ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Conewago Canal - Wikipedia
コンワーゴ運河 (Conewago Canal)

コンワーゴ運河 はペンシルバニア州ヨーク・ヘイブン (York Haven) の下流の サスケハナ川 (Susquehanna River) の西岸で、 ヨーク郡 (York County) ハリスバーグ (Harrisburg) の南 11 マイル (18 km) の場所にあり、 これにより 18 世紀末と 19 世紀始めに、 コンワーゴ滝 (Conwago Falls) で川船 (rivercraft) が安全に急流を バイパスすることが可能となった。 1 マイル (1.6 km) に満たない運河の工事は 1793 年に始まり、1797 年に完成した。 ロバート・モリス (Robert Morris) はフィラデルフィアの金融業者で、プロジェクトを組織し、 主任技術者であるジェームス・ブリンドリー (James Brindley) -- 同名の英国の技術者の甥 -- がこれを実施した。 2 基のリフト水門は運河の両端の間の 16 フィート (6 m) の落差を克服し、 防衛水門 (guard lock) が、とりわけ洪水の最中に、不必要な水をブロックした。 ボートは上流にも下流にも向かうことができた。 上流に向かうボートは 37 分で運河を航行でき、比較すると、 堤防沿いで上流に引き揚げるには 30 名から 40 名の人が必要で、丸 1 日かかった。 ヨーク・ヘイブン (York Haven) は 40°06′39″N 76°42′57″Wにある。([訳注:座標が少しずれている、ズームアウトする必要がある。])

運河にも関わらず、流量の変動により川を輸送に使用することは毎年数ヵ月間に限定された。 付け加えると、川船の船長は私的に所有された運河を使用するのに要求された料金を 払うことを嫌った。 川船の箱船 (river ark) は、ボートの一種で、急流の岩から被害を受けにくく、 急流を走り、料金を避けることが可能であった。 ペンシルバニア運河の東部運河区 (Eastern Division) はコロンビア (Columbia) と ジュニア―タ川 (Juniata River, /ˈdʒuːniˌɑːtə/) の流出口 (mouth) の 間を走り、この川の同区間をバイパスした。

歴史的ペンシルバニア運河と接続鉄道の地図
訳注
川船の箱船 ( ark) とは米国の初期に使用された川船で、 下りのみ航行して、目的地に着いたら船を分解して木材として売却され (材木、炭、農産物を運ぶのに利用)、筏の上に簡単な居住区がついていた。
川船のアーク
歴史

州の基礎にある地質学の理由から、 コンワーゴ滝 (Conewago Falls) の上流のサスケハナ川 (Susquehanna River) とその支流は下流よりも航行がしやすかった。 上流では キールボート (keelboats) と ダラム・ボート (Durham boats) はこれらの川で貨物を輸送できたが、 チェサピーク湾 (Chesapeake Bay) に至るサスケハナ川 (Susquehanna) の最後の 50 マイル (80 km) 程度は 速く、浅く、岩がちであった。 コーンワーゴ運河 (Conewago Canal) の完成までは、 大半のボートはミドルタウン (Middletown) で停船し、 材木、小麦、そして鉄の貨物を荷下ろしして、 貧弱な 100 マイル (161 km) 以上の道路をフィラデルフィアまで運んだ。 川の東岸のミドルタウン (Middletown) と西岸のヨーク・ヘイブン (York Haven) は重要な製粉の中心地となった。 というのはサスケハナ峡谷 (Susquehanna Valley) からフィラデルフィアや ボルチモア (Baltimore) に小麦粉を荷車で運ぶ方が、 処理していない小麦を運ぶよりは安価であったからである。 1791 年、ペンシルバニア州議会は資金を認可して、 コロンビア (Columbia) より上流のサスケハナ川 (Susquehanna River) の航行水路 (navigation) を改良することにより、 フィラデルフィアに出入りするトレードを増大することになった。 私的に資金繰りされていたが、コンワーゴ運河 (Conewago Canal) はこれらの一般計画の一部分になった。

訳注
ダラム・ボート (Durham boat) とは、平底で、船首船尾が同じ形の大型木造貨物船。
ジョージ・ワシントンのデラウェア川横断の再現 (reenactment) で使用されているダラム・ボート

ペンシルバニア州の東西トレードの計画は、 改良した基幹道路 -- 1794 年に私的会社により、石と砂利で建設された 「フィラデルフィア・ランカスター有料道路」 (Philadelphia and Lancaster Turnpike) -- も含んでいた。 ランカスター (Lancaster) からコロンビア (Columbia) とサスケハナ川 (Susquehanna River) への 10 マイル (16 km) の延長が 1803 年に追加された。 1797 年の後では、ボートはコンワーゴ運河 (Conewago Canal) を使い、 荒れた川をバイパスして、コロンビア (Columbia) まで進み続けることができ、ここで貨物は積み下ろされて、荷馬車で運ばれた。 1803 年以後、改良された道路がコロンビア (Columbia) からフィラデルフィアまの全行程で建設された。