ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Walking Purchase - Wikipedia

ペンシルバニア植民地における英国領の変遷 (増加) は スタンウィックス砦の条約 (1768 年) の 2 番目の地図に示されています。

ウォーキング・パーチェス
(Waling Purchase, 歩行買収)

ウォーキング・パーチェス (あるいはウォーキング条約 (Walking Treaty)) はペン家 (Penn Family) -- ペンシルバニア植民地 (1776 年の後にはペンシルバニア州) の元々の所有者 -- と レナペ・インディアン (デラウェア・インディアンとも呼ぶ) の間の 1737 年の合意と称されたものである。 これにより、ペン家且つ所有者は デラウェア川の北の水平区間 (Northern reach) に沿った 1,200,000 エーカー (4,860 km2) の所有権を手に入れ、 ここは、 ペンシルバニア植民地 ニュージャージー植民地 (独立戦争 [1775 年 - 1783 年] 後はニュージャージー州) の 西ニュージャージー地区 (West New Jersey area) との北東の境界にあり、 強制的に レナペ族 (Lenape) に明け渡しさせた。 レナペ族 (Lenape) は更に北の イロコイ・インディアン部族にこの問題の助けを求めたが、訴えは拒絶された。

1737 年のウォーキング条約 (Walking Treaty) によって、
ペン家 (the Penns) が獲得した領域、デラウェア川北の源泉で、
ペンシルバニア植民地 (Colonial Province of Pennsylvania) と
ニュージャージー植民地 (Province of New Jersey) の西ニュージャージー
(West New Jersey) の間の北東の境界に沿った場所。

『デラウェア・ネーション対ペンシルバニア州』の法廷闘争 (legal suit / court) では、 デラウェア・ネーション (Delaware nation、後に連邦政府に認められたレナペ (Lenape) の 3 部族の一つ) 及び 21 世紀のその子孫は、 元々の 1737 年の所謂 「買収」 ("purchase") に含まれている 314 エーカー (1.27 km2) の土地の権利を主張したが、米国地方裁判所 (US District Court) は これを棄却 (dismiss) するペンシルバニア州の申し立て (motion) を認めた。 判決したことは、この事件を司法判断しない (nonjusticiable) ことであった、 もっともインディアンの権利は詐欺により失われたと思われることを認めた。 この判決は米国の上告の幾つかの段階を通して言い渡された幾つかの上告判決を通して 維持された。 米国の最高裁判所は上告を棄却した。これは下級裁判所の決定を維持する効果があった。

  1. 歴史
  2. デラウェア・ネーション対ペンシルバニア州
歴史

植民地の創始者であるウィリアム・ペン (William Penn、1644 年 - 1718 年) は 1681 年には、 レナペ族 (Lenape、デラウェア・インディアンを含む) と公平な取引をする評判があった。 しかしながら、彼の後継者であるジョン・ペン (John Penn、『アメリカ人』 ("the American") と呼ばれた) とトーマス・ペン (Thomas Penn) は彼らの父親の穏やかな慣行の多くを見捨てた。 1736 年に、彼らは 1686 年の証書 (deed) を主張 (claim) した。 これはレナペ族 (Lenape) が上流デラウェア川とリーハイ川の合流点 (現代のペンシルバニア州イーストンの近く) から始まり、 人が 1 日半に歩くことができる西方まで広がる地域 (tract) を売ることを約束したものであった。 後に、これは 1737 年の「ウォーキング・パーチェス」 ("Walking Purchase"、歩行買収) あるいは「ウォーキング条約」 (Walking Treaty) と呼ばれるようになった。 この文書は署名がないか、承認していないが、あるいはあからさまな偽造であった。 (百科全書のブリタニカはこれを「土地詐欺」と言及している。) ペン (Penn) の代理人は問題があるリーハイ川沿いの土地を開拓者に売り始めた、これはまだレナペ族 (Lenape) がこの地域に住んでいた時にであった。

レナペ族 (Lenape) の不安と疑惑を和らげるために、 ペン土地事務所代理人と植民地書記のジェームス・ローガン (James Logan、1674 年 - 1751 年) は地図を作り、 遠くのリーハイ川を近くのトヒコン川 (Tohickon Creek) のように不正確に表示し、 点線を含めて、歩行者が取るであろうあたかもそれらしい通り道を示していた。 問題となる土地は古い証書を履行するのにそれほどひどい価値はないと満足し、 レナペ族 (Lenape) は終に署名した。

ポピュラーな説明によると、レナペ族 (Lenape) の指導者は、 これらの条件でカバーできるのはおよそ 40 マイル (60 km) と仮定した。 植民地書記 (provincial secretary) のローガン (Logan) は植民地で最も速いランナー (runner) を 3 人採用した: 彼らはエドワード・マーシャル (Edward Marshall)、ソロモン・ジェニングス (Solomon Jennings)、 そしてジェームス・イーツ (James Yeates) であり、 用意されたトレイルを走ることになった。 彼らは 「歩き」 ("walk") の最中に バックス郡 (Bucks County) の保安官 (Sheriff) である ティモシー・スミス (Timothy Smith) により監督された。 歩き (walk) は 1737 年 9 月 19 日にあった; マーシャル (Marshall) のみが歩き通し、 現在のペンシルバニア州ジム・ソープ (Jim Thorpe) の近くまで到達した、 これは70 マイル (113 km) 向こうであった。 歩き (walk) の最後に、保安官のスミス (Smith) は垂直な直線を北東の方向に後ろ向きに引き、 これら 2 本の直線の東で、デラウェア川までの全ての土地の権利を主張した。

これにより、1,200,932 エーカー (4,860 km2) の地域になり、 凡そ ロード・アイランド (Rhode Island) の大きさに等しく、 現在のペンシルバニア州東の 7 つの郡にあった。 この郡は: パイク郡 (Pike), モンロー郡 (Monroe), カーボン郡 (Carbon), スクールキル郡 (Schuylkill), ノーサンプトン郡 (Northampton), リーハイ郡 (Lehigh) そして バックス郡 (Bucks) であった。

デラウェア族の指導者は北方のイロコイ連合の部族 (Iroquois confederacy tribe) の助けを求めて訴えた、 イロコイはデラウェア族に対して支配権を主張していた。 イロコイの指導者は彼らの南方の隣人であるデラウェア族のために介入することは、 政治的に最良の利益でないと決定していた。 ペンシルバニア植民地書記のジェームス・ローガン (James Logan) は 植民地側を支持するようにすでにイロコイと取引をしていた。 その結果、レナペ族 (Lenape) は歩行買収の土地 (Walking Purchase lands) を明け渡さなければならなかった。

部族長 (chief) のラッパウィンゾウ (Lappawinsoe、/ˌlæpəˈwɪnzoʊ/) 等のレナペ族 (Lenape) の指導者は取り決めに抗議し続け、 その間にレナペ族 (Lenape) はシャモーキン峡谷 (Shamokin valley) とワイオミング川峡谷 (Wyoming River valley) に 強制的に押し込められ、 ここはすでに他の退去させられた部族で混雑していた。 レナペ族 (Lenape) の一部分は更に西に移動して: オハイオ・カントリー、 そしてフランス王国の ニュー・フランス (ケベック) の領土の 南部と西部、「オハイオ川の分岐点」 ("Forks of the Ohio") の フランスの デュケーヌ砦 (Fort Duquesne) (後にピット砦 (Fort Pitt) になり、更にその後 ピッツバーグ になった) の西に移動した。 レナペ (Lenape) はウォーキング・パーチェス (Walking Purchase) の理由から、ペンシルバニア政府を信用しなくなり、 賢明で平和的なウィリアム・ペン (William Penn) により始められた色々な種族とのかっては良好な名声が永久に失われた。

デラウェア・ネーション対ペンシルバニア州
地方裁判所 (2004 年)

2004 年、デラウェア・ネーション (Delaware Nation) はペンシルバニア州東地区 (Eastern District) の 米国地方裁判所でペンシルバニア州を訴え、 1737 年のウォーキング・パーチェス (Walking Purchase) に含まれ、 1741 年に独占販売に供された 314 エーカー (1.27 km2) を求めた。 この土地はタタミーズ・プレイス ("Tatamy's Place") と呼ばれた。 法廷はペンシルバニア州の棄却の申し立て (motion to dismiss) を認めた。地方裁判所によると:

ペン政府 (Penn's government) とその慣行 (practice) は他の アメリカ植民地の清教徒が始動した政府とはひどく異なることになっていたと思われる。 もっとも強烈な違いは、植民地に住んでいたアメリカ原住民との相互の敬意に基づいた 積極的関係を育てるペン (Penn) の能力であった。 清教徒は "インディアンから盗んだが .... ペン (Penn) はインディアンとの平和的な関係を樹立した。"
部族長の ラッパウィンゾウ (Lappawinsoe、/ˌlæpəˈwɪnzoʊ/)、1735 年頃

地方裁判所はウォーキング・パーチェス (Walking Purchase) の事実で理解している事を詳しく説明した。

ペン (Penn) の子息達はレニ・レナペ族 (Lenni Lenape) との友好を育てることにおいて、 彼らの父親ほど興味を持っていなかった。 とりわけトーマス・ペン (Thomas Penn) は報告されていることによると、 1737 年のウォーキング・パーチェス (Walking Purchase) を 実行することに責任があり、 これに従って、トーマス・ペン (Thomas Penn) はレニ・レナペ族の族長達 (Lenni Lenape Chief) に近づき、 「古く、不完全な署名していない証書 (deed) の草稿を法的契約として、 偽って提示した」 ( Compl. ¶ 38.) 。 トーマス・ペン (Thomas Penn) がレニ・レナペ族の族長達 (Lenni Lenape Chiefs) に説明したことは、 50 年ほど前に、レニ・レナペ族 (Lenni Lenape) の祖先が書類に署名し、これが述べることは、 「ペンシルバニアに譲渡される土地は、 1 日半の歩きでカバーできる広さである」 ことであった。 (Id.) 彼らの祖先がそのような合意をしたと信じ、 レニ・レナペ族の族長 (Lenni Lenape Chiefs) は証書の条項に同意し、1 日半の歩きに同意した。

レニ・レナペ族の族長達 (Lenni Lenape Chiefs) が信頼したことは、"白人達" ("white men") はデラウェア川沿いの、もつれたペンシルバニアの森を 通り抜けるゆっくりした歩きをすることであった。 族長達 (Chiefs) は彼らが大量の土地を失うことに気が付いていなかった。 レニ・レナペ族 (Lenni Lenape) に知られていなかったことだが、トーマス・ペン (Thomas Penn) は 彼のウォーカー (walker、歩く人) によりカバーされる距離が、できる限り確実に大きくなる方策を取っていた。 トーマス・ペン (Thomas Penn) がした色々なことの中に、森の中を通り抜ける切り開いた直線の道を用意して、 植民地の 3 人の最速のランナーを雇った。 彼と彼の代理人は何週間も使って、 条約が指定する森の中を切り進むトレイルのように北に進むのではなく、 北西に進むルートを地図にしていた。 追加すると、トーマス・ペン (Thomas Penn) は最速のランナーが 5 スターリング・ポンド (pounds sterling) と 500 エーカー の土地をもらえることを約束した。 最後に、1737 年のウォーキング・パーチェス (Walking Purchase) のランナー (runner) は ペンシルバニアの 1,200 平方マイル [100 万エーカー以上] のレニ・レナペ族 (Lenni Lenape) の土地を獲得した。 獲得された土地に含まれたものは、一般に、「デラウェア川の分岐点」 ("Forks of the Delaware") と 言及される土地があり、これは、この裁判の中心である土地一区画のタタミーズ・プレイス ("Tatamy's place") を含んでいた。

レニ・レナペ族 (Lenni Lenape) は、ペン (Penn) とその代理人の "ウォーク" (Walk) の実施に関して、イングランド国王に 訴えたが何の効果もなかった。 それに応じてレニ・レナペ族はウォーキング・パーチェスの証書 (Walking Purchase's deed) の条項に おける彼らの先祖の同意と称するものに従って西に移動を始めた。 100 年より後に、この証書を調査した専門家は、証書は偽造であると結論した。 ウォーキング・パーチェス (Walking Purchase) の結果、 レニ・レナペ (Lenni Lenape) の部族 -- 現在はデラウェア・ネーション (Delaware Nation) と認められている -- のメンバーは、部族でない定住者で囲まれた一区画の土地に隔離された。 これが部族長のタタミー (Chief Tatamy) と彼のデラウェア族 (Delaware) の一団への土地の譲渡に関して起きたことである。

デラウェア族はトーマス・ペン (Thomas Penn) に主権 (soverign authority) があることを認めたが、 取引が詐欺であることの根拠から訴えた。 法廷は原住民資格 (aboriginal title) の消滅の正当性は、 詐欺の場合も含め、司法判断に適合しないと判決した。 消滅は最初の 1790 年の 「インディアンとの通商停止法」 (Indian Nonintercourse Act) の通過以前に起きたため、 この法律はデラウェア族 (Delaware) には利用可能でなかった。

巡回裁判所 (2006 年)

第 3 巡回裁判所 (Third Circuit) への米国上告審 (US Court of Appeals) は 地方裁判所の決定を確認した。 第 3 巡回裁判所は原住民資格 (title) は詐欺により正当に消滅されることもある との判決を維持し、部族はペン (Penn) が実際は主権購買者 (sovereign purchaser) であるか否かの問題を 差し控えたと判断した。 それどころか、巡回裁判所は消滅に対するその後の部族への補助金は 原住民資格 (title) を再度樹立することを意味しないと判決した。 従って、巡回裁判所は部族の以下の議論には利点がないと考えた:

デラウェア・ネーションがその上告で主張することは、 トーマス・ペン (Thomas Penn) ではなくイギリス王が領地に対しての主権であり、 領地がタタミーズ・プレイス (Tatamy's place) を含んでいた。 従って、トーマス・ペン (Thomas Penn) はウォーキング・パーチェスによって、原住民資格を消すことはできず、 従ってデラウェア・ネーションは占有・使用する権限を維持する。

特に、巡回裁判所は、ペン (Penn) がイングランド王に直接責任があるとする主張は不十分であるとした。

米国最高裁は上告を受理しなかった。