ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Norman architecture - Wikipedia
ノルマン建築 (Norman architecture)

ノルマン建築 の用語は 11 世紀と 12 世紀にノルマン人が支配下あるいは影響下においた 色々な土地で進展したロマネスク様式を記述されるために使用される。 とりわけ、この用語は伝統的にイングランドのロマネスク様式に使用される。 ノルマン人は大量の城 (castle) と砦 (fortification) を導入し、 これにノルマン砦 (Norman keeps) が含まれ、 当時に修道院 (abbey)、教会、大聖堂 (cathedral) を導入し、 その様式は、通常のロマネスク様式の (とりわけ窓と出入り口の上の) 丸いアーチにより 特徴づけられるもので、この様式の他の地域的な変種と比較すると、 とりわけどっしりした比率であった。

ダラム大聖堂ネイブ モンレアーレ大聖堂の内部 ナトリーズ・スカーズ (Nately Scures)
セント・スウィザン教会 (St Swithurn's)
南西から見る。
  1. 原点
  2. ノルマン・アーチ
  3. ノルマンディ
  4. イングランド
  5. スコットランド
  6. アイルランド
  7. イタリア
  8. 過渡様式 (Transitional style)
  9. 新ノルマン様式 (Neo-Norman)
  10. ギャラリー
原点

これらのロマネスク様式は、 ノルマンディに起源があり、 北西ヨーロッパ、とりわけイングランドに広範囲に広がり、 随分と発展に貢献し、現存する実例が大量にある。 同じ頃に、ノルマン人の 1 つの王朝がシチリア島 (sicily) を支配し、 ビザンチンとサラセンの影響を組み込んだ特色のある変種を作り、 これはノルマン建築、あるいはシチリア・ロマネスクと呼ばれた。 古代ローマのアーチの発明がすべてのノルマン建築の基礎である。

この用語は 18 世紀の好古家に起源があるかもしれないが、 一連の様式における使用はトーマス・リックマン (Thomas Rickman) の 1817 年の本によるものとされている。 この本は:  「 (ノルマン人の) 征服から宗教改革までのイングランド建築様式を区別する試み」 (An Attempt to Discriminate the Styles of English Architecture from the Conquest to the Reformation) で、 次の標語を使用した:  「ノルマン様式、 初期イングランド様式装飾様式、 そして 垂直様式」。 もっと包括的な用語である 「ロマネスク」 は 1715 年までにイングランドで、 ロマンス諸語 (Romance languages) で使用され、 1819 年からは 11 世紀と 12 世紀の建築に適用された。 エドワード懺悔王 (Edward the Confessor) が (ノルマン人の) 征服の直前に、 ウェストミンスター寺院 (Westminster Abbey) をロマネスク様式 で建設したが (現在では、すべてが後の再建で交換されている)、 これはイングランドで最初の重要なロマネスク建築として、なお信じられているが、 英国で現存する重要なロマネスク建築はどれも (ノルマン人の) 征服に明らかに先行することはないことを 示すことができる。 もっとも歴史家は、多くの現存する建築 -- ほとんどすべての教会 -- のノルマン要素は、 実際はかなりがアングロ・サクソンであることを信じている。

ノルマン・アーチ

ノルマン・アーチはノルマン建築を特徴づける点である。 壮大なアーチ道 (Grand archways) は畏怖の念を呼び起こすようにデザインされ、 大聖堂のような大きな宗教的建物の入り口にとても良く見られる。

ノルマンディ

バイキングの侵入者は 911 年にセーヌ川の河口に到着し、 この時、 フランク人は馬に乗って戦い、フランク人の領主は城を建設した。 続く 1 世紀にバイキング -- 今やノルマン人と呼ばれ -- に割譲された領地の人々は習慣を取り入れ、キリスト教と オイル語 (langue d'oil) は言うまでもなかった。 ノルマン人の豪族は土塁の上に木造の城を建設し、 モット・アンド・ベーリー (motte-and-bailey) の城と フランク族のロマネスク様式で大きな石の教会を開発することを開始した。 950 年までに、彼らは石の砦を建設していた。 ノルマン人はヨーロッパで最も移動した人々の中に属し、 幅広い文化の影響にさらされ、これを彼らは自分たちの技術と建築に組み込んだ。 彼らは初期のキリスト教バシリカ計画で入念に作業した。 1067 年のカーン (Caen) のサン・テティエンヌ教会 (Church of Saint-Étienne) に置けるように、 元々側廊と後陣の縦方向に塔を追加することを始めた。 彼らはまもなく、20 年ほど後の、より大きなイングランドの大聖堂のモデルを作っていた。

ラン大聖堂 (Laon Cathedral)
のネイブはノルマン・アーチに類似
ハンプシャー、 アンドーヴァー
1150 年頃のノルマン・アーチ
グロスターシャー、ギティング・パワー
(Guiting Power) の教会出入口の上
のジグザグ・モールディングを
持つノルマン・アーチ
イングランド

イングランドでは、ノルマン人の貴族と司教は 1066 年のノルマン人の征服前に影響があり、 ノルマン人はアングロ・サクソンの末期建築に影響した。 エドワード懺悔王 (Edward the Confessor) はノルマンディで育てられ、1042 年に石工を連れて、 イングランドで最初のロマネスク建築 -- ウェストミンスター寺院 -- で作業させた。 1051 年に、彼はノルマン人の騎士を連れ込み、後者はウェールズ人に対しての防衛のために モット (motte) の城を建設した。 征服に引き続き、ノルマン人は急速に モット・アンド・ベーリー (motte-and-bailey) の城を建設し、 教会、修道院、そしてもっと優雅な砦 -- ノルマンの石の砦 -- の建設共々に実施した。

建築が占めるのは、小さな彫刻の帯を使用した単純な幾何学の巨大な比率である。 柱頭の集中した空間と丸い出入り口に注意を払い、更にはアーチの下の ティンパヌム (tipanum) に注意を 払ったことはいうまでもない。 「ノルマン・アーチ」 (Norman arch) は丸く、しばしばモールディングが飾りのために彫刻されている。 しばしば "ジグザグ・モールディング" (zig-zag moulding) と呼ばれる シェブロン・パターン (chevron patternes) が ノルマン人による頻々とした署名になっている。 十字型教会は往々にして深い内陣と正方形の クロッシング・タワーがあり、これはイングランド教会建築の造作のまゝであった。 何百もの教区教会が建設され、偉大なイングランドの大聖堂が 1083 年から設立された。

火災が 1174 年に カンタベリー大聖堂に被害を与えてから、ノルマン人の石工は新しいゴシック建築を導入した。 1191 年頃に、 ウェルズ大聖堂リンカン大聖堂はイングランド・ゴシック様式を持ち込み、 ノルマン様式はますます田舎の建築の控えめな様式となった。

教会建築

文献

軍事建築
家庭建築
スコットランド

スコットランドも初期のノルマン人の影響を受け、ノルマン人の貴族が 1050 年頃の マクベス王の宮廷にいた。 彼の後継者である マルカム3世 (Máel Coluim III) はイングランドとノルマン人の助けによりマクベスを転覆し、 王妃のマーガレット (Margaret) は教会を奨励した。 ベネディクト会 ダンファームリン (Dunfermline) に修道院を設立した。 彼女の 6 番目で、最年少の子息は、 デービッド王 (King David) となり、 12 世紀の始めに セント・マーガレット礼拝堂 (St. Margaret's Chapel) を建設した。

教会建築
訳注
原文では陸地測量部 (ordnance survey) のグリッド参照 (grid referece) を各項目の最後に 引用していますが、ここでは Google map へのリンクに変更しています。 少々座標がずれているかもしれません。

カークリストン教区教会 (Kirkliston)、12 世紀末の「ノルマン過渡様式」建築 ("Norman Transitional" architecture) の珍しい実例。

アイルランド

ノルマン人は 1169 年に始めてアイルランドに上陸した。 5 年以内に土塁の城が登場し、更に 5 年以内に最も初期の石の城の幾つかの工事が始まった。 例えば、ヒュー・デ・レーシー (Hugh de Lacy) は ミーズ州 (County Meath) の現在のトリム城 (Trim Castle) の場所に モット・アンド・ベーリー (Motte-and-bailey) の城を建設したが、 これは 1173 年にアイルランドの王である Ruaidrí Ua Conchobair に攻撃されて焼け落ちた。 しかしながら、デ・レーシー (De Lacy) はその場所に石の城を建設し、これは壁の中に 3 エイカーの土地を囲い込み、 アイルランド人により焼け落とされることがなくなった。 1177 年から 1310 年の間に、アイルランドで最大のノルマン人の城の幾つかが建設された。 ノルマン人は大半がアイルランドの東の地域に定着し、後にザ・ペイル (the Pale) と呼ばれた。 彼らは多くの建物を建設し、その中に フィンガル (Fingal) (北 ダブリン州 (North County Dublin)) のソーズ城 (Swords Castle)、 ダブリン城 (Dublin Castle) 及び アントリム州 (County Antrim) のキャリックファーガス城 (Carrickfergus Castle) があった。

訳注
Ruaidrí Ua Conchobair の発音は How to pronounce Ruaidrí Ua Conchobair in Irish (people) で聞くことができます。 「ルエドリ・ウェ・コンチャバイル」 と聞こえます (再読み込みすると聞ける) が、確信が持てません。 アイルランド語は Google 翻訳で発音が聞けないので、上のカナ表記は参考にとどめます。
イタリア
メッツォジョルノ (Mezzogiorno)

ノルマン人は早い時期からイタリアで、彼らのトレードマークのような 建築物である城の建設を始めた。 ウィリアム・アイアン・アーム (William Iron Arm, 鉄腕ウィリアム) は 1045 年に カラブリア (Calabria) の不明な場所 (Stridula) で城を 1 つ建設した。 1085 年に ロベルト・グイスカルド (Robert Guiscard) の死後に、 メッツォジョルノ (Mezzogiorno、イタリア半島の南部) で幾つかの内戦があり、 ますます弱体化する皇子 (princes) の支配下に置かれた。 12 世紀までずっと、この地域は反乱で特徴づけられ、小さな領主は自分たちの城で、 公爵や王室の権力に抵抗することを求めた。 モリーゼ (Molise) では、ノルマン人は彼らの最も広範囲な築城プログラムに乗り出し、 イタリアでオープス・ガリクム (opus gallicum) の技術を導入した。 地元の石工を巧妙に使用することに付け加え、奴隷化された人々をいくらでも自由に使えることが、 そのようなすさまじい偉業を可能にした。 幾つかは彼らが真似をしようとした古代ローマの建築のように雄大であった。

田舎を (多くの) 城で包含しようとしたことに付け加え、 ノルマン人は宗教的な建物も建立しようとし、これは現在も残っている。 彼らは モンテ・サンタンジェロ (Monte Sant'Angelo) の神殿を建設し、 ヴェノーザ (Venosa) の オートヴィル朝 (Hauteville 家) のために霊廟を建設した。 彼らは多くの新しいラテンの修道院も建設し、 これにはサンテウフェミア・ラメーツィア (Sant'Eufemia Lamezia) の有名な設立が含まれる。 多大な重要性を持つ他の実例にはアングローナのメアリー・クイーンの神殿 (Shrine of Mary Queen of Anglona) の入り口、 及び、 アヴェルサ大聖堂 (Aversa Cathedral) のアンビュラトリー (ambulatory) と放射礼拝堂 (radiating chapel) がある。 サレルノ (Salerno) では、しかしながら、フルシオーネ宮殿 (Fruscione Palace) を思い出せ。

以下は、メッツォジョルノ (Mezzogiorno) でのノルマン建築の一覧である: 

シチリア島 (Sicily)

シチリアのノルマン様式の時期はおよそ 1070 年から 1200 年まで継続した。 建物は金メッキしたモザイクで修飾され、例えば モンレアーレ (Monreale) の大聖堂にあるものである。 1130 年に建設された パレルモ (Palermo) のパラティン礼拝堂 (Palatine Chapel) は恐らく この実例で最も強烈なものである。 ドームの内部 (ドーム自身はビザンチンの造作) はモザイクで修飾され、 全能なキリスト(Christ Pantocrator) に天使が付き添っているものである。

シチリアのノルマン様式の末期にはゴシック初期の影響を見つけることができ、 例えば 1197 年に奉献されたメッシーナ (Messina) の大聖堂にあるものである。 しかしながら、ここでは背の高いゴシック様式の鐘楼は後の時代のもので、 ノルマン様式の時代に建設された初期ゴシック様式と混同してはいけない:  後者はゴシック時代のものであることを明示するための、 フライイング・バットレス小尖塔 (pinnacle) ではなく、 尖りアーチと窓を呼び物にしている。

マルタ島 (Malta)

1091 年のノルマン征服の後で、マルタには幾つかのノルマン様式の建物が建設された。 多くが長年の間に取り壊されて、再建された。 (とりわけ、 1693 年のシチリア地震の後でこのようになり、 この地震は多くの古いノルマンの建物を破壊した。) しかしながら、幾つかの砦と家屋は イムディーナ (Mdina) と ヴィットリオサ (Vittoriosa) になお存在している。

過渡様式 (Transitional style)

石工の長 (master mason) が様式を開発し、 グロイン・ヴォールトの天井の幾何学的困難さを克服する方法を 実験するにつれ、彼らは尖りアーチ (pointed arch) の造作を導入し、これは後に ゴシック様式を特徴づけるものとなった。 建築史家と建築学者が考えることでは、 様式は造作の集団ではなく、完全な一体のものとして評価しなければならないことであり、 あるものは、これらの進展をノルマン、あるいはロマネスク様式の範囲内のものとして含めるが、 他の者は、これらをノルマン・ゴシック過渡様式 (Norman-Gothic Transitional) として記述している。 幾つかのウェブサイト (website) では "ノルマン・ゴシック" (Norman Gothic) の用語を使用しているが、 これが過渡的な様式を言及しているか、全体としてノルマン様式を言及しているかは、不明である。

新ノルマン様式 (Neo-Norman)

新ノルマン建築様式はノルマン・ロマネスク建築様式に基づいたロマネスク・リバイバル建築様式の形式である。 少々混乱があり、とりわけ北米で、この様式と土着のリバイバル・バージョン、 あるいは後のノルマンディ建築様式の間にあり、 これには例えば、より大きな農家に人気がある様式である "ノルマン農家スタイル" (Norman farmhouse style) がある。

ロマネスク・リバイバル・バージョンはアーチ、柱頭、そして装飾された出入り口に焦点を置いている。 マンチェスターには 2 つの実例がある:  以前の株式取引所の建物と、ファローフィールド (Fallowfield) のユダヤ教会 (synagogue) である。

ギャラリー
カーン、サン・テティエンヌ修道院 ダウン州、グリーンキャッスル (Greencastle)
ラヴィスカニーナ (Raviscanina)
の城、ルペカニナ (Rupecanina)
の反逆者 Andrew の要塞
パレルモの
ノルマンの宮殿
(Palazzo dei Normanni)
チェファル大聖堂の後陣の全能の神
[訳注:シチリア]
パレルモ大聖堂を 1185 年に設置した
のは:パレルモのアングロ・サクソンの
大司教であるウォルター・オブ・ザ・ミル
(Walter of the Mill) と牧師のウィリアム王
ニュー・ロムニーの教会塔
イングランドの小さな町に
おけるノルマン建築の実例
ウィンチェスター大聖堂
イングランドにおける
ノルマン建築の実例
小さな村の教会の実例
イングランド、 サリー (Surrey)、
パーフォード (Pyrford)
セント・ビーズ小修道院
カンブリア、西扉、
1180 年頃
サフォーク (Suffolk)、バリー・セント・
エドマンズ (Bury St Edmunds) の
ノルマン塔のアーチ道
セント・ローレンス教会 (St Lawrence、
1070 年頃 - 1100 年頃) のネイブ南のアーチ
ハンプシャー、アルトン (Alton)
ミックルハム (Mickleham) の
セント・ミカエル教会
950 年頃 - 1180 年頃
ファルソン宮殿 (Palazzo Falson)
マルタ、 イムディーナ
1494 年頃
サンタ・ソフィア宮殿
(Palazzo Santa Sofia)
マルタ、 イムディーナ
1233 年頃 (1 階)
セント・レオナルド教会
(St Leonard's church)
のアーチウェイ、
ケント州、ハイス (Hythe)