ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Treaty of Fort Stanwix (1768) - Wikipedia
スタンウィックス砦の条約 (1768 年)
(Treaty of Fort Stanwix (1768))

スタンウィックス砦の条約 は 1768 年に イロコイ (Iroquois) の代表と英国 (Great Britain) の間で 署名された条約である。 (英国にはニュージャージー、バージニア、そしてペンシルバニアからの 交渉者が同行した。) 交渉したのはサー・ウィリアム・ジョンソン (Sir William Johnson)、 彼の副官 (deputy) のジョージ・クローガン (George Croghan)、 そしてイロコイの代表であった。

この条約により領土境界 (a Line of Property) が決まり、 これはオハイオ川の後を追って、 バージニア植民地 (Virginia Colony) のケンタッキー部分 (Kentucky portion) と 更には現在のウェスト・バージニア (West Virginia) となっているものの大半を 英国国王に引き渡した。 条約はイロコイとペン家 (Penn family) の間の土地問題を決着した; 従って、ペンシルバニアでアメリカの開拓者が獲得した土地は ニュー・パーチェス (New Purchase、新買収) と呼ばれた。

1768 年のスタンウィックス砦条約の境界線の一部分、
ニューヨークの境界が見える。
条約

会議の目的は 1763 年の王室布告 (Royal Proclamation) で明記された インディアンの土地と 13 植民地の間の境界を調節することであった。 英国は新しい境界線がアメリカ原住民とアメリカ開拓者の間の 頻繁なフロンティア暴力を終了させることを望んだ。 アメリカ原住民は新しい恒久的な境界が、開拓者によって 彼らの土地が更に侵害させられるのを防止することを望んだ。

最終的な条約は 11 月 5 日に署名され、シックス・ネーションズ (Six Nations) の各々から 1 名が署名し、 ニュージャージー、バージニアそしてペンシルバニアの植民地代表のいる中で、 ジョンソンによっても署名された。 列席したアメリカ原住民ネーションズ (nations, 国) は、 贈り物と全部で £10,460 7s. 3d. スターリング (sterling) になる現金 -- 英国国王がアメリカ原住民にかって支払った最高額 -- を受領した。 条約は領土境界 (a Line of Property) を設置し、 これはより初期の布告である アレゲーニー山脈の境界 (オハイオと海岸集水域の間の分水嶺) を、もっと西部に延長したものである。 境界線 (line) はピット砦 (Fort Pitt) の近くを走り、オハイオ川の後を追って テネシー川に至り、 事実上バージニア植民地のケンタッキー部分 (Kentucky portion) を国王に割譲し、 現在はウェスト・バージニア州である部分の大半は言うまでもなかった。 英国政府はハード・レイバーの条約 (Treaty of Hard Labour) によって、 カノーア川 (Kanawha、/kəˈnɔːə/ kə-NAW-ə) の南と西の土地の所有者をチェロキー (Cherokee) のものと最近確認していた。 スタンウィックス砦 (Fort Stanwix) の条約の交渉中に、英国政府が知って驚いたことは、 シックス・ネーションズがなおケンタッキーの多くの場所に名目的領有権を維持していることで、 ここを彼らは考察に入れることを望んだ。 追加すると、 ショーニー族 (Shawnee) はこの条約に同意せず、 アレゲーニー山脈とオハイオの間のバージニア植民地の開拓地を 1774 年の キャンプ・シャーロットの条約 (Treaty of Camp Charlotte) まで論議した (contest)。

ニューヨークのシックス・ネーションズは以前は 1752 年のログズタウンの条約 (Treaty of Logstown) で、 オハイオ川の南東の植民地の権利を認めたが、 南のテネシー川までのすべての土地の所有権を (征服により) 主張し続けた。 彼らはこの領地を狩猟場として何十年もの間、留保していた。 彼らはテネシー川をチェロキー等の "南部の" 部族との境界と考えていた。 これらの土地を占有していたインディアンのネーション (nation, 国) は、 主に ショーニー族 (Shawnee) と デラウェア (Delaware) であり、その代表が 1768 年の交渉の場にいたが、 彼らは署名者 (signatories) でなく、自分たちの領地のイロコイによる売却には 実質の役割が無かった。 イロコイが望んだことは、オハイオの土地を手放すことにより、 ニューヨークとペンシルバニアにおける彼ら自身の領地への圧力を減らすことであった。 スタンウィックス砦の条約 (Fort Stanwix treaty) は平和を確かなものとするのではなく、 オハイオ川に沿ったアメリカ原住民とアメリカ開拓者の間の次のラウンドの段階を作る助けになり、 ダンモアの戦争 (Dunmore's War) で頂点を迎えた。

条約はシックス・ネーションズとペン家 (Penn family) -- ペンシルバニアの所有者 (proprietor) -- の間の土地の領有権も決着し、 1768 年に獲得された土地はニュー・パーチェス (New Purchase) と呼ばれた。 しかしながら、合意の物理的境界の論争により、最終的な条約の境界は もう 5 年間完全には合意しなかった。 ペンシルバニアの所有地の境界の最終的部分は、 州の パーチェス・ライン (Purchase line) と呼ばれ、 シックス・ネーションズ (Six Nations) とペンシルバニアの代表により、 1773 年に固定され、 彼らは サスケハナ川の西支流 (West Branch) とクッシュ・クッション川 (Cush Cushion River) の合流点にあるカヌー・プレース (Canoe Place) -- 今日のペンシルバニア州チェリー・ツリー (Cherry Tree) -- で会合した。

ペンシルバニアにおけるニュー・パーチェス
を示す地図。

アメリカ開拓者は西に向かい、 経済発展の機会によって、 投資家と土地投機家 (land speculator) の注意がアパラチア山脈西の地域に向いた。 開拓者と投機家の需要に応えて、植民地当局はイロコイとチェロキーから 更なる土地の割譲を求めた。 チェロキーとの 「ロッカバー条約」 (Treaty of Lochaber) が 1770 年に続き、 ハード・レイバーの条約 (Treaty of Hard Labour) で設立した境界が修正され、 これによりチェロキーは、同じ土地の部分に対しての要求を引っ込め、 現在のウェスト・バージニア (West Virginia) の南部分を包含した。