ページの最終校正年月日 :

以下は次の文書の翻訳です。

Second Narrows Bridge - Wikipedia

プレトリア橋: Google map (衛星写真) 3D

2 番ナローズ橋 (Second Narrows Bridge)

2 番ナローズ鉄道橋は鉄道用の垂直リフト橋で、 バラード入り江を横断し、 バンクーバーとノースショア (北岸、North Shore) を接続している。 名前が示すように橋はバラード入り江の 2 番目の狭窄部にある。

訳注
ナローズ (narrows) は狭窄部の意味で、橋がある場所は海から見て、2 番目の狭窄部です。
鉄道用の CN 2 番ナローズ橋、1968 年建設

元々の 「2 番ナローズ橋」 は 1925 年に建設され、ナローズの潮の通り道 (tidal bore) を横断して、 バンクーバーをノース・ショアに接続した最初の橋である。 この橋はジョン・スチュワート (John Stewart) と ノーザン・コンストラクション (北建設、Northern Construction) により建設され、道路用の路面が建設され、 翌年の 1926 年からは鉄道も使用し始めた。 何隻かの船に衝突され、4 年間機能しない状態となり、 1933 年に州政府が橋を購入し、橋の垂直リフト・スパンを設置した。

1960 年に、新しく、もっと大きく (350 m スパン)、もっと高い 6 車線の道路用の 「2 番ナローズ橋」 が元々の橋のそばに完成し、 元々の橋は鉄道専用に転換された。 1994 年に新しい道路橋は、橋の建設中に事故で亡くなった鉄工労働者 (ironworker) を讃えて、「鉄工労働者記念 2 番ナローズ橋」 (Ironworkers Memorial Secod Narrows Crossing) に改名された。 しかしながら、新しい橋は一般にいまだに 「2 番ナローズ橋」 と呼ばれている。

持ち上げた時の橋

1926 年の鉄道橋は 1969 年に CN 鉄道により、より大きな、より高い橋で交換された。 橋の管理人はケーブルとカウンターウェイトを操作して、可動スパンを持ち上げる。 列車がバラード入り江を走っていなければ、 可動スパンは常に持ち上げた状態に保持され、 船舶の通過を可能にしている。 ライオンズ・ゲート橋 (Lion's Gate Bridge) がバラード入り江の 1 番ナローズを横断している。

現在の CN 2 番ナローズ鉄道橋は完全開放した時に 46 m の垂直余地があり、 フェンダー (衝突緩衝装置) 間に 137 m の水平余地を提供している。 しかしながら、「鉄工労働者 2 番ナローズ道路橋」 は垂直余地が 44 m で、 垂直余地が最大の場所では水平余地は 110 m である。

  1. 背景
  2. 年表
背景

クロンダイクのゴールド・ラッシュが騒々しい最中に、 バンクーバーから ドーソンの金山まで鉄道を敷設する計画があった。 無論、この計画の最初の段階でバラード入り江に橋を建設して、 次に北に向かって、鉄道を建設することになる。 ジョン・ヘンドリー (John Hendry) はバンクーバー・ウェストミンスター & ユーコン鉄道 (VW&Y, Vancouver, Westminster & Yukon Railway) を起こし、 ラッドナー (Ladner) からウェストミンスター、 次にバーナービー湖を経由してバンクーバーまで鉄道を建設した。 この鉄道の建設では グレート・ノーザン鉄道と手を組んだ。 グレート・ノーザン鉄道もバンクーバーに至る軌道を望んでいた。

このプロセスで、他の多くの鉄道が橋の建設に関与した: カナダ北鉄道 (Canadian Northern Railway)、 ミルウォーキー・ロード、 太平洋グレート・イースタン鉄道 (P. G. E., Pacific Great Easter Railway) が関与した。 橋自身は連邦政府が所有することになるはずで、政府が港と水運を制御しているからで、 ニュー・ウェストミンスターの鉄道橋と同様に鉄道会社にリースすることになる。 主な理由の 1 つは南岸には波止場の余地がほとんどなく、 従って鉄道は北岸を開発することを望んだ。 南岸は別の鉄道に占有されていた。 「バラード入り江橋・トンネル会社」 が起こされ、 潮の通り道を横断するための契約が結ばれた。 ある時点で、ナローズに土手道を作って橋にし、 波止場を作る計画もあった。

残念なことに第一次世界大戦が介在し、関連したすべての鉄道会社が破産した。 これと共に橋を作り、インディアン・アーム、キャピラノ (Capilano), ハウ・サウンド (Howe Sound) まで 鉄道を敷設する夢も消えた。 しかしながら、前任の鉄道会社は橋と新しい 「ホテル・バンクーバー」(Hotel Vancouver) の建設書類に署名していた。 戦争後、資金が随分増えて、大英帝国中の港を改良することになった。 これは戦時下の輸送に関連した問題からであったが、 1925 年に橋を完成するための資金が登場した。 そして、北岸の港は カナダ・ナショナル鉄道、 太平洋グレート・イースタン鉄道、 港・波止場委員会 が混合して操業することになり、 橋が利用可能であれば誰もが使用した。 ノース・バンクーバー・フェリーもこの時に同様に操業した。

ノース・バンクーバーの基本的な戦時操船所も信頼できる産業用のアクセスの必要性を強調した。 更に、 Lynnterm ターミナル、 小麦エレベーター、 石炭港、 硫黄港の 1960 年代における拡張はノース・ショアの使用が拡張することを示している。

元々の橋の年表