ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Fourteenth Street Bridge (Ohio River) - Wikipedia

14 番ストリート橋: Google map (衛星写真) 3D

14 番ストリート橋 (オハイオ川)
(Fourteenth Street Bridge (Ohio River))

14 番ストリート橋オハイオ・フォールズ橋 (オハイオ川滝橋、Ohio Falls Bridge)、 ペンシルバニア鉄道橋、あるいはコンレール鉄道橋とも呼ばれ、 オハイオ川を横断するトラス可動橋で、 ケンタッキー州ルイビルとインディアナ州クラークスビルを接続している。

14 番ストリート橋
クラークビルの水辺から見る

1868 年に 「ルイビル橋梁・鉄会社」 によって建造され、 橋は長年の間 ペンシルバニア鉄道によって操業され、 鉄道会社にケンタッキー州への唯一の進入路を与えた。 鉄道の所有権は ペン・セントラル鉄道に移され、後にコンレール鉄道に移され、 コンレールはルイビルからインディアナ州インディアナポリスへの路線を ルイビル・インディアナ鉄道に売却し、これが現在の所有者である。

橋の可動区間は垂直リフト・スパンで、 およそ 1918 年頃に建設され、 旋回橋の代わりになった。 可動区間はルイビル・ポートランド運河の上流の端を横断し、 この運河にはマカルパイン水門 (McAlpine Locks) とダムが含まれる。 オハイオ川の河川交通は、この運河を通り抜けて フォールズ・オブ・ザ・オハイオ (オハイオ川の滝) を通り過ぎる。

訳注
ルイビル・ポートランド運河とはフォールズ・オブ・ザ・オハイオの急流を越えるための、 ダムと水門から構成される人工水路。
  1. 歴史
  2. 今日
  3. ギャラリー
歴史

早くも 1830 年代にルイビルをインディアナ州側の岸辺に接続する試みがあった。 ジェイムズ・ガスリー (James Guthrie) はオハイオ橋梁会社の長として、 1829 年にそのような橋を建設しようとした。 ニューイングランドの建設家のイシエル・タウン (Ithiel Town) は木造の橋を建設することになった。 1836 年に、ルイビルの 12 番ストリートのそばに橋の礎石 (corner stone) が置かれたが、 1837 年の恐慌により更なる建設が停止した。 この失敗とケンタッキーの資本をルイビルに懇願する試みの失敗は ガスリーの愚行と呼ばれるようになった。 更なる試みが 1850 年代にも成されたが、これも資金難により妨害された。

1860 年代までに、ルイビル・ナッシュビル鉄道 (L&N) とジェファーソンビル・インディアナポリス鉄道はどちらも 川を横断する橋を望んだ。 米国国会はそのような橋の建設を 1865 年 2 月 17 日に承認し、 橋は河川交通に干渉してはならないと述べた。 オハイオ州を横断する橋が、シンシナティとそれより西 -- これにはルイビルが含まれる -- にはないため、冬の間と戦争の間の川の横断はそのような橋の必要性を強調した。 L&N はルイビル橋梁会社に資金を与え、そのような橋の建設を始めさせ、 工事が 1867 年 8 月 1 日に開始した。 アルバート・フィンク (Albert Fink) が建築家で、 彼自身のフィンク・トラスのデザインをプロジェクトで使用した。 橋の石はケンタッキー州バーズタウン・ジャンクションとインディアナ州ユティカのものであった。 建設された時に、 橋は米国で最長の鉄の橋で、27 スパンが完全に 1 マイルを覆った。 最短スパンは 330 フィート (100 m) になることになっていたが、 スパンは 352 フィートと 380 フィート (107 m と 116 m) になった。 橋を十分高く建設して蒸気ボートがフォールズ・オブ・ザ・オハイオを越える時に ポートランド運河に沿って、下を潜り抜けることができるようにした。 実際は必要とされるよりは高く建設され、橋の建設費を $150,000 も高くした。

1870 年 2 月 18 日に、最初の列車が橋を横断した。 鉄道橋はめったに公式の名称を与えられることがなく、 すぐにも地元の人に 「14 番ストリート橋」 と呼ばれた。 まもなく通勤列車が、ジェファーソンビル (Jeffersonville) とニュー・オールバニー (New Albany) の乗客をルイビルに運んだ。 ペンシルバニア鉄道は L&N の橋の所有権の 60% を買収し、 これにより、ジェファーソンビルとインディアナポリスの間の軌道を獲得してから、 1870 年代中頃に橋を管理した。 ペンシルバニア鉄道に管理されている時には、橋はペンシルバニア橋と呼ばれた。 1882 年までに、橋は 1 日 150 回、列車によって使用され、 橋の両側の連絡は腕木信号によってなされた。

1900 年代になるまでに、橋は 1 日 300 回使用され、 これにより橋が処理できるよりも、もっと多くのストレスが橋に加えられた。 1916 年 5 月と 1919 年 1 月の間に新しい複線の鋼の上部構造が古い石の橋脚の上に設置された。 インディアナ州水路 (chute) の中央の 1 本の橋脚が取り除かれ、 1 スパンの長さが 645 フィート (197 m) になり、河川交通が改良された。 垂直リフト・スパンが運河の上の旋回スパンの代わりになった。

1968 年に、 ペンシルバニア鉄道 ニューヨーク・セントラル鉄道の合併により、 橋は新しい 「ペンシルバニア & ニューヨーク・セントラル輸送会社」 -- 通常は ペン・セントラル鉄道と呼ばれる -- により管理されることになった。 1976 年に、橋は合併鉄道会社 (Consolidated Railroad Corporation) -- 通常は コンレール (Conrail) と呼ばれる -- の保護下に置かれた。 ルイビル・インディアナ鉄道 (Louisville and Indiana Railroad) は 1994 年 3 月にコンレールから橋を買収することによって、 橋の管理を達成し、その後コンレールのルイビルとインディアナポリスの間の路線を獲得した。

14 番ストリート橋のパノラマ
[訳注:2,3 度クリックすると非常に大きなパノラマになります]
今日

今日 14 番ストリート橋はいまだに使用されているが、その最盛期ほどではない。 橋を使用する鉄道はその所有者であるルイビル・インディアナ鉄道と CSX トランスポーテーション がある。 橋は 「オハイオ川の滝 州立公園」 の東の境界になっている。

ギャラリー
ポートランドからの光景 ルイビル側からの光景
上昇した垂直リフト橋
と制御棟
ジョージ・ロジャース・クラーク
の宅地からの光景