ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Kittanning Path - Wikipedia

パス (path) は日本語に翻訳する時に 「峠道」 のように翻訳することが多いですが、 日本語の「峠道」は本文中の「ノッチ」 (notch、V 字型に窪んだ道) の方が近いのでパスを単に「道」もしくは単にカナ表記で「パス」に 留めました。 ここに登場するパスは山脈を越える峠 (mountain path) の部分もありますが、大体はトレイル (trail、徒歩道) です。

キタニング道 (Kittanning Path)

キタニング道は主な東西方向のアメリカ原住民のトレイル (trail、徒歩道) で、 アレゲーニー山脈障壁尾根 (Allegheney Mountains barrier ridge) を横断し、 接続するのは: ペンシルバニア中央の サスケハナ川峡谷、 アパラチア高原の高地、 そして、ここから向こうの西の土地であるオハイオ川の集水域である。 キタニング村アレゲーニー高原からの下り道に沿った デラウェア・インディアン ( レナベ・インディアン) の最初の主な集落である。

USGS の地形図・立体図の組み合わせ地図のキタニング・ポイント突出部 (promontory)。この突出 部がそびえ、影を落としているのはその下の峡谷と川、そして、キタニング・ラン (Kittanning Run (キタニング・ラン)、黄色の丸 A で表示) とグレンホワイト・ラン (Glenwhite Run (グレンホワイト川)、 貯水池北の真っすぐな支流) の合流点のすぐ西且つ上流部である。
  1. 自然とパス (Nature and the path)
  2. 説明 (東から西へ)
  3. 歴史
  4. 保存
自然とパス (Nature and the path)

パス (path) は選択できる一連の通り道から構成され、 これらは季節的に、あるいは方向により大なり小なり困難なノッチ (notch、V 字型に窪んだ道 (峠道)) を通り抜ける道である。 -- このギャップはニューイングランド西のアパラチア山脈を東から西へ、 動物の力で横断できる 5 ヶ所しかない場所の 1 つである。 キタニング道が (他の名前で呼ばれたこともあるが) 使用されるようになったのは: 最初はオランダ人の、次にイングランド人の、そして英国人の毛皮トレーダー (毛皮商人)、 ひいてはフレンチ・インディアン戦争の前後に、 アメリカ・インディアンの西方への移住、 そして 1780 年以後は、アメリカ独立戦争末期に、 開拓者による山脈の西への移住においてである。

GNIS で 「Kittanning Gap, Pennsylvania」を検索した時の キタニング・ギャップの位置、 USGS 国内 地図ビューアーのスクリーン・ショット (screenshot)この ギャップは事実上ペンシルバニア州 アルトゥーナ (Altoona) の西の郊外にある。
  • このページの地図は近くの PRR ホースシュー・カーブを示し、 これは他の 3 つの ギャップとキタニング・ランとグレン・ホワイト・ランの合流点を横断しており、 この川はほとんど真っすぐに西から東に走っている。
  • キタニング・ギャップが急斜面を登る選択肢を与えているのは: キタニング道を通り、 アレゲーニー山脈の西側、あるいはペンシルバニア州キタニングへの 途上の荷車、あるいはラバの列である。 回り道のルートで急斜面を登るために、ギャップをまっすぐ通り抜けて、等高線を 横断してスロープの両側を登れば、距離が長くなるが、 農業用荷馬車あるいは、 コネストーガ荷馬車 (Conestoga wagon) でまっすぐ正面の急で、狭い川の どちらの川床を登るよりも、.... あるいはアレゲーニー・フロントの他の ギャップよりも 随分と易しくなる。

何世紀もの間、キタニング道は類似の部族長ネマコリンの道 (Chief Nemacolin's Trail) と同様に、 アメリカ原住民にとって、とても厳しい地方を通り抜ける陸上のルートであった。 このような人々に含まれたのはイロコイを話す部族で、 例えば、エリー族 (Erie)、 サスケハノック (Susquehannock)、そして イロコイ連合 (Iroquois confederacy) のファイブ・ネイションズ (Five Nations) であり、 更には アルゴンキン (Algonquian) を話す レナペ族 (Lenape)、 マイアミ族 (Miami)、そして スー語族 ショーニー (Siouan Shawnee) であった。 初期のヨーロッパの探検家と開拓者も アレゲーニー山脈の障壁尾根を横断する インディアンのパス (path、通り道) を使用することを学んだ。

パスは数少ないいわゆる アレゲーニーのギャップ (gaps of Allegheny) を使用し、これは サスケハナ川の支流であるジュニアータ川の給水河川 (feedwater stream) に付属するものである。 パスはピッツバーグの丁度北東の アレゲーニー川で終了し、 この場所は現在のペンシルバニア州 アームストロング郡 (Armstrong County) にある アメリカ原住民のキタニング村 (現在のペンシルバニア州キタニング (Kittaning)) であった。

1754 年に始まったフレンチ・インディアン戦争の時までに、 ヨーロッパ人が信じたことは、キタニング村アレゲーニー山脈西の オハイオ・カントリー (Ohio Country) で最大のアメリカ原住民の村であった。 この村はウィリアム・ペン (William Penn) と レナペ族 (Lenape) の元々の条約で白人の 開拓には閉ざされたペンシルバニアの領域であった。

フロンディア境界を決着し、インディアンの部族間紛争を少なくするために、 イングランド人とアメリカ原住民は フレンチ・インディアン戦争の後で、 スタンウィックス砦の条約 (Treaty of Fort Stanwix) の条約に署名した。 これはアレゲーニー山脈西のペンシルバニアのある部分を白人の開拓に道を開いた。 1750 年代には、この地域は白人の開拓地に対するアメリカ原住民の激しい攻撃と、 大規模な英国の報復戦争の場所であった。

元々のパスの一つの区間が カンブリア郡 (Cambria County) の北西部に保存されている。

説明 (東から西へ)

これ (path) はジュニアータ川沿いのフランクスタウン (Frankstown) のアルトゥーナ (Altoona) の南東で始まる。 西に走って、 アルトゥーナ (Altoona) のおよそ 5 マイル (8 km) のアレゲーニー尾根を キタニング・ギャップ (Kittanning Gap) -- 後の鉄道の ホースシュー・カーブの場所 -- で横断した。 これ (path) は南西のコースをたどり、 イエロー川州立公園 (Yellow Creek State Park) を通り抜けて、 リック川 (Lick Creek) の 2 つの水源に沿って、 おおまかにはペンシルバニア州ユニオンタウン (Uniontown) (現在のユニオンタウンではない)、 クックポート (Cookport) そしてダイモンドビル (Diamondville) を通り過ぎ、 US ハイウェイ 422 に至る。 これ (path) は、およそハイウェイの西のコースをたどって、インディアナ (Indiana) とシェロクタ (Shelocta) と通り抜けて、 北北西にたどる。 これ (path) はエルダートン (Elderton) の近くで、 アームストロング郡 (Armstrong County) に入り、 アレゲーニー川東岸のキタニング村で終了する。

歴史

パス (path) は早くも 1721 年に使用されていた。 1744 年、イングランド人のトレーダーであるジョン・ハート (John Hart) は 植民地当局から認可を受けて、ペンシルバニア西部の地で、インディアンとトレードをした。 ここは当時は白人の開拓に閉ざされていた。 ハート (Hart) は途中のキャンプ地を、 カンブリア郡 (Cambria County) の大陸分水嶺 (continental divide) の近くに設置し、 「ハートの寝場所」 (Hart's Sleeping Place) と呼ばれた。 この途中のキャンプ地は植民地地図に登場し、 ここを使用したのは: 1752 年にジェームズ・ハミルトン総督 (Gov. James Hamilton)、 1754 年に ハリスバーグ (Harrisburg) の創設者であるジョン・ハリス (John Harris) であった。 この場所のアメリカ原住民による最後のキャンプは 1781 年に記録されている。

1750 年代に、パス (path) は レナペ族 (Lenape) の襲撃ルートになった。 西ペンシルバニアで彼らの土地の権利の多くを奪い去った条約に不満となり、 彼らは中央ペンシルバニアの白人の開拓地を襲撃した。 1755 年に、 レナペ族 (Lenape) の部族長の Shingas はトレイルを使用して、 ジュニアータ川沿いの英国の開拓地を 攻撃し、捕虜を連れてキタニングに戻った。 1756 年 8 月始めに、 レナペ族 (Lenape) は現在のルイスタウン (Lewistown) の近くのグランビル砦 (Fort Granville) を焼け落とすための襲撃で、このパス (path) を使用し、この時も捕虜を連れ帰った。

砦が焼け落ちてから、英国は報復のためにジョン・アームストロング中佐 (Lt. Colonel John Armstrong) を派遣した。 彼はパス (path) で レナペ族 (Lenape) を追跡し、9 月始めにカヌー・プレース (Canoe Place) でキャンプした。 彼はキタニング村まで追跡し続け、ここを破壊した。 アームストロングはこの襲撃により、 英国開拓者の間で 「キタニングの英雄」 (the Hero of Kittanning) と 称賛された。 彼は後にアメリカ独立戦争の時に、米国の少将 (Major General) を務め、 第 2 次 大陸議会 (Second Continental Congress) に選出された。

パス (path) によって、初期のドイツ人開拓者であるコンラッド・ワイザー (Conrad Weiser) も旅行し、 ベンジャミン・フランクリン (Benjamin Franklin) の子息であるウィリアム・フランクリン (William Franklin) が同行した。 ワイザー (Weiser) は日記に旅行を記録した。

キタニング道 (Kittanning Path) はキタニング道路 (Kittanning Road) と混乱してはいけない、 後者は、1779 年に サリバン遠征 (Sullivan Expedition) の最中にアメリカの反乱軍により建設された。 キタニング道路はもっと北のコースを取り、 キタニングから現在のニューヨーク州オーリアン (Olean) の場所まで走っていた。

保存

トレイルは歴史家により、 カンブリア郡 (Cambria County) を通り抜けて測量された。 元々のトレイルの本当の区間が、Carrolltown の東の Eckenrode Mill の近くで保存されている。