ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Ohio and Erie Canal - Wikipedia

運河はもう機能していませんが、曳舟道が整備され公園になっている部分があり、 このような箇所はグーグルの地図で曳舟道をたどることができます。(北の一部分のみです。)

オハイオ・エリー運河の曳舟道

コース上の地点の座標はこの頁の最後に記載している座標データを使用しています。

オハイオ・エリー運河 (Ohio and Erie Canal)

オハイオ・エリー運河は 1820 年代と 1830 年代初頭に米国オハイオ州で建設された運河である。 これは、 サミット郡アクロン (Akron, Summit County) とクリーブランドのカヤホガ川 (Cuyahoga River) を接続し、 接続場所はエリー湖への河口近くであった。 数年後にサイオート郡ポーツマス (Portsmouth, Scioto County) でオハイオ川と接続し、 ペンシルバニア州の他の複数の運河システムと接続した。

訳注
Google map: ポーツマス

運河は 1827 年から 1861 年にかけて交易貨物を輸送し、 鉄道の到来により (運河の) 市場がなくなった。 1862 年から 1913 年にかけて、運河は産業や町の水源の役割を果たした。 1913 年には、運河の重要部が深刻な氾濫に遭遇して運河が見捨てられた。

今日残っている大半の部分は、 米国国立公園局 (National Park Service) あるいはオハイオ州天然資源局 (Ohio Department of Natural Resources) により管理されている。 運河は色々なリクリエーション目的のために一般により使用され、 今でも幾つかの産業に水を提供している。 運河の幾つかの部分は保存されており、 これには「オハイオ・エリー運河歴史地区」 (Ohio and Erie Canal Historic District) があり「国の歴史的ランドマーク」(National Historic Landmark) の一つとなっている。


1902 年のオハイオ・エリー運河
  1. 歴史
  2. 運河と関連した著名な人物
  3. 今日の運河
  4. 興味ある地点
歴史

オハイオ州は 1803 年に州となり、 ほとんど人が住んでいない場所で、50,000 人が住んでいただけであった。 この 50,000 人は州に点在していただけで、 経済的に物資を運ぶ手段がなく、 農業は地元のみに貢献していただけで、 大規模な製造業はほとんど存在していなかった。

運河システムを切望する運動

早くも 1787 年には ジョージ・ワシントン トーマス・ジェファーソンは国内運河システムの一部として、 エリー湖とオハイオ川を接続する運河が望まれることを議論した。 1807 年にようやく、 オハイオ州の最初の上院議員である トーマス・ワージントン (Thomas Worthington) が議会での決議を提出し、 財務長官である アルバート・ガラティン (Albert Gallatin) に上院に報告するように要求した。 1810 年に デウィット・クリントン (DeWitt Clinton) はエリー運河委員会の委員長に任命された。 彼はエリー湖とハドソン川を接続する運河の建設に国の援助を得る試みに成功しなかった。 そこで、彼はオハイオ州の地方議員とオハイオ州選出の国会議員の援助を得た。 1812 年 1 月 15 日に、オハイオ州議会の総会で五大湖とハドソン川の接続は「国家的に重要な」計画である との観点を表明する決議が通過した。 しかしながら、 マディソン大統領 (President Madison) は提案に反対で、 1812 年の戦争 ( 米英戦争) によりすべての議論がおしまいとなった。

1816 年 12 月 11 日に、クリントンはこの時すでにニューヨーク州知事で、 オハイオ州議会に対して、ニューヨーク州は国の援助なしにエリー運河を建設する意向であることを表明し、 オハイオ州がこの試みに参加することを求めた。 1817 年 1 月 9 日に、オハイオ州議会はオハイオ州知事 (前上院議員) のトーマス・ワージングトンに クリントンと交渉するように指図した。 しかしながら、その経費からオハイオ州議会はぐずぐず取り扱い、 その後 3 年の間何も起きなかった。 1822 年の 1 月に遂に、進歩主義の気まぐれから、 オハイオ州議会は運河システムと州における公共の教育義務の資金提供をする法案を通過した。

訳注
エリー運河は大量の農産物を市場に出荷することを可能とし、 逆方向には産業製品を出荷しています。これを可能とするためには 内陸部にも運河が必要となり、 オハイオ・エリー運河もその 1 つであったことはほぼ明らかと思われます。 また、エリー運河は移民を内陸部に運んでおり、 当初の移民の行き場所はオハイオ州であったのかもしれません。 いずれにせよ、この時期に米国が本当の意味で建国されている。
測量とデザイン (1822 年)

1822 年 1 月 31 日に、オハイオ州議会は技術者を採用して委員会を任命する決議を通過させ、 できるだけ早く運河システムの測量とデザインをさせることにした。 $6000 を越えない予算がこの目的のために割り当てられた。

ジェームス・ゲッデス (James Geddes) が (この仕事に) 採用された。 彼は過去にニューヨーク州の運河に経験がある技術者であった。 オハイオ州の人口の大半がクリーブランドからシンシナティーの線上に生活していたため、 これらの地域には運河の主幹線を通す必要があった。 運河は一般に峡谷を追う必要があるため、適切なシステムをデザインすることは困難であった。 とりわけ、サイオート川 (Scioto river) とマイアミ川 (Miami river) の峡谷をつなぐためには、 運河をはるかに高くする必要があり、どちらの川の水も水源として使用できなかった。 その結果、運河は 2 つの区間に分割された。 1 つがオハイオ・エリー運河で、これはクリーブランドからポーツマスに至るもので、 リッキング分水嶺 (Licking Divide) を越え、サイオート川峡谷を進む。 もう一つが、マイアミ・エリー運河で、シンシナティーとデイトン (Dayton) を接続するもので、 この第二の運河は後にはるばるとトリード (Toledo) のモーミー川 (Maumee River) に至るまで延長された。

どちらのオハイオ州運河の元々の測量小地面地図も オハイオ州天然資源局 (Ohio Department of Natural Resource) のホームページで見ることができる。

建設 (1825 年 - 1832 年)

1825 年 2 月 4 日に、オハイオ州議会は「航行可能な運河によりオハイオ州の内的改良を提供するための法律」を通過させた。 運河委員会は 1825 年に $400,000 を借り入れることが認可され、 それ以後は一年につき $600,000 を越えない額を借り入れることが認可された。 発行された債権は 1850 年から 1875 年に償還しなければならなかった。

訳注
  1. オハイオ州の借金は州の財政をはるかに超える額であったと思われます。 この頁の最初の方で当時のオハイオ州の住民が 50,000 人であることが書かれ、 後の方で運河の労働者の賃金が書かれており、そこから判断すると、 借金の額は州の財政規模をはるかに超えていたことが容易に想像できます。 しかし、「操業」の時に登場する運河の収支のグラフから、借金は簡単に償還できたようです。
  2. 運河建設の本来の目的はオハイオ州を繁栄させることであったはずですが、 これも、もくろみ通りであったと思われます。 運河を建設することにより、農民が農産物を出荷して現金化することが可能となり、 これにより州の税収がずっと増え、多くの移民を州に呼び込めたと思われます。 更に、これにより米国の産業革命の基礎が構築された可能性があります。 農民たちの収入が増えたことは、 米国農業の機械化の起因となり、機械の需要を掘り起こすことになるからです。 オハイオ・エリー運河は 1860 年頃にその機能がほとんどなくなりますが、 これでも十分だったのです。すでに次のステップが始まっており、 運河はその使命を完全に果たしていたからです。

1825 年の 7 月 4 日に、オハイオ州ニューアークの近くのリッキング・サミット (Licking Summit) で起工式が挙行された。

運河の仕様は、(運河の断面の) 上部で最低限 40 フィート (12 m) の幅、 底部で最低限 26 フィート (8 m) の幅、深さは最低でも 4 フィート (1.2 m) であった。 これらの限界値はしばしば超えることになり、 実際こうする方が安上がりであった。 例えば、堤防を 1 つしか作らず、隣接する山麓丘陵まで全部水で満たせば、 丘陵が数百フィート先にあろうと、堤防を 2 つ作るよりも安上がりとなることがあった。 川をダムでせき止めて、長い停滞水域を作り、これに曳舟道を追加すれば運河の一部とすることができた。 最低値を守る方が経済的に意味がある場合には、 例えば水門の幅、運河が岩場を通る時とか、 水道橋などでは、最低の幅に固執した。

工事の請負は次の作業に分割された:

当初は請負業者は一般に経験がなく、信頼できなかった。 1 つの仕事に 50 件もの入札があったことは普通であり、 多くは工事が施工される地元の業者であった。 選ばれた業者が、契約で安値を付けすぎて、夜中に消えてしまい、 労働者には賃金が支払われず、契約も履行されないことがあった。 事態が非常に悪く、労働者は賃金が支払われないことを恐れ、 運河の仕事を拒否した。 入札過程が改善し、もっと信頼できる請負業者が従事することになって、 事態が改善した。

労働者は当初 1 日あたり $0.30 を支払われ、1 ジガー (jigger, 44 ml) のウィスキーが提供された。 工事が進み、人手不足になると、労働者は 1 ヶ月あたり $15 を稼ぐようになった。 当時は、オハイオ州では現金が不足しており、物々交換が行われていた。 運河での仕事は魅力的で、 多くの農民を土地から引き寄せた。

1827 年 7 月 3 日に、オハイオ・エリー運河のボートがアクロンを出発し、 41 基の水門と 3 基の水道橋を通り抜けて、37 マイル (60 km) の旅程の後、 7 月 4 日にクリーブランドに到着した。 平均速度の時速 3 マイル (4.8 km) は遅く見えるかもしれないが、運河のボートは 10 トンの荷を運ぶことができ、わだちのついた道路を走る馬車よりはずっと効率的であった。

これに続く 5 年間に、運河の区間がどんどん開通し、遂に 1832 年に完成した。

1832 年にオハイオ・エリー運河が完成した。 全運河システムは 308 マイル (496 km) の長さで、 146 基の水門があり、1208 フィート (368 m) 上昇する。 更に、 5 つの給水運河があり、システムに 24.8 マイル (39.9 km) の長さと 6 基の水門が追加された。これには次がある:

運河の水門の番号はロウアー・ベイスンからつけられ、 このベイスンはアクロンの現在のエクスチェンジ・ストリートとメイン・ストリートの 交差点の南西の角の近くにあった。 ベイスンの北の水門は水門・北1 (Lock 1 North) で、 南の水門は水門・南1 (Lock 1 South) となる。 このベイスンでペンシルバニア・オハイオ運河が接続していた。

操業 (1833 年 - 1914 年)

運河は 1830 年代から 1860 年代初頭にかけて繁栄の黄金時代を甘受し、 1852 年から 1855 年にかけて収入が頂点に達した。 1840 年代にはオハイオ州は (米国で) 3 番目にもっとも繁栄していた州であり、 その成長の多くは運河に依存していた。 南北戦争の直後には、 鉄道が運河の事業を取り上げることが明らかとなった。 運河がひどく氾濫した後の 1861 年から 1879 年にかけて、オハイオ州は運河を民間業者に貸与し、 業者は次第に減少するボートの操業と、工場や町に水を売ることにより収入を得た。 1879 年に運河が州に戻ってきた時に、 州は運河が保守されていなかったことに気づき、 運河を取り囲んでいる州の土地が不正に個人に売却されていることに気が付いた。 多くの場合、運河は「健康の理由」から埋め立てられ、 新規の鉄道の軌道が通行権によりその上に敷設された。 多くの州の土地は政治的に抜け目のない個人に無償で与えられた。 にもかかわらず 20 世紀初頭に至るまで、水の販売により収入が生じ、 運河を取り囲む土地の回収と販売によっても収入が得られた。


オハイオ・エリー運河により、オハイオ州に
生じた年間の支出と収入 (1827 年 -- 1903 年)
放棄

1850 年代の最盛期と 1860 年代初頭の南北戦争によって収入が底をついたあとで、 運河の支出は、高騰する保守費用により収入を上回り始めた。 1911 年までに、運河の南の部分の大半が放棄された。 記録的な積雪があった冬が終わったあとの 1913 年の 3 月 23 日に、 嵐がオハイオ州に異常に多量の雨をもたらし、水道橋を破壊し、堤防を流し去り、 水門の大半を荒廃させた。 アクロンでは、渋滞した洪水を流すために水門 1 がダイナマイトで爆発された。


アクロン・ビーコン・ジャーナル紙の
1913 年の 3 月 25 日の 1 面
洪水の 2 日後
運河と関連した著名な人物
今日の運河

「オハイオ・エリー運河歴史地区」(Ohio and Erie Historic District) は 24.5 エーカー (99,000 m3) の広さの歴史地区で、運河の一部を含んでおり、1966 年には「国の歴史的ランドマーク」(National Historic Landmark) に指定された。これはバレー・ビュー村 (village of Valley View) の中の 4 マイル (6 km) の区間で、 3 基の水門とティンカーズ川水道橋とそれ以外の 2 つの構造物がある。

オハイオ・エリー運河の水のある区間の一つはオハイオ州サミット郡にある。 オハイオ・エリー運河は今日に至るまで、地元の産業に水を供給するために維持されている。 洪水以後、運河の少々の区間は地元の産業が荷を運搬するために使用し続けた。 別の「水がある区間」はブラックスビル (Brecksville) の ステーション・ロード・ブリッジから北に向かって延び、バレー・ビューとインデペンデンスに向かっており、 これはすべてクリーブランドの郊外である。

ブラックスビル・ダムからカヤホガ郡のロックサイド・ロードまでの オハイオ・エリー運河の区間は 1989 年に 「国立レクリエーション地域」として「国立公園局」に移管された。 (現在は「カヤホガ・バレー国立公園」と呼ばれる。)

「クリーブランド都市公園」により、 「カヤホガ・バレー国立公園」から運河の土地の一部が運河のターミナルに貸与された。 「クリーブランド都市公園」は隣接する不動産と 周辺の「オハイオ・エリー運河特別保留地」(Ohio & Erie Canal Reservation) を管理している。

サミットの南方は、(オハイオ州天然資源局の) 水道部門 (Division of Water) が所有・維持するオハイオ・エリー運河の区間は水のある区間と呼ばれている。 この区間はバーバートン (Barberton) の南のサミット湖 (Summit Lake) の北端からおよそ 12 マイル (19 km) の距離を走り、 この区間にはタスカラワス川 (Tuscarawas River) からの給水運河とポーテッジ・レークス (Portage Lakes) の水位調節機構 (hydraulics) が含まれている。

オハイオ・エリー運河は 6 人の水道部門の従業員がアクロンで維持している。 オハイオ・エリー運河は、その姉妹運河と同様に、大量の豪雨の濁流 (stormwater) を運ぶ。 運河は大量のあふれかえる濁流を収容できるようにデザインされていない。 今日経験する泥と浸食の問題は豪雨の濁流の結果であり、 これは何年もの間、運河にパイプで通していたのである。

1996 年の後半に、 ゾア (Zoar) からクリーブランドに至る運河は「国内歴史遺産回廊」(National Heritage Corridor) に指定された。 この指定は多くの地域社会、市民組織、実業界そして人々が協力して運動したことによりもたらされた。 オハイオ州天然資源局は多くの地元の自治体や組織と協力し、オハイオ・エリー運河の絶えざる発展を確かなものとしている。

運河の土地の配置を示す地図がオハイオ州天然資源局のホームページで利用可能である。

興味ある地点
復元されたボート 曳舟道の橋がインナーベルト
を横断、アクロンのダウンタウン
訳注
  1. 「復元されたボート」の絵を拡大してみると、このボートの名前が「モンティチェロ III」であることがわかります。 このボートはレイク・パークを拠点にしており、馬で引きます。 Coshocton Lake Parkに掲載の写真を参照のこと。
  2. 「インナーベルト」(innerbelt) は「内環状道路」と訳せます。
接続運河

オハイオ・エリー運河は当初はアクロンとクリーブランドのエリー湖を接続していたが、 数年以内にはるばるとオハイオ川まで延長した。 後に、複数の接続運河が建設されて、 ペンシルバニア・オハイオ運河と接続され、オハイオ州東部の他の部分とも接続された。

オハイオ・エリー運河の接続運河
座標相対標高名称記述
    コロンバス給水線
(Columbus Feeder)
フランクリン郡、コロンバス、ロックボーン
(Lockbourne,Columbus,Franklin County)
    グランビル給水線
(Granville Feeder)
リッキング郡、グランビル
(Granville Licking County)
    ホッキング・バレー
(Hocking County)
フェアフィールド郡、ランカスター、
キャロル
(Carroll, Lancaster, Fairfield)
ホッキング郡、ローガン
(Logan, Hocking County)
アセンズ郡、アセンズ、ネルソンビル   
(Nelsonville, Athens, Athens County)
    マスキンガム・サイド・カット
(Muskingum Side Cut)
マスキンガム郡、ドレスデン、
ゼーンズビル
(Dresden, Zanesville, Muskingum County)   
モーガン郡、マッコネルスビル
(McConnelsville, Morgan County)
ワシントン郡、マリエッタ
(Marietta, Washington County)
    ペンシルバニア・オハイオ運河 オハイオ州:
サミット郡、アクロン
(Akron, Summit County)
ポーテッジ郡、ラベンナ、ケント
(Kent,Ravenna,Portage County)
トランブル郡、ウォレン
(Warren, Trumbull County)
マホーニング郡、ヤングスタウン
(Youngstown, Mahoning County)
ペンシルバニア州:
ビーバー郡、ビーバー、ローレンス
(Lawrence, Beaver, Beaver County)
アレーゲーニー (Allegheny)
40°44′27″N 80°53′37″W 1112 feet
(339 m)
サンディー・ビーバー運河
(Sandy and Beaver Canal)
別名、タスカワラス給水線
(Tuscarawas Feeder)
タスカワラス郡、ボリバー (Bolivar)
コロンビアナ郡、ハノバートン、リスボン、
イースト・リバプール (Hanoverton, Lisbon,
East Liverpool, Columbiana County)
ペンシルバニア州:
ビーバー郡グラスゴー
(Glasgow, Beaver Conty)
40°19′19″N 81°56′49″W 774 feet
(236 m)
ウォルホンディング運河 コショクトン郡、ロスコー
ノックス郡、ブリンクヘイブン
(Brinkhaven, Knox County)
曳舟道トレイルのランドマーク

多用途の 自転車用/歩行者用 のトレイルが以下のように建設されている。 カヤホガ郡南部とサミット郡北部はカヤホガ・バレー国立公園、 カヤホガ郡北部はクリーブランド都市公園、 サミット郡南部はアクロン市/サミット郡の都市公園。 このようにして、元々のオハイオ・エリー運河の曳舟道のルートがおおよそカバーされている。 (カヤホガ郡北部はまだ建設中である。) 公園中に興味ある点に行くための接続トレイルがある。

復元された 12 マイル水門 38
カヤホガ・バレー国立公園
ペニンスラ水門 29
後方でペニンスラ水道橋の鋼
のトラスがカヤホガ川を横断
ディープ水門 28
1985 年に存在していた時の姿
訳注
  1. 以下 milepost を「マイル標」としています。原作者は文献から引用しているので、 起点からの距離から判断しているのかもしれません。また milepost marker も 登場し、こちらの方は「マイル標碑」と訳しています。運河が生きていた時には石でできた「マイル標」が あったはずで、こちらの方が「マイル標碑」かもしれません。
  2. 水門の番号付けはアクロンから北に向かって 1 North, 2 North, .. のように振られますが、 ここでは 1N, 2N,.. のように略記しています。アクロンから南には水門は 1 South, 2 South,.. のように振られるはずですが、 原文の番号付けが整合していないように思えるので後半部は訳すことをあきらめました。
  3. 原文では GNIS ( 地名情報システム, Geographic Names Information System) の座標も書かれていますが、何の座標であるか説明がなく、翻訳では出現順に GNIS 1. GNIS 2,.. のように番号を付けています。 この座標データはアクロンよりも南のルートにも登場し、それに関しては次の地図に書き込んであります。 地図を見ればわかるように GNIS 17 の位置が大幅にルートからずれており、これも後半部を訳さなかった 理由の一つです。地図には GNIS 9 から GNIS 16 まで書き込んでいますが、 この部分はある程度信頼できそうです。
    オハイオ・エリー運河の曳舟道の地図
オハイオ・エリー運河の曳舟道のランドマーク
マイル標 座標 相対
標高
名称 型式 自治体
0 41°29′39.76″N 81°42′10.4″W 0 feet
(0 m)
カヤホガ・
リバー・スループ
水門 44N クリーブランド
        水門 43N クリーブランド
      計量 水門 クリーブランド
3       水門 42N クリーブランド
3     計量 且つ 防御 水門 42A N クリーブランド
5 41°26′49.38″N 81°40′56.88″W   ラスバンズ
(RathBuns)
水門 41N  
8 41°25′8.82″N 81°38′38.58″W   ウィロウ
(Willow)
水門 40N カヤホガ・ハイツ
(Cuyahoga Heights)
  41°25′2.53″N 81°38′18.88″W   ミル川
(Mill Creek)
水道橋 カヤホガ・ハイツ
  41°24′57″N 81°38′2″W     GNIS 1  
         
        トレイル起点  
11       マイル標碑  
11 41°23′24.22″N 81°37′28.95″W 590 feet
(180 m)
  水門 39N インデペンデンス
(Independence)
  41°23′4″N 81°37′7″W     GMIS 2  
12       マイル標碑  
         
        トレイル起点  
12 41°22′20.78″N 81°36′46.23″W 600 feet
(180 m)
  水門 38N バレー・ビュー
(Valley View)
13       マイル標碑  
41°21′53″N 81°36′32″W 610 feet
(190 m)
ティンカーズ川 水道橋  
         
14 41°21′24.06″N 81°35′49.02″W 620 feet
(190 m)
  水門 37N  
        工場  
14       マイル標碑  
        トレイル起点  
15       マイル標碑  
16       マイル標碑  
  41°21′20″N 81°35′46″W     GNIS 3  
17 41°19′23.06″N 81°35′11.9″W   パイナリー・ダムと給水線 (Pinery Dam and Feeder) 水門 36N  
         
17       マイル標碑  
        トレイル起点  
19 41°18′45.43″N 81°34′59.89″W   ケトルウェル・ウィスキー (Kettlewell Whiskey) 水門 35N  
18       マイル標碑  
19       マイル標碑  
20 41°17′21.08″N 81°33′51.99″W   レッド (Red) 水門 34N  
        トレイル起点  
         
20       マイル標碑  
20.5 41°16′33.52″N 81°33′38.14″W   ウォーレス (Wallace) 水門 33N  
21       マイル標碑  
21 41°15′56″N 81°33′31″W 650 feet
(201 m)
ボストン (Boston) 水門 32N  
        トレイル起点  
         
         
         
         
22       マイル標碑  
22 41°15′5.93″N 81°32′45.36″W   ロンサム (Lonesome) 水門 31N  
23       マイル標碑  
23 41°14′44.04″N 81°33′14.87″W   ペニンスラ給水線
(Peninsula Feeder)
水門 30N ペニンスラ
      ペニンスラ トレイル起点 ペニンスラ
23 41°14′33.54″N 81°33′1.29″W 690 feet
(210 m)
ペニンスラ 水門 29N ペニンスラ
  41°14′33.01″N 81°33′0.86″W   ペニンスラ 水道橋 ペニンスラ
         
24       マイル標碑  
25 41°13′57.38″N 81°33′6.77″W 700 feet
(210 m)
ティープ (Deep) 水門 28N ペニンスラ
        トレイル起点  
25       マイル標碑  
26       マイル標碑  
27 41°12′16.25″N 81°34′15.43″W 710 feet
(220 m)
ジョニー・ケーキ
(Johnny Cake)
水門 27N  
  41°12′7″N 81°34′21″W   ファーネス・ラン
(Furnace Run)
水道橋  
27       マイル標碑  
         
28       マイル標碑  
28 41°11′7.74″N 81°34′52.05″W 718 feet
(219 m)
パンケーキ 水門 26N  
      アイラ (Ira) トレイル起点  
29       マイル標碑  
29 41°10′32.27″N 81°34′46.82″W   マッドキャッチャー
(Mudcatcher)
水門 25N  
30 41°10′20.5″N 81°34′40.93″W   ナイルズ
(Niles)
水門 24N  
       
30       マイル標碑  
       
    インディアン・マウンド
(Indian Mound)
トレイル起点  
  41°3′57″N 81°32′12″W     GNIS 4  
32     ブース・ポート
(Booth Port)
水門 23N  
32     ブース・ポート
(Booth Port)
水門 22N  
33       水門 21N  
        水門 20N  
      ブラック・ドッグ・クロッシング (Black Dog Crossing) 水門 19N  
35       水門 18N  
36       水門 17N  
36       水門 16N  
36     アクロン・マスティル・ストア (Akron Mustill Store) 水門 15N アクロン
36       水門 14N アクロン
36       水門 13N アクロン
36       水門 12N アクロン
36       水門 11N アクロン
36       水門 10N アクロン
        水門 9N アクロン
        水門 8N アクロン
37       水門 7N アクロン
37       水門 6N アクロン
37       水門 5N アクロン
37       水門 4N アクロン
37       水門 3N アクロン
38       水門 2N アクロン
38       水門 1N アクロン
      ポーテッジ・ランディング
(Portage landing)
水門 0 アクロン