ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Three Mills - Wikipedia

mill は「水車小屋」 と訳すこともありますが、 ここではでかい建物なので、この訳語を使用できません。 また mill を工場と訳すこともありますが、(ここの水車は大きいですが) 製粉機能だけなので、工場らしくもありません。 そこで単にカナ表記のままでとどめることにしました。

Google map: スリー・ミルズの位置

スリー・ミルズ (Three Mills)

スリー・ミルズ リー川沿いのミル・ミーズ (Mill Meads) のかっての動作ミルであり、 ミル・ミーズはロンドンの最古の現存する産業の中心地の 1 つである。

スリー・ミルズは ニューアム・ロンドン自治区 (London Borough of Newham) にある; リー川のニューアム側にあるが、出入りは基本的に西側 -- タワーハムレッツ・ロンドン自治区 (London Borough of Tower Hamlet) -- からである。 この要因と、郵便番号に E3 が割り当てられていることから、 時々スリー・ミルズはブロムリー・バイ・ボウ (Bromley-by-Bow) にあるとも述べられている。

残存する 4 基の 潮汐ミルの中で、最大・最強なものが世評で世界最大の潮汐ミルである。

リー川潮汐ミル・トラスト社 (River Lea Tidal Mill Trust Ltd.) は ハウス・ミル (House Mill) とミラーズ・ハウス (Miller's House) の建物を所有し、 これは教育プロジェクトと会議場所として使用されている。 「リー川下流プロジェクト」 (Lower Lea Project) はミラーズ・ハウス内のスリー・ミルズ (Three Mills) に拠点を置いている。

ミル・ミーズのスリー・ミルズのクロック・ミル
  1. 歴史
  2. 操業
  3. 位置 -- スリー・ミルズ行政区 (Three Mills District)
歴史

ドゥームズデイ・ブック (Domesday Book) の時代には、 ストラトフォードのリー川沿いには 8 基、恐らくは 9 基のミルがあったと思われている。 (もっとも、この数はひき臼 (millstone) の組の数を指し、建物の事ではない。) 潮汐ミル・システムの最も初期の記録された実例がある。

ストラトフォード・ラングソーン大修道院 (Stratford Langthorne Abbey) は 1135 年に創建され、12 世紀か 13 世紀のある頃に、スリー・ミルズを獲得し、 地元はこの名前で呼ばれた。 ヘンリー 8 世が 1530 年代に修道院を解体するまでは、 ミルは Stratford-atte-Bow のパン屋のために小麦粉をひき、 パン屋は自分たちのパンの質をほめたたえ、巨大なロンドン市場に供給した。

1588 年にミルの 1 つは 「火薬ミル」 (gunpowder mill) として述べられている。 16 世紀にはスリー・ミルズ (3 つのミル) は 2 つに減った。 (これは今日のハウス・ミル (House Mill) とクロック・ミル (Clock Mill, 時計ミル) である。) 17 世紀には、ミルは穀類をひくのに使用され、次にこれはアルコールを蒸留するのに使用された; ミルはアルコールのトレードとロンドンのジン酒場 (gin palace) の主要な供給者となった。

引き潮の時の
ハウス・ミルとミラーズ・ハウス
水上から見たハウス・ミル

ハウス・ミル (House Mill) は 1776 年にダニエル・ビッソン (Daniel Bisson) により、 建設され (、火災で焼失後にすぐに再建され) た。 これはグレード I の指定建造物である。 クロック・ミル (Clock Mill) は 1815 年と 1817 年の間にフィリップ・メトカーフ (Philip Metcalfe) により再建され、 古い時計と、より古い鐘 (bell) を組み込んだ。 風車 (windmill) もあり、これは 1840 年頃まで生き延びた。 ハウス・ミルは 1940 年まで操業し続け、クロック・ミルは 1952 年まで続いた。

所有者は 17 世紀から 19 世紀末の間に比較的頻繁に変わり、 1872 年にジン蒸留業者の 「クラーケンウェルの J & W ニコルソン社」 (J & W Nicholson & Co of Clerkenwell) に購入された。 当初は、この場所で 「ランプライター・ジン」 (Lamplighter Gin) を 製造していたが、会社はまもなく、すべてのブランドの製造をこの場所に移動した。 蒸留は第 2 次世界大戦の配給不足の 1941 年に終了した。 サー・リチャード・ニコルソン (Sir Richard Nicholson) により率いられたニコルソン家は 事業を 「蒸留社」 (Distiller Company) に売却した。

スリー・ミルズは第 2 次世界大戦の最中に厳しい空襲の被害を被った。 ミラーズ・ハウス (Miller's House) は 1941 年に破壊され、 1995 年に再建され、内部と後部が現代的になったが、元々の外見を維持した。 スリー・ミルズはバス・チャリントン (Bass Charrington) とヘッジ & バトラー (Hedge & Butler) によって、 ビン詰と倉庫に使用された。 後者は英国で最古のワイン商人の 1 つで、スリー・ミルズに主な作業事務所があった。 ここで バカルディがビン詰めされ、ワインと蒸留酒の大きな製品ラインが出荷された。

ハウス・ミルは世界で最大の潮汐ミルのままであるが、水車は現在は操業中でない。 建物はリー川潮汐ミル・トラスト社 (The River Lea Tidal Mill Trust Ltd.) によって所有され、夏季の日曜日の午後に観光客に開放されている。 これはニューアム・ロンドン自治区に 4 つしかないグレード I の指定建造物の 1 つである。

2012 年のサマー・オリンピックの建設工事のための、 プレスコット水路 (Prescott Channel) のスリー・ミルズ水門とスリー・ミルズ・ウォール・リバー堰 (Three Mills Wall River Weir) の創設により、 ミルの後方に水源が作られた。 これにより、ミルは再び操業できるが、 この場所の潮汐の利点が部分的に失われている。

クロック・ミルは今では、イースト・ロンドン・サイエンス・スクールの場所になっている。

操業

1878 年にスリー・ミルズには 7 基の水車があった。 この大半は、およそ直径 20 フィート、幅 3 フィートであったが、1 つは幅 8 フィートであった。 ハウス・ミルには 4 基あり、クロック・ミルには 3 基あった。 これらには 14 組のひき臼があり、全部で 150 馬力 (112 kW) の出力があった。 ハウス・ミルの平均的な出力は 1 潮で、およそトウモロコシ 2 トンと大麦 5 トンで、 春の潮では、それぞれ 10 トン、14 トンに上昇した。 2 つのミルの 1 週を通した平均は、週ごとに 125 トンであった。

クロック・ミルは 3 基の鉄製の下射式水車で駆動され、 2 基が直径 6.1 m で、1 基が直径 5.9 m であった。 これらの水車は 6 組のひき臼を毎分 130 回転で駆動した。 これらのミルは 1952 年まで操業した。 1938 年に、どちらのミルも操業していた時に、 ミルライト 1 人と大工 4 人を採用していた。 毎分 7,8 時間の潮力で駆動している時に、水車は 動作高 (working head) 3.0 - 3.5 m で、毎分 16 回転で走った。 これはひき臼毎に、7 - 9 kW の回転力を生成した。

位置 -- スリー・ミルズ地区 (Three Mills District)

スリー・ミルズは東ロンドンでとても静かな場所である。 これは 50 マイルの 「リー峡谷歩行路」 (Lea Valley Walk) の美しい 1 部分であり、 ザ・テレグラフ (The Telegraph)、ザ・ガーディアン (The Guardian)、及びザ・ニューアム・レコーダー (The Newham Recorder) によってほめたたえられている。

訳注
ザ・テレグラフ、ザ・ガーディアンは新聞で、 ザ・ニューアム・レコーダーは地元週刊誌であり、原文ではリー峡谷歩行路のインターネット上の 紹介ページにリンクしている: The Telegraph The Guardian The Newham Recorder
スリー・ミルズ・レーン
(Three Mills Lane)
スリー・ミルズ島の
スリー・ミルズ・グリーン
と開放遊び場

プレスコット水路 (Prescott Channel) はかっての 「洪水軽減水路」 (flood relief channel) で、 (この場所の) 東を通り、ここが島となっている。 スリー・ミルズは 3 ミルズ・スタジオ (3 Mills Studio) -- 10 エイカーの映画と TV のスタジオで、多数の主な映画と TV プログラムを作っている -- とスリー・ミルズ・グリーン (Three Mills Green) を呼ばれる開放的な緑の遊び場 と共にスリー・ミルズ島 (Three Mills Island) を共有している。

スリー・ミルズの対岸はスリー・ミルズ地区の歴史調査に見られるように、 ミルを支援するための樽を製造する大きな桶屋があったが、 この場所は現在 Vastint UK による再生 (regeneration) を実施中である。

訳注
Vastint UK は開発会社と思われる。