ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Watford Locks - Wikipedia
ワットフォード連続水門 (Watford Locks)

ワットフォード連続水門とは英国ノーザンプトンシャーにある グランド・ユニオン運河のレスター線の 7 層の連続水門のことで、この場所はワットフォード・ギャップ・サービス・エリアで有名である。

訳注
  1. Google map: ワットフォード連続水門
  2. ワットフォード・ギャップとは、2 つの丘陵地帯の間の低地で、 400 m ほどの幅の中に、道路 A5, 自動車道 M1, 鉄道、グランド・ユニオン運河の レスター線が通っている。ここに高速道路 M1 のサービス・エリアがあり、 ワットフォード連続水門と 1 km ほど離れている。Google map ではサービス・エリアは単に「ワットフォード・ギャップ」 となっている。

4 層階段水門
グランド・ユニオン運河のワットフォード連続水門の一部

連続水門は (南から順番に) 2 基の個別の水門、 4 層階段水門 そして 1 基の水門から構成されている。 これらの水門により、運河は 16 m (52 フィート 6 インチ) 上昇して、 頂上区間に到達し、フォクストン連続水門まで高度を維持する。

連続水門はナロー・ボートを輸送するために建設され、 開通したのは 1814 年である。 20 世紀初頭に、フォクストンにおけるものと 同様なインクラインを建設する計画があり、 ハシケを通すための計画の一環であった。 しかしこの計画はフォクストンのインクラインが 非経済的であることが判明した時に見捨てられた。

1928 年にグランド・ユニオン運河が形成された時に、 グランド・ユニオン運河の別の場所で実施された現代化の一環として 連続水門の幅を広げる提案があった。 しかしこの計画はこれ以上は進展しなかった。

連続水門は以下のものによって取り囲まれている: ローマ時代のワトリング街道 (Roman Watling Street, 現在の道路 A5), 自動車道 M1 そして ウェスト・コースト・メイン・ライン鉄道。 以上のものは 2 つの丘陵地帯の間の狭いワットフォード・ギャップを埋め尽くしている。

訳注
ワトリング街道は英国がローマ帝国に支配される時よりも前からある街道で、 ローマ帝国の時代に舗装されている。

西端でロクシター (Wroxeter) から南下する道は
通常はワトリング街道とはみなされない

連続水門はイースターから 10 月までの航行シーズンの間は通常、監督されており。 許可時間外には鍵がかけられている。 これは誤使用からの問題を防ぎ、 待ち行列が最小となることを確保するためである。 ボート乗りは水門管理者の監督下で水門を操作する。 トップあるいはボトム水門に到着すると、 ボート乗りは到着したことを報告する必要があり、 この後で連続水門の操作をする。 忙しい時にはしばしば 2 時間以上の遅れがあり得るが、 連続水門の通過はおよそ 45 分かかる。 水門が狭いことと、ゲートが軽いことにより (通過時間が) 速くなっている。

交通アクセス

ワトリング街道 A5 からのアクセスは車イスや乳母車では困難で、適していない。 北に向かって走り、ワットフォードへの標識がある曲がり角の中間地点で、 公有地 (public land) にある大きなトレーラーハウスの売店の外に駐車場がある。 ここに到着してから、ジュラシック・ウェイの歩行路 (footpath) を示す標識をたどって正面を横切れば 水門が見える。 水門に行くには踏み段 (スタイル、stile) を越える必要がある。

訳注
グーグルの地図から A5 からワットフォードへの曲がり角が 2 つあることがわかり、 ストリートビューから、そこに道路標識があることがわかりますが、 ワットフォードに抜ける道であることは書いてないように見えます。 なお中間に確かにトレーラーハウスの売店らしきもの (ストリート・マップでは venture caravan としている) があり、そばに あまり大きくない駐車場も見えます。 「踏み段」とは家畜が出入りできないようにしたもののようで、 この段のために車いすや乳母車では出入りができないようです。