ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Oregon Trunk Rail Bridge - Wikipedia

オレゴン幹線鉄道橋: Google map (衛星写真)、 ストリートビュー: 南東から、 アップされた写真: その 1 その 2

オレゴン幹線鉄道橋
(Oregon Trunk Rail Bridge)

オレゴン幹線鉄道橋、あるいはセリロ橋 (Celilo Bridge) は 1912 年に開通した単線鉄道橋で、 米国、太平洋岸北西部のコロンビア川に架かっている。 橋は 8 基の鋼トラス・スパンと幾つかのデッキ・ガーダーから構成され、 1957 年以来橋には垂直リフト・スパンが含まれている。 橋は技術者ラルフ・モジェスキーによってデザインされ、 カンザス州レブンワース (Leavenworth) のミズーリ峡谷橋梁・鉄会社 (Missouri Valley Bridge & Iron Co.) により設置された。

橋は BNSF 鉄道のワシントン州ウィッシュラム (Wishram) からオレゴン州ベンド (Bend) に至る鉄道 (かっての スポーカン、ポートランド & シアトル鉄道のオレゴン幹線) の一部である。 橋はセリロ滝の下流にあったが、 現在はダレス・ダム (Dalles Dam) の貯水により滝が水没した。 セリロ運河は最南端スパンの下を通り、ここは旋回スパンであった。 1957 年のダレス・ダムの完成により、運河は水没した。 1956 年 10 月に始まる数ヶ月の間に、橋はその全長で 5 フィート (1.5 m) 持ち上げられ、 旋回スパンの北側のトラス・スパンが河川航行のために改造されて、 垂直リフト・スパンになった。 新しい垂直リフト・スパンの完全昇降は 1957 年 6 月 21 日に実施され、 橋は翌日に鉄道交通に再開通した。 旋回スパンは垂直リフト・スパンの南でそのまま残っているが、 垂直リフト・スパンが設置されてからは使用されなくなった。 旋回スパンは橋の改造工事を開始するために 1956 年 10 月に 「永久に定位置に固定された」。

訳注
元々、この箇所は滝 (あるいは急流) があったようですから、船でここを通り抜けるためには堰と水門の組があったはずです。 これがセリロ運河と呼ばれたようです。
南東からの光景
元々の旋回スパン (左) と 1957 年に
追加された垂直リフト・スパンが見える。
垂直リフト・スパンが降下位置、
これは普通とは違う位置。

橋の全ての橋脚は低水位の時期に露出した岩の上に設置されている。 高水位の時には、コロンビア川のこの地帯は荒れ狂う急流となり、 そのため橋脚は低水位の時期に建設された。 橋の北端にはワイ (wye) があり、 ここでベンドからの鉄道は BNSF 鉄道のポートランドからパスコに至る本線と接続している。 橋の南端では鉄道は ユニオン・パシフィック鉄道本線の上を横断し、 これと相互接続している。 北端の 2 つの支線を除外すれば、橋は 2,396 フィート (730 m) の長さがある。 ワイ (wye) の東の支線は 952 フィート (290 m) の長さがあり、 西の支線は 849 フィート (259 m) の長さがある。

訳注
ワイ (wye) は次の形をした鉄道の接続。ワイ (Y) の字の形をしているから、この名前がある。 日本語では デルタ線と呼んでいる。

橋が建設された時に、 橋の最長スパンは 316 フィート (96 m) の固定スパンで、旋回スパンのすぐ北にあった。 この区間が後に垂直リフト・スパンに交換された。