ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Regent's Canal - Wikipedia

リージェンツ運河の地図
リージェンツ運河の地図の kml ファイル

リージェンツ運河 (Regent's Canal)

リージェンツ運河 はイングランド、ロンドン中央をすぐ北の地帯で横断する運河である。 この運河は西のグランド・ユニオン運河のパディントン支線 (Paddington Arm) -- のパディントン・ベイシンの 500 m 北西の位置 -- から、イースト・ロンドンのライムハウス・ベイシンとテムズ川に接続している。

リージェンツ運河
イズリントン・トンネルの西の入口
ロンドンのリージェント運河
のルート・マップ
  1. 歴史
  2. 地理学
  3. 最大船舶サイズ
  4. 文化
歴史

リージェンツ運河は 1802 年に当時グランド・ジャンクション運河 (1801 年開通) のパディントン支線からの接続として、トーマス・ホーマー (Thomas Homer) により始めて提案され、1812 年に通過した議会法により、 19 世紀初頭に建設された。 著名な建設家で、街の計画者であるジョン・ナッシュ (John Nash) が (運河) 会社のディレクターとなった; 1811 年に彼は摂政皇太子 (Prince Regent、後の ジョージ 4 世のこと) のために基本計画 (masterplan) を作り、ロンドン中央北部の 広い地域を開発することになった -- この結果、リージェンツ運河が計画に含まれ、 リージェンツ公園 (Regent's Park) の北端に沿って、運河の一部が走ることになった。

ナッシュ (Nash) の多くのプロジェクトと同様に、詳細なデザインは彼の助手に手渡され、 この場合はジェイムズ・モーガン (James Morgan) に手渡され、 彼は運河会社により主任技術者に任命された。 工事は 1812 年 10 月 14 日に始まった。 パディントンからカムデン・タウン (Camden Town) までの 最初の区間は 1816 年に開通し、 今では 'リトル・ベニス' (Little Venice) と呼ばれる地域東の マイダ・ヒル (Maida Hill) のふもとの 251 m (274 ヤード) のトンネルと、 リッソン・グローブ (Lisson Grove) のふもとのたった 48 m (52 ヤード) の長さのもっと短いトンネルが含まれた。 カムデンからライムハウスに至る区間は、 886 m (969 ヤード) の長さのイズリントン・トンネル (Islington tunnel) とリージェンツ運河ドック -- 洋上船から運河ハシケへの積み替えの場所で、今日ではライムハウス・ベイシンと呼ばれる -- を含み、4 年後の 1820 年 8 月 1 日に開通した。 色々な中間のベイシンも建設された。 (例えばリージェンツ公園 (Regent's Park) 東の カンバーランド・ベイシン (Cumberland Basin)、 (ロンドン、キングス・クロス (King's Cross) の近くの) バトルブリッジ・ベイシン (Battlebridge Basin)、 及びシティ・ロード・ベイシン (City Road Basin) があった)。 多くの他のベイシンも建設された、例えば: ウェンロック・ベイシン (Wenlock Basin)、 キングスランド・ベイシン (Kingsland Basin)、 セント・パンクラス・石・石炭ベイシン (St. Pancras Stone and Coal Basin)、 及びグレート・ノーザン鉄道の穀物倉庫の前にあるベイシンも建設され、 幾つかが生き延びた。)

リージェンツ運河:
10 株の譲渡証書
1818 年 12 月 1 日発行
ライムハウスでの
リージェンツ運河への入口、
1823 年

シティ・ロード・ベイシンはロンドンのシティに最も近く、 輸送される物資 -- 基本的には石炭と建設資材 -- の量でまもなくパディントン・ベイシンを凌駕することになった。 これらは、周辺で輸送される物資で、運河の元々の目的であるミッドランドに転送される輸入品とは違っていた。 1838 年のロンドン・バーミンガム鉄道の開通は運河で運ばれるトン数を実際は増やした。 しかしながら、20 世紀初頭までにミッドランドとのトレードが鉄道に失われ、 もっと多くの配送が道路によって実施され、 運河は長期的に退潮することになった。

鉄道プロジェクト

運河のルートを鉄道に転換する幾つかのプロジェクトがあったが失敗であった。 1845 年 9 月に、 (運河の) 所有者の特別総会で、 実業家のグループに運河を 100万ボンド で売却することが承認され、 実業家のグループはこの目的のためにリージェンツ運河鉄道会社 (Regent's Canal Railway Company) を作っていた。 会社の宣伝は次のように説明していた:

この事業の多大な重要性は、 これにより、すべての既存の鉄道とテムズ川北に計画されている鉄道の間にジャンクションが作られれば、 一般シティ・ターミナルの利点と合わせて、余りに明らかで説明を要しない。 提案されている鉄道により、乗客と物資のシティーの中心部への持ち込みには時間と経費が 随分節約され、王国の大半の場所に至る郵便のもっと迅速な伝達のために施設が供給される。

鉄道会社はまもなく失敗したが、 1846 年に、運河のディレクター達は堤防沿いに鉄道建設を可能とする議会法を手に入れようとして行動した。 この計画は活発な反対 -- とりわけリージェンツ公園を通り抜ける鉄道の考えに反対した政府 -- に直面して見捨てられた。 1859 年に運河を鉄道に交換する更に 2 つの計画が提案された。 1 つは 「中央ロンドン鉄道・ドック会社」 と呼ばれる会社のもので、 ディレクター達に承認されたが再び鉄道会社は失敗をした。 1860 年にリージェンツ運河会社は運河沿いにキングス・クロスからライムハウスに至る鉄道を提案したが、 資金は集められなかった。 続く 20 年間に更に計画があったが、何も実施されなかった。 しかし、メトロポリタン鉄道 (Metropolitan Railway) が 1863 年に南部に開通し、 ロンドン北部から放射する路線を接続するほとんど同じ目的を持っていた。

1883 年に、何年かの交渉の後で、運河は 「リージェンツ運河 & シティー・ドックス鉄道会社」 と呼ばれる会社に £1,170,585 で売却された。 会社は 1892 年 「ノース・メトロポリタン鉄道・運河会社」 に名称を変更したが、 鉄道は建設されなかった; その代わりに会社はドックと運河を改良するための資金を集め、まもなく 1904 年に 「リージェンツ運河・ドック会社」 になった。

イズリントン、ウェンロック・ベイシン (2004 年)
新しい用途

新しい目的が 1979 年に運河のルートで見つかり、 この時、中央発電委員会 (Cetral Electricity Generating Board, CEGB) はセント・ジョンズ・ウッド (St. John's Wood, 地名) とシティー・ロード (City Road) の間の曳舟道の槽 (trough) に地下ケーブルを設置した。 これらの 400 kV のケーブルは今では国内電力網 (Nationa Grid) の一部を成し、 電力をロンドンに供給している。 汲み上げられた運河の水が高圧ケーブルの冷却水として循環している。

運河は現在はしばしば遊覧船 (pleasure cruising) に使用され、 定期遊覧船はメーダ・ベール (Maida Vale) とカムデンの間で操業し、夏には 1 時間に 1 本ある。

2005 年のロンドン爆破事件以来の自転車通勤の増加と 環境意識 (environmental awareness) の高まりにより、 運河の曳舟道は通勤のための多忙な自転車ルートになった。 国内自転車ルート 1 (National Cycle Route 1) は ライムハウス・ベイシンからマイル・エンド (Mile End) に至る 運河の曳舟道の区間を含んでいる。 ブリティッシュ・ウォーターウェイズは曳舟道を 自転車と歩行者が分かち合う効果に関して、幾つかの調査を実施したが、 このいずれも、道幅が限られていても比較的問題が少ないことを結論した。

地理学

リージェンツ運河はパディントン・ベイシンのすぐ北の リトル・ベニス (Little Venice) で昔のグランド・ジャンクション運河と接続している。 メイダ・ヒル (Maida Hill) とリッソン・グローブ (Lisson Grove) トンネルを通り抜けてから、 運河はリージェンツ公園の北端を周る。 運河はカムデン・タウンとキングス・クロス・セントラル (King's Cross Central) を通り抜ける。 運河はカムリー・ストリート自然公園 (Camley Street Natural Park) で鋭く曲がり、 グッズ・ウェイ (Goods Way) が続き、 ここで運河はセント・パンクラス駅 (St. Pancrass railway station) とキングス・クロス駅 (King's Cross railway station) の後ろを流れる。 運河はバトルリッジ・ベイシン (Battleridge basin) で広がり、 これは元々ホースフォール・ベイシン (Horsfall basin) と呼ばれ、 ロンドン運河博物館のある場所である。 東に向かって進み、 イズリントン・トンネル (Islington tunnel) を越えると、 運河はブロードウェイ・マーケット (Broadway Market) の 南端を形成し、イースト・ロンドン、ビクトリア・パークで ハートフォード・ユニオン運河 (Herford Union Canal) と合流する。 運河は南に曲がり、ライムハウス・ベイシンに向かい、 ライムハウス・カットに合流し、テムズ川に合流して終了する。

リージェンツ運河の
コマーシャル・ロード水門
ライムハウス・ベイシンとの合流箇所
リージェント公園
セント・マークスの近くの
リージェント運河
最大船舶サイズ

リージェンツ運河では最大の長さは 21.95 m (72.0 フィート)、 最大幅は 4.27 m (14.0 フィート)、頭上余地は 2.79 m (9 フィート 2 インチ) である。 航行深度は平均して 1.15 m (3 フィート 6 インチ) である。

文化

2012 年、劇作家のロブ・イングリス (Rob Inglis) は £16,000 の芸術委員会の助成金を贈与されて、 「リージェンツ運河、フォーク・オペラ」 (Regent's Canal, a Folk Opera) を書くことになった。 これはミュージカルで、運河掘削の 200 年記念を祝うものであった。 これは 2012 年にロンドン中の何か所かで上演された。