ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Limehouse Cut - Wikipedia

ライムハウス・カットのカット (cut, 掘割) は運河のことです。 カットは日本語でも使用する ショート・カット (近道) の意味でもあり、 この場合には リー水路から アイル・オブ・ドッグズと呼ばれるテムズ川の蛇行部を避けてロンドンの中心部に行ける近道の意味でもあります。

ライムハウス・カットとハートフォード・ユニオン運河の地図
ライムハウス・カットとハートフォード・ユニオン運河の地図の kml ファイル

ライムハウス・カット (Limehouse Cut)

ライムハウス・カットはイングランド、ロンドンの東端の 真っすぐなブロード運河 (broad canal) で、 これはリー水路 (Lee Navigation) をテムズ川の下流区間に接続している。 1968 年の変更の結果、現在では、カットはライムハウス・ベイシンに接続している。 (これは更にテムズ川に接続している。)

ライムハウス・カットに沿って北東を見る

カット (掘割) はボウ水門 (Bow Locks) -- ここでリー水路はボウ・クリークに合流している -- から広いカーブで内側に曲がっている。 カットは次にタワーハムレッツ・ロンドン自治区 (London Borough of Tower Hamlets) を通り抜けて、南西に直接 2 マイル (3.2 km) 進み、ライムハウス・ベイシンに到達する。

  1. 歴史
  2. 今日
歴史

ライムハウス・カットはリー川議会法 -- 1767 年 6 月 27 日に獲得された議会法 -- により認可された、 これは技術者のジョン・スミートンが 幾つかのカット (掘割) を作り、 更にこの川の既存の噴出水門パウンド水門で置き換えることの必要性を見極めた後の事であった。 議会法が獲得された 2 日後にトーマス・ヨーマン (Thomas Yeoman) が会社の測量技術者に任命され、 彼の最初の仕事の 1 つはライムハウス・カットのルートを調査することであった。 これはリー水路のブロムリー・バイ・ボウ (Bromley-by-Bow) から テムズ川のライムハウス・ベイシンへの近道を提供して、 リー川下流のバウ川 (Bow Creek) における曲がりくねったカーブを避け、 潮がアイル・オブ・ドッグズ (Isle of Dogs) の周りで長い迂回をするのを待つ必要性を避けた。 受託者は 1767 年 9 月 14 日にヨーマン (Yeoman) が提案したルートを受け入れた。 これはライムハウスのディングリー (Dingley) の波止場で終了していた。 カットの掘削契約は 2 つに分割され、波止場の所有者で、受託者の 1 人でもあるチャールズ・ディングリー (Charles Dingley) はローンズ・レーン (Rose Lane、通り名称) に至る南側の区間を請け負い、 ジェレマイア・イルズリー (Jeremiah Ilsley) はバウ水門に至る北側の区間を請け負った。

ブロムリー水門 (Bromley Lock) の建設は別の契約でされ、 これはブロムリー出身のミルライトのクーパー氏に与えられた。 彼はエドモントン・カット (Edmonton Cut) の水門の幾つかも建設した。 テムズ川への水門は コラード氏 (Mr. Collard) -- 別の受託者の 1 人で、水門のモデルと設計図を作った -- によってデザインされた。 見積もり経費は £1,547 であったが、Collard は長さの計算を間違え、 16 フィート (4.9 m) 長くする必要があり、見積もり経費が £1,696 に上昇した。 1769 年に、ハシケは掘割の一部分を使用し、1770 年 7 月 2 日が開通日に設定された。 しかしながら、 60 フィート (18 m) のレンガ工事が失敗して、 運河に落下し、開通を 9 月 17 日まで遅らせた。 12 月に更に問題があり、この時は橋が崩壊して、運河を塞いだ。 しかし、一旦初期問題が解決すると交通がどんどん増えた。 カット (掘割) はハシケ 1 隻分の広さしかなく、 1772 年 5 月にすれ違い場所が追加されたが、1773 年 3 月に会社は全体を広げることを決定し、 従って、ハシケがどこでもすれ違えるようにしようとした。 工事の契約は 1776 年 6 月にジェレマイア・イルズリー (Jeremiah Ilsley) に与えられ、 広くされたカット (掘割) は 1777 年 9 月 1 日から操業が可能となり、£975 の経費がかかった。

ロンドンの地図製作者エドワード・モッグ (Edward Mogg) によって出版された 1806 年の地図ではポプラー・カット (Poplar Cut) の名称が付いていた。

1854 年に、ブロムリー水門 (Bromley Lock) は移動されて、 水路を使用する、よりおおきなハシケを収容するために再建された。 1888 年に書かれた報告で言及されたことでは、 水門がゴミであまりに一杯となっているため、隣接区間の水位が下がった時には 水位を維持できなくなり、1899 年に会社が述べることでは水門が使用されるのは、 保守のために水位が下げられた時のみであった。 南側のゲートはこの後まもなく取り除かれ、北側のゲートは停止水門として 保持された。 これらのゲートの幾つかの残骸は、浮かぶ曳舟道のそばに今でも見ることができる。 (この詳細は下の 「今日」 を参照の事。)

カット (掘割) の南西の端で、ブリタニア水門 (Britannia Lock) が 1853 年に建設された。 ゲートはコマーシャル・ロード橋 (Commercial Road bridge) の両側にあり、 その向き付けは、南西から北東に向かうボートは高度が上昇するようになっている。

1854 年 1 月 1 日から、リージェンツ運河はライムハウス・カットを管理し、 リージェンツ運河ドック -- 現在はライムハウス・ベイシンと呼ばれる -- に進入する接続を建設した。 同時に第 3 のゲートがブリタニア水門に追加された。 これらのゲートは既存のゲートの反対側を向き、 ドックの水位はライムハウス・カットの水位より高い場合の状況に対処するために設置された。

接続は短命であり、1864 年 5 月に埋められた。 1893 年に書かれた報告が言及していることではブリタニア水門の 3 番目のゲートがかって使用されたことの証拠がないとのことで、 これは 1868 年頃に取り除かれ、他のゲートも無用であったため取り除かれた。 1948 年に、 ブリティッシュ・ウォーターウェイズが引き継いでからは、 垂直なギロチン・ゲートがコマーシャル・ロード橋の北側に装着されたが、 これは 1990 年代に取り除かれた。

ボウ水門 (Bow Locks) は元々半潮汐水門 (semi-tidal) で、 高い春の潮が水門の上端を越え、ライムハウス・カットとリー水路の南区間の 水位を変えた。 これらは 2000 年に修正され、洪水壁 (flood wall) と余分の洪水ゲート (flood gate) が設置され、水門が潮の全ての状態で使用できるようにされ、 カット (掘割) の水位を一定にした。 プロジェクトの資金繰りはロンドン水路パートナーシップ (London Waterway Partnership) により提供された。

1960 年までに、カット (掘割) をテムズ川に接続する水門は交換する必要があった。 これはリージェンツ運河ドックへの接続が閉鎖されてから、1865 年に再建されており、このデザインには壁が膨らむことを 防止するために、上部に巨大な木材の支えが付いていた。 これらは、まもなく同じ目的の鋼のカゴで置き換えられた。 水門へのカット (掘割) からの進入と、テムズ川からの進入はぎこちなく、 ゲートはウィンチと鎖で操作された。 というのは、この場所は狭すぎて バランス・ビームを収容できなかったからである。 この当時、カットには随分と商用活動があり、新しい水門の建設によって、 商用活動が随分と中断されることになった。 採用された解決はリージェンツ運河ドックへの接続を復帰することであった。 1860 年代に使用されたルートは使用できなかった。 というのは、ここには今では建物が建っていたからである。 そこで長さがおよそ 200 フィート (61 m) しかないが、新しい運河が建設された。 新しい接続は、1968 年 4 月 1 日に開通し、この時タグボートのミリアム (Miriam) は 4 隻のハシケを 曳いて通り抜けた。次いで古い水門が埋められたが、ウィンチの 1 つは 保存され、 ハムステッド水門 (Hampstead Lock) で展示されている。

今日

ライムハウス・ベイシンの上流のカットの最初の区間では 工場と倉庫がカットに沿って並んでいるが、 彼等にサービスを提供したのはかっては運河であったが、現在は道路がサービスを提供している。 運河の大半の用途は水路でも、水路のそばの曳舟道でもレジャー用途である。 リージェンツ運河ハートフォード・ユニオン運河、 リー水路、ライムハウス・カットは循環路の 4 辺を構成し、 5.5 マイル (8.9 km) を渡り、歩くことも自転車で通ることもできる。 景色の良い曳舟道はこの地域の道路と鉄道を横断し、 別個の視点を提供している。

ライムハウス・カットへの徒歩による進入は、 ブラックウォール・トンネル進入路 (Blackwall Tunnel approach road) の 下流の地域では困難であったが、 浮き曳舟道を創設する革新的な計画の結果、より易しくなった。 これは 2003 年 7 月に開通し、60 隻のポンツーン (pontoon、浮舟) からなる歩道が創設され、 緑が繁る縁がついていた。

2003 年に、受賞した 240 m (262 ヤード)
の浮き曳舟道が設置され、ボウ水門
至る既存の曳舟道に接続された。

カットはリー水路 (Lee Navigation) の一部分で、カナル & リバー・トラストにより管理されている。 これはハシケの航行用に建設され、 88x19 フィート (26.8x5.8 m) の船舶を収容できる。 頭上余地は 6.75 フィート (2.06 m) に限られている。 ライムハウス・ベイシンからテムズ川に至る水門は元々は船舶水門であったが、 小さなもので交換された。 ライムハウス・ベイシンの周りの地域とテムズ川への元々の水門は ドックランズ再生計画 (Docklands Regeneration scheme) の一部分として、 広く開発されたが、 水門を見下ろす家屋の列は 1883 年にリー川管理者により建設されたもので、 これは維持・一新され、一方、水門は今や浅いプールである。 2012 年のロンドン聖火リレーの終わりに、 デビッド・ベッカム (David Beckam) はライムハウス・カットを経由して、聖火を持って、 オリンピックの開会式にスピード・ボートで到着した。

興味ある地点
地点座標備考
バウ水門
(Bow Locks)
51.5233°N 0.0081°Wnorthern end of cut
A12 ブラックウォール・トンネル進入路
(A12 Blackwall Tunnel Approach)
51.5216°N 0.0104°WFloating towpath under bridge
ドックランズ軽鉄道橋
(Docklands Light Railway bridge)
51.5192°N 0.0154°W
A 13 道路橋
(A13 road bridge)
51.5124°N 0.0318°W
ライムハウス・ベイシン
(Limehouse Basin)
51.5111°N 0.0362°Wsouthern end of cut