ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Appalachian Plateau - Wikipedia
アパラチア高原 (Appalachian Plateau)

アパラチア高原は、一連の起伏の多い (rugged)、 切り裂かれた高原 (dissected plateau、 開析された高原) で、アパラチア山脈の西側にある。 アパラチア山脈は米国東海岸を南に走る山脈である。 アパラチア高原はアパラチア山脈の北西部にあり、 ニューヨーク州からアラバマ州に広がっている。 この高原は第 2 レベルの米国の自然地理学的地域 (physiographic region) であり、 これが及ぶのは: ニューヨーク州、 ペンシルバニア州、 オハイオ州、 メリーランド州、 ウェスト・バージニア州、 バージニア州、 ケンタッキー州、 テネシー州、 アラバマ州、 そしてジョージア州である。

米国のアパラチア地帯 (zone)、 UGCS
訳注
上の図はアパラチア地帯 (Appalachian zones) としているが、これはアパラチア高原のことを意味しているものと思われる。 一方で、 米国の自然地理学的地域の「アパラチア高原プロビンス」から このページにリンクが張られており、「アパラチア高原プロビンス」に 「アレゲーに高原セクション」、「カンバーランド高原セクション」、「カンバーランド山脈セクション」が 含まれているので、上の図と両立している。但し、「アパラチア高原プロビンス」のセクションの中には 「アレゲーニー山脈」が登場していないので、これは「アレゲーニー高原セクション」に含まれていると考えるべきと思われる。
  1. 地形と物理的造作
  2. 地質学
  3. 歴史
  4. 保護地
  5. 野生生物
  6. 天然資源
地形と物理的造作

高原 (plateau) の形成は 古生代 (Paleozoic Era) に始まった。この時の地域的な上昇により、この地域は土地の地形 (topography) を 全く変えずに上昇した。 高原の東側は外見が山脈である。この偽の外見は東側のとても急な傾斜によっており、これは アレゲーニー・フロント (Allegheny Front) と呼ばれる。 東側の端はアパラチア高原の最も高い部分である。 ペンシルバニア州では高度は 1,750 から 3,000 フィートに渡り、ウェスト・バージニア州にかけて上昇し続け、 ここで高度は 4,800 フィートぐらいである。 ウェスト・バージニア州からテネシー州にかけて、高度は 3,000 フィートに下がり、 傾き続けてアラバマ州では 1,000 フィートに下がる。 高原の西側では、高度はオハイオ州で 900 フィート、増大してケンタッキー州でおよそ 2000 フィートである。 ケンタッキー州から高度は降下して、アラバマ州北西で 500 フィートに下がる。 高原は北西にかけてわずかに傾き、東側の方がわずかに高くなる。

高原の大きな部分は炭田で、これはおよそ 32000万年前のペンシルバニア時代 (Pennsylvanian Age) の最中に形成された。 高原は 更新世氷河期 (Pleistocene ice age) の最中に氷河に覆われた。 その結果、高原のこのセクションの地形 (topography) は自然地理学的プロビンス (physiographic province) の他のセクションと比較すると、 比較的平坦である。 高原のこの部分は、氷河で覆われた過去の証拠で記され、これには沼地 (bogs)、 湖、そして砂と砂利の小さな丘がある。 高原の他の地形 (topography) は川の浸食から作られている。 この結果、起伏の多い景色となり、急な尾根で囲まれた多くの狭い川の峡谷を含む他の高原と違っている。

ケンタッキーの地域は 「東部ケンタッキー炭田」 (Eastern Kentuckey Coalfield) と呼ばれる。 これは 35 の郡を含み、ケンタッキー州の土地のおよそ 30% を覆っている。 主要な部分が含むのはアレゲーニー高原 (Allegheny Plateau)、カンバーランド高原 (Cumberland Plateau)、 そしてカンバーランド山脈 (Cumberland Mountains) を含み、 最も高い峰はカンバーランド山脈にある。

自然地理学的地域 (Physiographic regions)
訳注
ここにおける自然地理学的分割は 米国の自然地理学的地域と一致 しており、米国は 8 個の自然地理学的地域 (physiographic region)、、 25 個のプロビンス (province)、そして 85 個のセクションに分割されている。

自然地理学的地域 (physiographic region) は色々な理由によってグループ化できる土地の大きな部分である。 各地域 (region) は類似の地質 (geology)、地形 (topography)、そして植物と動物のグループがある。 米国には 8 つの自然地理学的地域 (physiographic region) がある。 各地域 (region) はプロビンス (province) に分割され、米国には 25 のプロビンス (province) がある。 各地域 (region) はセクション (section) に分割され、米国には 85 の異なる自然地理学的セクション (physiographic section) がある。 アパラチア高原 (Appalachian Plateau) は、自然地理学的地域 (physiographic region) である アパラチア・ハイランズ (Appalachian Highlands) における 1 つのプロビンス (province) である。 プロビンス (province) であるアパラチア高原 (Appalachian Plateau) は 7 個の 自然地理学的セクション (physiographic section) に分割されている、それぞれ: モホーク山脈 (Mohawk Mountains)、 キャッツキル山脈 (Catskill Mountains)、 南部ニューヨーク (Southern New York)、 アレゲーニー山脈 (Allegheny Mountains)、 カノーア (Kanawha County)、 カンバーランド高原 (Cumberland Plateau)、 そして カンバーランド山脈 (Cumberland Mountains) である。 各セクション (section) は 地質的構成 (geologic makeup)、 地形 (topography)、 そして野生生物 (wildlife) の類似性から、 アパラチア高原プロビンス (Appalachian Plateau province) の下に分類されている。 同様に、アパラチア高原 (Appalachian Plateau) はこれらの性質の類似性から、 アパラチア・ハイランズ (Appalachian Highlands) の下で分類されている。

訳注
米国の自然地理学的地域では、 「アパラチア高原プロビンス」 は 7 つのセクションに分かれ、これらは モホーク・セクション、キャッツキル・セクション、南部ニューヨーク・セクション、 アレゲーニー高原セクション、カノーア・セクション、 カンバーランド高原セクション、カンバーランド山脈セクションである。 これと比較すると、上の「アレゲーニー山脈」は不正確で「アレゲーニー高原」とすべきと思われる。 しかし広義にはアレゲーニー山脈はアレゲーニー高原に含まれていると考えることができるようである。
地質学

アパラチア高原の下層の岩は、 先カンブリア時代 (Precambrian) の岩を基礎にして 古生代 (Paleozoic Era) からの堆積岩をかぶせたものから成っている。 基底部 (basement) の一番上には、 カンブリア紀 (Cambrian)、 オルドビス紀 (Ordovician) と シルル紀中頃 (Middle Silurian) の混合した岩の、およそ 20,000 フィートの分厚い層がある。 この岩は 頁岩 (shale)、 シルト岩 (siltstone、堆積岩の 1 種)、 そして 砂岩から構成されている。 この層の上に シルル紀後期 (Upper Silurian) の蒸発盆地 (evaporate basin)、 あるいは化学的に形成された堆積岩の盆地 (basin of chemically formed sedimentary rocks) がある。 高原造山帯 (plateau fold belt) は構造的に複雑な 古生代地層 (Paleozoic strata) から構成され、 この地層は若い蒸発地層 (evaporates) の上に 衝上断層 (thrust faulted) がある。

アパラチア山脈が形成された時に、高原が持ち上げられ、 リッジ&バレー (Ridges and valleys) がすべて高原の下に全て埋没した (die down)。 この地域の至る所に複数の峡谷 (valley) があり、これは石灰岩 (limestone) と頁岩 (shale) から構成されている。

歴史
アメリカ原住民

考古学者にはアメリカ原住民が 12,000 年以上前にアパラチア地域に住んでいたことの証拠がある。 しかしながら、住んでいた人達がいつ始めてこの土地に住んだのかを正確に言うことが困難である。 人工物がペンシルバニア州南部のメド―クロフト・ロックシェルター (Meadowcroft Rockshelter、 [訳注: ロックシェルター]) の近くで収集され、 これは少なくとも 16,000 年以上前のものである。 初期のアメリカ原住民は土地から離れて生計する 狩猟採集社会 (hunter-gatherer) を営んでいたため、 彼らは住んでいた場所にほとんど何の痕跡も残さなかった。 この理由から、彼らがこの地域にいつ定住したのかを決定することが困難である。 多くの歴史的なアメリカ原住民とよく似ているように、 初期のアパラチアの住民は遊牧民 (nomad、定住しない人々) として生計を立て、 季節ベースで食物を追った。

この頃、北米は最後の氷河期から回復中であり、気候は現在とは随分違っていた。 気候と生息地はもっと密接に ツンドラと似ており、 気温が低く、多くの針葉樹があり、マンモスやサーベルタイガー (saber-toothed tiger) のような大型哺乳類がいた。 まもなく、気温が上がり始め、大型哺乳類が姿を消し始め、今日もっと良く見られるような植生が繁茂し始めた。 このような気候の変化により、アメリカ原住民にとり、生活がもっと維持できるものとなった。 彼らは新しい武器を発明し続け、ヨーロッパ人が北米に到達するまで、農業で進展をした。

ヨーロッパ人の定住

ヨーロッパ人が北米に定住したのは 17 世紀に始まる。 1749 年にジェイコブ・マーリン (Jacob Mrlin) とスティーブン・スゥエル (Steven Sewell) はアパラチア高原 -- 具体的に言うと現在のウェスト・バージニア州の ポカホンタス郡 (Pocahontas County) -- に定住したことが知られている最初のヨーロッパ人であった。 ヨーロッパ人による植民地化とアメリカ原住民との競争は新しい病気による高い死亡率になり、 更には戦争による、さらに多くの死者と社会的な混乱があった。 アメリカ原住民を追い出した後で、ヨーロッパ系のアメリカ定住者はこの土地の多くを農業に開発した。

1861 年から 1865 年にかけて、 アパラチア高原は南北戦争 (Civil War) を被ったが、 国の他の多くの部分と比較するとほとんど被害がなかった。 戦争中に北軍は高原の大半をコントロールし、その後この占有は問題とされなかった。 戦争中の有名な戦いは 3 度しかなく、 従って土地の多くは破壊されなかった。

戦争後、石炭産業がブームとなった。 アパラチア高原の多くの郡では、 例えばウェスト・バージニア州の マクダウェル郡 (McDowell County) のように、 石炭の採掘が支配的となった。 石炭採掘の町が作られ、多くの移民が仕事のためにこの地域に引き寄せられた。 鉱山は経済のために良かったが、鉱山の過酷な仕事で死亡率が高かった。 恐ろしい鉱山事故の中には、1907 年のモノンガー鉱山事故 (Monongah mining disaster) があった。

保護地 (Protected lands)

人間の影響による被害からアパラチア地区を守ることは現代では重要なことになった。 自然保護主義者はアパラチア地区の野生動物を保護するために闘ってきた。 この地区によりわかったことは、良く世話をすれば、動植物はたちまち元気を回復し得ることであった。 しかしながら、1890 年に戻れば、アパラチア地区の森林破壊は、 鉄道の発明、製材所、木々の 皆伐 (clear-cutting) により全面的であった。 これにより、この地区の大きな洪水と山火事の原因となり、この地区の要となる種が破壊された。 森林破壊が重要な問題となることを理解して、政府は 1911 年にウィークス法 (Weeks Act、[訳注:Weeks=人名]) を通過させ、 これにより、米国東部の河川と集水域を保護するために連邦政府が私有地を買収することが可能になった。 この法律の下における最初の買収はピスガ国立森林公園 (Pisgah National Forest) であった。 1964 年に、ウィルダネス法 (Wilderness Act、[訳注:Wilderness=厳正自然環境保全地域]) は何百万エーカーの連邦政府の土地の保護に拡大した。 これにはシャイニング・ロック・ウィルダネス (Shining Rock) とリンビル峡谷ウィルダネス (Linville Gorge) がある。 1975 年の東部ウィルダネス法 (Eastern Wilderness Act) により、ノース・カロライナ州、バージニア州、そして テネシー州に拡張された保護地区が作られた。 今日、この地区の 21% 近くが保護されている。 アパラチア高原地区を保護することに専念する自然保護グループに含まれるのは: 「南部アパラチア森林連合」 (Southern Appalachian Forest Coalition) そして 「北部森林同盟」 (Northern Forest Alliance) がある。 究極的に、専門家と研究者が述べることは、 アパラチア地区の保護継続の最良の方法は公的な教育に自然保護を 組み込むことで、これにより人々が土地を保護する恩恵を理解し、支援するようになることである。

野生生物
植物

アパラチア地域は広い種類の植物と動物の住処であり、これはアパラチア高原に 大きな生物多様性 (biodiversity) を与える広範囲な種類の気候と条件によっている。 北の方には、 多くの針葉樹があり、例えば赤トウヒ (red spruce)、バルサムモミ (balsam fir) があり、 アパラチア地域の北端の緯度で育っているのを見ることができる。 高原の北セクションの低地には北方広葉樹 (northern hardwood) を見ることができ、 例えば、 サトウカエデ (sugar maple) とホワイトオーク (white oak) がある。 アパラチア南では アメリカスズカケノキ (sycamore tree)、 クルミ (walnut tree) と ヒッコリー (hickory tree) が普通である。 アパラチア地域の中には 2000 種ほどの植物があると見積もられている。 アパラチア地域の高度と気候により花は変化する。 アパラチアの北セクションと南セクションには異なる種類の花がある。 ツツジ (rhododendron), アザレア (azalea) そして アメリカ‐シャクナゲ (mountain laurel) のような花は南セクションで見られ、 一方、北には サービスベリー (serviceberry, [訳注:バラ科の広葉樹])、 アメリカハナズオウ (rebud)、 サワーウッド (sourwood、[訳注:ツツジ科の高木]) などの多く花がある。

ツツジ (Rhododenron)
動物

バイソン (bison) やオオカミのような動物はアパラチアに土着であったが、その後消滅した。 エルク (Elk) はなお場所によっては生存している。 アパラチア高原地区の全てを通じて沢山いるのは: キツネ (fox)、 アライグマ (raccoon), イノシシ (wild boar), アメリカグマ (black bears), オジロジカ (white-tailed deer), そして ビーバー (beaver) である。 研究者は、ここに 200 種以上の猟鳥 (game bird) と鳴き鳥 (song bird) がいることにも気が付いており、 これに含まれるのは: 野生の七面鳥 (wild turkey), サギ (heron)、 雁 (geese)、 鷹 (hawks)、 カモ (ducks) とそれ以外に多くがいる。

菌類もアパラチア地区で顕著である。 豊富なキノコ (mushroom) と地衣類 (lichen) が見つかり、 これに含まれるのは: アンズタケ (chanterelle), ヒラタケ (oyster mushroom) そして イワタケ (rock tripe) である。

天然資源

アパラチア高原にはその起伏のある景色を通して、広大な天然資源がある。 これらの資源の中に、 多くの堆積物 (sedimentary substance) がある。 アパラチア高原の峡谷には豊富な石灰岩がある。 この石灰岩は今もセメントと骨材のために採掘される。 過度な採掘により、時間と共に、石灰岩の産出場所は多くの場所で、枯渇しているが、 場所によっては、なお比較的豊富にある。 鉄石 (ironstone) と石炭も見いだされる豊富な天然資源に含まれる。 アパラチア山脈の異なる地域では、十分な植物屑 (debris) が集積して泥炭になり、 これが埋められて、圧縮・加熱によりアパラチア炭田の石炭になった。 アパラチア高原の豊富な石炭により、石炭の採掘はこの地区の主要一次産品 (staple) となり、 とても成功した鉱山の拠点となることが判明した。 鉄はかっては極端に豊富な天然資源であったが、 鉄の層が薄かったため、時間と共に大半が枯渇した。 アパラチア高原の良く知られた天然資源の 1 つに土地と土壌がある。 土壌は豊かで農地には理想的である。 アパラチア高原を通して見つかる石灰岩の中には多くの化石化したもの -- 例えば古い木、茎 -- が見つかり、 これにより、高原に豊かな天然ガスと原油があることの理由を説明できるかもしれない。

児童炭坑労働者がラバの世話をする。
ウェスト・バージニア州ゲイリー (Gary), 1908 年
ランドマークと州立公園

アパラチア高原には多くのランドマークと、 キャンプ、ハイキングや見どころの公的スペースがある。 ニューヨーク州のアレゲーニー州立公園、 ペンシルバニア州のオハイオパイル州立公園 (Ohiopyle State Park)、 オハイオ州のホッキング・ヒルズ州立公園 (Hocking Hills State Park)、 ウェスト・バージニア州のクーパーズロック州立森林公園 (Cooper's Rock State Forest)、 ジョージア州のクラウドランド・キャニオン州立公園 (Cloudland Canyon State Park) は高原の、あるいはその端の著名な州立公園である。 もっと多くの州立公園と州立森林公園がこの地域を通してあり、 ウェイン国立森林公園 (Wayne National Forest) とアレゲーニー国立森林公園 (Allegheny National Forest) も同様にアパラチア高原にある。

グレート・スモーキー山脈 (Great Smoky Mountains)、テネシー州