ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Bow Creek (London) - Wikipedia

クリーク (creek) は単に川と翻訳することが多いのですが、 以下ではややこしくなるので Bow Creek をボウ・クリークと表記します。

ボウ・クリーク (ロンドン) (Bow Creek (London))

ボウ・クリーク (Bow Creek) はイングランドのリー川 (River Lea) の 2.25 マイル (3.6 km) の潮汐の影響を受ける河口であり、 ボウ・バック川 (Bow Back Rivers) の一部分である。 川 (creek) はボウ水門 (Bow Locks) の下流で、 ニューアム・ロンドン自治区 (London Borough of Newham) と タワー・ハムレッツ・ロンドン自治区 (London Borough of Tower Hamlets) の境界になっている。

リー水路のボウ水門 (中央) で、
ボウ (潮汐) クリーク (左端) が
がライムハウス・カット (右端)
と合流、ロンドンのドックランズ
1872 頃の地図、ビクトリア・ドック
(現在のロイヤル・ビクトリア・ドック)、
ボウ・クリーク、及びテムズ製鉄所・
造船会社が見える。
歴史

リー川はベドフォードシャー (Bedfordshire) のルートン町 (town of Luton) を起点として、東に流れて次に南に流れ、 リーマス (Leamouth) でテムズ川に到達する。 最後の 2.25 マイル (3.62 km) はボウ・クリークと呼ばれ、 以前はブロムリー湿地 (Bromley Marsh) と呼ばれた低地帯 -- 現在はガス工場と工業団地が占有 -- を蛇行して横断するルートを取り、 引き潮の時には十分な深さがない。

川の航行への使用は 1190 年の文書に記録され、 1424 年にはこれは改良が議会法で認可された英国で最初の川になった。 1571 年の別の法律により市長 (Lord Mayor) が 川に掘割の建設と改良をすること、及び両側に曳舟道を建設することが可能となった。 この工事にはオールド・フォード (Old Ford) とボウ水門 (Bow Locks) の 間の新しい掘割 (cut) が含まれて、これはボウ川 (Bow River) と呼ばれ、ボウ・クリーク (Bow Creek) と同様に使用料が課せられなかった。 1665 年の大疫病 (the great plague) の最中に、 川のハシケ屋はロンドンに食料を供給し続け、 彼らが冒した危険が認められ、 テムズ川ハシケの船頭 (Lighterman) の助けを求めなくても、テムズ川を航行する許可が与えられた。

満ち潮の時にボウ・クリーク
が溢れる。
満ち潮の時のボウ・クリーク
バルフロン・タワー (Balfron Tower)
カナリー・ワーフ (Canary Wharf)
の方向を見る。

川の航行における重要性から、技術者のジョン・スミートン (John Smeaton) が依頼され、 1765 年に川を測量して、改良する方法を提案することになった。 彼の 1766 年の報告は噴出水門 (flash lock) をもっと現代的なパウンド水門で交換し、 ボウ潮汐ゲート (Bow tidal gates) からライムハウスのテムズ川に至る掘割を提案した。 ほんのわずかに西によるだけであるが、 ライムハウスへの接続はロンドンに向かう交通にとり、 アイル・オブ・ドッグズ (Isl of Dogs) の長いループを避けることができた。 この掘割は 1770 年 7 月に開通予定であったが、 側壁の崩壊により、開通が 9 月まで遅れ、更に橋の崩壊により 12 月まで遅れた。 交通が新しい掘割に変わり始めたが、狭すぎてすれ違いができず、 これを拡張するプログラムが実施され、1777 年 9 月に完成した。 水路は今やライムハウス・ベイシンで終了する。

新しい水路 -- これはリー水路 (Lee Navigation) と呼ばれ -- への進入はなおボウの潮汐ゲートによっていた。 この場所のゲートは少なくとも 1307 年以来あり、 これはイングランドの エドワード 1 世の治世の時にヘンリー・ド・ベディック (Henry de Bedyk) により設置されていた。 このゲートは 1573 年に潮汐ミルの所有者により再建されたが、 ロンドン市は計画を査察するために測量技術者と 工事を監督する委員会を任命した。 1855 年の文書が示唆することによると、潮が迫ってきて、 川の水位を超えると、ゲートが自動的に解放されることになっていた。 別の再建が 1721 年に再び潮汐ミルの所有者により実施され、 ロンドン市が測量技術者を任命して工事を監督させた。 スミートンは 1766 年にゲートを普通のパウンド水門で交換すべきであると提案したが、 これは実施されなかった。 しかしながら 1852 年に水門が 1 基設置された。もっともゲートも設置されたままであった。 水門は 1900 年に再建されて短くなり、第 2 の水門が 1931 年にこのそばに設置された。 より高い洪水ゲートと壁が 2000 年に追加され、 クリークの潮位が水路の水位を超えた時にリー水路 (Lee Navigation) の 氾濫を防止することになった。

クリークからボウ・バック川への進入が 1930 年代に変更された。 これは水路を改良して雇用を提供するために実施された上級化の一部分であった。 プレスコット水路が建設されて潮汐ミルを迂回し、 スリー・ミルズ・ウォール川 (Three Mills Wall River) とウォーター・ワークス川 (Waterworks River) に クリークからの進入方法を与えた。 新しい水路の出口の水門と導水路 (sluice) は 1960 年代に使用されなくなり、 まもなく取り除かれた。 しかしながら 350 トンのハシケを処理できる新しい構造が 2012 年の夏オリンピックのための 水路の上級化の一部分として建築され、 クリークとボウ・バック川の間の航行接続が再構築された。 クリークはアビー川 (Abey Creek) とチャンネルシー川 (Channelsea River) への 接続を与え、 後者はハックニー湿地 (Hackney Marshes) の近くでリー川の旧コースに接続されていた。 この水路はこれ以来暗渠にされた。 スリー・ミルズ潮汐ミルの導水路を通じても水はクリークに進入している。

船がリーマス (Leamouth) の南側区間のオーチャード・ハウス造船所 (Orchard House Yard) で建設されてクリーク (the creek) で進水し、 リー川水路 (River Lee Navigation) に沿って北へ向かうか、 南のテムズ川に向かった。 1810 年に鉄の橋がクリークを横断して -- 現代の A13 道路のすぐ南で -- 建設された。 この橋台は再使用されて、50 周年歩道橋 (pedestrian Jubilee Bridge) に使用された。