ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Canal Street railroad bridge - Wikipedia

カナル・ストリート鉄道橋: Google map (衛星写真)、 ストリートビュー 船の上から 3D

カナル・ストリート鉄道橋
(Canal Street railroad bridge)

カナル・ストリート鉄道橋 (あるいは、ペンシルバニア鉄道橋) は垂直リフト橋 (昇開橋) で、 イリノイ州シカゴでシカゴ川の南支流にかかっている。 橋は 2007 年 12 月 12 日にシカゴ市ランドマークに指定された。


カナル・ストリート鉄道橋
南に向かうアムトラックの列車が
シカゴ川南支流を横断する。
  1. 建設
  2. 操業
  3. ささいなこと
  4. 写真ギャラリー
建設

現在の橋は同じ場所にあった複線の旋回橋を交換するためにペンシルバニア鉄道のために建設された。 工事中に旋回橋を継続使用し、 河川交通を妨げないようにする必要性から、橋の建設は複雑なものになった。 選択された解決法は橋を、古い橋の上に、持ち上げた状態で建設し、一旦、橋が完成すれば古い橋を取り壊すことであった。 橋はウォデル & ハリントン (Waddel & Harrington) によりデザインされ、 ペンシルバニア鋼会社により製造され、組み立てられた。

南の塔の建設は 1913 年 9 月 4 日に開始した。 二基の 185 フィート (56 m) の塔が完成すると、 主スパンのためにフォールスワーク (足場) が扇形に建設され、主スパンが川から 130 フィート (40 m) 持ち上げられた位置で建設することが可能となった。 橋は鋼と金属で建設された。

操業

橋はシカゴ川を越える 2 本の鉄道軌道を通し、軌道は川の中心線と 40度 の角度を成している。 完成すると、主スパンはおよそ 45秒 で 111 フィート (34 m) を登ることができた。 1916 年までに、橋は毎日 300 編成の列車を通し、 河川交通のためにおよそ 75 回持ち上げた。

ささいなこと

1914 年に完成した時に、 1500 トンの主スパンは米国の垂直リフト橋の中で最も重いものであった。 橋はシカゴ川にかかる唯一の垂直リフト橋である。

写真ギャラリー