ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

River Lea - Wikipedia

リー川の地図は川と水路が複雑になっているので水路と思われる個所をプロットしています。 一応、水門を通るようにプロットしたつもりですが、そうなっていない箇所もあります。 リー水路は別のページで扱われています。

リー川の地図
リー川の地図の kml ファイル

リー川 (River Lea)

イングランドのリー川はチルターン丘陵 (Chiltern Hills) のルートン町 (Luton) リーグレーブ (Leagrave) のマーシュ・ファーム (Marsh Farm、マーシュ農場) に源流があり、 一般的に南東、東そして南に流れ、 ロンドン東を通り抜け、ここでテムズ川に合流して、最後の区間はボウ・クリーク (Bow Creek) と呼ばれる。 これはロンドンで最も大きな川の 1 つで、テムズ川の東端の主要な支流である。 流域は低地帯に沿った長い湿地帯の連続で、この多くは砂利と鉱石の産出、貯水池そして産業に使用されてきた。 川の多くは運河化されて、 ハートフォードシャー (Hertfordshire) 東部へのボートの航行ルートを提供し、 リー水路 (Lee Navigation) と呼ばれている。 下流のリー川は少々汚染されているが、上流区間と支流は チョーク・ストリーム (chalk stream) に分類されて、ロンドンの飲料水の主な水源となっている。 ニュー川 (New River) と呼ばれる迂回路が 1613 年に開通し、下流区間からきれいな水を飲料水用に 取り出した。 源流がチルターン丘陵であることが、ロンドン水道水の極端な硬さ (高いミネラル成分) に貢献している。

訳注
チョーク・ストリームは白亜 (chalk) の丘を通り抜けて海に流れる川の事。 以上は Chalk streamによる。
ハートフォード・ベイシンにおけるリー川
  1. 語源
  2. コース
  3. 川の歴史
  4. 主張された捕食者
  5. 語りによる説明 (narrative accounts)
  6. ポピュラー・カルチャーで
  7. 著名な釣り場
語源

リー川の名前は 9 世紀に始めて記録されているが、 ずっと古いと信じされている。 アングロ・サクソン時代の綴りに含まれるものに、 880 年の Lig(e)an, 895 年の Lygan があり、 中世初期には通常 Luye あるいは Leye である。 これはケルト語 ( ブリソン諸語 (brythonic)) の語根 (root) lug- に 由来すると思われ、lug- は 「明るい、あるいは光」 を意味し、 またこれは神の名の派生でもあり、意味は 「明るい川」 あるいは 「神 Lugus に捧げた川」であるかもしれない。 もっと単純な派生は現代ウェールズ語 「Li」 と同起源のブリソン諸語であることも大いにあり得、 「Li」 は 「Lea」 と発音し、「流れ」 (flow or current) を意味する。

Lea の綴りはハートフォードの西 (上流) で支配的であるが、 Lea と Lee のどちらの綴りもハートフォードからテムズ川まで使用される。 リー水路 (Lee Navigation) は議会法で設立され、 この綴り (Lee) のみが、この状況で使用される。 リー峡谷地方公園局 (Lee Valley Regional Park Authority) も レジャー施設にこの綴り (Lee) を使用する。 しかしながら、Lea の綴りは首都の道路名、位置、あるいは他のインフラに使用され、 例えば リーマス (Leamouth、リー川河口のこと)、 リー橋 (Lea Bridge)、 リー峡谷歩行路 (Lea Valley Walk)、 及びリー峡谷鉄道線 (Lea Valley Railway Lines) がある。 この綴りは地質学、考古学などにも使用されて、 リー峡谷 (Lea Valley) を指し示す。 川の異なる綴りはルートン (Luton) とレートン (Leyton) の地名にも反映されており: どちらもリー川沿いの農場を意味したものであった。

コース

源流は通常、リーグレーブの ワウルズ・バンク (Wauld's Bank、ワルルドの堤防) の中のウェル・ヘッド (Well Head) であると言われているが、 リー川はホートン川 (Houghton Brook) によっても給水され、 この川は更に西 2 マイル (3.2 km) のホートン・レジス (Houghton Regis) で開始している川である。 川は ルートン (Luton)、 ハーペンデン (Harpenden)、 ウェルイン・ガーデン・シティ (Welwin Garden City) を通り抜けたり、そばを通ったりして、 ハートフォード (Herfford) に至り、 ここで小さな浅い川から、 ハートフォード城堰 (Hertford Castle Weir) で深い運河になり、 これは次のようにに流れ続ける: ウェア (Ware)、 スタンステッド・アボット (Stanstead Abbots)、 ホッデスドン (Hoddesdon)、 ブロックスボーン (Broxbourne)、 チェスハント (Cheshunt)、 ウォルサム・アビー (Waltham Abbey)、 エンフィールド・ロック (Enfield Lock)、 ポンダーズ・エンド (Ponders End)、 エドモントン (Edmonton)、 チングフォード (Chingford)、 トッテナム (Tottenham)、 ウォルサムストー (Walthamstow)、 アッパー・クラプトン 'Upper Clapton)、 レートン (Leyton)、 ハックニー・ウィック (Hackney Wick)、 ストラトフォード (Stratford)、 ブロムリー・バイ・ボウ (Bromley-By-Bow、フィッシュ・アイランドを通過)、 ポプラー (Poplar)、 カニング・タウン (Canning Town)、 最後にリーマス (Leamouth) となり、 ここで (ボウ・クリークとして) テムズ川に合流する。 川はミドルセックス (Middlesex) とエセックス (Essex) の州の間の伝統的な境界となり、 デーンロウ (Danelaw) の境界の一部に使用された。 川はエセックスとハートフォードシャーの間の境界の一部にもなった。

エンフィールド・アイランド村
から見た川
歩行者用の吊り橋がボート用の湖に
架かり、この湖は拡幅された川が
ルートンのウォーダウン・パーク
を通り抜ける場所に作られている。

川はその大半で、リー峡谷パークの内部、あるいは境界を走っている。 トッテナム (Tottenham) とハックニー (Hackney) の間で、 リー川はトッテナム湿地 (Tottenham Marshes)、 ウォルサムストー湿地 (Walthamsow Marshes)、 ハックニー湿地 (Hackney Marshes、これは現在排水された) に 水を供給している。 初期の頃、 トッテナム・ホットスパー (Tottenham Hotspur) と レートン・オリエント (Leyton Orient) はフットボールのアマチュアとして湿地で試合をした。 ハックニー・ウィック (Hackney Wick) の南で、 川のコースは分離し、ほとんど完全な人工水路 (元々ボウ・バック川の水車を駆動するために作られた) を走り、 かっては繁栄した産業地帯を通り抜けている。

川はトッテナム水門から南に流れる。
西の大きな団地であるブリーム・クローズ (Bream Close)
が川の小さな島にあり、一方遠くにはゴスペル・オーク・バーキング線
(Gospel Oak to Barking Line) がハイ・ブリッジで川を横断。

広域ロンドン (Greater London) 内、エンフィールド・ロック (Enfield Lock) の下流で、 川はかっての王立小型武器工場 (Royal Small Arms Factory) -- 現代のエンフィールド・アイランド・ビレッジと呼ばれる団地 -- との境界になっている。 すぐ下流で、川にリー川洪水軽減水路 (River Lee Flood Refief Channel) が合流する。 人工のコンクリートの堤防を持つ水路はこの場所ではリー川迂回路 (Lee River Diversion) と呼ばれ、 2 つの貯水池の東を通過する; ポンダーズ・エンドのキング・ジョージ 5 世貯水池 / エドモントンの チングフォード & ウィリアム・ガーリング貯水池 (King George V Reservoir at Ponders End/Chingford and William Girling Reservoir at Edmonton)、 まとめてチングフォード貯水池と呼ばれる; そしてウォルサムストー (Walthamstow) のバンベリー貯水池 (Banbury Reservoir) の西を通る。 トッテナム・ヘイル (Tottenham Hale) では、接続された一連の貯水池がある; ロックウッド貯水池 (Lockwood Reservoir)、 ハイ・メイナード貯水池 (High Maynard Reservoir)、 ロウ・メイナード貯水池 (Low Maynard Reservoir)、 ウォルサムストー貯水池 (Walthamstow Reservoirs)、 イースト・ウォーウィック貯水池 (East Warwick Reservoir) 及び ウェスト・ウォーウィック貯水池 (West Warwick Reservoir) がある。 川はスリー・ミルズ (Three Mills) も通過し、 これはボウ (Bow) の近くの復元された潮汐ミル (tidal mill、水車) である。

リー川で漕ぐボート ボウ・クリーク (潮汐) がライムハウス・
カット (運河) と合流、ロンドンの
ドック・ランドが見える。
川の歴史

ローマ時代には、オールド・フォード (Old Ford) は名前が示唆するように (ford = 浅瀬)、 リー川下流の最も下流の横断点であった。 これはローマ以前のルートの一部で、このルートは現代のオックスフォード・ストリート (Oxford Street)、 オールド・ストリート (Old Street) をたどり、 ベスナル・グリーン (Bethnal Green) を通り抜けて、オールド・フォードに至り、 湿地帯を通り抜ける土手道 (causeway) を横断し、 ウォンステッド・スリップ (Wanstead Slip) と呼ばれた (現在はレートン (Leyton) にある)。 ルートは次にエセックスを通り抜けて、コルチェスター (Colchester) に至っていた。 この時には、リー川は広くて、流れの速い川で、 潮汐河口はハックニー・ウィック (Hackney Wick) まで及んでいた。 オールド・フォードの後期ローマの集落 -- 4 世紀と 5 世紀のもの -- の証拠が発見された。

878 年と 890 年の間のどこかで、 「アルフレッドとグスルムの条約」 (the Treaty of Alfred and Guthrrum) が結ばれ、他の事と共に、デーン人 (Dane) と英国人 (English) の間の境界にリー川のコースを使用した。 894 年にデーン人の軍隊が川をハートフォードまで帆走し、 およそ 895 年に彼らはリー川の上流区間、 ロンドンの北およそ 20 マイル (32.2 km) に要塞化したキャンプを設営した、 アルフレッド大王 (Alfred the Great) はデーン人を打ち破る機会を見出し、 リー川の下流区間をリーマス (Leamouth) で放水することを命令した。 これによりデーン人のボートが座礁したが、川の流れを増やし、潮汐の端が下流のオールド・フォードに移動する原因となった。

1110 年に ヘンリー I 世の妻のマティルダはバーキング大修道院 (Barking Abbey) への途上で、 浅瀬で転倒し、はっきりと弓の形をした 3 基のアーチからなる橋をボウで リー川に架ける命令を与えた。 (これほど弓に類似しているものはいまだかってなかった。) 中世の間に、 テンプル・ミルズ (Temple Mills)、 アビー・ミルズ (Abbey Mills)、 オールド・フォード (Old Ford)、 及びボウ (Bow) は 水車の場所であり (主に聖職者が所有していた)、 小麦粉を Stratford-atte-Bow [訳注:ボウ (Bow) の中世の名称] の パン屋に供給し、従ってシティーにパンを供給した。 ボウ・バック川 (Bow Back Rivers) を かってのローマの石の土手道を突き抜けて、 ストラットフォードで掘削する原因となったのはこれらの水車のために作られた水路であった。 (ここから名前が由来している。)

改良が川に施工されたのは 1424 年からで、 地主に補償するために通行料が課せられた。 1571 年に暴動があり、 これは庶民院 (House of Commons, 下院) に提示された私的法案に、 川の延長が売り込まれた後の事であった。 1577 年までに、ウォーザン・アビー (Walthan Abbey) に水門が設置され、 川は航行に積極的に管理され始めた。

ニュー川 (New River) がロンドンにきれいな水を持ち込むために、 1613 年に建設され、 リー川とハートフォードシャーにおけるリー川の集水域から水を持ち込み、 リー川の下流区間に発展した汚染産業をバイパスすることになった。 人工水路は自然な川への水量を更に少なくし、 1767 年までにハートフォード城堰の下流のリー川の運河化部分に設置され、 今やリー水路となり、更なる水門と運河化はその後の数世紀に実施された。 1766 年に、 ライムハウス・カット (Limehouse cut) の工事も始まり、 ブロムリー・バイ・ボウ (Bromley-by-Bow) の川と ライムハウス・ベイシンのテムズ川を接続することになった。

リー川はウェア (Ware) の古い醸造と麦芽 (malt) の中心を通り抜け、 その結果、水運は長年の間、ここに拠点を置く重要な産業となった。 大麦がウェアに輸送され、 麦芽が川を経由して搬出され、とりわけロンドンに運ばれた。 ウェア生まれてのハシケ屋は 「テムズ川の自由」 が与えられ、 水門の料金を払わなくてもよかった。 これは 1665 年 - 1666 年の大疫病 (the Great Plague) の間に 彼等が新鮮な水と食料をロンドンに輸送した結果であった。 地元の伝説では、その時死体がロンドンから川を経由して運び出され、ウェアで埋められた。 しかし、この証拠はない。

ウォーターワークス川 (Waterworks River) は潮汐のあるボウ・バック川 (Bow Back Rivers) の一部で、 8 m (26 フィート) 拡幅され、運河化されて 2012 年のサマー・オリンピックのオリンピック公園の 建設の支援をした。 スリー・ミルズ水門 (Three Mills lock) がプレスコット水路 (Prescott Channel) に設置され、 リー川の水位を維持し、公園内では 2 メートル (7 フィート) の深さを維持した。 これにより 350 トンのハシケの進入が可能となり、建設に必要とされる資材の少なくとも 50% が 水運で届けられ、あるいは取り除かれることを確実にした。 (これらの数値は見直し中である。運営組織がこれらの数値を再評価することが明記されている。) 、

主張された捕食者

2005 年 8 月 5 日にカナダ雁 (がん) が急速に水中に引っ張られ、 これは何人かのボート乗りが目撃した。 何匹かの白鳥のヒナも不可解なことに姿を消し、 大きな魚かカイマン [訳注:ワニの一種] のせいではないかと疑われた。 雁を攻撃したものはクロコダイルではないかと憶測された。 というのは パイク (pike) ではそのように大きな獲物を取ることが恐らくできないからであった。 しかしながら、当局は川にクロコダイルがいることを熱烈に否定した。

2011 年 12 月 13 日に、 類似の攻撃があり、この時別のカナダ雁が 「垂直に真下に」 消えた。 2 人のボート乗りに目撃されたのは、 2012 年オリンピック競技場の近くのオールド・リー川 (Old River Lee) で、 7 kg (15 ポンド) の雁が 「半秒以内に」 消え失せた。 目撃者は何の生き物も見なかった。 再び パイク (pike) ないしは ミンク (mink) がカモに対する捕食から示唆されたが、 雁はそのような魚には大きすぎると言われた。 しかし、再び ブリティッシュ・ウォーターウェイズはクロコダイルがいないことを力説した。 この生き物は存在するにせよ、逃走中であると思われている。 捕食者の他の候補にはカミツキガメ (snapping turtle)、 あるいはもっと可能性がある「ヨーロッパ大鯰」 (Wels catfish) がいることが示唆された。 (「ヨーロッパ大鯰」 は数は少ないが、テムズ川と支流にはいることが知られている。)

語りによる説明 (narrative accounts)

詩の 「A Tale of Two Swannes」 (二羽の白鳥の物語) はリー川沿いに設定され、 これはウィリアム・ヴァランス (William Vallans) によって出版された。 川は アイザック・ウォルトン (Izaak Walton) による "The Compleat Angler" (完全な釣り師) の最初の章にも呼び物にされている。

川に沿ったウォーキング (walking) ガイドが Leigh Hatts により書かれ、 川の全長に沿った歩行の説明は、2009 年に "Diamond Geezer" によるブログ (blog) で出版された。

2014 年に、ドイツ作家のイスター・キンスキ (Esther Kinsky) が小説 「Am Fluß」 ("Along the River"、川に沿って) を出版し、 これはリー川沿いの彼女の歩行に関連したことに基づいており、 この歩行はホースシュー・ポイント (Horseshoe Point) で開始して、 テムズ川で合流する河口で終了していた。

ポピュラー・カルチャーで

川のドキュメンタリーがグリフ・リース・ジョーンズ (Griff Rhys Jones) により提示され、 2009 年 BBC で放送された。

ジェフリ・パルマー (Geoffrey Palmer) とレイ・バラス (Rae Barras) により提示された 2008 年 TV プログラムの "The Compleat Angler" の 2 つのエピソードは川を呼び物にしている。

2015 年 11 月 20 日に、アデル (Adele) はアルバム 25 をリリースし、 これには 「リー川」 (River Lea) と題した歌を含み、 この歌詞は川を根源 (root)、歴史、変化として指している。

「リー川」 (River Lea) は歌手のニック・マルヴェイ. (Nick Mulvey) が 2014 年にリリースした EP の "Fever to the Form" の歌である。

リー川 (River Lea) は 2017 年 1 月 - 2 月に放送された ITV の犯罪ドラマ Unforgotton (忘れられない) の第 2 シリーズで呼び物にされた -- 筋は川から釣られたスーツケースの中の死体 -- 死亡してから随分時間が経過したもの -- の発見の周りで展開する。 正確な場所ははっきりしないが、リー川のロンドン北部の区間のように思われる。

詩人の Lang Lian -- かっては亡命者で、現在は住民 -- は詩集をリー川峡谷に献呈した。

著名な釣り場
訳注
アムウェル・マグナはグレート・マグナ (Great Magna) と呼ばれる場所を指していると思われます。
キングズ堰の下流の川 アムウェルのリー川、
アムウェル・マグナ釣り場の
本拠地、アイザック・ウォルトン
-- Compleat Angler の著者 --
もここで釣りをした。