ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Tees Newport Bridge - Wikipedia

ティーズ・ニューポート橋: Google map 3D、 ストリートビュー: その 1、 アップされた写真: その 1 その 2

ティーズ・ニューポート橋
(Tees Newport Bridge)

ティーズ・ニューポート橋は垂直リフト橋でティーズ 運搬橋よりも、少し上流でティーズ川に架かり、 イングランド北東の ミドルズブラ ストックトン=オン=ティーズ自治区 (borough of Stockton-on-Tees) を接続している。橋は 1934 年に完成した。

ティーズ・ニューポート橋
歴史

橋はモット・ヘイ & アンダーソン社 (Mott, Hay and Anderson) によって デザインされ、地元の企業であるドーマン・ロング社 (Dorman Long) -- この企業はタイン橋シドニー・ハーバー・ブリッジのような橋にも責任を負った -- により建設され、英国で最初に建設された大規模な垂直リフト橋であった。

橋はヨーク公爵皇太子アルバート (後の国王 ジョージ 6 世) により落成式が挙行され、 1934 年 2 月 28 日に開通した。 高さ 55 m (180 フィート) の二基の昇降塔に建設された長さ 82 m (269 フィート) の昇降スパンは重さが 2700 トンであり、 二台の 325 馬力の電動モーターで、分速 27 m (121 フィート) で高さ 37 m (121 フィート) の頂上に到達する。 モーターが故障すれば、450 馬力のディーゼル・エンジンが橋を昇降するのに使用される。 しかし、どちらも故障すればウィンチを使用して手動で昇降できる。 ニューポート橋で橋の親方 (Bridge Master) を務めた R. バティ氏 (R. Batty) が 1963 年に評価したことによると 「手動で作業を完成するには 12 人で 8 時間かかるだろう」 とのことであった。

元々、橋に詰めるのに 12 人が採用され、通常は橋を昇降するのに 1 度に 4 人が必要であった。 これは昇降スパンの中央にあるオークの壁の巻き上げ室から実施された。 1940 年代と 1950 年代初頭には、 橋の昇降は 1 日に 2 回あり、 平均して年間 800 隻の船が橋を通過した。 しかし 1940 年代には、これは戦争によって困難となった。 しかしながらストックトン=オン=ティーズを遡上しなければならない船の数が減少すると、 橋の使用も減少した。

1989 年の議会法の廃止により、船舶に対して橋を持ち上げる義務がなくなった。 機械が退役する前に 1966 年以来、橋で働いてきたイアン・マクドナルド氏 (Mr. Ian MacDonald) は終に橋の親方となり、1990 年 11 月 18 日に最後の昇降を監督した。

ストックトン=オン=ティーズの側から見た
ティーズ・ニューポート橋

ティーズ・ニューポート橋はなお道路橋として機能し、 A1032 道路の一部として随分多くの交通を通している。 もっともすぐ上流にはティーズ高架橋がある。 近年には、橋は元々の緑色に塗装され、 少々の保守作業がワイヤー・ロープとカウンターウェイトに実施された。 ワイヤー・ロープとカウンターウェイトはなお橋の負荷の大半を占めている。 1985 年に橋はグレート II の指定建造物となった。

2014 年 7 月に橋の 80 周年記念のために橋を赤色と銀色に塗装することが開始された。 工事は元々 6 週間で実施することが計画されたが、予定より遅れ、 2015 年 10 月に予算超過で完成した。 遅れた主な理由は、橋がストックトン議会により 15 年間、 橋が保守されていなかったためで、鋼構造の多くが貧弱な状態であった。