囲まれ、 マーロン (merlon) は教皇の権威と司教冠 (mitre、マイター) を象徴し、 もう 1 つは平面図が 8 角形で、 ギバリン・マーロン (Ghibelline merlon) があり、 王室と世俗の権力を象徴している。

15 世紀の ポルチコ (portico) は 3 つのアーチがあり、外側の 2 つは尖っており、 4 つの柱とヴォールトを形成するリブで支えられている。 ポルチコ (portico) の下にはポルタ・レグム (Porta Regum、国王の扉) があり、 素晴らしく装飾された大理石 (marble) のポータルの両側に壁画があった。

大聖堂内部はラテン十字の設計で、 ネイブと 2 つの側廊が柱のアーケードで分離され; 14 本の柱はピンクの花崗岩 (granite) で、2 本がシポリン (cipolin, 大理石の一種) である。 (柱の) 基部と柱頭は AD 2 世紀のものである。ネイブの凱旋門 (triumphal arch) を支える 大きな柱頭は恐らく 12 世紀中頃に プッリャ州 (Apulian) の作業場で制作されている。

ネイブの屋根は低くなっており、これは建物の外部からわかる。 トランセプトはネイブと側廊のどちらよりも高い。 建物は部分的にはバレル・ヴォールトで、部分的には開放木材屋根 (open timber roof) であるが、 プレスビテリー (presbytery, 内陣のこと) は 石のリブ・ヴォールトである。

町の中のチェファル大聖堂 側面の光景
訳注
開放木材屋根 (open-timber roof) とは、(ヴォールトのように) 天井がない屋根の形式のこと。
Open-timber roof - definition of Open-timber roof by The Free ...
a roof of which the constructional parts, together with the under side of the covering, or its lining, are treated ornamentally, and left to form the ceiling of an apartment below, as in a church, a public hall, and the like.

クロッシングの向こうでは、教会は普通とは違っており、 壮大で単純な型式においては基本的にロマネスク様式であり、 これに尖りアーチ (pointed arch, ogival arch) を組み合わせている。 この造作はモンレアーレ大聖堂 (Monreale Cathedral) にも見えられる。 これはゴシック様式の先駆で、数年以内にパリの地域で発展することになる。

教会には 3 つのアプス (apse, 後陣) があり、 この配置はシチリアのモンレアーレ大聖堂 (Monreale Cathedral) でも見られる。 2 つのより低い側面アプス (side apse) は 外部に上段があり、小さな交差アーチ (crossed arch) と彫刻されたコーベルから成る ブラインド・アーケードで装飾されており、 これはモンレアーレ大聖堂でも広範囲にみられる。 コーベルは 1215 年 - 1223 年のもので、描くのは:  マスク (mask)、動物の頭部、人間の像で、 これを捻じ曲げた位置に置いている。 中央アプスのコーベルはもっと最近のものである。 中央アプスは元々 3 つの大きなオクルス (ocular window) があり、これは後に閉鎖されて、 モザイクと尖りアーチ (ogival shape) のより大きな中央窓に余地を与えた。 もう 2 つの丸窓の組はトランセプトの端にある。

訳注
  1. 「3 つのアプス」 と記述しているが「側面アプス」は側廊の端にあるものではないかと思う。 アプスが側廊の端にある場合がある。(アプスを参照。 )
  2. 交差アーチ (crossed arch) の用語は一応不明であるが、 交差ヴォールト (cross vault、あるいはグロイン・ヴォールト) のことを指していると思われる。

回廊

大聖堂には教会内部から入ることができる回廊がある。 アーケードには尖りアーチがあり、この各々のアーチは ほっそりした一組の柱 (column) の上に安置されている。 回廊の形式はスペインの回廊やフランスの幾つかの回廊の形式と違っていない; 組になった柱の合成柱頭はノルマン様式で、 他のものはモチーフでもっと一般的にロマネスク様式である。 この回廊はその後に続く、シチリアのノルマン様式の回廊 -- とりわけモンレアーレのもの -- のモデルとなっている。

芸術作品 (artwork)

内陣モザイック (Presbyterium mosaic)

恐らく計画されたことは全教会をモザイクで装飾することであった。 これが完成したのは内陣の領域のみであった。 モザイクがなお覆うのは後陣 (aspe) と側廊の半分ほどである。 ルッジェーロ2世 (Roger II) はモザイク技術の達人をコンスタンティノープルから呼び寄せた。 彼らは彼らの伝統的なビザンティンの装飾芸術を北ヨーロッパに起源がある建築構造に 適用した。

装飾計画の支配的な形はクライスト・パントクラター (Christ Pantokrator、全能のキリスト) が、Benediction で手を持ち上げている胸像で、 アプス (後陣) の半ドームに描写されている。 左手に ヨハネ福音書 (Gospel of John) を持ち、 これにギリシャ語とラテン語で次のように書かれている: 『私は世の光で、私に従うものは暗闇にさまようことなく、命の光がある』。

内陣の方向の内部の光景 クライスト・パントクラター

アプス (後陣) の壁の上段には聖母メアリーが描かれ、手を持ち上げて切願し、 4 人の大天使 (archangel) が側面に立つ。 2 段目と 3 段目の中央の窓の両側には使徒と福音伝道者達 (evangelists) の姿があり、 計画された神学プログラムに応じて配置されている。

4 人の大天使と聖母マリア 夜の大聖堂

モザイクの装飾は内陣まで延長し、側壁は預言者と聖人の姿を示している。 右の壁には王座 (royal throne) に隣接して、王族の複数の肖像があり、 一方、左側には、司教座 (bishop's throne) に隣接して、複数の聖職者の肖像がある。 各肖像にはギリシャ語あるいはラテン語の銘文が付属し、肖像の人物を説明している。 交差ヴォールト (cross-vault) の天井の装飾に 4 人の 智天使 (cherubim) と 4 人の 熾天使 (seraphim) を 描いている。

主要な肖像 -- クライスト・パントクラターと聖母 -- は青の服をまとい、 黄金のタイルの背景で輝き (luminosity) が与えられている。 作品は最高の状態で、人物のローブ (robe, ゆったりした服) の襞、顔と身振りの鋭敏さに優雅さが表示されている。 これはイタリアで最も素晴らしいビザンティン・モザイクと思われ、 コンスタンティノープルの他のビザンティン末期の作品と比較できる。

ビザンティン・モザイクは 1170 年までに完成した。 内陣の下の部分と側壁は 17 世紀になるまで完成しなかった。 これらはそれ以前の絵画を覆い、このかすかな痕跡が今日も残っている。

他の芸術作品

元々の絵画の装飾のうち、左側廊の柱にある 14 世紀後半の ウルバヌス 5 世 (Urban V) の肖像、 左側のトランセプトにある 15 世紀の 「王座のマドンナ」 (Madonna enthroned) が残っている。

バシリカは幾つかの葬式のモニュメントを収容し、 これには古代末期の 1 個の石棺 -- 中世のもの -- と 18 世紀のカステリ司教 (Castelli) の著名な墓がある。

12 世紀の洗礼盤 -- 1 個の石の塊から彫られたもの -- が 4 匹の小さな彫刻ライオンで飾られている。 教会はアントネロ・ガジーニ (Antonello Gagini) の作業場のキャンバス (16 世紀) とグリエルモ・ダ・ペサロ (Guglielmo da Pesaro) により 描画された木の十字架がある。 オルガンは大きな 2 つの鍵盤 (two-manual) 装置で、分離したコンソールと単純なパイプ細工があり、 木造パネルの箱の上にある。

ネイブの天井には胸像、空想の動物や他のモチーフの絵画の装飾があり、 恐らくはアラビア人の職人の仕事である。

1985 年から、パレルモの芸術家であるミケーレ・カンツォネリ (Michele Canzoneri) は新旧の聖書からのエピソードに基づいて、 72 個の現代的、抽象的な、ステンドグラスの窓を依頼され設置した。 これらは、その様式によって少々議論を引き起こした。

キリスト教以前のモザイク

大聖堂地域の発掘から、6 世紀の多色彩のモザイクのかけらが脚光を浴びた。 これらが描写したのは:  水を飲んでいる鳩、2 匹の他の鳥の一部分、2 本の小さな木、そしてユリの形をした花が、 尖りアーチのモチーフとひし形のモチーフの枠に囲まれていた。

このモザイクは恐らくは、以前に存在したビザンチンのバシリカに属していた。 チェファルのこの地域は少なくとも 8 世紀までは人がよく訪れており、 この時は教会の 1 つの管区であった。