ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

ASB Bridge - Wikipedia

ASB 橋: Google map (衛星写真) 3D、 ストリートビュー: その 1、 アップされた写真: その 1

ASB 橋 (ASB Bridge)

アーマー=スウィフト=バーリントン (ABS) 橋は ノース・カンザスシティ橋、LRC 橋とも呼ばれ、 ミシシッピ州 カンザスシティでミズーリ川を横断する鉄道橋で、 かっては自動車交通も処理した。

ウェストポート・ランディングから見た
ASB 橋、昇降スパンは降下位置、2006 年

橋脚は 1890 年に建設された。 しかしながら、この年の末に、資金がないため、橋は建設されなかった。 1909 年にウォッデル & ハリントン (Waddell & Harrington) が現在の橋をデザインし、 建設が開始した。 この橋は二基しかない型式の橋の一基で、 ルート 9 の自動車交通が 2 階を通り、鉄道交通が 1 階を通っていた。 2 階の道路交通を邪魔することなく、 1 階の路面を持ち上げて川船 [訳注:蒸気ボート] を通すことができた。 このデザインにより、1 階の路面の吊り下げワイヤーが 2 階のトラス要素の中を通っていた。

橋はアーマー・パッキング社 (Armour Packing Company)、スウィフト社 (Swift & Company)、 シカゴ・バーリントン & クインシー鉄道 (Chicago, Burlington and Quincy Railroad) により建設された。

ASB 橋と道路面、1981 年頃

1987 年にハート・オブ・アメリカ橋 (Heart of America Bridge) が (この橋の) 東に開通し、 自動車交通がこちらに移動した。

1996 年に ASB 橋の残りの部分が米国土木技術者学会 (American Society of Civil Engineers) により、土木技術における国内のランドマークに指定された。 橋は現在では BNSF 鉄道によって所有されている。 ASB 橋は 428 フィートの主スパンがあり、 これにより米国で 9 番目に長い垂直リフト橋になっている。 橋は観光名所でもあり、毎年多くの人が橋を訪れている。 これは、かって建設された二基しかない型式の一基である。

歴史
ASB 橋は 2 階建ての橋では非常に稀な実例で、
1 階のみ昇降するが、世界的には唯一の実例ではない。
長い年月の後で、ウクライナの二基の橋が同じデザイン
を使用した。これには1949 年に建設された クレメンチューク
(Kremenchuk) のクリュコフ (Kryukov) 橋 (上の写真) がある。