ページの最終校正年月日 :

以下は次の文書の翻訳です。

Victoria Bridge (Montreal) - Wikipedia

プレトリア橋: Google map 3D

ビクトリア橋 (モントリオール)
(Victoria Bridge (Montreal))

ビクトリア橋 (仏語:Pont Victoria) は以前はビクトリア記念橋 (Victoria Jubilee Bridge) と呼ばれ、 セント・ローレンス川を横断し、モントリオールとケベックを南岸の市であるサン・ランベール (Saint-Lanbert) に接続している。

訳注
上の 「南岸」と書いてあるのは、実際の南側の意味ではなく、川が東西に流れているとした時の南側のことです。 この箇所では川は南北に流れているので、正確には 「東岸」になります。
ビクトリア橋 位置

橋は 1839 年に開通し、 元々はロバート・スチーブンソンによりデザインされた管状橋 (tubular bridge) で、 セント・ローレンス川に架かった最初の橋であった。 このため、カナダで重要な歴史的な橋である。 橋は今日まで使用され、道路交通と鉄道交通を通し、 鉄道は中央部分を使用し、道路 (ルート 112 の一部分) は両側を使用している。 橋はカナダ・ナショナル鉄道 (Canadian National Railway) によりハリファックス・モントリオール本線で活発に使用されている。 北米鉄道システムにおいて、モントリオールが大陸の中心の役目を果たすことで、 橋は重大な貢献をしている。 カナダ・ナショナル鉄道 (CNR あるいは一般的に CN と呼ばれる) での橋の呼び名はサンティアシント 71.40 マイル部分線区 (Mile 71.40 Subdivision St-Hyachinte) である。

元々ビクトリア女王の名誉を讃えて、グレート・ビクトリア橋と呼ばれたが、 1897 年の修理後にビクトリア記念橋 (Victoria Jubilee Bridge) として公式に再落成した。 橋は 1978 年にビクトリア橋の名に戻った。

橋はおよそ 3 km (1.9 マイル) の長さで、24 基の砕氷橋脚がある。

  1. 歴史
  2. 黒い岩
  3. 使用
歴史

ビクトリア橋は 1854 年から 1859 年に建設された。 橋の建設前には、 長い冬季にはセント・ローレンス川を横断することは、困難、時には不可能であった。 というのは秋と春に川が凍結したり、解けたりすると、危険な状態になるからであった。 川の横断は夏の場合にはボートを使用し、 冬には凍結した川の上をソリや荷車を、通りやすくするために雪かきをしたルートに沿って通した。

橋の場所はカナダの技術者である Thomas Keefer により選択された。 橋は (ジョージ・スチーブンソンの子息で、 有名な機関車のロケットの建造者である) ロバート・スチーブンソンとアレグザンダー・マッケンジー・ロス (Alexander McKenzie Ross) によりデザインされた。

主任技術者はジェームズ・ホッジス (James Hodges) であった。 請負業者はピート、ブラッシー、及びベッツ (Peto, Brassey and Betts) から成る英国の共同経営会社であり、 彼らは 1859 年のスチーブンソンの死後すぐに橋を完成した。

1901 年のビクトリア橋
下流からの光景
ジェームズ・ホッジズ

元々の路面は英国で製造され、大西洋を輸送された長い構造金属の管 (管状橋) で、あらかじめ組み立てられたものであった。 建設のピーク時には、全部で 6 隻の蒸気ボート、72 隻のハシケ、 3040 人の労働者 (これには 8 才から 12 才の数人の子供がいた)、 そして 4 台の機関車が $6,600,000 の経費で建設するのに必要であった。 橋の建設は大幹線鉄道 (Grand Trunk Railway) の建設と直接結びついていた。 大幹線鉄道は英国に本部を置く組織で、 カナダ連合プロビンス (United Province of Canada) の支援の下に 1852 年に造られ、 五大湖を大西洋の不凍港 (メイン州のポートランド) に接続することを目的とした。 橋が完成した時には、橋は世界で最長の橋であった。

ビクトリア橋は 1860 年 8 月 25 日に、 ウェールズ皇太子のアルバート・エドワード (Albert Edward) により公的に落成された。 しかしながら、最初の貨物列車は 1859 年 12 月 12 日にすでに通過しており、 最初の乗客列車は 5 日後の 12 月 17 日に橋を通過していた。 ビクトリア女王は橋の開通式に出席するように招待されたが、 彼女はその招待を断り、代わりに長男であるウェールズ皇太子に赴かせた。

1897 年 - 1898 年に、1860 年の金属製の管状橋は、当時普通になっていた金属製のトラス橋で交換された。 交通障害を最小にするために、トラスは管のまわりで組み立てられ、 これにより管は鉄道交通を通過させ続けることができた。管はその後取り壊された。 1860 年の石の橋脚は 1897 年にわずかに変更されたが元々のすぐれた工学を証明していた。

1909 年 10 月 30 日から 1956 年 10 月 13 日にかけて、 モントリオール & 南部郡鉄道 (Montreal and Southern Counties Railway) は橋の北側の路側で、都市間路面電車を走らせた。 路線はグランビー (Granby) とモントリオールを接続し、後にはロンゲール (Longueuil) に至る支線があった。

サン・ランベール水門 (St. Lambart) のまわりのサン・ランベール迂回路は セント・ローレンス海路プロジェクトの 1 部分として 1958 年に追加された。 この運河を横断する第 2 の橋は第 1 の橋の南に建設され、船が第 1 の橋を通過中に使用される。

訳注
ここは説明不足となっているので捕捉します。 ( 衛星写真も参照。) セント・ローレンス海路のサン・ランベール水門が、この橋の箇所にありここが垂直リフト橋になっていました。 船が通行するときに自動車も列車も停止しなければなりませんが、この少し南に同様な垂直リフト橋を作り、 最初の垂直リフト橋が通れない時には、南の垂直リフト橋に交通を迂回させるように作られています。
ストリートビュー: 分岐箇所
北の垂直リフト橋は中央に鉄道の軌道があり、道路はこの両側を通り、 鉄道が道路の中央分離帯の役目をしています。
北の垂直リフト橋のストリートビュー: 昇降部 わずかに持ち上がっている光景
南の垂直リフト橋は二階建てで、一階が道路用で、二階が鉄道用です。
南の垂直リフト橋のストリートビュー: 橋に近づく 昇降部
「昇降部」の箇所では車と逆向きに動いていますが、 この箇所ではこの方向のストリートビューしかありません。「昇降部」で北の方を向くと、 北のリフト橋が持ち上がっている状態が見え、そこを通り過ぎたと思われる船舶が遠方に見えます。
サール島から見たビクトリア橋、ジャック・カルティエ橋が後方に見える。
黒い岩

橋の建設中に労働者がアイルランドのカナダ移民の亡骸を発見した。 彼らはアイルランドの飢饉から逃れたが、1847 年のチフスの疫病で近くのウィンドミル・ポイント (Windmill Point) の隔離棟で亡くなることになった。 橋の進入路に大きな岩が設置され、 公的にはアイルランド人記念碑 (Irish Commemorative Stone) と呼ばれるが、 地元では「黒い岩」 (The Black Stone) と呼ばれる。

銘文は次のように書かれている:

AD 1847 年 - AD 1848 年の船の疫病から亡くなった 6000 名の遺骸を冒涜から保存するために、 この石が AD 1859 年に、 ピート、ブラッシー、そしてベッツにより雇われて ビクトリア橋の建設に従事した労働者により建立された。
黒い岩
使用

朝のラッシュ時の AM 6:00 から AM 9:00 にはビクトリア橋の両車線とも北向きとなり、 サン・ランベールの郊外居住地区からモントリオールのビジネス地区の移動に使用される。 夕方の PM 3:00 から PM 7:15 には両車線とも逆方向になる。 これ以外の時刻には双方向の一車線が利用可能である。

ビクトリア橋
ジャン・ドラポー公園から見る。

橋で許可されている唯一のバス・ルートは 「ロンゲーユ輸送網」 (Réseau de transport de Longueuil) のバス番号 55 である。 この路線は橋の重量制限から クラシック・バス (もしもクラシックであれば定員 57 名、 もしも低床タイプのバスであれば定員 38 名)が運行されている。 これ以外の重量車両は橋への進入が禁止され、 近くのシャンプラン橋 (Champlain bridge) あるいはジャック・カルティエ橋 (Jacques-Cartier bridge) に迂回しなければならない。 どちらの進入路も頭上余地が低いことと、 橋自身の狭い車線の理由から軽量トラックでさえも事実上橋に進入することができない。

1860 年にウェールズ皇太子
アルバート・エドワードが
最後の石を置く
ビクトリア橋
1898 年の姿
建設中のビクトリア橋
ビクトリア橋と
請負業者の名前
を記したビラ
1948 年