ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Bow Back Rivers - Wikipedia

ボウ・バック川は幾つかの川、あるいは水路から構成されていますが、 個々の川の名称は Google の地図にかなり網羅されているようです。 但し、チャンネルシー川は大半が暗渠になっているので少し位置がわかりません。 しかし、「チャンネルシー川」の曳舟道の一部であったと思われる「チャンネルシーパス」は地図に記載されています。

リー川の地図: Google map

ボウ・バック川 (Bow Back Rivers)

ボウ・バック川 あるいはストラトフォード・バック川 (Stratford Back Rivers) は ボウとストラトフォードの間の水路の複合体 (complex of waterways) で、 イングランドの東ロンドンにあり、リー川とテムズ川を接続している。 工事が 20 世紀に開始されて、ストラトフォード湿地の排水が実施され、 幾つかの水路が建設されて、水車に動力が与えられた。 ボウ・クリーク (Bow Creek) は (リー川から) テムズ川への最後の流出口で、 水路の他の名称は: アビー川 (Abbey Creek、大修道院川)、 チャンネルシー川 (Channelsea River)、 プレスコット水路 (Prescott Channel)、 プディング・ミル川 (Pudding Mill River)、 セント・トーマス川 (St. Thomas Creek)、 スリー・ミルズ・バック川 (Three Mills Back River)、 スリー・ミルズ・ウォール川 (Three Mills Wall River)、 及び ウォーターワークス川 (Waterworks River) である。

スリー・ミルズ水門における導水路
右手が水門構造

川は何世紀もの間に変化にさらされ、 アルフレッド大王 (Alfred the Great) は 896 年に川を迂回させて第 2 の水路を作り、 マティルダ女王 (Queen Matilda) は 1110 年頃にボウ橋の建設に経費をかけて、 2 つの水路の橋渡しをした。

河川システムがハックニー・ウィック (Hackney Wick) に至るまで潮汐の影響を受けるため、 幾つかのミルは潮汐ミルで、 これにはアビー・ミルズ (Abbey Mills) とスリー・ミルズのものがあり、 後者の 1 つが残存している。 ロンドンの飲料水を供給するための 17 世紀のニュー川の建設と、 それに続く水道会社の水の摘出から、 水位が低下し、川は航行を維持するために次第に運河化された。 重要な変化が 1767 年の リー水路の創設により起き、 これによりハックニー・カット (Hackney Cut) と ライムハウス・カット (Limehouse Cut) が建設され、 ハシケがバック川 (back rivers) の大半をバイパスすることが可能となった。 川の大規模な再建築が 「リー川 (洪水軽減) 議会法」により 1930 年代に実施されたが、 1960 年代までに、水路の商用輸送の大半が終了した。 劣化するインフラにより、川は潮汐のある小川以上のものではなくなり、 これらは 1968 年に経済的、あるいは長期的に、将来が無いものとしてカテゴリー化された。

しかしながら、ブリティッシュ・ウォーターウェイズは 2002 年にこれらの完全修復が 重要な目的であると決意し、 2012 年のサマー・オリンピックのメイン・スタジアムを川の島に建設することが、 新しい水門と導水路の資金繰りを提供し、 これによりオリンピック会場中の水位が安定化された。 望まれたことは、オリンピック施設建設のための随分多くの資材をハシケで輸送することであったが、 これは実現しなかった。 オリンピック公園の中心的造作を形成する水路の改良には 英国でかって実施された最大の水生植物の植栽が含まれていた。

  1. 名称
  2. 歴史
  3. オリンピック
  4. 水門
  5. 興味ある地点
名称

個々に名前を持つ川が何時全体として、ボウ・バック川 (Bow Bakc Rivers) と呼ばれるようになったのか、はっきりしない。 チャールズ・ツイーン (Charles Tween) がリー川管理局 (Lee Conservancey) のために執筆した時に これらの川を 1905 年にストラトフォード・バック川 (Stratford Bakc Rivers and Stratford Back Streams) とし。 もっと最近のシティ・ミルズ水門 (City Mills Lock) の西の区間は 1895 年の地図でボウ・バック川 とされているが、これ以前にはパディング・ミル川の一部であった。 パウエル (Powell) が 1973 年に執筆した時に、まだこれらをストラトフォード・バック川 (Stratford Back Rivers) と呼んでいた。

「英国の内陸運河」 の 1939 年版 -- 運河のレジャー使用ガイドを提供する最初の試み -- が注意していることは、リー川には 「幾つかの補足的な運河化された水路」 があり、 ボウ・クリーク (Bow Creek)、オールド・リー川 (Old River Lee)、シティ・ミルズ川 (City Mills River)、 そしてウォーターワークス川 (Waterworks River) の一覧を与えているが、 これらをまとめて述べていない。 1977 年のボーイズとラッセル (Boyes and Russell) の共著では、 これらをボウ・バック川あるいはストラトフォード・バック川としており、 1985 年出版の 「英国の内陸水路」 の第 6 版ではこれらはボウ・バック川としていた。

ボウ・バック川に給水する川は Lee 川あるいは Lea 川と呼ばれたが、現代的な使用では、 自然な川を指す場合には Lea (リー) を使用し、水路を指す場合には Lee (リー) を 使用し、従って、Lee 水路が Lea 川の運河化である。 ボウの名前は 12 世紀にリー川に架けられたアーチ橋、 もしくはボウ道路駅 (Bow Road Station) の屈曲部に由来している。

歴史

ボウ・バック川は元々、ストラトフォード湿地 (Stratford Marsh) と呼ばれた地域を横断している。 この湿地は共有地 (common Lammas land) で、 住民は収穫祭 (Lammas Day, 8 月 1 日) とお告げの祭日 (Lady Day, 3 月 25 日) の間に馬と牛を放牧する共有の権利を持っていたが、 一年のこれ以外の日は干し草を育てるのに使用された。 湿地はストラトフォード・ラングソーン (Stratford-Langthorne) とストラトフォード・アト・ボウ (Stratford-at-Bow) の間であった。

有史以前からは何も残っていないが、湿地を横断する石の土手道 (causeway) の両端に 2 つの集落が あったことが地名から示唆される。 石の土手道の遺構は見つかったが、付随する道路の痕跡がない。 オールド・フォードの浅瀬 (ford) はローマ時代に起源があり、ロンドンからエセックス (Essex) に至るルートの一部で、 ベスナル・グリーン (Bethnal Green) を横断していた。 ボウより、更に南に浅瀬があった可能性があり、 別の土手道がホーマートン (Homerton) とレートン (Leyton) の間に存在しており、 ウォンステッド・スリップ (Wanstead Slip) と呼ばれた。

これらの横断はリー川のどちらかの側で、本当の湿地帯を横断していた。 広くて、速く流れる川はハックニー・ウィック (Hackney Wick) まで潮汐の影響を受け、 ハートフォードシャー (Hertfordshire) まで航行可能であった。 ボートによる川の使用で、最も初期の時代は知られていないが、 青銅器時代末の丸木舟とサクソンのハシケがウォルサムストーの湿地帯で見つかっている。 自然な川を最初に変更したのはアルフレッド大王 (Alfred the Great) であったかもしれない、 アングロ・サクソン年代記によると、 彼は 896 年に別の水路を切断してデーン軍 (Dane) を座礁させた。 これにより、潮汐の影響を受ける場所を下流のオールド・フォードに移し、 大型船が遡上することを 15 世紀まで妨げた。

国王ヘンリー 1 世の治世の時に、彼の妻のマティルダ女王 (Matilda) (あるいはモード女王 (Maud)) は指示を出して、道路のルートを更に南に移動し、2 本の橋の建設費を支払い、 1 本はリー川を横断し、もう 1 本はチャンネルシー川を横断するもので、自分の資金から支払った。 彼女は橋の間に建設する道路の費用も支払い、橋の場所は Stratford-atte-Boghe と呼ばれ、 次に Stratford-le-Bow と呼ばれ、最後に Stratford がなくなって、ボウあるいはボウ橋 (Bow Bridge) となった。 1500 年代に執筆したジョン・リーランド (John Leland) はもっと想像力に富んだ説明を与え、 これでは水に落ちた女王が行動を取っている。 ル・ボウ (le-Bow, 弓) を追加したことは、恐らくは橋の形と関係していない。 というのはアーチ (arch) の用語は arcus に由来し、これは bow (弓) を意味しているからである。 これはアングロ・サクソンの直線状の橋ではなく、フランスの橋の型式であり、 このデザインが橋の名称を与えた。

訳注
以上の説明は少し説明不足と思われる。 アーチ橋の説明から、アーチ橋の型式は基本的には半円アーチとその発展形である円弧アーチがある。 リー川川の歴史に書かれていることから判断すると、ボウ (bow) の名称から、 建設された橋は円弧アーチであると考えてしまうが、上の説明から判断するとこれは単に半円アーチであった可能性が高い。

1135 年にストラトフォード・ラングソーン大修道院 (Stratford Langthorne Abbey) が設立された。 大修道院 (Abbey) は中世に始まったストラトフォード湿地の排水事業を継続し、 水力ミル (water mill, 水車) と潮汐ミル (tide mill) を駆動するための人工水路を建設した。 小さな川の港がストラトフォードで発展し -- これは 15 世紀に言及されている --, ストラトフォード大修道院とストラトフォード・ミルの必要性のために貢献し、 後の時代にも類似の証拠がある。 大修道院 (Abbey) はボウ・クリークの周りに湿地帯の壁を維持する責任を引き継ぎ、潮が進入しないようにした。 川は物資と乗客の輸送をすることに使用され続け、 1571 年の議会法がロンドンの市長様 (Lord Mayor of London) に権限を与え、 川を改良することを可能にし、穀物の供給が首都に継続して到達することを確実にした。 これらの工事にはテムズ川近くの新しい掘割 (cut) -- 恐らくはボウ潮汐ゲート (Bow Tidal Gates) とオールド・フォード (Old Ford) の間の川の区間 -- が含まれた。 通行料は徴収されず、 パウンド水門がウォルサム大修道院 (Waltham Abbey) のそばに建設され、 これはイングランドに建設された 2 場目のものであった。

1303 年に記述されていることによると、 ボウ橋とチャンネルシー橋 (Channelsea Bridge) の間には 3 つの橋があり、 モードの土手道 (Maud's causeway) を通り抜けるミルの導水路の掘削により生じたギャップ を埋めるためであった。 もっともミルは土手道よりも古い証拠がある。 しかしながら、ミルの所有者は橋の責任を担い、これらはセント・トーマス・ミル、 スピルマン・ミル (Spileman)、Saynes ミルの導水路に架かっていた。 最後の 2 つはロンドン市により所有され、橋はぺグスホール橋 (Pegshole)、 セント・マイケル橋 (St. Michael's) と呼ばれた。 1814 年頃の行政上の失敗により、ロンドン市はセント・トーマス橋 (St. Thomas's Bridge) の責任を取ることになったが、 水車屋 (miller) は不平をこぼすことがなかった。 これはぺグスホール橋がより小さく、維持するのに経費がかからなかったからである。 名称は間もなく交換され、3 基とも 1933 年グロウブズ橋 (Groves Bridge) で交代され、 これは拡幅されたスリー・ミルズ・ウォール川 (Three Mills Wall River) を横断し、 ウォーターワークス川 (Waterworks River) にまとめられ、一方 スリー・ミルズ・ウォール・バック川は埋められた。

バック川を一連の低い橋で横断しているのは北部放流下水 (Northern Outfall Sewer) であり、 これはアビー・ミル揚水所 (Abbey Mill Pumping Station) に通じ、 これらは 1860 年代にジョセフ・バザルジェット (Joseph Basalgette) によりデザインされた。 今日、ボウからベックトン (Beckton) に至る下水を囲む盛土 (embankment, もりど) の ルートは公共の歩行路 -- グリーンウェイ (Greenway) -- になっている。

公共の給水

水は川から摘出されて、公共の給水に提供された。 1633 年のニュー川 (New River) はアムウェル (Amwell) の複数の泉からロンドンへ 水を運ぶために建設された 40 マイル (64 km) の水路で、 そのすぐ後でウェア (Ware) の近くのリー川から水を運ぶことになったが、 (リー川の) 水位を低下させることによって、航行とミルに有害な影響を与えた。 1745 年頃に、ウェスト・ハム水道会社 (West Ham Waterworks Company) はストラトフォードの Saynes Mill に水道設備 (waterworks, ウォーターワークス) を建設した。 この設備があった川は後にウォーターワークス川と呼ばれた。 東ロンドン・ウォーターワークス会社 (East London Waterworks Company) は 1807 年に設置され、オールド・フォードに設備を建設し、 ここで川から水を摘出した。 水道設備への給水は 1829 年に更に上流に移動され、 1830 年には、運河 -- ハックニー・カット (Hackney Cut) に平行して走るもの -- を建設して、水をリー橋 (Lea Bridge) から得られるようにした。 工事の大半は請負業者のウィリアム・フーフ (William Hoof) により実施された。 この会社は専門的トンネル業者としての名声をすでに獲得しており、 これはこの会社がストルード・トンネル (Strood Tunnel) と トレント・マージー運河のヘアーキャッスル・トンネル (Harecastle Tunnel) を施工した後のことであった。 この会社は 1829 年から 1834 年まで、水道設備工事で仕事をした。 ミドルセックス濾過池堰 (Middlesex Filter Beds weir) の南に 1850 年の貯水池があり、 1870 年の地図によれば、この場所が水道設備により占有され、 オールド・フォードの設備に給水した運河はハックニー・カット (Hackney Cut) に平行して走っていたことがわかる。 別の大きな貯水池は形が 3 角形で、古い川 (old river) とオールド・フォードのハックニー・カット の間にあり、古い川と 2 ヵ所で接続されていた。 給水運河は古い川の下を通過して、 グレート・イースタン鉄道の軌道 (Great Eastern Railway tracks) の北の 2 つの補充貯水池に給水した。 覆いの付いた貯水池が古い川の西岸にあった。

ウォーターワークス川は長年の間に相当な変化を被った。 1850 年に、この川はオールド・リー川 (Old River Lee) の水路とずっと北で分離し、 (分離点は) テンプル・ミルズ (Temple Mills) の鉄道倉庫 (depot) の南西に移動した。 これは、この時点ではリード・ミルズ川 (Lead Mills Stream) と呼ばれた。 テンプル・ミルズ橋 -- 現在は A12 道路にある -- の近くで、チャンネルシー川が分離した。 2 つの水路はオールド・リー川 (Old River Lee) に平行して走り、 その後、 チャンネルシー川が南東に向きを変える。 オールド・リー川とウォーターワークス川の間には別の小さな接続があり、 ブリー・フェンス (Bully Fence) と呼ばれた。 ここでは、北側のチャンネルシー川が現代の地図に載っている。 1870 年までに、北のテンプル・ミルズの鉄道倉庫まで、ウォーターワークス川と呼ばれ、 1896 年までに、カーペンターズ道路の近くの古い川への現在の接続が確立した。 20 年後、北側のウォーターワークス川はブリー・フェンスでリー川と再接続し、 こことカーペンターズ道路の間が埋められた。 ある時点で、ブリー・フェンスにおける接続が、チャンネルシー川の主要な給水源となった。 もっとも 1953 年/1966 年の地図では、ここが排水のために北のシステムの残りに接続されていたのがわかる。 行政的な境界はなおウォーターワークス川の北側のコースに沿っていた。

航行水路

リー川はハートフォードまで航行可能であったが、これは噴出水門 (flash lock) の使用で達成され、 単一のゲートが堰を通り抜ける水路を作った。 これにより、ハシケ乗りと水車屋 (miller) の間に衝突が起こった。 というのは水門の操作により、水門の上流の水位が下がり、 ミルの操業の邪魔となったからである。 1765 年に、技術者のジョン・スミートン (John Smeaton) は川の測量を依頼され、 これには 「公共の利益」 のために川を改良することが視野に置かれていた。 1766 年 9 月における彼の方向は噴出水門をもっと現代的な水門、あるいは 2 セットのゲートを持つ ペン導水路 (pen sluice、[訳注:パウンド水門のことと思われる]) で交代する必要性を強調した。 バウ・バック川にとって重要なことに、 彼はリー川からオールド・フォードまでの新しい掘割と、 ボウ潮汐ゲートからライムハウスのベイシンに至る別の掘割を提案した。 最初のものは、ハックニー・カット (Hackney Cut) と呼ばれ、2 つ目のものはライムハウス・カット と呼ばれた。議会法が 1767 年 6 月 29 日に獲得され、工事が開始した。

ライムハウス・カットにより、テムズ川に直接進入することが可能となり、 潮汐のあるボウ・クリークを避けることができた。 これは 1770 年 7 月に開通予定であったが、レンガ積みが少し崩壊し、修理をする必要があり、 その後 1770 年 9 月 17 日にライムハウス・カットが開通したが、 橋が崩壊して 12 月に短期間、再び閉鎖した。 そして間もなく、これが狭すぎると決定され、拡幅されて全長に渡ってハシケのすれ違いを可能にすることになった。 この工事は 1777 年 9 月 1 日に完了した。 ハックニー・カットの契約は 1768 年 1 月 18 日にジェレマイア・イルズリー (Jeremiah Ilsley) に与えられ、 ヘンリー・ホーランド (Henry Holland と呼ばれるレンガ職人が 1768 年 4 月 23 日に、カットに 2 つの水門を作ることが依頼された。 クーパー氏と呼ばれるブロムリー (Bromley) のミルライトがブロムリー水門 (ボウ潮汐ゲートのそば) を建設する仕事が与えられた。 工事は急速に進み、カットは 1769 年 8 月 7 日に開通した。

1767 年の議会法は通行料を徴収できる地点を明示していたが、 ボウ・クリークボウ・バック川、あるいはボウ潮汐水門とオールド・フォードの間の航行区間に関しての通行料には 言及がなく、通行は無料のままであった。 1850 年 8 月 14 日に獲得された議会法により、 受託者はボウ潮汐ゲートのそばにパウンド水門を建設できるようになった。 ハシケ屋からの反対を防止するために、議会法はボウ・クリーク区間では通行料をタダにすることを公式にした。 しかしながら、水門が一旦建設されると、受託者はこの使用料を課した。 これは人気がなかったが、潮のある状態の時に潮汐ゲートを使用する選択肢はまたあり、 これは使用料が必要ではなかった。 水門の使用料を認可する条項はその後の 1868 年の議会法からは議会が削除したが、 1977 年にまだ事実であったことは、水門を使用すれば料金がかかり、ゲートを使用すれば無料であることであった。

1821 年までに、ストラトフォードには幾つかの波止場があり、 あるものはリー川の岸にあり、あるものはチャンネルシー川の岸、あるいはそれ以外の川岸にあった。 一般物資の波止場に付け加え、ある波止場は特に、材木、白亜、石、石炭、あるいは小麦を扱った。 工場とミルの幾つかは私的な波止場を持っていた。 この日までに、ドックがボウ橋の近くのハイ・ストリートの南に建設されていた。 これはおよそ 80x50 ヤード (73x46 m) であり、 自身の水路で川に接続されていた。 当初はストラトフォード・ドックと呼ばれ、後にメッグス・ドック (Meggs Dock) と呼ばれ、 恐らくはミドルセックス・エセックス・ターンパイク・トラスト (Middlesex and Essex Turnpike Trust) により建設された。 半分は 1896 年に埋められ、残りは 1920 年に埋められた。

1860 年代に、航行からの収入が 減少した、これは鉄道に対して競争しようとした試みの結果であったが、 節約され、資本工事 (capital works) が継続した。 リー橋の水門は取り除かれ、更に南のオールド・フォード水門 (Old Ford Lock) で交代され、 これは 100 トンのハシケを受け入れるために建設され、 1805 年の議会法で明示された 40 トンのハシケではなかった。 元々のリー川受託者 (Lee trustee) 、そして 1868 年以後は リー川管理者 (Conservators of River Lee) は公式にはボウ・バック川に責任があったが、 これを維持するための動機がなかった、 というのはこれでは収益を生成しなかったからである。 また、これらは閉鎖もされなかった、というのは余剰の水を上流からテムズ川に流して、 洪水がないようにするためであった。

再生

川は 1920 年代に徐々に役に立たなくなった。 この地域では失業率が高かったため、 ウェスト・ハム社 (West Ham Corporation) とリー川管理委員会 (Lee Conservancy Board) は 政府の失業軽減助成金 (relief grant) を申請して、 重要な改良の資金繰りをしようとした。 水路の工事に付け加え、 ボウ潮汐水門は 2 重になり、マーシュゲート水門 (Marshgate Lock) はシティ・ミル水門 (City Mill Lock) と同じように更に東に再建され、 カーペンターズ道路 (Carpenters Road) に第 2 の新しい水門が建設された。 これはウィンチで操作する放射状の上向きゲート (up-and-over radial gates) を使用し、 シティ・ミル水門で使用した普通のマイター・ゲート (mitre gate) ではなかった。 ゲートは四分円の形 (quadrant-shaped) をし、川から持ち上げてボートの水門からの出入りを可能にした。

訳注
カーペンターズ道路水門の形がどのようなものか疑問になりますが、 恐らく 2017 年に再開通したものと同じと思われます。下の YouTube の動画の最後あたりに動作している状態が表示されます。
Carpenters Road Lock Restoration - YouTube
垂直に回転するゲートで水門変種 にあるものは、ゲートを開いたときに運河の底に平らになるものですが、 これは上に開く。そのため通過できるボートの頭上余地に制限がある。
議会法が 1930 年に獲得されて、工事が認可された。 議会法は 「リー川 (洪水軽減) 議会法」 (River Lee (Flood Relief) Act) と呼ばれ、 工事が翌年に認可された。プロジェクトは 1935 年に完了した。 工事の前にはウォーターワークス川 (Waterworks River) の スリー・ミルズ・ウォール川 (Three Mills Wall River) とのジャンクションの上流に洪水ゲートがあり、 更に大きなプール -- シティ・ミル・プール (City Mill Pool) -- があり、 シティ・ミル川 (City Mill River) とセント・トーマス川 (Saint Thomas Creek) に接続していた。 マーシュゲート水門 (Marshgate Lock) はプディング・ミル川 (Pudding Mill River) と セント・トーマス川とのジャンクションの西にあった。 この水門は元々ハンターズ・ゲート (Hunters Gates) -- 1847 年頃に建設された洪水ゲート -- に第 2 のゲートの組を追加して 1864 年に建設された。 再建された水門はシティ・ミル・プールの場所に建設され、 東端に 2 セットのゲートがあって、ウォーターワークス川の満ち潮が西の水路に溢れることを防止した。 これは 1948 年の地図ではマーシュゲート・レーン水門 (Marshgate Lane Lock) とされたが、 地元の議員 (councillor) にちなんでウォード水門 (Ward Lock) と呼ばれ、 現在はシティ・ミル水門と呼ばれている。 セント・トーマス川のコースは直線化され、元々のマーシュゲート水門は迂回された。 プディング・ミル川は下流区間が埋められた時に行き止まりになった。 これはスリー・ミルズ・バック川の大半と同じで、ウォーターワークス川の氾濫ゲートも取り除かれた。 水路の再建にはシティ・ミル川を 50 フィート (15 m) に広げることが含まれ、一方スリー・ミルズ川 とウォーターワークス川はその 2 倍に広げられた。

ボウ・バック川のシティ・ミル川 (2004 年)

工事の前には、配置はポンド・レーン氾濫ゲート (Pond Lane Flood Gates) とマーシュゲート・レーン潮汐水門 (Marshgate Lane tidal lock) で水路を調節することであった。 カーペンターズ道路 (Carpenter's Road) の新しい水門はウォーターワークス川への進入路を与え、 ハシケにテンプル・ミルズ (Temple Mills) への進入路を提供した。 満ち潮の時には 北部放流下水 (Northern Outfall Sewer) 水道橋の低い頭上余地はシステムの南の区間への進入を妨げ、 進入を可能にするため、シティ・ミル水門 (City Mill Lock) がブレーカー道路 (Blaker Road) の近くに建設された。 2005 年に隣接するベラミー・ホームズ (Bellamy Homes) の住宅計画の開発業者から要求された開発益 (planning gain) の 一部として部分的に復元された。

曳舟道に下る階段
曳舟道は過去に馬で使用された。

1930 年代の改良はプレスコット水路 (Prescott Channel) の建設が含まれ、 これは氾濫水がスリー・ミルズ潮汐水門をバイパスするようにデザインされていた。 水路 (Channel) には上流の水路を調節する導水路が含まれていたが、 これらは潮汐ミルが一旦操業を停止すると冗長になり、 間もなく動かなくなった。 これらはチャンネルシー川の一部が暗渠にされた後、間もなく取り除かれた。

1960 年代までに、 セント・トーマス川、 シティ・ミルズ川、 及びチャンネルシー川のみが商用交通のためになお使用されていただけであった。 スタラトフォード・ハイ・ストリートとレット道路 (Lett Road) の間の チャンネルシー川の区間は 1957 年と 1958 年の間に暗渠にされた。 交通が停止すると、水門構造が劣化し、2006 年までにシティ・ミルズ水門とカーペンターズ道路水門は 公的に不使用となった。 1968 年の英国水路法 (British Waterways Act) は大半の運河を商用、航行、及び残余水路に分類した。 残余水路とは、その当時の政府が経済的な将来が無く、 安全で亡くなることを防止するための保守をするためのものであった。 ボウ・バック川はこのカテゴリーに属し、 忘れ去られていたが、2002 年のブリティッシュ・ウォーターウェイズの政策文書で、 完全復元が正式に記された。

オリンピック

2012 年のロンドン・サマー・オリンピックのオリンピック競技場は西はリー水路、東はシティ・ミル川 の間のかっての産業地帯に建設された。 この土地はプディング・ミル川の名残によって、以前は 2 分されていたが、 この川は十分に広い場所を確保するために埋められた。 このイベントの建設段階として、スリー・ミルズ水門がプレスコット水路に建設された。 この水門はハシケ水門から構成され、 350 トンのハシケに適したものと隣接する導水路からなり、 導水路は航行が潮の影響にさらされるものでなく、 構造が水位の上にあるように調節するものであった。 水門は建設資材を建設場所まで運んだり、 廃物を取り除くために建設され、 最終的な経費は £2300万 で、これにはスリー・ミルズ・ウォール川 (Three Mills Wall River) の導水路も含まれていた。 工事は 2007 年 3 月に開始し、プロジェクトの期間は 2 年をわずかに越えた。 スタジアムの建設中に、これが 175万 トンを運ぶことが期待されたが、商用輸送は新しい水門をほとんど使用しなかった。

ボウ・バック川の中に建設中のオリンピック・スタジアム
(ウォーターワークス川とシティ・ミル川は左手、
リー水路は下右。スリー・ミルズ・ウォール川と
プレスコット水路は上左。

水位が構造の上に極めて一定で、 £400,000 がシティ・ミルズ水門を一新するために使用された。 幾つかの工事が 2006 年に実施され、これには金属製のゲートの装着が含まれた。 これは操作可能ではなく、40 年間も使用されないままであった。 復元の第 2 段階は操作を自動化する装置を取り付けることが含まれた。 最初の公的な水門の使用は 2010 年 7 月 31 日に起きた。 ブリティッシュ・ウォーターウェイズはすぐ後に、 カーペンタース道路水門を復元することを望んだが、計画はオリンピックが済むまで延期され、 一時的な橋 (Land Bridge) が水門の場所に設置され、 歩行者がスタジアムまで行けるようにした。 この幾つかはオリンピック後に取り壊されることになった。 オリンピック後に、水路は商用とレジャー用のどちらにも使用され続けることが望まれた。

オリンピック配送機関 (Olimpic Delivery Authority) はチャンネルシー川が会場の北の部分を横断する箇所をもっと暗渠にする決定をした。 指定された本流のみが残り、洪水の危険処理の問題で環境庁と連絡する必要があり、 暗渠により生じた生息域の消滅を代償するための場所が特定された。 プロジェクトが始まるまでは古いリー川の大半は、 公衆にとり近づけない場所であったが、造られた北の公園の土地の中心となる造作となった。 2 つの湿地のくぼ地 (wetland bowls) がデザインされ、 ここに水を好む植物 -- 例えばアシ (reed)、イグサ (rush)、スゲ (sedge)、 及びアイリス (iris, アヤメ科) など -- が植えられた。 これらは洪水時期には魚の産卵場所や隠れ家も提供し、洪水を (一時的に) 蓄える場所も提供することは無論のことである。 これが完成した時には英国でかって実施された水生商物の最大の植栽計画であり、 植栽された 350,000 本の植物の大半が現地で採集された種や挿し木からノーフォーク (Norfolk) で育てられた。 この場所の南端ではウォーターワークス川が再建された。 1930 年代の改良では垂直なコンクリートの壁を持つ水路ができ、 生息域に関しての考えがほとんどなかった。 水路は 26 フィート (8 m) の幅に作られ、傾いた堤防と坂が水辺まで続き、 水辺植物を植えることにより、視覚的にも生態学的にも改良された。

オリンピックに引き続き、クイーン・エリザベス・オリンピック・パークから水路への進入路は極めて限定され、 カーベンターズ道路水門の再建は遅延した。 しかしながら、これを再建し、これに新しい放射ゲートを装備する £180万 のプロジェクトは 2017 年 5 月に、 新しいゲートが定位置にクレーンで設置された時にほとんど完成した。 宝くじ遺産基金はプロジェクトの経費に向け £680,000 を提供し、 他の助成金がロンドン歴史遺産開発公社 (London Legacy Development Corporation) と内陸水路協会 (Inland Waterway Association) から提供された。 放射ゲートは水門として動作するのは無論の事、 洪水予防の目的のために、水をボウ・バック川のまわりに分散することを可能にしている。 ゲートは夏にテストすることになっており、正式な開通は 8 月の イースト・ロンドン水路祭りに予定されている。 オリンピック・スタジアムの周りの水路への公衆のアクセスは 6 月か 7 月に始まることになっている。

水門
名称配置長さ備考
ボウ潮汐
Bow Tidal
二重93.5 feet (28.5 m)20 feet (6.1 m) 1900 年、1931 年建設
カーペンターズ道路
Carpenters Road
単一92 feet (28 m) 20 feet (6.1 m) 1933 年建設, 上昇放射ゲート、
2017 年再開通
シティ・ミルズ
City Mills
単一95 feet (29 m) 20 feet (6.1 m) 1933 年建設、2010 年再開通
マーシュゲート
Marshgate
単一     1864 年建設、1935 年除去
オールド・フォード
Old Ford
二重90 feet (27 m) 18.5 feet (5.6 m) 1902 年、1935 年建設
スリー・ミルズ
Three Mills
単一203 feet (62 m) 26 feet (8 m) 2009 年建設、油圧円弧ゲート
興味ある地点
地点座標備考
ミドルセックス濾過池堰
(Middlesex Filter Beds Weir)
51.5618°N 0.0444°W 
リー川洪水軽減水路とのジャンクション
(Jn with River Lee Flood Relief Channel)
51.5616°N 0.0302°W
チャンネルシー川の開始
(Start of Channelsea River)
51.5438°N 0.0161°WBully Fence
カーペンターズ道路水門
(Carpenters Road Lock)
51.5420°N 0.0164°WAwaiting repair
オールド・フォード
(Old Ford)
51.5377°N 0.0205°WEnd of Old River Lea
シティ・ミル水門
(City Mill Lock)
51.5333°N 0.0092°WReopened 2011
スリー・ミルズ水門
(Three Mills Lock)
51.5273°N 0.0041°WOpened 2009
ボウ潮汐水門
(Bow Tidal Lock)
51.5231°N 0.0081°W
ボウ・クリークの河口
(Mouth of Bow Creek)
51.5074°N 0.0094°EJn with River Thames