ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Stretham Old Engine - Wikipedia

ストレタム・オールド・エンジン: Google map

ストレタム ( Stretham (/ˈstrɛtəm/)) はイングランド、ケンブリッジシャーのイーリーの南南西 4 マイル (6 km) にある村、且つ 行政教区 (civil parish) であり、ロンドンから道路で、およそ 74 マイル (119 km) である。
ストレタム・オールド・エンジン
(Stretham Old Engine)

ストレタム・オールド・エンジンはイングランド、 ケンブリッジシャーの ストレタムのすぐ南にある蒸気動力のエンジンで、 ザ・フェンズの洪水に影響を受ける地帯から、グレート・ウーズ川 (River Great Ouse) に水を汲み上げることに使用された。 これは イースト・アングリアの排水エンジンで、三機しか残っていないものの一基で、 グレート II* の指定建造物である。

ストレタム・オールド・エンジン
がグレート・ウーズ川に並ぶ
ストレタム・オールド・エンジン
スクープ・ホイール
  1. 歴史
  2. 蒸気エンジン
  3. 交代
  4. 公開
  5. 画像ギャラリー
歴史

17 世紀の間に、イースト・アングリアのフェンランドの大きな領域が 広範囲な排水計画によって干拓された。 これにもかかわらず、収穫物と家畜は広範囲な洪水でしばしば押し流された。 これは土地が排水により沈下したからである。 部分的な解決として、 風力ポンプが使用されて、洪水が影響する地域から水を汲み出したが、 これは天候に影響され、大量の水を持ち上げるために必要なパワーがなかった。 「ウィッケン・フェン自然保護」 は保存・復元した 風力ポンプを所有しており、 これはフェンの水面 (water table) を管理するのに使用された。 18 世紀末の蒸気動力の到来により、新しい解決が与えられ、 これらの新しいエンジンはザ・フェンズ中に登場し始めた。

蒸気エンジン

ストレタムのすぐ南のオールド・ウェスト川 (グレート・ウーズ川) の 蒸気エンジンはダービーシャーの会社であるバッタリー会社 (Butterleys) により 1831 年に £4950 の経費で建設された。 これは近くの四基の風車 (windmill) の代わりとなり、 スクープ・ホイール (scoop wheel) が 1 世紀以上も成功裏に使用され、水を洪水水路から川に汲み上げられた。 ハシケにより持ち込まれる石炭を動力とし、 4 時間ごとに 1 トンを消費した。

この回転ビーム・エンジンは複動式 (double-acting type) で、 24 フィート 8 インチ (7.52 m) のビーム (梁) と 直径 24 フィート (7.3 m) のはずみ車を備えていた。 これが駆動するスクープ・ホイールはフェンズの高さが沈下するにつれ、 成功裏に拡張された: 最初のホイールは 29 フィート (8.8 m) で、 これが 1850 年に 33 フィート (10 m) に拡張され、 1896 年に 37 フィート 2 インチ (11.33 m) に拡張され、 1 分間に 120 - 150 トンの水を持ち上げた。

使用中にエンジンは常に管理する必要があり、 火夫と監督者は常時待機する必要があった。 1 人の監督者は窓に望遠鏡を設置して、足をぬらさずに労働者に指図できた。

交代

1924 年に、マーリーズ・ディーゼル・エンジン (Mirrlees diesel engine) の設置により、蒸気エンジンの待機は必要がなくなり、 最後の重大な使用は 1939 年と 1940 年の洪水中にあった。 プリックウィロウ博物館 (Prickwillow Museum) にはほとんど同一なマーリーズ・ディーゼル・エンジンがあり、 可動な状態にまで保存・復元されている。 ポンプ場は後に 5 基の、より小さくて、もっと効率のよい電動ポンプで交代され、 これはカム川 (River Cam) に排水し、今でも使用されている。

公開

エンジンは毎月の第 2 日曜日の午後に公開されている。

画像ギャラリー
主シリンダー・ヘッド (手前)、
バルブ・シリンダー (後方)、
機械室とはずみ車
ビーム室のビーム (梁)
ビーム室は博物館でもある
エンジンの姿
1925 年の
マーリーズ・ディーゼル
バッタリー会社のボイラー