ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Upper Bay Bridge - Wikipedia

アッパー・ベイ橋: Google map (衛星写真) 3D、 アップされた写真:

理解の助けになるように地図も用意しました。鉄道の線路に関しては車両基地に向かう線路のみ描いてあります。

アッパー・ベイ橋の地図
アッパー・ベイ橋 (Upper Bay Bridge)

アッパー・ベイ橋あるいはリーハイ峡谷鉄道橋 (Lehigh Valley Railroad Bridge) は垂直リフト橋で、ニュージャージー州の北東でニューアーク湾に架かっている。 橋は CSX トランスポーテーションによって使用され、 鉄道は米国鉄道網のノース・ジャージー共有資産地域 (North Jersey Shared Asset Area) を通り抜けるナショナル・ドックス・セカンダリー線 (National Docs Secondary line) である。 橋はニュージャージー・ターンパイク (New Jersey Turnpike, 高速道路名、有料道路) のニューアーク湾橋 (Newark Bay Bridge) のすぐ北で、これに平行している。 橋を使用する有名な列車に 「ジュース列車」 があり、フロリダ州から出発している。

アッパー・ベイ橋 橋は、ニューアークとジャージーシティ
の間で赤く表示された路線の一部
訳注
  1. ナショナル・ドックス・セカンダリー線 はノース・ジャージー共有資産地域の構成要素で、 貨物線である。
  2. 「ジュース列車」は トロピカーナのオレンジ・ジュースを運んでいる。
  3. 近辺の地図
    ニューヨーク市 (薄い灰色)、公園 (緑)、空港 (青)
    水路 (番号付け) 1. ハドソン川, 2. イースト川, 3. ロングアイランド湾,4. ニューアーク湾,
    5. アッパー・ニューヨーク湾, 6. ロウアー・ニューヨーク湾, 7. ジャマイカ湾, 8. 大西洋
    [訳注:アッパー・ニューヨーク湾のことをアッパー湾とも呼びます]

橋の西端はニューアークのアイアンバウンド地区 (ironbound) 産業地帯のオークアイランド車両基地 (Oak Island Yard) の近くで、 ポート・ニューアーク=エリザベス・マリーン・ターミナルとニューアーク国際空港の北にある。 橋の東端はベイヨン市内 (Bayonne) にあり、 ここで鉄道は東に向かい続け、 バーゲン・ヒル (バーゲン丘、Bergen Hill) を通り抜け、 海洋・産業・流通複合施設 (maritime, industrial, distribution complexes) に至り、 このような施設には、 ポート・ジャージー、グリーンビル車両基地 (Greenville Yards)、 コンスタブル・フック (Constable Hook)、 その他のアッパー・ニューヨーク湾とキル・ヴァン・クル (海峡, Kill Van Kull) 沿いの施設がある。 ニューヨーク・ニュージャージー鉄道 LLC (New York New Jersey Rail LLC) が こちらの端で 鉄道フェリー (carfloat) を操業し、かってのブッシュ・ターミナルのブッシュ・ターミナル車両基地 (Bush Terminal Yard) に輸送している。 北の鉄道網への接続はナショナル・ドックス線を使用し、 ジャージーシティとロング・ドック・トンネルを抜けてクロックストン車両基地 (Croxton Yard)に至る。

訳注
  1. アイアンバウンド地区は産業地帯です。 アイアンバウンド地区: Google map (領域指定)、 オークアイランド車両基地: Google map
  2. ポート・ニューアーク=エリザベス・マリーン・ターミナルは ポート・ニューアーク (ニューアーク港) とポート・エリザベス (エリザベス港) とも呼ばれる。
    ピンクがポート・ニューアーク=
    エリザベス・マリーン・ターミナル
    の港湾施設
    キル・ヴァン・クル (赤) は
    ニューアーク湾と
    アッパー・ニューヨーク湾を接続
  3. バーゲン・ヒルの説明: ハドソン川下流の西側には川に沿って急な崖があり、これはハドソン川パリセイズ (Hudson Palisades) と呼ばれ、 ジャージー・シティから北におよそ 20 マイル (32 km) ほどに及んでいる。 ハドソン川パリセイズのニュージャージー州内の部分がバーゲン・ヒルと呼ばれている。バーゲン・ヒルには鉄道や道路のトンネル、 あるいは掘割 (cut) が随分多くあり、上に登場したロング・ドック・トンネルもこの 1 つで、 これはハドソン川から離れた箇所にある。少し北のリンカーン・トンネルの箇所ではバーゲン・ヒルはハドソン川の近くになる。
  4. ポート・ジャージーはアッパー・ニューヨーク湾のニュージャージー側の港、ここにグリーンビル車両基地がある。
  5. コンスタブル・フック: Google map (領域指定)
  6. ブッシュ・ターミナルは下の図の 4。アッパー・ニューヨーク湾の東側にあり、 最初から鉄道フェリー以外の接続がなかったようです。
  7. クロックストン車両基地は、トラックへの一貫輸送 (intermodal) の積み替え基地。 ストリートビューではトラックがコンテナーを運んでいるのが見える。
    クロックストン車両基地: Google map、 ストリートビュー: 出入口
歴史

鉄道は 1893 年にジャージーシティ・ニューアーク & ウェスターン鉄道 (Jerseycity, Newark and Western Railway) の一部として開始し、 この鉄道はすぐに、リーハイ峡谷ターミナル鉄道 (Lehigh Valley Terminal Railway) に吸収され、 ノース川 (North River) とブラック・トム (Black Tom) のターミナルに到達することになった。 ペンシルバニア鉄道も橋を利用して、 アッパー・ニューヨーク湾のグリーンビル車両基地に到達した。 木造の架台橋は 1913 年 6 月 14 日の火災により被害を受け、多大な損失を出した。 橋は 3 ヶ月後に複数の会社により交換され、 これは建設開始後 12 日後に再建され、恐るべき偉業と思われた。

訳注
  1. ノース川はハドソン川の最南端の部分の別の呼び名。
  2. ブラック・トムは元々は リバティ島のそばにあった島で、土手道と鉄道を使用して本土と接続されて、輸送倉庫として使用された。 その後、リーハイ峡谷鉄道がまわりを埋め立てて、ジャージーシティの 1 部分となった。
    ブラック・トム: Google map

現在の橋は 1928 年 - 1930 年に建設され、 ニューアーク湾、あるいはその北端のカーニー・ポイント (Kearny Point) を横断する最後の橋である。 下流のニュージャージー中央鉄道のニューアーク橋 (Central Railroad of New Jersey Newark Bay Bridge) と上流のニューアーク・ニューヨーク鉄道の鉄道橋 (Newark and New York Railroad Bridge) は取り壊された。

訳注
ニューアーク湾の北端で 2 つの川が流れ込んでいますが、 この 2 つの川で囲まれた半島部がカーニー・ポイント (カーニー岬) です。
ニューアーク・リバティ国際空港に
着陸する飛行機から見たアッパー・ベイ橋
ニューアーク湾橋が後方に見える。