ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Pennsylvania and Ohio Canal - Wikipedia
ペンシルバニア・オハイオ運河
(Pennsylvania and Ohio Canal)

ペンシルバニア・オハイオ運河は、P&O 運河、横断運河、 マホーニング運河とも呼ばれ、 1840 年から 1877 にかけて操業した輸送運河である。 (もっとも、運河は 1872 年までに完全に見捨てられていた。) これは 2 つの州に属する運河 (オハイオ州のオハイオ・エリー運河とペンシルバニア州のビーバー・エリー運河) を接続するための運河であるという点で独特であり、私的な資金で建設された。

  1. 歴史
  2. 効果
  3. 閉鎖
歴史

オハイオ州ウォレンで、1833 年の 11 月 13 日に開催された協議会で、 109 名の代表委員はペンシルバニア・オハイオ運河に私的に資金供給することを決定した。 というのは、どちらの州も別の州につながる運河に資金を供給することがなかったからである。 建設は 1835 年の 9 月 17 日に始まり、 このとき 2 人の運河の技術者が現在「ポーテッジ・サミット」と呼ばれる場所の中心の地面に 鉄の杭を打ち込んだ。 「ポーテッジ・サミット」は現在のオハイオ州ケント (Kent) とラベンナ (Ravenna) の中間にある。 労働者は手作業で P&O の 82 マイル (132 km) 掘削し、 つるはし、ショベルそして一輪車を使用した。 運河はペンシルバニア州ニュー・カッスル (New Castle) からオハイオ州アクロンまで走り、 アクロンのダウンタウンでオハイオ・エリー運河と合流した。 運河はアメリカ原住民のトレイル、カヤホガ川、マホーニング川に沿って走っていた。 オハイオ州北東で、ピッペン湖、ブレイディー湖が運河の水源となった。 運河が 1840 年 8 月 4 日に公的に開通した時には、運河沿いで大きな祝賀会が開かれた。

効果

この地方の他の運河と同様に、 ラバや馬が運河のボートを引き、これによりボートが航行した。 この運河と他の運河を使用して、 物資や乗客がピッツバーグからクリーブランドやエリー湖に輸送された。 これはオハイオ州北東部と他の東部の州の間の交易に貢献し、 運河沿いの町や村を大きくし、繁栄させた。 オハイオ州マホーニング峡谷の鉄鉱石産業の発展は運河のせいであると言っている人もいる。

閉鎖

鉄道の到来と拡張により、運河は次第に重要性が減った。 運河のすべての区間が 1872 年までに見捨てられ、 1877 に運河は公的に見捨てられ、残された資産はすべて売却された。 今日、運河の河床の痕跡はオハイオ州北東部の多くの場所で残っており、 これにはオハイオ州マンロー・フォールズ (Munroe Falls)、 オハイオ州ケントのダウンタウンが含まれる。 ケントではカヤホガ川がかっての運河の河床を通っている。 P&O 運河の水道橋の 1 つが、ケント南部に残っており、 カヤホガ川のすぐ南でプラム川 (Plum Creek) を横断している。


オハイオ州ケントの南部でプラム川にかかる P&O の水道橋
今日ではかっての運河の河床に建設された
ポーテッジ・ハイク・バイク・トレイルが通っている。