ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Kittanning (village) - Wikipedia

現在のキタニング: Google map

キタニング (村) (Kittanning (Village))

キタニング (レナペ (Lenape) Kithanink; 発音 [kitˈhaːniŋ]) は オハイオ・カントリー (Ohio Country) における 18 世紀のアメリカ原住民の村で、 現在のペンシルバニア州キタニング (Kittanning) の アレゲーニー川沿いにあった。 この村はキタニング道 (Kittanning Path) の西の終端であった。 この道はインディアンのトレイル (trail) で、 アレゲーニー山脈を横断するルートを提供し、 オハイオ川盆地と サスケハナ川盆地を接続した。 この村にはデラウェア族 ( レナペ族) と ショーニー族 (Shawnee) が住み、 当時アレゲーニー山脈の西側のこのような村で最大のものであった可能性があり、 1756 年に 300 人 - 400 人の住民がいたと見積もられている。 キタニングには 1724 年にインディアンが定住し、彼らは白人の開拓地が急速に拡大して、 東ペンシルバニアから移住してきた。

キタニング (上端右) と他のアメリカ原住民の村
と興味ある地点、1750 年代頃

名称の Kitanink はレナペの言葉の 「主な川のほとり」 ('On the main river') の意味で、 Kit (大きい (big)) + hane (山の川 (mountain river)) + ink (接尾詞、場所の名称を示すのに使用) からきている。 "主な川" (The main river) はアレゲーニー川とオハイオ川を示す形容辞で、これらを 1 つの川と見なした。

フレンチ・インディアン戦争 (French and Indian War) の最中に、 キタニングはデラウェア族とショーニー族 (Shawnee) の戦士による一回の襲撃の足場として使用され、 ペンシルバニア州中央の ジュニアータ川 (Juniata River) 沿いのグランビル砦 (Fort Granville) における 英国植民者を攻撃した。 対抗して、ジョン・アームストロング中佐 (Lieutenant Colonel John Armstrong) はキタニング遠征 (Kittanning Expedition) で、 ペンシルバニア民兵を率い、1756 年 9 月 8 日に村を破壊した。