ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Foxton Locks - Wikipedia
フォクストン連続水門 (Foxton Locks)

フォクストン連続水門は 10 層の水門からなり、2 組の 5 層 階段水門から構成され、 グランド・ユニオン運河のレスター線にある。 これは レスターシャー州の マーケット・ハーボロー (Market Harborough) の町の西およそ 5 km にあり、 近くのフォクストン村にちなんで名前が付けられた。

フォクストン連続水門は 20 マイルの (レスター線の) 頂上区間の北の果てにあり、 頂上区間はハズバンズ・ボスワース (Husbands Bosworth)、クリック (Crick) を経て、 ワットフォード連続水門で終了する。

階段水門は運河が急な丘を登るときに使用される。 階段水門は一連の水門から構成され、各水門は直接次の水門に排水をするものである。 すなわち 1 つの水門の下流ゲートが、次の水門の上流ゲートとなっているものである。 フォクストン連続水門は英国の運河システムにおいて、このような階段水門の中で最大のものである。

フォクストン連続水門はグレード II の指定建造物で、 人気の高い観光の呼び物で、州政府 (County Council) は頂上に公園 (country park) を作った。 水門の基底部にはマーケット・ハーボローへの支線とのジャンクションがあり、 2 つのパブ、1 つの店、1 つの遊覧ボート (trip boat) 等の施設がある。 この一帯は運河見物 (gongoozler) で人気が高い。

フォクストン連続水門の横にはフォクストン・インクラインの敷地がある。 このインクラインは、階段水門に課せられた色々な操業上の制約の解決として、 1900 年に建設された。 インクラインは商業的には成功せず、たった 10 年間完全操業をしただけである。 1926 年に解体されたが、2000 年代にインクラインを再建する計画が開始した。 というのは水門がボートの交通のネックとなったからである。

フォクストン水門の上部階段水門 英国レスターシャーにおける
フォクストン水門の位置
訳注
Google map: フォクストン連続水門
  1. 水門
  2. フォクストン・インクライン
水門

水門の建設は 1810 年に始まり、 4 年後の 1814 年に完成した。 インクラインの建設までは何も変化がなかったが、 建設後はサイド・ポンドの幾つかは大きさが小さくなった。 インクラインの操業中には水門をある程度衰退するのにまかせたが、 1908 年に委員会は £1,000 を使用して完全操業 (夜間操業を含む) の状態に戻した。


フォクストン連続水門のボトム水門

2008 年に水門は ヨーロッパ産業遺産の道の一部となった。 ヨーロッパ産業遺産の道とは、ヨーロッパにおける最も重要な産業遺産の遺跡を認知することを 目的としたネットワークである。

水門はイースターから 10 月までの航行シーズンには通常は人が詰めており、 操業時間以外は鍵がかけられている。 これは間違った使用による水不足を防止し、 登る船と下る船のバランスを確実にするためである。 混雑時には長い遅れがあるが、 実際の通過時間は 45 分から 1 時間である。 水門は速く通過できるように作られている:横幅が狭く、ゲートが軽いのである。


上部階段水門のパノラマ写真
フォクストン・インクライン

1897 年までに、 グランド・ジャンクション運河会社 (Grand Junction Canal Company) は レスター線を構成する複数の運河を手に入れ、 伝統的な幅が狭いナローボートよりも幅が広いボートを使用したいという運送会社の要望に 応えることに熱中していた。 ナローボートは水門が収容できる唯一つの形式の舟であった。 解決方法は水門のそばにインクラインを建設することであった。 最初、会社はインクラインを第二の速い選択肢とするよりは、これと水門を交換しようと計画した。 建設は 1898 年に始まり、1900 年の 7 月 10 日に完成した。


展望所からのインクライン

インクラインはゴードン・カール・トーマス (Gordon Cale Thomas) によりデザインされた。 これに先立ち大きな試作品が会社のバルボーン (Bulbourne) の敷地に建設され、 高さが 75 フィートと見積もられていた。 インクラインには 2 つのタンク、ないしはケーソンがあり、 ケーソンには 2 隻のナロー・ボートもしくは 1 隻のハシケを収容できた。 ケーソンは水で満たされ、これにより相互につり合いを取った。 ケーソンに付属の垂直なギロチン・ゲートは水密を確保した。 インクラインは 25 馬力 (19 kW) の固定式蒸気エンジンで駆動した。 インクラインの用地は £1,595 で購入し、計画の全経費は 1900 年の 7 月 24 日までに £39,244 になった。

インクラインで 2 隻のボートが上昇し、同時に 2 隻のボートが下降する時間は 12 分であり、 古い水門を使用した場合には 1 1/4 時間かかった。 従って丘を上昇する速度はずいぶん向上することになった。 1 日 12 時間操業で、6,000 トンの物資が通過した。 水門の場合にはボートが通過するたびに下流に水が放出されるが、 これとは違って、インクラインの場合には同量の水が丘を昇降するだけである。 (ボートに) 押しのけられた水 (displaced water) のみが動くだけで、 多くの水が節約され、この貴重な資源をよりよく制御できた。

インクラインの最初の問題は軌道に及ぼすケーソンのストレス (圧力) であった。 運河の頂上区間の南の端のワットフォード連続水門にも類似のインクラインを建設する計画があった。 しかしながら、これは実行されることがなかった。 (恐らく、インクラインの最初の 2 年間の交通量が少なかったせいであろう。) 交通を期待して、インクラインのエンジンのために連続的に蒸気を供給する必要性も資金の無駄となった。 従って、明らかに効果があるにもかかわらず、 フォクストン・インクラインは 1911 年に資金節約のために、たなざらしとなった。 この日以後は、水門を整備する時に時々使用されただけであった。

1926 年にインクラインの機械の取り外しが始まり、 1928 年にスクラップとして、たったの £250 で売られた。 この時に、エンジン棟の煙突が取り壊され、レンガが運河の色々な修理に使用された。

現在のインクライン

インクラインの残滓は今でも見ることができ、跡地は探索できる。(但し制限がある。)

インクラインの係留用の柱はドックのそばに見ることができる。

フォクストン運河博物館

フォクストン運河博物館はインクラインの蒸気エンジン用のボイラー棟があった場所にある。 博物館で扱っていることは、水門とインクラインの歴史、 運河労働者の生活、地方運河の別の側面である。ミーシャム陶器のコレクションもある。

訳注
ミーシャム (Measham) はレスターシャーの村。 Google map: ミーシャム

博物館は 1989 年に開館した。これは「博物館、図書館と記録文書協議会」(Museum, Libraries and Archives Council) の おかげである。

復元

フォクストン・インクライン・ボートリフト (Foxton Inclined Plane Boat Lift) の跡地は古代モニュメント一覧 (Scheduled Ancient Monument) として認められ、 「危機モニュメント」 (Monument at Risk) に登録された。 この認識と英国運河におけるプレジャー・ボートの着実な増大により、 インクラインの復元が今や国内水路網の発展のキーとなる計画と考えられている。

完全復元の費用は £9百万 (2006 年度の数値) と見積もられ、 数段階で取り組むこととなっている。

計画の第一段階は跡地から邪魔なものを取り除き、 インクラインの上部、下部の支線を復元することであったが、 これは 2008 年に完了した。 £1.7百万の補助金が「宝くじ遺産基金」 (Heritage Lottery Fund) から助成され、 この第 1 段階で必要となる £2.8百万に向けられて、成功裏に完成し、 「危機モニュメント」の登録からはずされた。

  
インクラインの軌道の基礎 建設中の (元々の) インクライン