ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Lee Navigation - Wikipedia
リー水路 (Lee Navigation)

リー水路 (Lee Navigation) は運河化された川で、 リー川 (Rive Lee、River Lea とも呼ばれる) を組み込んでいる。 これはハートフォード城堰から、 テムズ川のボウ・クリーク (Bow Creek) まで走っている; 最初の水門はハートフォード水門で、最後はボウ水門である。

ボー川のリー水路
  1. 名称
  2. 歴史
  3. リクリエーション
名称

リー水路 (Lee Navigation) は議会法により命名され、 陸地測量部の地図 (ordnance survey maps) にそのように記されている。 構築された要素や人工の造作は、 運河システムやリー峡谷公園 (Lee Valley Park) のように Lee と綴られる。 運河化されていない川は、 他の自然な造作と共に、例えば下流リー峡谷 (Lower Lea Valley) のように、 Lea と綴られる。

歴史

リー川 (River Lee) はテムズ川の主な支流である。 リー川は水路と長い関連がある。 というのはウォルサムストー (Walthamstow) の湿地は青銅器時代の丸木舟 と 1 隻のサクソン (Saxon) のハシケの部品を製造していたからである。 アングロ・サクソン年代記 (Anglo-Saxon Chronicle) によれば、 この川はバイキングの襲撃者によって使用され、 アルフレッド王 (King Alfred) は川の水位を変えて、 グスルム (Guthrum) と彼の艦隊を座礁させた。 もっと平和的な時には、川はハートフォードシャーからの穀物の輸送に重要であった。 しかし、南端区間のボウ・クリークは曲がりくねっていたため航行が困難であった。

文献上の証拠から、 1190 年に航行を改良するためにウォルサム大修道院長 (Abbot of Waltham) により川が変更され、 1221 年には管が川を横断して設置され、 「水夫のオールや棒」 から守る必要があった。 川の改良の最初の議会法は 1425 年に与えられ、 イングランドで航行の改良のために与えられた最初の議会法でもあった。 第 2 の議会法が 1430 年に通過し、どちらの議会法も地元の地主を委託委員 (commissioner) として活動することを認可し、 彼等は河川を改良し -- これには洗い流しと浚渫が含まれ -- 通行料を課すことにより、工事費用を取り戻すことが可能となった。

1571 年までに、川はロンドンへの穀物輸送の重要なルートであり、 ロンドン市 (City of London) は改良を認可するための別の議会法を手に入れた。 改良には新しい掘割 (cut) を作り、川の両側に曳舟道を創設することが含まれていた。 浅瀬 (shoal) が取り除かれ、掘割 (cut) -- 恐らくは、現在のボウ・クリークと呼ばれる場所の、オールド・フォード水門 (Old Ford Locks) から ボウ水門 (Bow Locks) に至る部分 -- が掘削され、ここには通行料が課せられなかった。 川からロンドン北部に至る支線計画は実装されなかった。 1 つの新機軸は 1577 年のエセックス (Essex) における パウンド水門 (pound lock) の建設である。 これは両端にマイター・ゲート (mitred gate) があり、恐らくはイングランドで建設された 2 番目の水門である、もっとも、川に建設された最初のものである。 これに触発されて、ヴァランス (Vallans) は 「A Tale of Two Swannes」 (二羽の白鳥の物語) と題した詩を 1590 年頃に書いている。 水門は 70x24 フィート (21.3x7.3 m) で、木造の側壁が付いていた。 これ以外の水位の制御はストーンチ (staunch, 水止め) あるいはターンパイク (turnpike) で実施され、 これは堰の 1 つの垂直に持ち上がるゲートから構成され、ここをボードが流れに逆らって 牽引された。

訳注
  1. マイター・ゲートに関しては水門/ゲートを参照。
  2. ターンパイク (turnpike) は有料道路の意味がありますが、これは (砦にある) 槍を並べた障壁のようなもので、 料金所がこの形をしていたようです。ここではストーンチの形がこれに似ているため、このように呼ばれたようです。
オールド・フォード水門の水門管理人の家
映画の「ビッグ・ブレックファースト」で撮影

ニュー川 (New River) はウェア (Ware) の近くから、きれいな水をロンドン市民に供給する試みであり、 これは 1633 年に完成した。 しかしながら、アムウェル (Amwell) の泉はすぐにも不十分であることがわかり、 水はリー川 (Lea) からひかれた。 水の増大した抜き取りは水車 (milling) と航行に有害な影響があり、 1700 年代初頭までに、解決を得るために、重要な工事が必要であることが明らかとなった。

スミートンのデザイン

嘆願が議会に提示され、 更なる 1739 年の議会法となった。 ニュー川会社の水を摘出する権利を認めながら、 議会法は水車屋とハシケ乗りの権利も大切にした。 ニュー川工事がマニフォールド・ディッチ (Manifold Ditch) を妨害し、 ボートがウェア水車小屋 (Ware Mill) への導水路 (mill stream) の使用を余儀なくされた場所では、 水車小屋はニュー川会社に買収され、付随する水門は公的に通行できることになった。 委託委員 (commissioner) によるそれまでの管理は受託者 (trustee) の組織で交代され、 これが水路をより良く管理することが望まれた。 少なくとも 2 基の噴出水門 (flash lock) が建設され、 これにはブロックスボーン (Broxbourne) の水車小屋の通過を支援するものが含まれたが、 ハシケ屋と水車屋の間にはなお不和があった。 というのは噴出水門は上流の水位を下げる傾向があり、水車に有害であった。 1765 年に受託者は ジョン・スミートン (John Smeaton) に水路の査定をして、 改良のための忠告を依頼した。

スミートンは川の測量をして、1766 年に報告を作成し、 この中で記録されていることは、その当時 18 基のストーンチ (staunch) があり、 ウェア (Ware) に一基の水門 (lock)、そしてボウ (Bow) に潮汐ゲートがあったことである。 彼が忠告したことは、ストーンチ (staunch) を パウンド水門と交換し、幾つかの新しい掘割 (cut) を作ることであった。 これらの忠告は議会法の基礎となり、これに反対したのが ショアディッチ・エンフィールド有料道路 (Shoreditich to Enfield turnpike road) の所有者、 ウェスト・ハム水道 (West Ham waterworks)、 及びウォルサム・アビー王立火薬工場 (Waltham Abbey Royal Gunpowder Mill) であり、 彼等はすべて自分たちの権利が影響を受けることを懸念した。 しかしながら受託者は 1767 年 6 月 29 日に議会法を与えられ、 この 2 日後に開催された最初の会合で、工事の監督をさせるためにトーマス・ヨーマン (Thomas Yeoman) を 任命した。

議会法は新しい運河の区間の建設を認可し、 これに含まれたものは: チングフォード (Chingford) のフランダース堰 (Flanders Weir) からウォルサムストー (Walthamstow) の水車導水路 (mill stream) までのエドモントン掘割 (Edmonton Cut)、 リー橋からオールド・フォードに至るハックニー掘割 (Hackney Cut)、 そして テムズ川近くのボウ・クリーク (Bow Creek) のきつい屈曲部をバイパスするライムハウス・カット (Limehouse cut) があった。 ヨーマンは曳舟道の設置、35 基の移動橋 (roving bridge) のデザイン、 水門ゲートの建設の責任も担った。 ライムハウス・カットに関しては、 ヨーマンはボウ潮汐ゲート (Bow tidal gate) から、 ライムハウスのディングリーの波止場 (Dingley's Wharf) までの掘割 (cut) を提案し、 これはロンドンまでの距離を随分短縮することになった。 というのはこれはアイル・オブ・ドッグズ (Isle of Dogs) の周りの長い水路を避けるからであった。 ディングリー氏 (Mr. Dingley) は、波止場の所有者で受託者の 1 人であり、 契約の 1 部を与えられ、掘割 (cut) は 1770 年 7 月 2 日に開通する予定であったが、 幾つかのレンガ積みが壊れ、修理しなければならなかった。 橋が 1 本 12 月に崩壊したが、交通は間もなく発展し、掘割 (cut) を拡幅して、 ハシケがその全長で互いにすれ違えるようにしなければならなかった。 拡幅工事は 1777 年 9 月 1 日に完成した。

受託者は工事を借金で資金繰りしようとし、 ロンドン・ギャゼット (London Gazette) などの新聞に広告を掲載し、 £35,000 の資金を集めることを望んでいることを示した。 反応は巨大で、 £161,500 の申し入れがあり、投資予約者 (subscribers) はくじ引きで 選ばなければならなかった。 ヨーマンは働きすぎ、1769 年 2 月に彼を助けるためにエドワード・ルービック (Edward Rubic) を任命した。 新しい掘割 (cut) とパウンド水門が 1776 年に、ウォルサム・アビー (Waltham Abbey)、エドモントン (Edmonton)、 及びハックニー (Hackney) で開通した。 全部で 11 マイル (18 km) の新しい掘割が 12 基の新しい水門と共に建設された。 水門の幾つかは、 ホマートン水門 (Homerton lock) やピケズ水門 (Pekcett's lock) のように新区間に建設され、 一方、他の水門はスタンステッド (Stanstead lock) のように既存の 噴出水門 (flash lock) の代わりになった。 工事はきついスケジュールで完成し、 1771 年 7 月にこの大半が完成した時にヨーマンが辞職した。 もっとも彼の辞職の理由は記録されていない。

発展

19 世紀を通じて更なる改良があり、これには 1850 年の議会法があり、 これにより、新しい水門掘割 (lock cut) が認可された場所は: ホッデスドン (Hoddesdon)、 カルタジーナ水門 (ブロックスボーン) (Carthagena Lock (Broxbourne))、 ウォルサム湿地 (Waltham Marsh)、 トッテナム (Tottenham)、 ウォルサムストー (Walthamstow)、 ハックニー (Hackney)、 レートン (Leyton)、 及び ブロムリー・バイ・ボウ (Bromley-by-Bow) であり、 新しい水門が認可されたのは ハンターズ・ゲート (ボウ橋) (Hunter's Gate (Bow Bridge))、及び オールド・フォード (Old Ford) であった。 1855 年のリー川水議会法 (River Lee Water Act) はアムウェル湿地 (Amwell Marsh) の新しい水門の設置とスタンステッド水門の取り除き を認可した。 エドモントン水門が取り除かれ、ピケズ水門が再建された。 1868 年にリー川管理局委員会 (Lee Conservancy Board) が作られ、 川の管理を以前の受託者から引き継いだ。 彼等はリー管理局警察を設置し、リー川を警備し、1948 年に英国輸送警察と合併するまで続いた。

リー水路は 1911 年に ストート水路 (Stort Navigation) を買収し、 更なる改良を始め、これにはエンフィールド (Enfield) とハートフォード (Hertford) の間の水門の再建が含まれ、 幅が 13 フィートから 16 フィート (4.0 m から 4.9 m) に増えた; 1930 年代までに、130 トンのハシケがエンフィールドに到達でき、 100 トンのハシケがウェア (Ware) とハートフォードまで到達できた。

トッテナムの川における
作業船エンフィールド

水路は 1948 年に国有化され、管理は英国輸送委員会 (British Transport Commission) に 手渡された。 可能である場合に、ボウ水門 (Bow Locks) からポンダーズ・エンド水門 (Ponder's End Lock) までの水門が二重化・機械化された -- この唯一の例外がピケズ水門 (Pickett's Lock) である。 1962 年に英国輸送委員会が解散し、管理が英国水路委員会 (British Waterways Board) に引き継がれた。 商用輸送は 1980 年代に事実上終了した。

1950 年代に馬が牽引するハシケがハートフォードまでまだ活躍していた。 1980 年までに商用交通はブリムスダウン (Brimsdown) のエンフィールド圧延工場 (Enfield Rolling Mills) の上流に行くことがなく、1 隻のタグボートのヴァサル (Vassal) が川で定期的に仕事についていた。 120 馬力のガードナー・ディーゼル・エンジン (Gardener diesel engine) で駆動され、 ヴァサル (Vassal) は材木を積載した 2 連のハシケを引き、 ボウからエドモントンの 「ハーンの波止場」 (Harhn's Wharf) に至った。 現在、運河で商用輸送を復活させる努力が進行中で、 計画ではエドモントンの焼却炉で焼却するゴミを輸送することになっている。

リクリエーション

リー水路の大半はリー峡谷公園 (Lee Valley Park) の中にあり、 これは複数の州にまたがる地方公園で、保護開放空間 (open space preserve) である。 地方自治体もリー峡谷公園の運河を保全している。

リー峡谷歩行路 (Lea Valley Walk) は 距離 50 マイル (80 km) の公共の歩行路と自転車道 (bicycle trail) で、 水源からテムズ川との合流点まであり、 リー水路区間では運河の曳舟道の後をたどっている。

写真ギャラリー
オールド・フォード
水門、リー水路
ハートフォード・ベイシン
水路の最初のマリーナ
エドモントンのノース・
サーキュラー・ロード
から西を見る。
カルタジーナ水門 ドブス堰のパブ
フィッシュ&ウナギ