ページの最終校正年月日 :

以下は次の文書の翻訳です。

Pont Gustave-Flaubert - Wikipedia

ギュスターヴ・フロベール橋: Google map 3D

ギュスターヴ・フロベール橋
(Pont Gustave-Flaubert)

ギュスターヴ・フロベール橋はセーヌ川に架かる垂直リフト橋で、 フランス、ノルマンディーのセーヌ=マルティーム県ルーアンにある。 橋は 4 年間の工事の後で、 2008 年 9 月 25 日に公式に開通した。

ギュスターヴ・フロベール橋 オート=ノルマンディー地域圏
] に置ける」位置

橋自身の建設経費はおよそ €6000万 であるが、付随する進入路やその他のインフラの理由から全経費は €13700万 になった。 工事は 2004 年 6 月に始まった。 ルーアン市議会は 2006 年 12 月 15 日に有名な 19 世紀の小説家の ギュスターヴ・フロベールにちなんで橋を命名した。 彼はルーアンで生まれ、ルーアンで亡くなった。

  1. 歴史
  2. 位置
  3. 構造
  4. 造作
  5. 操業
  6. 批判
歴史
建設

橋建設の契約は進入高架を含めないと、€6000万 であった。 契約はブイグ (Bouygues) の子会社であるキーユ (Quille) がエファージュ・グループ (Eiffage) のエッフェル社 (Eiffel company) とベルギーの会社 Victor Buyck と共同で勝ち得た。 建設の全経費は進入路も含めると €13700万 であった。 公益宣言 (déclaration d'utilité publique) が 2001 年 9 月に通過した。

工事は 2004 年 6 月に始まった。 支柱の頂上の 「蝶々」 (支え) の設置は 2006 年 8 月 16 日と 17 日に完了し、 進入路は 2006 年 8 月 21 日と 22 日に完了した。

塔の頂上にある蝶々

2007 年 4 月 14 日に、 バーク帆船のベレン (Belen) が 1 ヶ月間ドック入りしていたが、初期テストの後で 橋をくぐった。このテストにより橋は船を通過させるのに十分に持ち上げることができた。 ルーアンの群衆がイベントを祝うためにその場に集まった。

デザイン・チームには技術会社のアルカディス NV (Arcadis NV) とコンサルタント会社の Eurodim が含まれていた。 専用機械装置 (specialist machinery) は アイメルク・ジュブレナ (Aymeric Zublena) とミッシェル・ヴィロジェ (Michel Virlogeux) によりデザインされた。ジュブレナは スタド・ド・フランスの建築家の 1 人で、 ヴィロジェは ノルマンディ橋 ミヨー橋のデザイナーであった。

名称

橋は小説家の ギュスターヴ・フロベールにちなんで名付けられた。 この名称はルーアン市議会で 2006 年 12 月 15 日に最終的に選択されたが、 これ以前に、この名前と 「ルーアン・ラ・サル橋」 (Ponte Rouen La Salle) からの選択に関してルーアン市民に問い合わせていた。 後者の名称は探検家の ルネ=ロベール・カバリエ, シュール・ド・ラ・サルに基づくもので、 彼もルーアンで生まれた。 名前が決まるまで、橋は単に 「6 番橋」 と呼ばれた。

塔の近接写真
位置

2 つの一般的なルートが考えられた:

西のルートは退けられた。 これは丘が多い植林した地形であったからである。 第 2 のルートが選ばれたのは、住宅地とルーアン中央のビジネス地区に随分と近かったからである。

この橋の南の近くにはノルマンジー自動車道 A13 (A13, Autoroute de Normandie) のインターチェンジがあり、 ここから RN338 と連絡路を経由して橋に接続し、連絡路には A29, A28 が接続している。 北からは (バロンタン (Barentin) とディップ (Dieppe) から来る) A150 自動車道が接続している。

訳注
上では大まかな道路の接続を説明しているだけです。注意する点は
  1. RN は Route nationale française (フランス国道) のことで、グーグルマップでは RN 338 ではなく N338 の表示になっている。
  2. A 150 は橋の北の進入路につながっている。
  3. A 29 はこのあたりにはなく、A29 と A 28 を 1 組の道路と見なし、橋の近辺にあるのは A 28 です。

このリンクはルーアンの西部地区を支援し、 一方で産業・商業地帯、そしてルーアン港に必要な接続を提供することが意図されていた。 右岸の橋のたもとでは、昔の港地帯の再開発が実施されている。 「海洋・河川・港博物館」 (Maritime, Fluvial and Harbour museum) がこの地帯にある。 左岸は ブラウンフィールドで、 再開発のために売却されることであろう。

構造

幾つかの型式の構造が考察された。 基本的な要求事項は、大きな船舶が上流のルーアン港に進入できるような、 セーヌ川の横断を建設することであった。

正面からの光景、2008 年アルマダの最中

これらの色々な不満足な解決方法から、顧客である市は 大型船が橋を越えるのは年間に 20 回から 30 回である事実に考えが至り、 可動橋の 3 つの型式が考察された。

これらの可能性のある解決方法のすべてに利点と不利な点がある。 とりわけ、可動橋は河川交通に開放すると道路交通が完全に遮断される。 しかしながら、最終的には垂直リフト橋が選択された。

造作

この橋は垂直リフト橋でスパンの長さが 120 m で全高が 86 m である。 これはルーアンで 3 番目に高い建造物で、ルーアン大聖堂と古代のルーアン城に次ぐものである。 垂直余地は路面が降下状態では 7 m で、これでもハシケと小船舶の通過が可能である。 橋は上昇した時にはセーヌ川の上に 55 m である。 橋は従って、世界中で最高の垂直リフト橋である。 全長は進入高架橋も含めれば 670 m である。

2 本の路面は、各々長さ 120 m、重さ 1300 トンで、セーヌ川に打ち込まれた 4 つの塔 (組にして配置) で支えられる。 リフト区間を完全昇降するには 12 分かかる。

操業

リフト区間は年間およそ 30 回開くことが予想されており、 とりわけアルマダと、市の中心 (ウィリアム征服王橋 (William the Conqueror Bridge) の近く) に接岸する クルーズ船の理由からである。

道路交通は 1 日あたり 50,000 台の車両と予測され、 毎日川を横断する 190,000 台の車両のおよそ 1/4 がルーアン中央部から軽減されると思われている。

批判

しかしながら、この橋の有用性に関しての議論がすでに提起され、 ある者はアルマダの折に橋が上昇するのは 4 年毎に 20 回ぐらいだと思い、 船の所有者は故障が起きた時に橋の反対側に閉じ込められることを望んでいなかった。 新しいプレジャー・ターミナルもすでに下流に建設されている。

訳注
プレジャー・ターミナルはクルーズ船が接岸する箇所と思われます。