ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Delaware and Raritan Canal - Wikipedia

デラウェア・ラリタン運河は現在では航行可能でなく、また埋められたり暗渠になったりした部分が ありますが、流れを追うことができる部分を地図にしました。

デラウェア・ラリタン運河の地図

なお曳舟道は地図で追うことができるので、運河がどのようなコースを取っていたのかは 大体わかります。現在は州立公園になっています。以下の州立公園の節を参照のこと。

デラウェア・ラリタン運河
(Delaware Raritan Canal)

デラウェア・ラリタン運河 (D&R 運河) は米国ニュージャージー州の中央にある運河で、 1830 年代に建設され、デラウェア川とラリタン川を接続する役をになった。 この運河はペンシルバニア州フィラデルフィアとニューヨーク市の間の 効率的で信頼できる貨物の輸送手段として意図されたもので、 とりわけペンシルバニア州東部の無煙炭の炭田から石炭を輸送することを目的とした。 鉄道が到来するまでは、 運河はペンシルバニア州の炭田からのルートを何マイルも削減した。 元々のルートはデラウェア川を下り、メイ岬 (Cape May) を周り、 (時々危険な) 大西洋を岸に沿ってニューヨーク市まで至っていた。

ランバートビルの近くの運河 ランバートビルの運河
  1. ルート
  2. 水門と越流水路 (Locks and spillways)
  3. 歴史
  4. 州立公園
  5. 付随する川
  6. 国の歴史登録財 (National Resister of Historic Places)
ルート

運河の本線区間はデラウェア川沿いのボーデンタウン (Bordentown) からラリタン川沿いのニューブランズウィック (New Brunswick) まで走っている。 給水運河の区間 (これが本線運河に給水をしている) は トレントン (Trenton) から北西に 22 マイル (35 km) 延び、 デラウェア川の東岸にそって遡上し、フレンチタウン (Frenchtown) の ブルズ島 (Bull's Island) に至っている。 給水運河は北の小高い所から水を集め、 本線運河の最高区間に給水している。 本線運河は一般的に、北に向かい、ついで東に向かい終点に至っており、 南の方ではボーデンタウンでクロスウィックス川に流れ込んでいた。 全運河システムの全長はおよそ 66 マイル (106 km) であった。 本線区間は 44 マイル (71 km) の長さで、 75 フィート (23 m) の幅があり、8 フィート (2.4 m) の深さがあった。 給水運河は 22 マイル (35 km) の長さで、60 フィート (18 m) の幅があり、 6 フィート (2 m) の深さがあった。

変更されたり、見捨てられたりした区間

トレントンにおける D&R 運河の本線区間はトレントン・フリーウェイ (高速道路) により覆われてしまい (水はこの下を今でも流れている)、 公的使用にはアクセスできなくなった。 ボーデンタウンでデラウエア川への接続を提供していた運河の部分は見捨てられた。 トレントンでは、運河は 1996 年に開通したニュージャージー州道 129 により覆われた。 トレントンの南における別の区間は ニュージャージー州マーサー郡 (Mercer County) のハミルトン郡区 (Hamilton Township) にあり、 トレントンの南の境界とクロスウィック川の間にある。


トレントン・フリーウェイのこの区間は運河の
真上に建設され、運河は未だに下を流れている。
水門と越流水路 (Locks and spillways)

水門は D&R 運河の高度差を克服するために使用された。 多くの水門は現在でも運河沿いにあるが、 上流側ゲートはダムと水のはけ口で置き換えられた。 下流側ゲートは取り除かれ、 従って、水門の水位は下流側の水位と同じである。 水門の幾つかは、運河の近辺の建設計画により、 埋められたり取り除かれたりした。


運河の水門 (2005 年)
上流ゲートの代わりにダムが建設されている。

越流水路は増水時に運河から余剰の水を近くの水路に排出するが、 幾つかの越流水路が運河のルートにある。 越流水路は運河に沿った曳舟道のくぼみで明らかとなる。 越流水路にはラバが歩ける程度に石が並べてあるが、 自転車では通過できない。 流れが停止すると、停滞水域に典型的な種がここに生育する。

歴史

1830 年 2 月 4 日に、ニュージャージー州議会は D&R 運河の認可状を創設する法案を通過した。 カムデン・アンボーイ鉄道・輸送会社の認可状が同日に通過した。 D&R 運河の認可状は建設のために $150 万の株式を割り当て、 建設は 8 年以内に完成することが要求された。 運河は公共の幹線道と見なされたが、 運河会社は運河沿いの乗客や貨物の輸送に通行料や通過税を課すことが許された。


田園地帯

運河システムは大半が手工具で掘削され、 掘削したのはアイルランドからの移民であった。 工事は 1830 年に開始し、1834 年に完成し、 推定建設費は $2,830,000 であった。 運河が始めて開通した時に、 運河でボートを引くためにラバのチームが使用された (蒸気エンジンはまだこのような用途には使用されていなかった。)。

運河が最も多用された時期は、1860 年代と 1870 年代であり、 この時、運河はペンシルバニア州からニューヨーク市に石炭を運ぶことに 使用され、ニューヨーク市はこの時産業革命に入っていた。 1872 年 5 月 18 日に、 D&R 運河は並行する幾つかの鉄道と合併し、 連合ニュージャージー鉄道・運河会社 (United New Jersey Railroad and Canal Company) となり、ペンシルバニア鉄道 (Pennsylvania Railroad) に貸与された。 時間と共に運河の重要性が衰退し、運河と同じ機能をもっと素早く実施するために鉄道が使用されたが、 運河は 1932 年に至るまで使用された。 何年も後に、トレントンとボーデンタウンの間の区間は色々な道路や鉄道の計画のために埋められ、 給水運河は、トレントンから北方のニューブランズウィックまでの本線運河のみに給水することになった。 運河の他の 2 区間が地中のパイプになった:1 ヶ所がトレントンにあり、 トレントン・フリーウェイ ( U.S. ルート 1) が 1952 年に建設された時で、 もう 1 ヶ所がニューブランズウィックにあり、エルマー・ボイド・パークウェイの拡張 (ルート 18) 【訳注:州立道路】が 1984 年に建設された時であった。

州立公園

1974 年に、運河システムの大半がニュージャージー州立公園になった。 今日でも、これは 1 つのままで、カヌー、カヤック、魚釣りに使用されている。 運河沿いの傾いた地道の小道は、蒸気動力のハシケ以前に、 運河のハシケを引くために使用した曳舟道であったもので、 これは現在ではハイキング、ジョギング、サイクリング、乗馬に使用されている。 本線運河の 36 マイル (58 km) 程度と給水運河の全長 22 マイル (35 km) が今でも存在している。 デラウエア川沿いの給水運河 (の曳舟道) は、曳舟道というよりは昔の鉄道の軌道なので、 とりわけサイクリングに適している。


ランバートビルからみた
デラウェア・ラリタン運河

運河はルート沿いの多くの場所からアクセスでき、 大半の道路との交差部には小さな駐車場があり、アクセスが提供されている。 D&R 運河州立公園で最も景色が良く、最も人気のある区間は、 ニュージャージー州プリンストンのカーネギー湖沿いの区間であり、 ここでは小道の一方の側に運河があって、もう一方の側に湖がある。 これ以外の魅惑的な区間は イースト・ミルストーン (East Millstone) にあるコロニアル・パーク (Coloial Park) のアーボリーダム (Arboretum) とガーデン (Garden) の境界になっている。

運河が輸送に使用された時には、 ニュージャージーの景色は田舎のもので、 ここの主な事業は農業であった。 「今や」とニュージャージー州歴史委員会の研究長であるハワード・グリーン (Howard Green) は語り、 「これはこの州で最も愛されている公園の 1 つで、世界で最も多くの人々が居住する場所の 1 つを通り抜ける 丈夫で蛇のような緑道である。これは庭にあった機械から、機械の中の庭に変貌した。」

付随する川

ニューブランズウィックのターミナル
国の歴史登録財 (National Resister of Historic Places)

デラウェア・ラリタン運河は 1973 年に 「国の歴史登録財」に追加された。 これは地区 #73001105 である。 多くの歴史的な運河の家は、 橋の管理人が住んだ場所 (例えばブラックウェルズ・ミルズ運河の家、 ポート・マーサー運河の家) であり、 貢献建造物として登録されている。


ブラックウェルズ・ミルズ運河の家
訳注
  1. ブラックウェルズ・ミルズ運河の家 (Blackwells Mills Canal House): Google map ストリートビュー
  2. ポート・マーサー運河の家 (Port Mercer Canal House): Google map ストリートビュー