ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Memorial Bridge (Portsmouth, New Hampshire) - Wikipedia

メモリアル橋: Google map 3D、 ストリートビュー: 橋の銘板

メモリアル橋 (ニューハンプシャー州ポーツマス)
(Memorial Bridge (Portsmouth, New Hampshire))

第 1 次世界大戦メモリアル橋は垂直リフト橋で、 ピスカタクア川 (Piscataqua River) を越えて US ルート 1 を通し、 米国ニューハンプシャー州ポーツマスとメイン州キタリーの バッジャーズ島 (Badger's Island) を接続している。 現在の橋は 2013 年に開通し、 1923 年から 2012 年にかけて存在した類似のデザインの橋に取って代わった。 橋の交通に対面する頭上の大きな銘板には次のように書かれている: 「第一次世界大戦 1917 年 - 1919 年に命を捧げた水兵と兵士の記念」

訳注
この文章が間違っています。冒頭の Google map のストリートビューを見れば次のように書かれているのがわかります: 「第一次世界大戦 1917 年 1919 年に参加した水兵と兵士の記念」。 ストリート・ビューの日付を見ると 2015 年 10 月になっているので、新しい橋のものです。 一方、このページの末尾の 「写真」 にも類似の写真があり、比較するとこちらの方は古い橋の写真で、 銘板の言葉は新旧で違いがない。
新しいメモリアル橋

リフト・スパンは大型商用船を通過させるために完全開放することができる。 夏にはリフト・スパンは AM 7 から PM 7 までの間、毎時 30 分におよそ 15 分部分的に上昇する。 これにより、小型商用船とリクリエーション・ボートが通過できる。 この橋は現在の所、 歩行者と自転車用通路が付属したピスタカタクア川を横断する三基の橋の一基である。 ニューハンプシャー州とメイン州は橋を州の自転車ルートの一部に指定しており、 橋には提案されている東海岸グリーンウェイ [訳注:自転車用] の一部である。

  1. 歴史
  2. 写真
歴史
以前の橋

元々のメモリアル橋は 1920 年から 1923 年にかけて建設され、 ポーツマスとキタリーの間でピスカタクア川を横断する最初の通行料のない橋である。 橋はメイン州、ニューハンプシャー州、そして連邦政府の合弁事業として建設された。 橋は第一次世界大戦の記念に捧げられている。

メモリアル橋の開通式は 1923 年 8 月 17 日に開催された。 5 才のアイリーン・フォーリー (Eileen Foley) が儀式の絹のリボンをカットして、 橋を公式に開通させた。 フォーリーは後にポーツマス市長として 8 期任に就いた;1968 年 - 1971 年、 1984 年 1985 年、そして 1988 年 - 1997 年。 2013 年 8 月に彼女は 90 年後の交換の橋の落成式に戻ってきた。

元々、橋を通る道路はニューイングラド州間ルート 1 -- アトランティック・ハイウェイとも呼ばれた -- の一部であった。 ニューイングランドの複数のルートが 1926 年に米国の番号付き道路に取って代わられた時に、 この道は US 1 として再指定された。

以前の橋の緊急閉鎖

2009 年 10 月 16 日に、ニューハンプシャー州輸送局 (NHDOT) とメイン州輸送局 (MDOT) は緊急修理のために、 すべての自動車交通を直ちに閉鎖することを表明した。

橋は 2009 年 11 月 20 日に再開通し、これは修理の工事が済んだ後のことで、 3 トンの重量制限が課せられていた。 2010 年 12 月 9 日に、ニューハンプシャー州は橋を全ての自動車交通に対して閉鎖 (同日 PM 12 からの実施) することを表明した。 この表明は定期点検の結果に基づくもので、深刻な安全性の懸念が出たためであった。 橋は緊急修理後の 2010 年 12 月 18 日に 3 トン以下の車両に再開通した。 橋の交換計画が前進し続けた。

橋の最終閉鎖と取り壊し

2011 年 7 月 27 日に、メモリアル橋が永久閉鎖された。 点検で 「あまりに多くの場所にあまりに多くの問題が見つかった」 ことが言及された。 ポーツマス在住のアイリーン・フォーリーは 1923 年の開通式で、リボン・カットをしたが、 2011 年 10 月 1 日の橋の退役式 (closing ceremony) で橋の銘板に青いリボンを結び付けた。 フォーリーは橋の存続期間中にポーツマス市長を複数回務めた。

以前の橋、ポーツマスの
プレスコット公園からの光景

2012 年 1 月 3 日に NHDOT は 2012 年 1 月 9 日から、 橋が歩行者と自転車に永久に閉鎖されることを表明した。 NHDOT はポーツマスとキタリーの間で、新しい橋が完成するまで、 1 時間に 1 本のシャトル・バスを運行した。 橋の中央スパンは 2012 年 2 月 8 日に取り壊された。

橋の交換

橋の状態の理由から、重さが 20 トン以上の車両が禁止された。 この制限は 2009 年 7 月 10 日に 10 トンに引き下げられた。 橋の修復プロジェクトが 2009 年に計画されたが、資金の出所が未定であった。 このプロジェクトは 2 年かかり、$3000万 以上の経費がかかると予期され、 連邦政府が 80% の経費をまかなうことが期待され、 残りはメイン州とニューハンプシャー州で分担することになったであろう。

メモリアル橋の修復プロジェクトは 2009 年に保留となった。 というのは契約で勝利した入札が予定よりも $1500万 越えていたからである。 この立ち往生した修復プロジェクトは、橋を取り壊して交換する計画と共に、 「歴史保存のナショナル・トラスト」 (National Trust of Historic Preservation) が この橋を 「2009 年に米国で最も危機に直面している 11 ヵ所の歴史的場所」 のリストに入れた要因であった。

2010 年 5 月 6 日に、 ニューハンプシャー州議会の上院輸送委員会は投票により、 全会一致で、$4400万 の債券を含めることを決定し、 これによりメイン州と連邦政府の資金を追加すれば橋の共同所有者であるメイン州から更なる資金を要求しなくても、 橋を交換することが可能となった。 この計画には条件が付いており、 州議会での承認、メイン州との合意、連邦資金が利用可能であることが必要であった。 ニューハンプシャー州の輸送局委員のジョージ・キャンベル (George Campbell) が 2010 年のポーツマス市議会で述べたことによると、 橋の修復のための修理の限度をはるかに超えているとのことであった。 元々の橋脚は再利用されることになり、外見は元々の橋と類似したものになることになった。

2013 年の 8 月 8 日の正午直前に、橋のニューハンプシャー側で新しい橋の公式な落成式が開催された。 前ポーツマス市長のアイリーン・フォーリーが赤いリボンをカットするために戻ってきた。 これは彼女が 1923 年の 5 才の時に元々の橋のリボン・カットの栄誉を実施してから 90 年後のことであった。

橋は当初は歩行者と自転車用に開通したのみであった。 新しい橋は、まだ現存する 2 本の橋脚の上に建設され、 PM 2:00 に車両用に開通し、 最初は南向き (メイン州からニューハンプシャー州) で、 次に北向きが開通した。新しい橋の追加の工事が 2013 年 11 月に完了した。

写真
ポーツマス側の入口
の上にある記念銘板
橋の建設委員会の
名簿を記した銘板
帆船が垂直リフト橋
下を通る。
橋のポーツマス側の端 ポーツマスからキタリーに至る
3 つの橋:メモリアル橋、
サラ・ミルドレッド・ロング橋
ピスカタクア川橋
夜間のメモリアル橋のパノラマ、
プレスコット・パークの桟橋から
見た光景
ピスタカタクア川から
見た橋の 270度 の光景