ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Portage Lake Lift Bridge - Wikipedia

ポーテッジ湖リフト橋: Google map、 ストリートビュー: 橋の上 南西から

ポーテッジ湖リフト橋
(Portage Lake Lift Bridge)

ポーテッジ湖リフト橋は (公式にはホートン・ハンコック橋 (Houghton-Hancock Bridge) と呼ばれ) 米国ミシガン州でハンコック市とホートン市を接続し、 ポーテージ湖を横断している。 ポーテッジ湖はキィーウィノー半島 (Keweenaw) を横断する水路の一部で、 運河が (ポーテッジ湖から) 北西のスペリオール湖に至る最後の数マイルを接続している。 US ルート 41 (US 41) と州道 M 26 はどちらも橋を横断するルートを組み込んでいる。 橋はキィーウィノー半島の北 (いわゆるコッパー・アイランド (銅の島)) と南をつなぐ唯一の陸上の接続である。

ポーテッジ湖リフト橋

同じ場所の元々の橋は 1875 年に建設された木造の旋回橋であった。 橋はシカゴの フォックス・ハワード社 (Fox and Howard Inc.) のジェームズ P. エドワード (James P. Edward) により建設された。 3 名の地元の人が有料橋の資金 $47,000 を株式で集め、 建設工事が 1875 年の春に始まり、1876 年の春に完成した。 この橋は 1901 年にキング橋梁会社 (King Bridge Company) により建設された鋼の旋回橋 -- ポーテッジ運河旋回橋 -- で交換された。 ポーテッジ運河旋回橋は 1905 年にノーザン・ウェイブ (船、Northern Wave) が衝突した時に被害を受け、 橋の中央旋回区間が交換された。 類似の事件が 1920 年にほとんど再現しそうになったが、 船は碇を投げ落とし、これが湖底にひっかかり、停止することができた。 1959 年に、ポーテッジ運河旋回橋はおよそ $1100万 - $1300万 の経費 (情報源により値が異なる) で 現在の橋と交換された。現在の橋は アメリカン・ブリッジ社により建設された。

この可動橋は垂直リフト橋で、中央区間が水上余地 4 フィートの低位置から、 100 フィートの余地まで持ち上げてボートを通過させることができる。 橋は世界で最も重く、幅が広い 2 階建ての垂直リフト橋である。 35,000 トン以上のコンクリートと 7,000 トン以上の鋼がこの橋の建設につぎ込まれ、 多忙なキィーウィノー水路の航行の脅威と呼ばれた狭くて 54 年を経た旋回橋に取って代わった。 橋の中央スパンは持ち上げれば、船舶に 100 フィート (30 m) の余地を提供する。 シカゴの Hazelet と Erdal による橋のリフト・スパンの 1959 年の元々のデザインでは、 1 階にも 2 階にも道路が建設され、1 階の路面にレールが埋め込まれた。 これにより可動スパンを部分的に持ち上げて、 小規模ないしは中規模な船舶が車両通行を邪魔せずに通り過ぎることができた。 この中間位置から、可動スパンを上昇させれば大きな船を通すことができ、 下降すれば列車を通すことができた。 1982 年に鉄道事業の終焉と共に、鉄道を通すための最低位置は必要がなくなり、 夏のボート・シーズンには中間位置より下降することがなくなった。 但し保守と修理の時には別である。 冬に湖が凍結した後は、橋は最低位置に置かれ、1 階の路面がスノーモービルによって使用される。

夜間のポーテッジ湖リフト橋
北のミシガン州ハンコックから見る

ハンコック市とホートン市はブリッジ・フェスト (橋祭り、Bridgefest) と呼ばれる、年に一度の祝いを開催し、 2 つの共同体を結び付けた橋の開通を記念している。

画像
夜のポーテッジ湖リフト橋 橋を横断中に北を見る ボートを通すために上昇
コッパー・カントリー・
リミテッドが橋を横断
1966 年
コッパー・カントリー・
リミテッドが橋を横断
1966 年
コッパー・カントリー・
リミテッドが橋を横断
1966 年
訳注
コッパー・カントリー・リミテッド (Copper Country Limited) は 1968 年まで操業した乗客列車、 郵便も運んだ。