ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Witham Navigable Drains - Wikipedia

ウィザム航行可能排水路の地図
ウィザム航行可能排水路の地図の kml ファイル

これはイングランドの蒸気エンジンによる干拓の歴史の 1 つの話です。 先に フェンザ・フェンズを読まないと、 どのような場所の干拓の話であるか理解が苦しくなります。 文中でドレインを排水路と訳している場合もありますが、 グーグルの地図ではカナ表記になっているので、大抵はドレインのままにしています。 これはフェンから排水をするための水路です。

ウィザム航行可能排水路
(Witham Navigable Drains)

ウィザム航行可能排水路はイングランド、リンカンシャーにあり、 ウィザム第 4 地区内部排水委員会 (Witham Fourth District Internal Drainage Board) により管理された、もっと大きな排水システムの 1 部分である。 ウィザム第 4 地区はボストン北のイースト・フェンとウェスト・フェンから構成され、 両方を合わせると 97 平方マイル (250 km2) の地域に及んでいる。 全部で 438 マイル (705 km) 以上の排水路 (drainage ditch) があり、 このうち 60 マイル (97 km) 未満が航行可能である。 航行は通常夏にのみ可能である、というのは排水路は冬には水位を低く維持して、 水位の突然の変動にさらられるからである。 これは主要な排水機能の結果であり、これによりボートが座礁することになるからである。 排水路への進入はウィザム川からアントンズ・ゴウ水門 (Anton's Gowt Lock) で入る。

コウブリッジ水道橋がコウブリッジ・ドレインの上を
横断してストーンブリッジ・ドレインを通している。

この地域はウィザム川が南と西の境界になり、 スティーピング川 (Steeping River) が北の境界になっている。 11 世紀以来、フェンズが洪水を起こすことを防ぎ、 農業に使用しようとする試みがあった。 重要な進展が 17 世紀にあり、 この時冒険家 (Adventurers, [訳注:投資家のこと]) が干拓した土地の幾つかの権利と 引き換えに排水路を建設した。 しかし成功は短命で、フェンの人々 (fenmen) とコモンナー (commoners) は 1642 年に暴動して、構造物を破壊した。 ザ・フェンズを排水するための更なる試みは 18 世紀になされ、排水路を航行に使用する最初の 提案は 1779 年にあった。

今では明らかな排水路の大半は 1801 年に獲得された議会法の許可により建設された。 構想の計画は土木技術者のジョン・レニー (John Rennie) により策定された。 より良い排水が 1860 年代に蒸気ポンプ場 (steam pumping station) により達成された。 蒸気エンジンは後にディーゼル・エンジンで交換され、今では、この多くが電動ポンプを使用している。 1980 年代と 1990 年代のポンプ場の幾つかの繊細な復元によりウィザム第 4 地区 IDB (内部排水委員会) はデザイン賞を受賞することになった。

アントンズ・ゴウ水門に付け加え、システムにはもともと 5 基の水門があった。 コウブリッジ水門は、なお操業しているこれ以外の唯一の水門である。 イースト・フェンを排水するコウブリッジ・ドレイン (Cowbridge drain) とホブホール・ドレイン (Hobhole drain) にボートで行くことは もはや可能ではない。 というのは、コウブリッジ・ドレイン (Cowbridge drain) をそれ以外のシステムに接続しているイースト・フェン水門が埋められ、 一方、 レイド・バンク (Lade Bank) ポンプ場の水門の隔室は再使用されて余分のポンプを格納している。 1800 年代にレニーの上級化の一部分として建設された多くの構造は元々の状態に近い状態で生き延び、 グレード II の指定建造物である。

  1. 地理
  2. 歴史
  3. 水路
  4. 構造
  5. 位置
地理

排水路 (drain) がある地域はフェンランドで、この大半がおよそ海面と同じ高さで、 南西にはウィザム川が境界となり、 南東は海を起源にする低いドロの尾根で、 これがザ・ウォッシュ湾と分離している。 北側の境界は、 コニングスビー (Coningsby) により北西が決まり、 スピルズビー (Spilsby) とリンカンシャー高原 (Lincolnshire Wolds) の南端で北が決まり、 ウェインフリート (Wainfleet) とスティーピング川 (Steeping River) により北東が決まる。 これはイースト・フェンとウェスト・フェンに分かれ、 長さ 7 マイル (11 km) ほどで、幅 0.5 マイル (0.8 km) のより高い帯状の土地で分離され、 この土地の上に、スティックフォード (Stickford)、 スティックネイ (Stickney)、 シブジー (Sibsey) の村がある。 A16 道路はこのより高い土地を通り、この土地は氷河に起源がある。 歴史的に、ウェスト・フェンの南西のウィザム川に近い地域はワイルドモア・フェン (Wildmore Fen) と呼ばれたが、 水の観点からは同じフェンを形成している。 全部で、ザ・フェンズはおよそ 97 平方マイル (250 km2) の領域を占有している。

フェンズの大半は教区を超えた場所 (extra-parochial) で、 大きな共有地 (common) から構成され、周辺の村々の人々に放牧の権利があった。 これは夏のみに行使され、排水工事が実施される前のことで、 イースト・フェンは北側のスティーピング川に排水した。 冬には川の大半はザ・フェンの中に排水され、広範囲な洪水の原因となった。

歴史

この地域は何世紀も洪水にさらされ、川からも海からも洪水にさらされた。 ローマ人 (Roman)、サクソン人 (Saxons)、デーン人 (Danes)、ノルマン人 (Normans) が居住した証拠があるが、洪水に対する最初の言及は 11 世紀と 12 世紀にあり、 この時、修道士が防潮堤を建設して、彼らの農地を潮から守った。 導水路 (sluice) がウィザム川に 1142 年に建設され、航行を改良し、 13 世紀には排水路委託委員会 (Commission of Sewers) が任命された。 彼らには権限が与えられ、地域の排水に関する問題を調査して、 このような問題を修正するための工事を実施する請負人を任命することができ、 工事の資金繰りを査定しなければならなかった。 1934 年の洪水によりウェインフリートの洪水ゲートを再建する決定になり、 影響を受けた村々が建設費を支払うことになった。

イースト・フェン 及び ウェスト・フェンの幾つかの排水路を拡張する試みが 1532 年のランカスター公領 (Duchy of Lancaster) に記録されている。 ウェインフリート・ヘイブン (Wainfleet Haven) は排水口としては不適切と思われ、 最終的にウィザム川とボストン・ヘイブン (Boston Haven) にルートが変更された。 最初のモード・フォスター・ドレイン (Maud Foster drain) は 1568 年にコウブリッジからザ・ヘイブンに掘削されたが、 1631 年に不適切になった。 というのは広範囲の洪水が両方のフェンであったからで、 サー・アンソニー・トーマス (Sir Anthony Thomas)、 John Warsopp、 そしてその他の冒険家が依頼されて、 モード・フォスター・ドレインを拡幅して、ザ・ヘイブンに排水される個所に 新しい排水口を建設することになった。 工事費を支払う金がなかったため、冒険家は排水された場所から報酬として土地が与えられた。 彼らはおよそ £30,000 を使い、 16,3300 エイカー (6,600 ヘクタール) が与えられ、 これから年間 £8,000 の地代が入った。 更に、彼らは与えられた土地を改良するために £20,000 を出費した。 すべての人がこの工事に好意的ではなく、1642 年に、これ以前に共有地の権利を持っていた 多くの人々が徒党をなし、導水路、家屋、そして収穫を破壊した。 彼らの行動がおそらく破壊したものに新しいモード・フォスター導水路 (Mode Foster sluice) がある。 冒険家は上院 (House of Lords) に嘆願したが、下院 (House of Commons) で成功することがなく、 ここでコモンナー (commoner) の反対にあった。 下院が裁定したことは治安判事 (Justices of the Peace) が 暴徒を防止・鎮圧することであったが、どちらの味方もしなかった。 法的な行動がこれに続き、コモンナーはこれに勝利し、その結果、 排水裁判 (Court of Sewers) が再び排水問題 (drainage matter) で責任を負ったが、 水路 (ditch) と導水路 (sluice) は何年もの間、荒廃したままであった。 モード・フォスター・ドレインは 1734 年に再び拡幅され、 この時、別の新しい導水路が建設された。 ウィザム第 4 排水地区委託委員が 1762 年に議会法により創設されたが、 イースト・フェンと排水裁判により管理される地域は影響力が及ぶ領域から 明確に除外された。

排水路がより広く、より広範囲になると、航行に使用する提案があり、 アントンズ・ゴウ (Anton's Gowt) の水門が 1779 年に始めて提案された。 資金はその時は利用可能でなく、ゲート (land door) が建設されて、ボートが進入できるようになり、 1813 年に水門が完成した。

土木技術

1784 年に、ミル・ドレイン (ミル排水路、Mill Drain) を拡幅して、 これを利用してイースト・フェンの部分を排水する意図があった。 しかし、この行動は排水路を妨害するフェンの人々 (Fenman) により阻止された。 というのは、彼らは魚釣り、 (水鳥の) 狩猟 (fowling)、 そしてヨシ切り (cutting reeds) で生計を立てており、 これらの活動が排水で脅かされるためであった。 嘆願が委託委員たちに提出され、これには 105 名のフェンの人々 (Fenmen) の署名があり、 このうち、86 名は十分に読み書きができ、自分の名前を署名できた。 その結果、導水路はバレンタインズ・ドレイン (Valentine's Drain) に建設され、 これがフェンの人々が生活を継続するために十分な水位を維持した。 一連の報告が 18 世紀に土木技術者により提出され、このような人に: ジョン・スミートン (John Smeaton)、 ジョン・グランディ, Sr. (John Grundy, Sr.), 彼の子息のジョン・グランディ, Jr. (John Grundy, Jr.), ラングレー・エドワーズ (Langley Edwards) などがいた。 しかし、これを実装するための行動はとられなかった。 リヴェスビー大修道院 (Revesby Abbey) の サー・ジョセフ・バンクス (Sir Joseph Banks) が解決を求めて、 土木技術者のジョン・レニー (John Rennie) に両方のフェンの排水計画を提出することを依頼した。 アンソニー・バウアー (Anthony Bower) とジェームズ・マリー (James Murray) がこの測量を実施し、レニーは 1800 年 9 月に報告を提出した。 彼が結論したことはウェインフリート (Wainfleet) とモード・フォスター (Maud Foster) における排水口は不十分で、 フェンズの内部排水は効果的でないことであった。 彼が提案したことは: 高地 (Wold) からの雨水がフェンズに入ることを防止するための 集水ドレイン、 及び、モード・フォスター (Maud Foster) の排水口よりも ウォッシュ湾 (The Wash) により近い、ホブホール (Hobhole) に新しい潮汐導水路、であった。 幾つかの些細な議論を解決してから、この計画が議会法の基礎となり、これは 1801 年に獲得された。

1801 年の議会法は 2 年後に獲得された第 2 の議会法により補足された。 主要な工学構造は: ウェスト・フェン集水ドレイン、 これはウェスト・フェンの北端の周りの 13.4 マイル (21.6 km) の水路; イースト・フェン集水ドレイン、 これはイースト・フェンの北端の周りの 9.4 マイル (15.1 km) の水路; ストーンブリッジ・ドレイン (Stonebridge Drain)、 これはチェリー・コーナー (Cherry Corner) とコウブリッジ (Cowbridge) を接続する 4.2 マイル (6.8 km) の水路; モード・フォスター・ドレイン (Maud Foster drain) と これがザ・ヘイブンと合流する場所の新しい導水路の提供; 及び、ホブホール (Hobhole) ドレインの建設、 これはトイントン・セント・ピーター (Toynton St. Peter) から新しいホブホール (Hobhole) 導水路までの 13.5 マイル (21.7 km) を走る。 今や航行可能になった主要排水路の大半は、この工事の一部として、掘削、あるいは改良され、 これに含まれるものに: Castle Dyke, フリス・バンク・ドレイン (Frith Bank Drain), メドラム・ドレイン (Medlam Drain), ニューハム・ドレイン (Newham Drain)、 及びウェスト・フェンのウェスト・フェン・ドレイン (West Fen Drain) がある。 ホブホール・ドレイン (Hobhole drain) に付け加え、 Barlode Drain, ベルウォーター・ドレイン (Bellwater Drain), フォッダー・ダイク (Fodder Dyke), レイド・バンク・ドレイン (Lade Bank Drain)、 及びソープ・ドレイン (Thorpe Drain) が イースト・フェンで建設された。 ボストンは 1810 年に洪水になったが、 イースト・フェンとウェスト・フェンはこのすぐ後に 良好な状態であると宣言された。

ホブホール導水路の建設はフェンの排水との関連で蒸気エンジンが使用されたことが知られている最初の 時である。 導水路の基礎から水をなくすために、6 馬力 (4.5 kW) の ボールトン・ワット蒸気エンジンがポンプで汲み上げた。 この機械は少なくとも 1814 年まで存続し、これは最初の恒久的な蒸気ポンプ場がサウス・ホーランド (South Holland) のサットン・セント・エドモンド (Sutton St. Edmund) に建設される丁度 3 年前のことであった。

第 4 地区は 1818 年に拡張され、これはスティーピング川の下流区間に関してのレニーの別の報告に 続くものであった。 議会法が同年に獲得され、この法律が川の直線化と 6,740 エイカー (2,730 ヘクタール) -- 後に 5000 エイカーと呼ばれた -- の地区への追加を認可した。 この地区はスティーピング川の北東の岸にあり、この主要な排水路は 3 つの楕円型の レンガ・トンネル -- 各々、長さ 47 ヤード (43 m) -- でベル・ウォーター・ドレイン (Bell Water Drain) に接続され、これは川の下を通っていた。 このトンネルは 1821 年に完成し、1867 年にレイド・バンク (Lade Bank) ポンプ場の建設で、水位が低くなるまで完全に隠れていた。

ポンプによる排水

1860 年代にザ・フェンズをポンプで排水する最初の試みがあり、 これは適当な蒸気エンジンが利用可能になったからであった。 イースト・フェンの北半分の広範囲な泥炭地区の地面の高さは、フェンが排水されるにつれ、 どんどん降下した。 ウィザム議会法 (第 4 地区議会法) は 1864 年に獲得され、 レイド・バンク (Lade Bank) の蒸気駆動ポンプ場の建設が認可され、これは 9 月に完成し、問題を解決することになった。 ホブホール導水路の下のドロ詰まりはウィザム排水口改良法 (Witham Outfall improving Act) の条項により改善され、この法律は同年に通過した。 レイド・バンク (Lade Bank) ポンプ場には 2 基のポンプが設置され、各々アッポルド 2 重注水ポンプ (Appold double-inlet pump) を含み、 1 対の凝縮高圧蒸気エンジン (high-pressure condensing steam engines) で駆動された。 1 対のエンジンは 240 馬力 (180 kW) を見積もられ、1 分間 350 トンを汲み上げることができた (1 日 514 メガ・リットル)。 設置費用は £17,000 であった。

1927 年の 1 つの王立委員会は色々な型式の排水組織の 役割を考え、1930 年の土地排水議会法 (Land Drainage Act) で統一して、 集水委員会 (Catchment Boards) を創設して、主な河川と内部排水委員会の 責任を取らせ、フェンズのような低地帯の責任を取らせた。 この議会法は第 4 地区を拡大して、それ以前はスカーベック排水裁判 (Skirbeck Court of Sewers) により管理された地区を含むことになり、 ウィザム第 4 地区 IDB (Witham Fourth District IDB) は 1935 年 4 月 1 日から 排水の責任組織になった。 ソープ・カルバート (Thorpe Culvert) のポンプ場が 1938 年に建設・就役し、 5000 エイカーからスティーピング川に排水した。 レニーのトンネルは保持されたが、水は流量が少ない時にイースト・フェンに 通過するのみとなり、導水路がトンネル上流の入り口を守った。 レイド・バンク (Lade Bank) ポンプ場の蒸気エンジンをオイル・エンジンに上級化することは 1940 年に完成し、ラストン・ディーゼル・エンジン (Ruston diesel engines) から構成される新しい装置は新しい建物に設置された 50 インチ (130 cm) Gwynnes ポンプに接続された。 古い建物は保持されたが、これが格納した蒸気エンジンはスクラップにされた。 第二次世界大戦のすぐ後に、 ホッブホール導水路 (Hobhole sluice) の重力排水口をポンプ場に交換する計画が 承認され、ポンプ場は 1957 年に完全に就役した。 1953 年の破局的な北海洪水はイングランドの東海岸の多くに影響したが、 第 4 地区にはほとんど影響しなかった。

1956 年にホッブホール・ドレインの新しい排水口の工事が 古い導水路の南東で開始した。 3 基のアレン・ディーゼル・エンジン (Allen diesel engines) を含むポンプ場が建設され、各エンジンは 88 インチ (220 cm) のポンプを駆動した。 ポンプ場は全てのポンプを走らせると 1 分間に 800 トンを排水で北。 一旦ポンプ場が完成すると、古い導水路が閉鎖された。 この地区の排水の更なる改良は続く数年内に起き、 1959 年に地区の東端の Wrangle Horseshoe でポンプ場が建設され、 1963 年にレイド・バンク (Lade Bank) ポンプ場に最初の電動ポンプが設置された。 電動ポンプは 36 インチ (91 cm) のポンプを駆動した。 2 つの新しいポンプ場がレバートン (Leverton) とベニントン (Benington) に 1976 年に完成し、 再び東端に完成して、ザ・ウォッシュ湾に直接排水した。 ソープ・カルバート (Thorpe Culvert) のポンプ場はアングリア水管理公社 (Anglian Water Authority) により、 管理されたが、1983 年の交換は第 4 地区により部分的に資金繰りされた。

ホッブホール・ポンプ場は 1988 年に改造され、 この時古い導水路が再開通し、導水路には 4 基の 33 インチ (84 cm) の フリクト社 (Flygt) 製の潜水可能な電動ポンプが装着された。 レイド・バンク (Lade Bank) における電動モーターの数は 1990 年に 3 基に増えた。 これらの計画により第 4 地区は建物の改築により ボストン市土木デザイン賞 (Borough of Boston Civic Desigh Award) を受賞した。

水路

歴史的に排水路はフェンに石炭を搬入することと、農産物を搬出することに使用された。 排水路は今ではプレジャー・ボートに使用されているのみである; これは夏に限定されている。 というのは 10 月と 4 月の間は水位を低く維持し、多量の降雨を処理する余地を残している。 その結果、航行には深さが不十分であり、導水路の操作は水位の急激な変化の原因になりえる。 4 月と 10 月の間は排水路の機能は農業用の灌漑用水を提供することで、 水位を高く維持している。 もっとも水位の変化は間際の通知で起きることもある。

ホブホール・ドレインのレイド・バンク・ポンプ場
ここにはかって水門があった。

アントンズ・ゴウ (Anton's Gowt) の水門は 75x18 フィート (22.9x5.5 m) であり、 この大きさのボートはここを通過できるが、このような大きなボートでは大半の水路に 進入できない。 他の唯一の動作水門はコウブリッジ (Cowbridge) にあり、 これは 17x10 フィート (31.3x3.0 m) であり、 これでモード・フォスター・ドレインに進入でき、ボートでボストンの中心部に行ける。 コウブリッジ (Cowbridge) 水門からリンカンシャー高地 (Lincolnshire Wolds) を訪問することが 可能であり、 これにはストーンブリッジ・ドレイン (Stonebridge Drain) とイースト・フェンと ウェスト・フェンの集水ドレインを使用する。

コウブリッジ・ドレインとホッブホール・ドレインにはまだ航行権があるが、 遺棄されたイースト・フェン水門により、システムのこれ以外の部分と孤立している。 この水門の復元は内陸水路協会 (Inland Waterway Association) のリンカンシャー支部に より 1975 年に提案され、コウブリッジ水門を使用したボートに銘板を提供することにより、 ドレインの使用を奨励しようとした。 しかし、 これに関しては進展がなく、水門は埋められた。 ハグナビー水門 (Hagnaby Lock) はウェスト・フェン集水ドレイン の頂上近くにあって、ゲートがないが、通常はまっすぐに通過することが可能である。 一方、ホッブホール・ドレインでレイド・バンクポンプ場を迂回する水門は導水路に変換された。

水位の急激な変化に付け加え、非常に低い橋が幾つかあり、 頭上余地が 6 フィート (1.8 m) もなく、 水位が少し上がれば、問題を引き起こし、しばしば水路の端にはボートの旋回場所がない。 航行は雑草の成長によっても危険になり、 雑草は幾つかの水路では分厚いじゅうたんのようになる。 しかし、それ以前は航行できなかったドレインが排水性能を向上させるために、 途端に草が刈られ、再び航行できることもある。 ドレインを航行する予期しない 1 つの可能性はニュー・ヨークを訪れてみることである。 ここはウェスト・フェン・ドレインの Hough Bridge のすぐ北にある村落である。

構造

ウィザム航行可能排水路は比較的孤立しているため、 レニーによる 1800 年代初頭の上級化の一部分として建設された多くの構造が 生き延びることになった。 歴史的な興味の理由から、これらは指定建造物に追加され、 グレード II に指定されている。 これらには一連の赤煉瓦の橋で、天然砥石の笠石があるものが含まれる。 ホッブホール・ドレインのフレイストン橋 (Freiston Bridge) は 3 つの楕円アーチがあり、 イングス橋 (Ings Bridge)、Hodsons 橋 (橋 No. 8)、橋 No. 9、そして ステーション橋 (Station Bridge, 橋 No. 10) はアーチが 1 つである。 ホッブホール導水路は天然砥石の切り石で建設され、 ホッブホール・ポンプ場が 1957 年に開通したときに保持された。 レイド・バンク (Lade Bank) の 1805 年の建物と 1867 年の上級化された時のものは、 新しいポンプ場が 1938 年に建設された時に保持された。

コウブリッジ (Cowbridge) ドレインではベイカーズ橋 (Baker's Bridge) がもう一つの 3 つのアーチを持つ橋で、 これは隣接する導水路と共に指定建造物であり、 一方マーティンズ橋 (Martin's Bridge) は単一スパンの構造である。 モード・フォスター・ドレインではローソンズ橋 (Rawson's Bridge) は元々単一スパンの橋であるが、 更に南のバーゲート (Bargate) 橋はボストン中央でドレインを超えて A16 道路を通している。 追加の交通を収容するために、 運輸省 (Department of Transport) は 1972 年に橋の南側を取り壊し、道路を広くした。 次に新しい南側が、元々の資材と、同じデザインで建設された。 2 つの歩道橋が生き延び、これはバッタリー工場 (Butterly Works) により 1811 年に鋳鉄で建設された。 この工場はベンジャミン・ウートラムによりリプリーで 1790 年に設立されたものであった。 1 つはボストンのホスピタル橋 (Hospital Bridge) で、一方 2 つ目はコウブリッジ (Cowbridge) 水門の近くにある。 どちらの橋にも 「バッタリーで鋳造、1811 年」 (CAST AT BUTTERLEY 1811) のテキストが刻印され、 天然砥石の橋脚で支えられている。 ボクソール橋 (Vauxhall Bridge) は、この形式の第 3 の橋で 1924 年に道路橋で交換された。 モード・フォスター導水路はドレインの南端で大まかには元々の状態で生き延びている。 もっとも少々の変更が 20 世紀になされている。 これは 3 つの楕円アーチで構成され、 ゲートは材木と縛りで作られている。 これらは頭上のガントリー (gantry) に搭載された滑車で上下されている。 アントンズ・ゴウの入り口水門も指定建造物である。 これは 1848 年に変更され、この時グレート・ノーザン鉄道リンカンシャー環状線 (loop line) が水門の北側を横断した。

コウブリッジ水門の近くの鋳鉄製の歩道橋
グレード II の指定建造物、1811 年バッタリー工場で製造

ナン (Nunn) の橋はホブホール導水路の北でホブホール・ドレインを横断する最初の橋である。 これは 72 フィート (22 m) のスパンがあり、 1948 年に設置された時は英国でその場で作った最初のプリ・ストレスト・コンクリート橋である。 L. G. ムーシェル & パートナーズ (L. G. Mouchel and Partners) がデザイナーで、 工事は第 4 地区の労働力を使用して実施され、監督は G. E. ブーフナー (G. E. Buchner) であった。

位置
地点座標備考
アントンズ・ゴウ水門
(Antons Gowt Lock)
53.009°N 0.064°W 
モード・フォスター導水路
(Maud Foster Sluice)
52.968°N 0.013°W 
ホッブホール・ポンプ場
(Hobhole Pumping Station)
52.939°N 0.031°E 
コウブリッジ水門
(Cowbridge Lock)
53.005°N 0.022°W 
レイド・バンク・ポンプ場
(Lade Bank Pumping Station)
53.070°N 0.057°E 
リヴェスビー橋
(Revesby Bridge)
53.124°N 0.050°W 
レバートン・ポンプ場
(Leverton Pumping Station)
53.0039°N 0.1366°E 
ラングル・ポンプ場
(Wrangle Pumping Station)
53.0355°N 0.1881°E 
ベニントン・ポンプ場
(Bennington Pumping Station)
52.9788°N 0.1105°E 
ソープ・カルバート・ポンプ場
(Thorpe Culvert Pumping Station)
53.1211°N 0.1970°E