ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Treaty of Easton - Wikipedia
イーストン条約 (Treaty of Easton)

イーストン条約とは 1758 年 10 月に署名された北米植民地の合意であり、 フレンチ・インディアン戦争の間に英国開拓者 (British colonials) と  「アメリカ原住民の 13 ネーション」 (13 Native American nations) -- イロコイ (Iroquois)、 レナペ (Lenape、デラウェア (Delaware))、そして ショーニー (Shawnee) を代表する -- の部族長の間に交わされたものである。 1 週間を越える交渉は 1758 年 10 月 26 日に終了し、 ペンシルバニアの イーストン (Easton) で、 ペンシルバニアとニューヨークの英国植民地総督と インディアンの 13 ネーションの代表の間で式典が開催された。 13 ネーションに含まれたのは: イロコイ、 オハイオ・カントリー (Ohio Country) における持続した優越性を確実にするために、彼らの 3 ネーションの 部族長の派遣; 東と西のレナペ族 (デラウェア族 (Delaware)) -- 2 人の部族長 (chief) と指導者たち (headmen) が代表 --; ショーニー族 (Shawnee) 等であった。 500 人より多くのアメリカ原住民が野外の式典に出席し、 これはペンシルバニア、ニュージャージー、そしてオハイオ・カントリー (Ohio Country) に平和をもたらすための 長い交渉の後であった。

イロコイのパイプ・トマホークで、
イースタンの和平交渉からのものと言われている。

コンラッド・ワイザー (Conrad Weiser) は複数の英国植民地政府のための通訳と仲裁人としての役目を果たした。 チャールズ・トムソン (Charles Thomson) は Teedyuscung の書記且つ助言者の役目を果たし、 後者は 「デラウェア族の王」 (King of Delawares) と呼ばれていた。 交渉は 1737 年の ウォーキング・パーチェス (The Walking Purchase、歩行買収) から作られた紛争を解決する 望みから開催され、紛争はアメリカ原住民と開拓者 (colonist) の間に永続する影響 (lasting effect) があった。 ペンシルバニアの法務長官であるベンジャミン・チュー殿 (Benjamin Chew、Esq.) はイーストン条約の 交渉に列席し、その進行を彼の 「イーストンへの一つの旅行の日記」 (Journal of a Journey to Easton) に記録した。 チャールズ・トムソン (Charles Thomson) も 1759 年にイーストン条約の交渉を本に著し、 その標題は 「デラウェアとショーニーのインディアンの英国利益から疎遠となった原因調査」 (An Enquiry into the Causes of the Alienation of the Delaware and Shawanese Indians from the British Interest) であり、これは戦争を所有者たち (proprietor) (即ち、ウィリアム・ペンの子息たち) のせいとした。 条約が明示したことはアメリカ原住民ネーションは、 現在の戦争で英国に反対してフランス側で戦っているのではないことであった。 この見返りに、ペンシルバニアはイロコイが数年前に割譲した広い土地区画を 返却した; 英国植民地総督 (複数) が約束したことは: イロコイと他の部族のオハイオ川峡谷に おける狩猟場の権利を認めること; そして戦争の終結後にアレゲーニー山脈の西に、 開拓地 (colonial settlements) を設置することを控えること、 であった。 条約のこの条項は、その後の 1763 年の王室布告に貢献し、 これによれば、アパラチア山脈の西の領地をアメリカ原住民のために留保し、 ヨーロッパ系アメリカ人がこの地域に進入することを禁止した。 付け加えると、ペンシルバニアの植民地総督のウィリアム・デニー (William Denny) はイロコイの干渉なしに、レナペ-デラウェア (Lenape-Delaware) と再び直接交渉することに同意し、 「協議会の火」 ("council fire") を再点火することで、 合意がしるされた。 会議は 1758 年 10 月 26 日に終了し、11 月にデニー総督 (Governor Denny) がペンシルバニア議会に表明したことは、「一般的な平和がイーストンで確保された」 ことであった。

条約によりレナペ (Lenape) はニュージャージー植民地 (Province of New Jersey) 内部の土地で、残っている権利を全て、1000 スペイン・ドルの額で割譲した。 彼らは直ちに支払いを受領した。