ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Elbląg Canal - Wikipedia

運河の全体図は運河の地図エルブロンク運河の地図を参考にしてください。

エルブロンク運河は インクラインが現存する数少ない運河の 1 つで、 これは米国のモリス運河のインクラインの真似をして建設されたものです。 モリス運河の方は 1924 年に廃止され、元の姿が残っていませんが、 エルブロンク運河のインクラインは現在でも生きており、在りし日のモリス運河のインクライン の姿を残しているようです。

エルブロンク運河 (Elbląg Canal)

エルブロンク運河 (独語, オーベルラント運河、Oberländischer Kanal) は ポーランドにある運河で、 ヴァルミア=マズールィ県 (Warmian-Masurian Voivodeship) にあり、全長が 80.5km で、ドルジノ湖 (Drużno) (この湖はエルブロンク川によりビスワ湖につながっている) から南に進み、ドルベンツァ川と イェジョラク (Jeziorak) 湖に至る。 運河が収容できる船舶は 排水量が 50トンまでの小型船舶である。 落差は 100m 近くもあり、これを乗り越えるために、水門と湖の間の素晴らしい軌道のシステムを使用する。

訳注
Google の地図ではイェジョラク湖の名称が表示されないので Bing の地図のリンクを与えます。
Bing map: イェジョラク湖
エルブロンク運河の本線はイェジョラク湖を通っていませんが、支線で行けるようです。 しかし支線があまりはっきりしないので、地図には書き込んでいません。

今日では、主にレクリエーション用に使用される。 これは技術史に関連した最も重要なモニュメントと考えられており、ユネスコの世界遺産に含まれている。 【訳注:どの項目に含まれているか不明】 ポーランドでは、最近「ポーランドの 7 つの驚異」の一つに挙げられた。

  
エルブロンク運河 空からの光景
軌道区間の一つが見える。
  1. 歴史
  2. インクライン
  3. 訳注:インクラインの動力
歴史

運河は 1825 年 - 1844 年にゲオルク・シュティンケ (Georg Steenke) によりデザインされ、 彼はプロシャ国王による委任を果たしたのである。 建設は 1844 年に始まった。 湖の間の 9.5km (5.9 マイル) 区間の高低差は伝統的な水門を建設するには大きすぎた。 そのため (米国の) モリス運河で使用された巧妙なインクラインのシステムが水門の代わりに使用された。 もっとも運河には幾つかの水門もある。 元々は 4 基のインクラインがあり、後に 5 番目が加えられたが、 この時は 5 基の水門に取って代わった。 オーベルラント運河 (高地運河) の名称の下に、プロシャ王国の中にあって、 運河は 1860 年の 10 月 29 日に開通した。 1945 年以来、運河はポーランドに属している。 戦争による被害を修復して、1948 年には操業できるまで復元され、今や観光に使用されている。

観光旅行に行きたい人は、残念なことにならないように、次の点に注意して下さい。 運河は冬のシーズンが終わった後も、5 月 1 日までは開通しません。

インクライン

元々の 4 基のインクラインは頂上区間から以下の順番で続いている: ブチニエツ (Buczyniec, Buchwalde) は落差が 20.4m で長さが 224.8m、 コンティ (Kąty, Kanten) は落差が 18.83m で長さが 225.97m、 オレシニツァ (Oleśnica, Schönfeld) は落差が 21.97m で長さが 262.63m、 イェレン (Jelenie, Hirschfeld) は落差が 21.97m で長さが 263.63m である。 第 5 番目のインクラインは Całuny で、落差が 13.72m でエルブロンクの近くの木製の 5 基の水門を置き換えて、 建設された。これらは 1860 年 - 1880 年に建設された。

訳注
インクラインの名称はグーグル・マップには記載がなかったので、 同じ地名を検索して、ポーランドに同名の地名があった場合にグーグル・マップ に表示されるカナ表記を当てました。 だから、カナ表記は間違っているかもしれません。 それと、念のため、この項目に対応するポーランド語版の Wikipedia のページを グーグルの英訳で読んでみると、5 番目のインクラインの名称が違っており (恐らく発音記号に由来) これに関してはポーランド語版の Wikipedia に合わせました。

エルブロンク運河の高低図、右端がインクライン
ポーランド語版の Wikipedia の絵
  
船 (オストルダ、Ostróda) が横切る。 ブチニエツのインクラインの台車

運河は他の水路と独立に建設され、 そのためボートはインクラインの制限内に建設された。 ボートの最大長は 24.48m、最大幅は 2.98m、 最大喫水は 1.1m でおよそ 50トンの荷を運んだ。

インクラインはどれも 2 つの並行なレール軌道から構成され、 ゲージは 3.27m である。 ボートはこの軌道の上を動く台車で運ばれる。 インクラインは、運河の低い区間から頂上まで上昇し、 そして第二の短いインクラインを降下して高い運河の区間に 達する。 主インクラインの最初の部分と短い下りは傾きが 1:24 である。 一台の台車が上昇する台車と均衡を取るために、インクラインを下降する。 下降する台車が頂上に達して、 主インクラインを下降し始めると、この重さが上昇する台車を引き上げる。 これにより、この区間におけるインクラインの傾きはより高い傾き 1:24 に作られている。

訳注
  1. 各インクラインには長い登りと短い下りがあることが 書かれています。この理由はヘイ・インクライン に書いてあります。インクラインは基本的に下にある池から上にある池に船を運ぶための 軌道です。上にある池には堤防があり、船を上の池に運ぶためには、この堤防を越える 必要があるからです。これは二番目の写真から明白です。
  2. インクラインは普通のケーブルカーと同じようにできていると思われ、 輪の形をしたケーブルの 2 箇所に台車が固定されている。だから、一方を上昇させると 他方が降下する。しかし、上の台車が短い坂道にいる時には、 下の台車も上の台車も同時に持ち上げる必要があり、この時、一番多く動力を使う。 だからこの場所だけ傾きが小さくなっていると思われます。
  3. 2 台の台車は両方とも船を積載することもあるし、 片方のみに積載することもあるようです。 Category:Boat lifts of Elbląg Canalにインクラインごとに多くの写真が掲載されており、 その中には台車がすれ違っている写真があります。
訳注:インクラインの動力

インクラインの動力は水だろうときめてかかっていたのですが、 自分の翻訳した文章を読み直して見ると今一スッキリしません。 思い直してドイツ語版の Wikipedia の英訳を読んでみると、 ちゃんと書いてありました。

「英訳」を一部分、日本語に翻訳すると

各々のインクラインは牽引鉄道で、 レール上の台車により、次の水路の区間まで船を持ち上げる。 ケーブル・ドラムを駆動するのは「下射式の水車」による減速ギアである。 後に建設された Całuny Nowe は電動ドライブで、水力タービンのエネルギーが伝達される。

ドイツ版から表を引用します。以下の距離は次のインクラインまでの距離のこと。

名称高さ長さ距離建造年写真
ブチニエツ
(Buczyniec)
21.5m550m2.1km1860年まで
コンティ
(Kąty)
18.0m450m2.9km1860年まで
オレシニカ
(Oleśnica)
24.5m350m2.2km1860年まで
イェレニァ
(Jelenie)
22.5m510m2.0km1860年まで
サオネィ
(Całuny)
13.0m450m 1874年 -
1881 年

ドイツ語版から表を引用します。

インクラインの動力ユニット
     
コンティのエンジン収納小屋。
水車がケーブル・ドラムを駆動
コンティの機械小屋の
減速ギアボックスと
ロープ・ドラム
鋼ケーブルの向きを
変える滑車、コンティの
インクラインの末端