ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次の日本語訳です。

Niederfinow Boat Lift - Wikipedia

ニーダーフィノウ・ボートリフト: Google map

ニーダーフィノウ・ボートリフト
(Niederfinow Boat Lift)

ニーダーフィノウ・ボートリフトはドイツで最古の操業中の ボートリフトである。 これは ブランデンブルク州のニーダーフィノウの近くの オーデル・ハーフェル運河にある。 リフトは 36 m の落差を克服する。

ニーダーフィノウ・ボートリフト
  1. 歴史
  2. 技術
歴史

1914 年 6 月 17 日に、ベルリンとシュテッチンの間の大きな水路が開通した。 ニーダーフィノウの近くの落差は 4 つの隔室を持った 階段水門を使用して克服した。 (これは下の航空写真の手前に見られる。)

訳注
シュテッチン (Stettin) は、ポーランド語ではシュチェチン (Szczecin) と表記する。現在はポーランド領で大きな都市です。オーデル川の下流にあります。
空からの光景

階段水門の容量は急速に取り尽され、その結果、 1927 年から 1934 年にかけて、ボートリフトが建設され、 1934 年 3 月 21 日に落成した。 リフトは高さ 60 m、長さ 94 m で、水槽が 36 m の落差を移動するのに 5 分かかる。 次の企業が建設に関わった。

1939 年 1 月 26 日までに、100,000 隻のボートがすでにリフトを通り抜けていた。 落成の年には 2,832,000 トンの交通があった。

リフトは 1980 年に一般的なオーバーホールを経て、 昇降ケーブルは 1984 年/1985 年に更新された。

今日ではボート・リフトはハシケの船列によってはあまりに短く、 このようなハシケの船列では、リフトを通過するために 船列を分割する必要がある。 リフトの営業は容量の限度に近くなり、 毎年およそ 11,000 隻のボートが通り抜けている。 そこで 1997 年に、新しくて、より大きなリフトを建設することが決定された。

ニーダーフィノウ・ボートリフトは観光で人気があり、 年間およそ 500,000 人が訪れている。 このため新しくて大きな駐車場が 2003 年に作られた。

技術

ボートリフトを構成するのは鋼の柱の上に立つリベット打ちされた 14,000 トンの構造鋼建造物である。 オーデル・ハーフェル運河の進入路は 4000 トンのリベット打ちされた鋼製の水道橋である。 水槽は水を満たせば 4290 トンの重さで、 256 本の鋼のケーブルに吊り下げられ、ケーブルは誘導ローラーを通り、 192 個のカウンターウェイトを支え、水槽と均衡を保っている。 ボートリフトの安全性はケーブルの半分が伸長状態で、 残り半分が予備のために力が抜かれている。 誘導ローラーは直径 3.5 m である。

リフト構造の内部の写真 水道橋上部の鋼構造 水槽のカウンターウェイト

レオナルド変換器 (直流に変換) で電源供給された 4 台の直流モーター が 1 本の軸に接続され、同期した駆動が可能になる。 この配置により、4 台のモーターが完全に同期する。 モーターは出力 55 kW で、全体で 220 kW である。 4 つのワームギアのついた軸が駆動され、軸は水槽に内部的に組み込まれたねじ山と 接続している。 これらの動作は通常は自由に動くが、ケーブルが破損した場合に余剰の安全性を提供するために固着する。

案内板
訳注
Wikipedia のこの項目はドイツ語版の項目を少し簡単にして英語で書いたもので、 この項目の作者はドイツ人と思われます。 原文で少し意味不明な箇所があったためドイツ語版の方を参考にしました。 その部分が 「レオナルド変換器 (直流に変換) で電源供給された 4 台の直流モーター」です。 但し、モーターを軸に接続するための歯車を pin gear と呼んでおり、この意味が不明でした。 そのため、この歯車の部分は割愛しました。 歯車の Wikipedia の項目は、日本語版、英語版、独語版で類似していることはわかるのですが、 1-1 に対応していないようです。こういうような時には Google 翻訳はうまく翻訳できなくなります。 pin gear は pinion (小歯車) のことかもしれません。機械の挿絵があるとよいのだが...