ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Hackney Cut - Wikipedia

リー川の地図: Google map

ハックニー・カット (Hackney Cut)

ハックニー・カットはリー水路 (Lee Navigation) の人工水路で、 「リー川受託者」 (River Lea Trustees) により 1769 年にイングランドで建設され、 水路を直線化して、改良した。 これはリー橋下流のミドルセックス濾過地堰で始まり、 (現代の) ハックニー・ロンドン自治区 (London Borough of Hackney) にある。 建設された時に、これには 2 つのパウンド水門と半水門があり、 1850 年代に、より大きなハシケを処理するために再建され、 現在はオールド・フォード水門 -- これは実際は 2 つの水門の組 -- のみが残っている。

自然の流れはミドルセックス濾過池堰を乗り越えて流れ、
ハックニー・カットは航行水路を右に流れ続ける。間の
島にはかっての濾過池と自然保護区がある。
  1. 歴史
  2. ルート
歴史

リー川 (River Lea (or Lee)) は水路の使用で長い歴史があり、 記録の示すことでは: ウォルサムの大修道院長 (Abbot of Waltham) が 1190 年に改良することを認可されたこと、 エドワード 1 世 (King Edward I) の治世の時のボウの潮汐ゲート (tidal gate) の証拠、 ハリーウェル小修道院長 (prior at Halliwell Priory) 且つ 近くの潮汐ミルの所有者である ヘンリー・ド・ベディック (Henry de Bedyk) が 1307 年より前のある時期に構造を設置したことがある。 川の水位は噴出水門 (flash lock) あるいは導水路 (sluice) により管理され、 側を利用する交通が増えるとハシケ乗り (bargees) と水車屋 (miller) の間に衝突が起きた、 というのは噴出水門 (flash lock) の使用は隣接するミル (mill, 水車) に利用可能な水頭 (head of water, 水の落差) に影響したからである。 1765 年に川に責任を持つ委員達 (commissioners) は技術者のジョン・スミートン (John Smeaton) に依頼して川を測量して、改良のための忠告を求めた。

スミートンは 1766 年 9 月に報告を提出し、 これで彼が推薦したことは噴出水門 (flash lock) を 2 セットのゲートを持つパウンド水門で置き換え、 幾つかの新しい掘割 (cut) を建設することであり、これにはリー橋からオールド・フォードに至る、 後にハックニー・カットと呼ばれたものが含まれていた。 委員達は ロンドン・ギャゼット紙 (London Gazette) と他の新聞に広告を出し、 £35,000 を借りて、改良のための資金繰りをすることを望んだ。 これに対して巨大な反応があった。 £161,500 ほどの申し込みがあり、資本予約者はくじ引きで選ぶ必要があった。 全体計画の工事は急速に進み、ハックニー・カットの契約は 1768 年 1 月 18 日に ジェレマイア・イルズリー (Jeremiah Ilsley) に与えられた。 彼は恐らく、公共工事の請負人として行動していた。 というのは彼はウォルサム・カットと ライムハウス・カットの一部も請け負い、 大きな労働力を管理していたのに違いない。 彼はハックニー・カットには 1 ヤードあたり 3 旧ペンス (3d, 1.25 ペンス) を支払われ、 これはライムハウス・カットよりも随分少なく、ライムハウス・カットの場合は 7d で、掘削を完成するのに 4 ヶ月が与えられていた。

水門の建設の契約は掘削とは別で、ハックニー・カットの 2 つの水門工事は 1768 年 4 月 23 日にピカデリー (Piccadilly) のレンガ職人のヘンリー・ホーランドに与えられた。 きつい予定にもかかわらず、工事は予定通りに完成したようであり、 ハックニー・カットは 1769 年 8 月 7 月に開通した。 カットの北端では、川は東に流れ、現在はミドルセックス濾過地堰と呼ばれる堰を通り抜けた。 このそばに、ハックニー・ウォーターワークス水門 (Hackney Waterworks Lock) があり、 これは 1762 年に水路に建設された 3 番目のパウンド水門であった。 これは潮の影響を受けた、 というのは古いリー川のコースはこの地点まではテムズ川の潮の影響を受けたからである。 新しいカットはリー橋半水門によって保護され、 これはジャンクションからすぐ下流にある 1 組のゲートであった。 ホマートン水門 (Homerton Lock) はハックニー・レンガ水槽水門 (Hackney Brick Cistern Lock) とも呼ばれ、カットに沿っておよそ 1/3 の所にあり、 一方、オールド・フォード水門はカットが川の旧コースと再結合する場所のすぐ上流にあった。 この水門は半潮汐的である、 というのは川のこの区間の水位はボウ潮汐水門によって維持されているが、 春の潮は時々ゲートの上を越えて流れたからであり、 1850 年以後これらを補足する水門は 2000 年の余分な洪水壁とより高い洪水ゲートが設置されるまでは、この状態を継続したからである。

発展

1850 年に獲得された議会法は水路の重要な上級化に道を開いた。 とりわけ、これによりハシケで運ぶ最大積載量の制限が取り除かれた。 これは 1805 年に 40 トンに設定されたが、条項が除去され、 テムズ川とトッテナム (Tottenham) の間の水路は次第に建設され直され、 100 トンのハシケを受け入れるようになった。

リー橋水門は 1853 年まで操業され、この時取り壊された。 これは、カウ橋 (Cow Bridge) に 1865 年に建設されたポンド・レーン水門 (Pond Lane Lock) で交代され、 リー橋とホマートン水門 (Homerton Lock) のおよそ中間の所にあった。 7 年後、水路は再建され、 トッテナムからオールド・フォードまで水平になり、 水門は冗長になったが、洪水の時に下流を保護する助けにするために維持された。 これは 1931 年に取り除かれ、垂直なギロチン・ゲートを持つ新しい構造で取って代わられ、 もう少し上流になった。 これらはテムズ・バリアの建設により、冗長となり、1987 年に取り除かれた。 ホマートン水門は 1860 年代に取り除かれ、これは下流のオールド・フォードまで浚渫した後のことであった。

オールド・フォード水門は 1856 年に異なる配置で 1 対の水門として建設され、 リー川の旧コースとのジャンクションは工事し直され、ぎこちない屈曲部が取り除かれた。 水門は小水門・大水門 (the small lock and the large lock) と呼ばれ、 一方は 15.75 フィート (4.80 m) の幅で、もう一方は 18.25 フィート (5.56 m) の幅であった。 どちらも 1935 年に 18.25 フィート (5.64 m) の幅のもので再建されたが、 名前は変わらず、小水門は大水門より浅かった。 更なる再建は第二次世界大戦の最中に実施され、これは 1940 年 10 月 19 日に爆撃を 受けた後の事であり、この爆撃で水門の管理人の家も破壊された。 水門の管理人の家は 1946 年に再建され、1990 年代に売却され、 この後、この家は TV 番組 「ザ・ビッグ・ブレックファースト」 (The Big Breakfast) の 場所に使用された。

1829 年から、水がリー橋で自然な水路から、イースト・ロンドン水道会社 (East London Waterworks Company) により摘出され、航行水路の増大する汚染を避けた。 水道施設はオールド・フォード水門の南にあって、会社は 1830 年にハックニー・カットの 東岸に沿って走る運河を建設して、 加工のためにリー橋から水を転送した。 ウィリアム・フーフ (William Hoof) はテムズ・メドウェイ運河の ストルード・トンネル (Strood Tunnel) とトレント・マージー運河の ヘアキャッスル・トンネル (Harecastle Tunnel) で工事をしてから、 トンネル専門請負業者としての名声を確立し、 1829 年から 1834 年にかけて水道プロジェクトで工事をした。

1824 年に、ジョージ・ダケット (George Duckett) -- ストート水路 (Stort Navigation) を所有していた第 1 代准男爵 のサー・ジョージ・ダケットの子息 -- は議会法を手に入れて、ハックニー・カットをリージェンツ運河に接続することになり、 リー水路からテムズ川に通過する多くのトレードがリージェント運河ドックに ルートを変更することを彼は望んだ。 ハートフォード・ユニオン運河は長さ 1.25 マイル (2.0 km) で、 3 基の水門があり、オールド・フォード水門の上流で、 近道を接続して、1830 年に開通したが、 通行料が高くて、多くの交通を引き付けることに失敗した。

ルート

ハックニー・カットはリー橋からオールド・フォード水門に至る 2 マイル (3.2 km) である。 余分な水は、水路から堰を越えてリー川の以前の自然な水路に流れ、後者が現代の水路の東で大きく蛇行して通過し、 ウォルサム・フォレスト・ロンドン自治区 (London Borough of Waltham Forest) の境界を形成するのである。 古いコースはオールド・フォード水門の下流で、航行水路に合流していたが、 このルートは 1930 年にボウ・バック川のカーベンターズ道路水門の建設により、改造された。 プレスコット水路が同時に建設され、 スリー・ミルズにおける 潮汐ミルのまわりのバイパスを提供し、水がバウ川とテムズ川に到達することを可能にした。 一基の水門が 2009 年にプレスコット水路に建設された。