ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Commodore Schuyler F. Heim Bridge - Wikipedia

スカイラー F. ハイム提督橋: Google map 3D

スカイラー F. ハイム提督橋
(Commodore Schuyler F. Heim Bridge)

スカイラー F. ハイム提督橋はロサンゼルス港の垂直リフト橋である。 1948 年 1 月 10 日に落成し、 橋は州道 47 (ターミナル島フリーウェイ) がセリトス水路 (Cerritos Channel) を横断することを可能にしている。 開通時には、橋は国で最も高い橋で、路面の重さがおよそ 820 米トン (740 トン) であった。 塔は路面上 186 フィート (57 m) の高さがあり、 満潮時の水面上、およそ 236 フィート (72 m) の高さがある。 橋は 2015 年 10 月 12 日に (すでに) 退役し、 安全性と耐震性の現代の標準に適合する新しい 6 車線の固定スパンの橋で交換されることになっている。 暫定的に 州道 47 スカイラー F. ハイム交換橋 と呼ばれる交換の橋は 2017 年初頭に開通予定である。

手前にスカイラー・ハイム橋 (緑の橋、1948 年)
後方にヘンリー・フォード橋 (灰色の橋、1996 年)
交換の道路橋の建設中の 2014 年に撮影
ハイム橋はロサンゼルスとターミナル島を接続
  1. 歴史
  2. デザイン
  3. ポピュラー・カルチャーにおいて
歴史
ターミナル島に至る初期の橋

サン・ペドロ、ロサンゼルス & ユタ鉄道 (San Pedro, Los Angeles and Utah Railroad) が 1887 年 10 月に法人化され、 サン・ペドロ湾の東側のガラガラヘビ島 (1897 年にターミナル島に改名) からユタ州に至る鉄道建設を目的にした。 同じイングリッシュ・シンジケート -- このシンジケートがカタリーナ島を買収した -- が 1889 年にロサンゼルスとガラガラヘビ島の間の (鉄道の) 通行権を獲得したと言われ、 鉄道を サンタ・フェ鉄道に操業させる計画であったと言われている。 しかしながら、ロサンゼルス・ターミナル鉄道が 1890 年にガラガラヘビ島と通行権を買収し、 島で最初の軌道を敷設し、 1891 年に島の西端、東端を結び、ロングビーチに至る鉄道を完成した。 これは計画された大陸横断鉄道の開始点であった。 この路線には長さ 1000 フィート (300 m) のパイル橋 (杭の橋、pile bridge) があり、この橋は現在のジェラルド・デズモンド島 (Gerald Desmond Island) の近くでロサンゼルス川の河口に架かっていた。

訳注
パイル橋は本来は多くのパイル (杭、pile) を使用して橋の基礎構造を建設し、橋脚をその上に建設するもののようですが、 以下の記述から、ここでは架台橋 (trestle bridge) の意味で使用しています。

この架台橋 (trestle bridge) が、水上交通がセリトス沼地 (Cerritos Srough) の東端を 通り抜けることを事実上妨害したため、 戦争省 (War Department) は 1906 年にソルト・レーク鉄道 (Salt Lake Railway) に橋を取り壊すように命令した。 長さ 3300 フィート (1000 m) のトンネルが 1907 年 2 月に橋の代わりに提案されたが、 ソルト・レーク鉄道は 1906 年 9 月に固定架台橋の代わりに可動橋で置き換えることを申請していた。 新しい可動橋の位置は 1907 年 5 月に設定され、最初の杭が 1907 年 12 月に打ち込まれた。 橋は 1908 年にシェルツァー・ローリング・リフト橋として完成した。 港の交通が増えると、 セリトス沼地を 1000 フィート (300 m) の幅に拡大する計画が進展し、 ロサンゼルス港とロング・ビーチ港に接続することになった。 しかしながら、水路を広げるには新しく改名したソルト・レーク鉄道がターミナル島内の軌道を移動し、 1908 年の橋を取り除く必要があった。 何年間かの交渉の後で、妥協が成立した。 水路は幅を広げた後で、セリトス水路と改名された。 妥協の一環として、ソルト・レーク鉄道が軌道を移動して、水路の拡張のために土地を譲渡する代わりに、 市は波止場を再建して、 代わりの橋を建設することになった。 代わりの橋は 1924 年にバジャー・アベニュー橋 (Badger Avenue Bridge) (後にヘンリー・フォード橋と改名) として完成した。 この橋は 2 枚リーフのバスキュール橋で複線を通す幅があった。 1908 年の橋は 1934 年にワシントン州に移動され、そこで BNSF 鉄道の橋として、今でも使用されている。 この橋はロングビュー (Longview) におけるカウリッツ川 (Cowlitz River) の (コロンビア川との) 合流口に架かっている。

訳注
原文の説明は順番通りに架かれていませんが、 ロサンゼルス・ターミナル鉄道がソルト・レーク鉄道に改名したようです。

このような初期の鉄道橋にもかかわらず、ターミナル島の住民は道路橋をひどく望み、 荷馬車橋を 1894 に申請し、1906 年に再び申請した。

1948 年のスカイラー・ハイム垂直リフト橋

1924 年にはターミナル島の海軍航空基地の工事が始まった。 港の交通は増え続け、米国海軍は 1940 年初頭にターミナル島の基地の拡張を始め、 これには航空基地の拡張が含まれた。 海軍の拡張計画には、 ヘンリー・フォード橋を通過することができるよりも多くの労働者が必要となり、 海軍は 1941 年に新しい道路橋の建設を依頼した。 橋の建設は 1946 年に始まった。 1947 年 10 月に至るまでプロジェクトの主任技術者は H. E. ウィルソン (H. E. Wilson) であった。 橋はスカイラー・フランクリン・ハイム提督に敬意を表して命名され、 彼は 1942 年にターミナル島の海軍航空基地 (Naval Air Station) の指揮を取っていた。

カリフォルニア州は 1964 年にロサンゼルス市から橋の操業を引き継いだ。 1988 年現在では、橋は頻繁に持ち上げられ、年間でおよそ 8500 回であった。

ヘンリー・フォード橋 (1924 年) が手前、
スカイラー・ハイム橋 (1948 年) が後方
(1994 年撮影)
交換の固定スパンの橋

州道 47 スカイラー・ハイム橋交換プロジェクトは元々の垂直リフト橋を固定スパンの橋で置き換えることになる。 この橋は車両通行用に全部で 6 車線を持つことになり、片側 3 車線で、長さ 3/4 マイル (1.2 km) である。 新しい橋は恒久的な航行水路 -- 幅 180 フィート (55 m) で垂直余地 47 フィート (14 m) -- を提供する。建設は 2017 年初頭に完成する予定である。

デザイン

橋の路面は金網 (open glid) のデザインを使用して重さを軽くし、橋の持ち上げを容易にし、船舶通航を可能にしている。 橋は 400 米トン (360 トン) のカウンターウェイトを使用して、 路面区間を持ち上げて背の高い船舶を通している。

州道 47 と、これに接続する州道 103 は混雑する州間道路 710 フリーウェイの 1 部をバイパスするために、 トラックによってひどく利用されている。 橋を通る重いトラック交通が非常に多いため、橋の路面は過度な摩耗にさらされている。 路面は 1997 年に完全に交換されたが、今なお極端に困窮状態にある。 カリフォルニア州輸送局 (Caltrans, California Department of Transportation) は 6 個の実験的な 繊維強化ポリマー (FRP, fibre reinforced polymer) のパネルを設置し、 これにセンサーを付け、パネルのストレス、負荷、温度の変動をテストして、 恒久的に交換することの有効性を決定しようとしている。 シカゴに拠点を置く技術事務所 CTL グループ (CTLGroup) は FRP の層の中に歪計と熱電対を埋め込んだ。 毎月、専門家が橋の静的負荷テストを遠隔で実施し、 シカゴの事務所でリアルタイム・データをモニターして現場の Caltrans のスタッフに指示を与えている。

ポピュラー・カルチャーにおいて