ページの最終校正年月日 :

以下は次の文書の翻訳です。

Karnin Lift Bridge - Wikipedia

この文書はドイツ語版の Wikipedia の項目の英訳と思われ、書いている人もドイツ人と思われます。 一部英語の文章が意味不明であったため、ドイツ語版の方も参考にしました。

カルニン・リフト橋: Google map、 アップされた写真 その 1

カルニン・リフト橋は垂直リフト橋ですが、独語には垂直リフト橋の用語がなく、単にリフト橋として記述されています。

カルニン・リフト橋 (Karnin Lift Bridge)

カルニン・リフト橋 (独語:Hubbrücke Karnin) は北ドイツのペーネシュトロム河口 (Peenestrom estuary、川 or 海峡) を横断する鉄道橋で 1933 年に開通し、1945 年に破壊された。 橋は昔のドゥヘロ - スヴィーネミュンダ鉄道 (Ducherow–Swinemünde railway) の一部分であった。 橋の昇降部分は第二次大戦の終わり以来、ペーネシュトロム河口の中央で遺物且つ技術モニュメントとして立ち続けてきた。 橋は 「ドイツ技術の歴史的シンボル」 として指定することに推薦された。

訳注
まず地形を理解する必要があります。
  1. 基本的にはオーデル川 (Oder) があります。 ドイツ語の読みはオーダーの方が正しいようですが、オーデルのカナ表記が多いようなのでこれに合わせます。 この下流にシュチェチン市 (Szczecin) があり、更にオーデル川はシュチェチン湖 (or 潟) に注いでいます。 シュチェチンはポーランド語の表記で、ドイツ語表記ではシュテッチン (Stettin) となります。
  2. シュチェチン湖から 3 本の川で水がバルト海に流れています。川はむしろ海峡に近く、この 1 つがベーネシュトロムです (西端)。 シュチェチン湖からバルト海に注ぐ 3 本の川により、ここに 2 つの島ができ、西側がウーゼドム島です。 このウーゼドム島と本土を結ぶのがカルニン・リフト橋でした。
今日のカルニン・リフト橋
  1. 建設と歴史
  2. 現在の状況
建設と歴史

リフト橋の前任は当初は手動で操作する旋回橋として 1875 年に建造された。 橋は通常はペーネシュトロム河口の船舶が通り過ぎるのを可能にするために開放されていた。 列車が橋を横断する必要がある時のみに閉鎖された。 1908 年に格上げされて複線になった。

鉄道の操業が増え、交通の負荷が高くなった結果、 リフト橋が 1932 年と 1933 年に建設された。 同時期に、ニーダーフィノウ・ボートリフト が同じデザイン原理によって建設され、現在でも操業されている。 2 つのプロジェクトの共有性が極めて近接していたため、 カルニン・リフト橋のケーブルはニーダーフィノウ・ボートリフトの建設現場でプリ・ストレスされて、 特別な鉄道貨車でカルニンに輸送された。

橋の全長は 360 メートルで、昇降枠の長さは 51.7 メートルであり、 高さが 35 メートルであった。 昔の旋回橋の中央橋脚が昇降区間の追加の橋台として、その場に残された; この事実と実際のリフト橋のリフト区間の軽量デザインにより、 橋の可動部の重量が随分と節約されることになった。

1945 年の 4 月 29 日の破壊に至るまで、橋はウーゼドム島から本土に至るもっとも重要な輸送接続であった。 橋は、ピーネ川 (Peene) の河口からシュチェチン湖 (Szczecin Lagoon) に至るシュトロム (Strom) -- ペーネシュトロム河口の南部はこう呼ばれた -- を横断し、カンプ (Kamp) とカルニン (Karnin) を接続した。 この接続は島の観光開発にとり、極めて重要で、 更にはウーゼドム島の軍事施設にとっても重要である (この軍事施設にはウーゼドム島の近くの弾薬臨時集積所と 1936 年以来のペーネミュンデ軍事研究センター (Peenemünde Army Research Centre) がある。) 第二次世界大戦の末期に、 赤軍の進行を阻止するために ドイツ国防軍 (Wehrmacht) により橋が爆破された。

訳注
リフト・スパンを爆破しなかった理由をはっきり書いていませんが、 シュチェチン湖は正確にはシュチェチン潟と呼ばれ、 水深が浅いため、橋を爆破するとその場所を船で横断することが困難となるためだと思われます。

第二次世界大戦後、 鉄道接続と橋は再建されなかった。 というのは鉄道の一区間が今では ウーゼドム島のスウィーネミュンデ (Swinemünde、ポーランド語: Świnoujście、シフィノウィシチェ) の近くでポーランド領を通っているからである。 爆破されてペーネシュトロム河口に崩壊した固定橋の区間は、 1945 年以後に引き揚げられて、キュストリン (Küstrin) のプロシャ東鉄道 (Prussian Ostbahn) の破壊されたオーデル川の複数の橋を再建するために部分的に使用された。 ドゥヘロー (Ducherow) からウーゼドム島のカルニンとダルゲン (Dargen) を経由してスウィーネミュンデに至る 昔の鉄道ルートは衛星写真や航空写真からいまだにはっきりと見て取れる。

鉄道と橋を再建する 1960 年代に描かれた複数の工事計画は何度も棚上げにされた。 一方、輸送機能はヴォルガスト (Wolgast) のピーネ橋 (Peene Bridge) が引継ぎ、 この橋は鉄道橋と道路橋を合体したものとしてデザインされた。

1990 年/1991 年に橋の技術者のハンス・ナードラー (Hans Nadler) は リフト橋の区間を、取り壊される深刻な脅威から救った。 橋をモニュメントとして保存・再建する目的を達成するために、 彼は同じような考えを持った人々と共に 1992 年にウーゼドム鉄道協会 (Usedomer Eisenbahnfreunde e.V.) を設立した。 1997 年から、協会はカルニンの駅舎を復元することを始め、 1995 年から 2005 年にかけて、路線の歴史を展示した。

リフト橋の状況が良好なのは耐腐食性スティールが使用されていることによっており、 定期的な塗装をしなくてもほとんど腐食しない。

現在の状況

ドイツの 「2003 年連邦輸送インフラ計画」 において、 ゼーバート・ヘリングスドルフ (Seebad Heringsdorf) からシフィノウィシチェを経由してドゥヘロー (Ducherow) に至る路線の債権は国際プロジェク区間の一覧に載った。 このような接続はベルリンからウーゼドム島への所要時間を現在の 4 時間から 2 時間に引き下げる。 カルニン・リフト橋はドゥヘロー・スウィーネミュンデ鉄道の一部分であるため、 橋を再建する現在の試みは以上の計画の一部分になっている。 2010 年 4 月 9 日にドイツとポーランドの 50 名程度の政治家と事業家の代表がカルニン鉄道活動提携 (Aktionsbündnis Karniner Brücke) を設立し、鉄道の再建と橋の再操業の推進を意図した。 2010 年 11 月に、この組織はドイツ全域にわたる署名募集活動を始め、 カルニンを経由するウーゼドム島の南方の鉄道接続を再建する嘆願をしようとした。 同時にウーゼドム鉄道協会とダルゲン二輪博物館 (Zweiradmuseum Dargen) は 1/27 スケールの歴史的橋のモデルを与え、 これを色々なドイツの都市とシュチェチン市で公的に展示することになっている。

現在の姿
横の光景 前の光景 技術モニュメント:
ペーネシュトロムにおける
カルニン・リフト橋の中央区間