ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Hertford Union Canal - Wikipedia

ライムハウス・カットとハートフォード・ユニオン運河の地図
ライムハウス・カットとハートフォード・ユニオン運河の地図の kml ファイル

ハートフォード・ユニオン運河
(Hertford Union Canal)

ハートフォード・ユニオン運河 あるいはダケッツ運河 (Duckett's Canal) は 短い運河の区間で、イースト・ロンドン (East London) の タワーハムレッツ・ロンドン自治区 (London Borough of Tower Hamlets) にある。 これは 1830 年に開通したが、すぐに商的な失敗と判明した。 運河は 1859 年にリージェンツ運河に買収され、 1929 年にグランド・ユニオン運河の一部となった。

ハートフォード・ユニオン運河
リー水路とのジャンクション
  1. 歴史
  2. ルート
  3. 水門
  4. 交通
歴史

1766 年の先駆であるライムハウス・カットのように、 ハートフォード・ユニオン運河はテムズ川とリー川水路 (River Lee Navigation) の間の近道を提供する意図があった。 これはリー川のテムズ川に向かう交通が潮汐のある、曲がりくねり、 しばしばドロで詰まるリー川の ボウ・バック川 (Bow Back Rivers) を迂回して、リージェント運河の短い区間を経由することを可能にし、 リー川からリージェント運河沿いの西の場所に行く近道を提供した。

運河はサー・ジョージ・ダケット (Sir George Duckett) が売り込み、 彼は議会法を獲得することで成功し、1824 年 5 月 17 日に王室の同意を得た。 法律の表題は:

ミドルセックス・カウンティ (county of Middlesex) の セント・メリー・ストラトフォード・ボウ (St. Mary Stratford Bow) 教区の リー川水路 (River Lee Navigation) から、 上記ミドルセックス・カウンティの セント・マシュー・ベスナル・グリーン (St. Mathew Bethnal Green) 教区の オールド・フォード水門 (Old Ford Lock) と呼ばれる場所、あるいはその近くのリージェント運河 と合流する運河の建設と保守に関する法律

議会法はダケット (Duckett) が建設の資金繰りのために £50,000 を借りることと、 運河の使用料金 -- 当初は輸送物資 1 トンあたり 1 シリング (£0.05) -- を課すことを認可した。

フランシス・ジャイルズ (Francis Giles) が技術者に任命され、 運河は 1830 年に開通し、何年かのあいだ、ダケッツ運河 (Duckett's Canal) あるいはダケッツ・カット (Duckett's Cut) と呼ばれた。多くの地元のボート屋は今なお、これを親しみを込めてダケッツ (Duckett's) と呼んでいる。 これは商的に成功ではなく、1 年以内に通行料を差し控える申し入れがあった。 1850 年代の数年間に航行可能ではなく、ダムが建設されて、 リージェンツ運河 (Regent's Canal) の水がここに失われないようにした。 1851 年に売却する試みが失敗してから、 まもなくしてリージェンツ運河会社に獲得され、1857 年 10 月 28 日にこの運河の支線となった。 新しい所有者はダムを取り除き、水路を深く・拡幅した。 グランド・ユニオン運河会社が 1929 年 1 月 1 日に存在するようになってから、 これは水路網の一部分となり、現在はカナル & リバー・トラストにより保守されている。

ルート

運河はリージェンツ運河のマイル・エンド水門 (Mile End Lock) とオールド・フォード水門 (Old Ford Lock) の間のハードフォード・ユニオン・ジャンクションで開始する。 運河には 1990 年代に再開発されたボウ波止場 (Bow Wharf) の北を通り過ぎ、 ここに店とバーがある。 グローブ・ロード (Grove Road) を通り過ぎてから、1958 年に完成したレイクビュー地所 (Lakeview Estate) の南を通る。 その後のルートの大半は北側がビクトリア公園 (Victoria Park) で囲まれている。 運河はオールド・フォード水門 (Old Ford Lock) の上流でリー水路に合流する。

運河の周りの付随する水門、橋などの造作は運河が 1830 年に開通した時からのもので、 古代モニュメント一覧 (scheduled ancient monument) に含まれる指定建造物 (listed structure) である。

水門

この運河の水門はまとめて、オールド・フォード 3 水門 (Old Ford Three Locks) と命名されており、すべてオールド・フォード行政地区 (district of Old Ford) にあるが、今では、 ハートフォード・ユニオン・トップ水門、 ハートフォード・ユニオン・ミドル水門、 ハートフォード・ユニオン・ボトム水門 と呼ばれている。 これらは、北東方向の端にむけて寄せ集められており、 リージェンツ運河からリー水路に向けて、およそ 19 フィート (5.8 m) を降下する。 これらの水門はすべて一重手動水門で使用できる最大の船舶は、 長さ 72 フィート、幅 14 フィートである。

西から東に進むと、水門は:

ハートフォード・ユニオン・トップ水門 1

これは水門 No. 1 で、リージェンツ運河のハートフォード・ユニオン・ジャンクションから 0.63 マイル (1.0 km) にある。 これはビクトリア公園の南にあり、水門の尾部の上を鋳鉄製の歩道橋が通り、 パーネル・ロード (Parnell Road) から公園への進入路になっている。 水門は 6 フィート 3 インチ (1.9 m) の落差がある。

ハートフォード・ユニオン・
トップ水門 No. 1

水門は 1990 年にグレード II の指定建造物になり、 ボトム・ゲートには珍しい鋳鉄製の バランス・ビームが付いている。 隣接する小屋の 1 つ (No. 3 水門小屋) も グレード II の指定建造物である。

ハートフォード・ユニオン・ミドル水門 2

ミドル水門は 8 フィート 11 インチ (2.7 m) の落差がある。 水門の尾部はカドゥガン・テラス (Cadogan Terrace、通りの名称) の下を通る。

ハートフォード・ユニオン・
ミドル水門 No. 2
ハートフォード・ユニオン・
ボトム水門 No. 3
ハートフォード・ユニオン・ボトム水門 3

この下水門 (しもすいもん、lower lock) は 3 フィート 9 インチ (1.1 m) の落差がある。 これはリー川とのジャンクションから 0.13 マイル (0.2 km) しかない。

パブ、現在は "トップ・オブ・ザ・モーニング" (Top of the Morning) で当時は "ミットフォード城" (Mitford Castle) が 運河に至る坂道のウィック・ロード (Wick Road) にあるが、 ここはトーマス・ブリッグス (Thomas Briggs) -- 鉄道殺人事件の最初の犠牲者 -- が 1864 年 7 月に負傷して死ぬ間際に連れてこられた場所である。

交通

最も近いロンドンの地上駅はハックニー・ウィック (Hackney Wick) である。

運河の曳舟道は歩行者と自転車に -- 許可が無くても -- 開かれている。 運河の東端では、曳舟道はリー峡谷歩行路 (Lea Valley Walk) に合流している。 ハックニー・ウィック (Hackney Wick) では キャピタル・リング (首都環状歩行路、Capital Ring) は運河を横断する; 区間 13 は北西に進み、ストーク・ニューイントン (Stoke Newington) に至り、 区間 14 は南東に進み、ザ・グリーンウェイ (The Greenway) を利用して、ベクトン・ディストリクト・パーク (Beckton District Park) に向かう。 曳舟道は "ライムハウス・サーキット" (Limehouse Circuit, ライムハウス循環歩行路) の一部分をなし、 ライムハウス・ベイシンで始まり、 ライムハウス・カット、リー水路、リージェンツ運河、及び ハートフォード・ユニオン運河を利用する管状の 5 マイルの歩行路である。

ロンドンのオリンピック公園がリー水路の東に建設された。 オリンピックの開催中、カットは航行に閉鎖され、訪問する船舶の係留場所に使用された。 2012 年の夏季オリンピックの継承段階 (legacy phase) では、 オリンピック公園とボウ・バック川 (Bow Back Rivers) への進入が約束されている。