ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Ripon Canal - Wikipedia

リポン運河はウレ川水路と一体で、ウレ川の 2 基の水門により、リポン運河への進入が可能となります。 ウレ川の下流はウーズ川で、ウーズ川は全長で航行が可能で、 ウレ川の場合にはリボン運河に至る部分のみが航行可能となっています。

リポン運河の地図
リポン運河の地図の kml ファイル

リポン運河 (Ripon Canal)

リポン運河はイングランドのノース・ヨークシャー (North Yorkshire) にある。 これは運河の技術者のウィリアム・ジェソップにより建設され、 リポン市 (city of Ripon) とオックスクローズ水門 (Oxclose Lock) におけるウレ川 (River Ure) の 航行区間と接続し、オックスクローズ水門からボートはヨーク (York) とハル (Hull) に到達できた。 運河は 1773 年に開通し、適度に成功した。 運河は 1847 年にリーズ・サースク鉄道 (Leeds and Thirsk Railway) に売却され、 放置されて 1906 年に事実上閉鎖された。これは 1948 年に大半の運河と鉄道と同様に 国有化されずに、1959 年に見捨てられた。

リポン運河の終点のリポン運河ベイシン

1961 年に、リポン・モーター・ボート・クラブのメンバーがリポン運河会社 (Ripon Canal Company Ltd.) を作り、次第にリトルソープ (Littlethorpe) まで運河を復元した。 間もなく、リポン運河協会 (Ripon Canal Society) が復元の先鋒に立ち、 1996 年に復元が完成した。運河は今ではカナル & リバー・トラストにより管理されている。

  1. 歴史
  2. 凋落
  3. 復元
  4. 造作
  5. 興味ある地点
歴史

リポン運河の建設は 1767 年 4 月 15 日に通過した議会法により認可された、 運河はウレ川 (River Ure) をスウェイル川 (River Swale) との合流点からオックスクローズまでを 上級化する大きな計画の一部分で、運河はオックスクローズで川を離れ、2.3 マイル (3.7 km) 先のリポン市に向かった。 スウェイル川の下流でウレ川はウーズ川 (River Ouse) となり、ヨークとハルとの間の物資の運搬が可能となる。 プロジェクトの見積もり経費は £9,000 で、議会法は委員たちを設置し、 彼等が開発の資金繰りをするために、資金を借りることができ、 借り入れ資金の全額は議会法で規制されていなかった。 工事は水路沿いにハンバー・キールの航行を可能とするようにデザインされ、 これは 58x14.5 フィート (17.7x4.4 m) の大きさであった。

工事は下流区間から開始し、1767 年から順番に開通した。 運河のルートはウィリアム・ジェソップが測量し、 建設工事は 1770 年に開始し、ジェソップが技術者となり、 ジョン・スミートン (John Smeaton) が監督をした。 日々の操業を監督する技術者はジョン・スミートンで、 ジョシュア・ウィルソン (Joshua Wilson) と呼ばれるハリファックス (Halifax) の石工の請負人も採用された。 建設は 1773 年始めに完成し、経費は £16,400 で、 リポンとヨークの間の定期運行は 2 月に開始した。 運河はリポンのレイバー川 (Laver) とスケル川 (Skell) から分離する給水運河により、 給水されている。 運河の主要な目的の 1 つは石炭をヨークシャー炭田から北のリポンに運ぶことで、 鉛と農業製品が逆方向に輸送された。

運河のトレードは着実に増加したが、1820 年代に困難が生じた、 委員たちは元々の借金を返済しそびれ、 £11,450 の利子が生じていた。 元々の委員たちは機能しなくなり、 債権者のグループが 「リポンに至るウレ川水路の所有者の会社」 が作られ、 1820 年 6 月 23 日に第二の議会法が獲得され、これにより彼らは株式を発行して、 £34,000 を集め、必要があれば余分の £3,400 を集める権限が与えられた。 彼等は議会法が発行されてから、5 年以内に £3,000 を修理で使う必要があった。

水路の改良が議会法の結果によって実施され、別に 1838 年にも実施され、 その結果、より大型の船が運河に進入できるようになった。 積み荷は 1822 年の 30 トンから 1840 年代の 70 トンに増え、 リポンに至る全行程で、喫水が 45 フィート (1.4 m) になった。 運河はハンバー・スループ (Humber sloop) を処理できなかった。 この型式の船はボローブリッジ (Boroughbridge) まで走り、 幅が 15.8 フィート (4.8 m) で、喫水が 6.5 フィート (2.0 m) であった。

ダーリントン (Darlington) からヨーク (York) に至る鉄道が 1841 年 1 月 4 日に開通し、 ヨーク南のダラム炭田から石炭を運ぶ道を提供したのにもかかわらず、 エアー・カルダー運河会社はその時、ウレ川水路沿いに年間 26,931 トンを輸送し、 所有者の会社は £2,013 の収入のうち £886 の利益があった。 交通の幾分かはウレ川のボローブリッジで停止したが、かなりの部分がリポンまでの運河を通った。

凋落

1844 年は運河の転回点であった。 リーズ・サースク鉄道 (Leeds and Thirsk Railway) は鉄道を建設しようとし、 ウレ水路、従ってこの運河を買収しようとした。 これは議会に地元の支援を得て、 議会における法案の潜在的な反対を削減することを望んだからであった。 売却は 2 つの委員会の間で同意され、 鉄道会社の株主は 1845 年 1 月に決定を是認した。 鉄道を認可する議会法は 1845 年 7 月に得られ、 水路会社は 1846 年 1 月に £34,577 で買収された。もっとも £16,297 のみが現金で支払われた。 議会法は鉄道会社が、水路を開通したまま、しかも良好な状態に保つことを要求した。

鉄道の拡張は急速で、 リーズ・サースク鉄道はリーズ・ノーザン鉄道 (Leeds Northern Railway) となり、 次に 1854 年にノース・イースタン鉄道 (NER, North Eastern Railway) の一部となった。 水路は放置され、浚渫しなかったため、ボートは積み荷を少なくした。 1860 年代にトレードが短期間復活したが、この後凋落が継続した。 1892 年までに交通がボローブリッジよりも先に進まなくなり、リポン運河は事実上見捨てられた。 水路を見捨てる最初の試みは 1894 年にノース・イースタン鉄道により実施されたが、 地元の反対により、この行動が防止された。 次に贈り物としてヨーク自治体 (Corporation of York) に提供されたが、 受理されなかった。 NER は次にボローブリッジよりも上流の使用を防止する行動に出て、 運河は 1906 年までに通行できなくなった。 ウーズ川、と従って運河、は 1948 年に英国の大半の運河のように国有化されなかったが、交通がなく 1955 年の 英国輸送委員会法 (British Transport Commission Act) により、1956 年に公的に見捨てられた。

復元

1952 年に英国輸送委員会による、運河をリポン自治体に売却する試みは断られたが、 運河の閉鎖は地元では不人気で、 このような反対により、運河が埋められるのを防止していた。 1961 年にリポン運河会社 (Ripon Canal Company Ltd.) が、 運河を借りることを目的にして作られ、 大体はリポン・モーター・ボート・クラブの一部であった人々から構成された。 この組織は運河を次第に再開通し、 オックスフォード水門からリトルソープまでの下半分は 25 年後に終に修復された。 リトルソープ水門からリポンまでの区間の復元を助けるために、 内陸水路協会はノース・ヨークシャー州議会の 「ウレ川とウーズ川のリクリエーション計画」 に何とかしてアイデアを入れた。 議会は修復協会がこれを前進させるべきだと提案し、 そこで 1983年にリポン運河協会が作られた。 復元は 1996 年に完成し、国会議員のデイビッド・カリー (David Currey) は 9 月 8 日開催の儀式で運河の開通を宣言した。 作業が終了して、リポン運河協会は 1997 年の総会で解散し、 資金の残りをウレ川下流のリントン水門 (Linton) の修復に向けて寄付をした。 運河の管理はブリティッシュ・ウォーターウェイズに手渡され、 2012 年にカナル & リバー・トラストに移管された。

造作

リポンは連結された英国の運河システムの最北端の地点であると言われたが、 これは 2002 年のリブル・リンクの開通で影響を受けた。 ランカスター運河が現在は連結された運河システムの一部となり、 ランカスター運河の最北端のテウィットフィールドが今やこの栄誉を担っている。

運河はリポンの中心に近いベイシンで終了しており、ここで倉庫の 1 つが修復された。 ベイシンの 1 方の側の新しい住居は対称に適合するようにデザインされ、 少々の古い住居が反対側にある。 終了ベイシン自身には係留場所がないが、 短期間の係留場所はすぐ南に利用可能である。 リポン競馬場の近くにはマリーナもある。 運河はたった長さ 2.3 マイル (3.7 km) で、全長に運河の遊歩道があり、 これは曳舟道を利用したもので、 ローズフィールド (Rhodesfield) 水門からオックスクローズ水門まである。 もっとも曳舟道は自転車で使用できない。

興味ある地点
地点座標備考
リポン・ベイシン
(Ripon Basin)
54.1324°N 1.5183°W 
ローズフィールド水門
(Rhodesfield Lock)
54.1282°N 1.5059°W 
ベル・ファローズ水門
(Bell Furrows Lock)
54.1247°N 1.5049°W 
オックスクローズ水門
(Oxclose Lock)
54.1067°N 1.4931°Wウレ川とのジャンクション