ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Stort Navigation - Wikipedia

ストート水路の地図
ストート水路の地図の kml ファイル

ストート水路 (Stort Navigation)

ストート水路 はストート川の運河化された区間で、 ハートフォードシャー州ビショップス・ストートフォード (Bishop's Stotford) の町から、下流のリー川との合流点 -- ハートフォードシャー州ホッデスドン (Hoddesdon) のライ・ハウス (Rye House) の近くのファイルズ堰 (Feildes Weir) -- までの 20 km (14 マイル) を走っている。

水路がロイドンに近づく。
  1. 歴史
  2. 現在
  3. ルート
歴史

ビショップス・ストートフォード (Bishop's Stortford) における 18 世紀初頭のモルト (麦芽、malt) のトレードの増加と共に、 より良い輸送施設を提供することに注意が向けられた。 ストート川はリー川 (River Lea) に接続し、 ウェアにおけるモルトのトレードはリー川に実施された改良により恩恵を被った。 類似の解決が、従って、ストート川にも求められ、 1758 年 12 月 11 日に公的な集会が開かれた。 中心となる発起人はトーマス・アダリー (Thomas Adderley) であったようである。 法案が滞りなく議会に提出され、 1759 年 3 月に議会法になった。 この表題は:

ハートフォード・カウンティとエセックス・カウンティで、 ストート川を航行可能にする法案、 ビショップ・ストートフォードの町のニュー・ブリッジ (New Bridge) から ハートフォード・カウンティのライ (Rye) と呼ばれる場所の近くのリー川 (River Lea) まで。

委員 (commissioner) が任命されて、 工事を監督し、プロジェクトの資金繰りをする資本を集めることになった。 彼等はこの義務で心配し、 最初の議会法の権限が失効した、というのは 仕事を完成するための期間に制限が加えられていたためである。

3 人の者が通行料と引き換えに計画の資金繰りをすることを、 委託委員達 (commissioners) に提案してから、第 2 の議会法が求められた。 この提案を委託委員達が承認し、新しい議会法が 1766 年 3 月 30 日に獲得された。 この法律の表題は 「ハートフォード・カウンティとエセックス・カウンティにおいて、ストート川を 航行可能にして、これを継続する法律」であり、 これにより チャールズ・ディングリー (Charles Dingley)、 ジョージ・ジャクソン (George Jackson)、 及びウィリアム・マスターソン (William Masterson) が水路を建設して、通行料を集めることになった。 彼等には工事を完成するのに 5 年間が与えられ、 最初の議会法の権限は第 2 の議会法により無効になった。 工事は 9 月 24 日に開始し、監督はトーマス・ヨーマン (Thomas Yeoman) で、 リー水路の測量技術者でもあり、1769 年秋に完成した。 水路は 15 基の水門を含み、1769 年 10 月 24 日に公式に開通した。

1796 年にジャクソンは水路で使用するためのストート用の半ペンス・トークン (token = 擬似通貨) を発行した。 このトークンの裏側には川のコースが表示され、その前面に馬が引くハシケが描かれていた。 これはトークンに書かれた日付 (1795 年) にもかかわらず、 1796 年中頃にマシュー・ボウルトン (Mathew Boulton) で鋳造された。 コンラッド・ハインリッヒ・キュヒラー (Conrad Heinrich Küchler) がデザイナーであった。

水路は私的に資金繰りされたため、実際の経費の記録はないが、 ジャクソン -- 彼はこの時までにサー・ジョージ・ダケット (Sir George Duckett) と命名され -- が 1812 年に話したことによると、 良好な事業ではなかった。 2 つの水路間のジャンクションを改良するために、リー水路は £105 を (ストート水路の) 所有者に支払った。 トレードは次第に増え、1791 年のおよそ 18,000 あるいは 19,000 トンから 1811 年の 40,000 トンになった。

通行料の表

有効になった議会法で指定された通行料は次のようであった。

トン数レート (tonnage rate)
小麦、ライムギ、豆、エンドウ1 クォーターあたり 0s 6d
モルト、オート麦 同上 0s 4d
大麦、上記に列挙していない穀物同上 0s 4d
あら粉、小麦粉
(1 袋 5 ブッシェル)
1 袋あたり 0s 4d
石炭、下級無煙炭 (culm)、
燃え殻 (cinder)
1 チャルドロンあたり
2s 6d (£0.13/m3)
石灰岩同上2s 6d (£0.13/m3)
油カス, モルトの粒子 (malt-dust)、
ハトの糞、その他のあらゆる肥料
1 トンあたり 1s 6d
上記に列挙していない商品、製品同上 2s 6d
規定値より少ないものは比例

帰りのボートで、油カス、モルトの粒子、ハトの糞、 その他のあらゆる肥料を積載し、直前に貨物を積載して料金を支払って通過していれば、 このような肥料の通行料は免除される。

訳注
£sd: 1 シリング = 12 ペンス、1 ポンド = 20 シリング = 240 ペンス
発展

ストート川がビショップス・ストートフォード (Bishop's Stortford) まで航行可能となると、これをより大きな運河網の一部とする興味が出てきた。 ロンドン市 (City of London) のテムズ川運河委員会 (Thames and Canal Committee) は技術者のロバート・ウィットワース (Robert Whitworth) を任命して、ビショップス・ストートフォードと ケンブリッジの間の運河の測量をさせた。 彼は報告することになり、これには建設経費の見積もりが含まれ、 ケンブリッジに至る他のルートがより良いか否かの彼の意見を与えることになった。 彼は 1779 年 11 月にこれをすることを依頼されたが、彼が報告したのは 1 年以上も 経過してからで、報告は 1780 年 12 月 6 日に出版された。 彼のルートは明らかなルートをたどり、ストート峡谷を遡上してから、 グランタ峡谷 (Granta Valley) に横断し、ケンブリッジに至るものであった。 しかしながら、これはオードリー・エンド (Audley End) の前を通過することになり、 これはハワード・ド・ウォールデン卿 (Lord Howard de Walden) の家で、 彼は激しく計画に反対した。 公開の集会が 1781 年 11 月に開催され、混乱のうちに終了し、 それ以上の行動は当時は取られなかった。

ジョン・フィリップス (John Phillips) は 1785 年に計画を復活させた次の人物であった。 もっとも、これはロンドンから キングズ・リン (Kings Lynn) に至る偉大な計画の小さな 1 部分であった。 彼は以前に遭遇した反対を避けることを望み、 ビショップス・ストートフォードからケンブリッジに至るルートを ショット・グローブ (Shotgrove) とオードリー・エンドの地所の西に接続した。 彼の支持をするものはなかった、 というのは彼の経費は極端に楽観的と思われたからである。 ジョージ・ジャクソン (George Jackson) は 1788 年 「テムズ川・運河委員会」 にルートを提案し、 これはオードリー・エンドの後方を通り、 サフロン・ワルデン (Safron Walden) を通り抜けるものであった。 これはサミュエル・ウェストン (Samuel Weston) により測量された、 というのはウィットワース (Whitworth) はスコットランドで忙しかったからである。 ハワード卿 (Lord Howard) はこのルートも反対し、 ベッドフォード平地会社 (Befford Level Corporation、 イースト・セントラル・イングランドの沼地 (fens) の排水をするために作られた会社) も反対をした。 1789 年にジョン・レニー (John Rennie) により提案された路線が考えられ、 これはサフロン・ワルデンを通り抜けてウィルトン・フェリー (Wilton Ferry) の近くで、 リトル・ウーズ川 (River Little Ouse) に合流するものであった。 議案が国会に提示されたが、深刻な反対に直面して取り下げられた。

次の試みは 1811 年になされ、 ジャクソンは今やサー・ジョージ・ダケット (Sir George Duckett) と呼ばれ、 計画を推し進めた。 法案が国会に提示され、委員会で敗北した。 第 2 の法案が 1812 年 1 月に導入され、少々修正され、 組織的な反対にもかかわらず、1812 年 6 月 9 日に議会法となった。 これが認可したことはプロジェクトのために £870,000 を集め、 プロジェクトは本線に 50 基の水門を含み、ワッドン (Whaddon) への支線に 13 基の水門を含み、 3 本のトンネルがあるものであった。 工事は £425,250 が集まるまで開始できなかった。 しかしながら、 £121,300 の資本予約があっただけであり、 そこで第 2 の議会法が 1814 年に獲得され、 サフロン・ウォルデンの区間とワッドン (Whaddon) への 支線のみが認可された。 認可されたのにもかかわらず、どのような工事も実施されず、 ロンドン・ケンブリッジ・ジャンクション運河の考えが消え失せた。

操業

所有者の変更が 1832 年に起きた、この時、銀行のダケット・モーランド社 (Duckett, Morland and Company) が倒産し、 サー・ジョージ・ダケット -- 元々の 3 人の創始者の 1 人 -- が破産した。 この当時、通行料からの年収はおよそ £5,000 で、 全体は £150,000 の価値があると見積もられていた。 運河はバーベックス (Birbecks) を呼ばれる会社に渡り、 この会社は £40,000 を貸していたが、抵当流れ処分にした。 次にガーニー社 (Gurney and Co.) の手に渡り、この会社はノリッジ (Norwich) に拠点を置く銀行であった。

1842 年 5 月に、ノーザン・イースタン鉄道 (Northern and Eastern Railway) がビショップス・ストートフォードへの 鉄道を開通され、これはストート峡谷をたどり、 駅はほとんど水路の流域にあった。 トレードへの影響は劇的で、 収入は 1838 年から 1848 年の 10 年間に £5,477 から £2,593 に減少した。減少が止まり、リー水路は 隣接する水路の買収を深刻に考えた。 1868 年と 1871 年にリー水路が獲得した議会法には買収を認可する権限が含まれていたが、 測量が実施され、必要とされる修理と浚渫の量により、少額の買収額しか提示することができず、 これは拒絶された。 ガーニー社はスピタルフィールズ (Spitalfields) の トルーマン・ハンバリー社 (Truman, Hanbury and Co.) と呼ばれる醸造会社に売却された。 サー・ウォルター・ギルビー (Sir Walter Gilbey) が次にこれを引き継ぎ、 1905 年にストート水路会社 (Stort Navigation Company Ltd.) を作り、 この会社ではディレクターの大半は彼の家族の一員であった。

収入が減り、ギルビーはリー水路と交渉を始めた。 ビショップス・ストートフォード都市型行政地区議会 (Bishop's Stortford Urban District Council) は買収に向けて £170 を申し入れた、但しこの申し入れには、他の地方自治体も貢献することが条件であった。 その年のその後に、ロイドン (Roydon) のブリック水門 (Brick Lock) の 1 方の壁が崩壊した。 これはリー水路とのジャンクション上流の 2 番目の水門であったから、 水路で操業していたほとんどのハシケはこの上流で閉じ込められた。 ギルビーはこの水路をリー水路にわずかな報酬で提供した。 取引は終了していなかったが、水門を再建するために、すでに雇用した 6 人を助けるために余分の人を送り、 1909 年 10 月 4 日に再開通をした。 リー水路管理委員会 (Lee Conservancy Board) による別の評価から、 この水路を良好な状態に戻すために £10,800 が必要であると見積もられ、 1901 年から 1907 年に収入が £927 から £319 に減少したことを言及した。 まもなくギルビーは折れ、リー水路管理委員会が 1911 年 6 月 1 日に所有権を獲得し、 そのためにたった 5 シリング (25 p) を支払った。

買収の前に、リー水路管理者は 「1909 年の開発と道路改良資金法」 (Development and Road Improvement Fund Act of 1909) の下でローンを申請し、年間 £2,500 が与えられ、これは利益が出た時点で払い戻すことになっていた。 1913 年に水門の再建が開始したが、1914 年の第 1 次世界大戦の勃発により、 緊急の修理以外のすべての工事が停止した。 工事は戦争が終わって再開し、水路は 1924 年 7 月 4 日に裁可し、 開通式が運輸大臣のハリー・ゴスリング (Harry Gosling) により挙行された。 交通は少々水路に戻り、木材、穀物、及びモルトの交通が増えたが、 これは第 2 次世界大戦と共に死滅し、最後の商用輸送は 1972 年にあった。 しかしながら、レジャーボードの使用はすでに十分に進行中で、 水路はその結果、活気を取り戻した。

現在

15 基の水門が建設され、 86x13.25 フィート (26x4.0 m) のボートを収容し、 これが意味することは、これらの水門は 1 度に 2 隻のナロウ・ボートを収容するのに十分広くないことである。 水路はブリティッシュ・ウォーターウェイズの後継組織である カナル & リバー・トラストによって、今では管理されている。

水門名水門番号水門の落差、
フィート、インチ (m)
ファイルズ堰から
の距離、マイル (km)
サウス・ミル水門
(South Mill Lock)
1 5’ 5” (1.65 m) 12.5 (20.1 km)
トワイフォード水門
(Twyford Lock)
2 7’ 0” (2.13 m) 12.0 (19.3 km)
スペルブルック水門
(Spellbrook Lock)
3 5’ 0” (1.52 m) 10.8 (17.4 km)
テッドナンバリー水門
(Tednambury Lock)
4 5’ 9” (1.75 m) 10.0 (16.1 km)
ソウブリッジワース水門
(Sawbridgeworth Lock)
5 7’ 5” (2.26 m) 8.9 (14.3 km)
シェアーリング・ミル水門
(Sheering Mill Lock)
6 5’ 8” (1.75 m) 8.4 (13.5 km)
フェイクス水門
(Feakes Lock)
7 6’ 0” (1.83 m) 7.75 (12.5 km)
ハーロウ・ミル水門
(Harlow Mill Lock)
8 8’ 9” (2.67 m) 6.75 (10.9 km)
ラットン水門
(Latton Lock)
9 6’ 0” (1.83 m) 5.4 (8.7 km)
バーント・ミル水門
(Burnt Mill Lock)
10 3’ 7” (1.09 m) 4.5 (7.2 km)
パーンドン・ミル水門
(Parndon Mill Lock)
11 7’ 0” (2.13 m) 3.5 (5.6 km)
ハンズドン・ミル水門
(Hunsdon Mill Lock)
12 7’ 0” (2.13 m) 2.5 (4.0 km)
ロイドン水門
(Roydon Lock)
13 6’ 0” (1.83 m) 1.5 (2.4 km)
ブリック水門
(Brick Lock)
14 6’ 3” (1.90 m) 0.8 (1.3 km)
ロウアー水門
(Lower Lock)
15 3’ 9” (1.14 m) 0.3 (0.5 km)

水路の全長に沿って曳舟道があり、これは幾つかの長距離歩行路の一部になっている。 ストート峡谷道 (Stort Valley Way) は 28 マイル (45 km) の感情歩行路 (circular walk) で、 一方スリー・フォレスト・ウェイ (Three Forest Way) は 60 マイル (97 km) の環状歩行路で、 ハットフィールド・フォレスト (Hatfield Forest)、 へーノート・フォレスト (Hainault Forest)、 エッピング・フォレスト (Epping Forest) を通過している。 これはランブラーズ協会 (Ramblers Association、ぶらぶら歩き協会) のウェスト・エセックス・グループ (West Essex Group) により考案され、 エリザベス 2 世の即位 25 年祝典 (siler jubilee) を記念するための方法の 1 つであった。

ルート

水路は A1250 道路のホッカリル橋 (Hockerill Bridge) のすぐ南で、 ビショップ・ストートフォードで開始する。 水路は上流ストート川から水を供給され、上流ストート川は 11 km (18 km) ほど北のラングリー (Langley) の近くの一連の川に起点がある。 近くの東にはビショップス・ストートフォード鉄道駅があり、 これはロンドン・リバプール・ストリートからキングズ・リンへの路線の駅である。 (水路も鉄道も) どちらも南に向かい、鉄道は西岸に横断する。 サウス・ミル水門が下降の開始をしるし、これ以後は 冠水牧草地 (watermeadows) で、 ロッシー・ミード自然保護区 (Rushy Mead Nature Reserve) となり、 ここはエセックス野生生物トラスト (Essex Wildlife Trust) により、 管理された 11.5 エイカー (4.7 ヘクタール) の場所で、1950 年以前は 下水揚水所のあった場所である。 トワイフォード水門のあとで、東岸のウォールベリー・キャンプ (Wallbury Camp) の下を通る。 これは鉄器時代の丘の砦で、 古代モニュメント一覧 (scheduled ancient monument) の 1 つである。 スペルブルック水門とデッドナンバリー水門が、この後ですぐに続く。 川はテッドナンバリー水門のまわりで、 大きなループを描いて流れ、ここにはハーリングベリー・ミル (Hallingbury Mill) がある。 これは 1874 年に建設され、 元々のミルがあった場所には穀物貯蔵庫があり、 元々のミルは 1885 年に取り壊された。 中射式 (ブレストショット、breastshot) 水車は 幅 7 フィート (2.1 m)、直径が 16 フィート (4.9 m) である。 グレード II* の指定建造物のミルは 1960 年代末に復元され、 今ではホテル兼ビストロである。 水路がソウブリッジワースに入ると、鉄道が横断して東岸に戻る。

ソウブリッジワース水門は町の北端にあり、 木造枠と羽目板 (weatherboard) のミル・ハウス (mill house) と近くの穀物倉庫は共に 18 世紀のもので、グレード II の指定建造物である。 シェアーリング・ミル水門が東にあり、 ここでは水路がロウアー・シアリングの村と町の間に挟まれている。 ここのミル・ハウス (mill house) は 17 世紀のもので、 木造枠があり、外部が漆喰で仕上げられている。 ここには 19 世紀と 20 世紀に拡張され、作り直された造作があり、 このため歴史的証拠を解読することがより困難となっている。 ソーブリッジ水門の下流にはフェイクス水門 (Feakes Lock) があり、 ここで水路は南西を向く。 こうなる時に、水路はピッショベリー地所 (Pishiobury Estate) の 東端となり、ここにはカントリー・ハウスと 16 世紀以後の庭を含む造園された公園がある。 グレード II の指定建造物である敷地は形式的な運河を含み、 造園は ケイパビリティ・ブラウン (Capability Brown、凄腕ブラウン) によっている。

シェアーリング・ミル水門 パーンドン・ミルは 19 世紀
からあり、水力と蒸気力の
どちらも使用した。

ハーロウ (Harlow) の北端で、水路は A1184 道路の下を通り、 このすぐ後に、ハーロウ・ミル水門がある。 隣接するミルは恐らく 17 世紀のものであるが、時代を示す手がかりがほとんどない。 今ではレストランである。 鉄道が水路と町を分けている。 ラットン水門 (Latton Lock) とバーント・ミル水門 (Burnt Mill Lock) には重要な建物がないが、 パーンドン水門にはミルの建物があり、19 世紀中頃あるいは末のものである。 これは水力も蒸気動力のどちらも使用した。 もっとも機械は生き延びておらず、水力タービンのみが残っている。 ミル・ハウスは少々古く、18 世紀中頃のもので、 3 階建てのレンガ建築で、正面は漆喰が塗られている。

ハンズドン・ミル水門の近くには 1902 年に取り壊された 水力ミル (watermill) のレンガの基礎と、橋台の付いたレンガの橋がある。 1066 年にここにはミルがあった。 19 世紀の鋳鉄製の導水路がこの場所を通る水の流れをまだ制御している。 隣接するミルは、馬小屋、馬車小屋、そして壁と共に、すべてグレード II の指定建造物である。 家屋は 17 世紀のものであるが、これは 19 世紀にレンガ張りされて拡張され、 1912 年に再び拡張された。 西には 18 世紀の家屋であるブライジェンズ (Briggens) があり、 チャールズ・ブリッジマン (Charles Bridgeman) によりデザインされた 造園庭園 (landscaped garden) があり、この家屋にはエドワード時代の遊園地 (pleasure garden) らしきものもある。 家屋は今ではホテルで、庭園の一部にゴルフ・コースがある、 もっとも 18 世紀の造園の造作の大半は維持したままである。

ロイドン水門のすぐ後で、 鉄道が南岸から北岸に低い橋で横断する。 ロイドン鉄道歴は水路に非常に近い、 もっとも駅の魅力的な 1844 年の木造枠の漆喰の建物群は川と反対の方向を向いている。 水路は今や 「リー峡谷地方公園」 (Lee Valley Regional Park) に入り、 貯水池と北の大きな下水処理場の間を縫うように通り抜ける。 ブリック・ミル水門のすぐ上流で、3 階建てのロイドン・ミル・ビル (Roydon mill building) が 最初の 2 階が黄色いレンガで建設され、一方 3 階は木造枠の羽目板 (weatherboard) で建設されている。 水門では、1830 年のものである水門管理人の小屋がいまだに立っている。 これはペンキで塗られたレンガで建設され、スレートの屋根が付き、 "G. D. 1830" のテキストの付いた楕円型の銘板が付いている。 これはサー・ジョージ・ダケットを祝うもので、彼が水路の建設を担った。 最後の水門はロウアー水門で、このあとで水路は ファイルズ堰水門のすぐ北でリー水路に合流する。