ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Monongahela Incline - Wikipedia

モノンガヒラ・インクライン: Google map

関連項目:デュケイン・インクラインジョンズタウン・インクラインド・プレーン

モノンガヒラ・インクライン
(Monongahela Incline)

1870 年にジョン・エンドレス (John Endres) により建設されたモノンガヒラ・インクラインはピッツバーグのスミスフィールド・ストリート橋 (Smithfield Street Bridge) の近くにある。 これは米国で連続的に操業しているケーブル鉄道では最も古いものである。 19 世紀末にピッツバーグで建設され始めた元々定員 17 名の乗客用インクラインの現存する 2 つのうちの 1 つである。(もう 1 つはデュケイン・インクラインである。) この下の駅はステーション・スクエア商業複合施設 (Station Square shopping complex) と道路を隔てて反対側にあり、軽鉄道のステーション・スクエア駅から簡単にアクセスできる。

モノンガヒラ・インクラインの下の駅 ピッツバーグにおける位置
  1. 歴史
  2. 統計
  3. ギャラリー
歴史

1860 年における拡張する産業基盤は巨大な労働需要を生み、 多くのドイツ人の移民をこの場所に引き寄せた。 これにより深刻な住宅不足となった。 それは産業が川に隣接する平坦な場所を占有していたからであり、 これにより、まわりを取り囲むワシントン山あるいはコール・ヒル (Coal Hill, 石炭丘) の急な山腹が住宅用に残るだけとなった。 しかしながら 「丘」 とそれ以外の場所の行き来は良い道路あるいは公共輸送がないことで妨げられた。

ワシントン山に定住したのは圧倒的にドイツ人の移民で、 彼らの元の母国であるザイルバーン (Seilbahn, ケーブル鉄道) のことを思い出し、 コール・ヒルの斜面にインクラインの建設を提案した。 この結果がモノンガヒラ・インクラインで、1870 年 5 月 28 日に開通した。 初期のインクラインはピッツバーグの地域で石炭を輸送するのに使用された。 これにはワシントン山のカーク・ルイス・インクライン (Kirk Lewis Incline) と近くのバーミンガムのオムズビー鉱山重力プレーン (Omsby mine gravity plane) があり、 後者は後にピッツバーグ市に組み込まれた。


モノンガヒラ・インクライン (右) と取り壊された
モノンガヒラ貨物インクライン (左)、1905 年
訳注
重力プレーンとあるのはエンジンを使用しないものです。 貨物は常に上から下に降りる場合しかなく (恐らく貨物は石炭)、 空の貨車とつり合いを取り、ブレーキ操作で降りる。

モノンガヒラ・インクラインはアレゲニー郡の港湾委員会 (Port Authority) が操業し、この組織はピッツバーグ市の残りの輸送システムも操業している。 インクライン、軽鉄道、バスとの乗り換えが可能である。

統計
ギャラリー
下の駅の内部 上昇中
降下中 ピッツバーグ・エリー湖鉄道駅
とワシントン山のモノンガヒラ・
インクライン、1905 年頃
訳注
ピッツバーグ・エリー湖鉄道 (Pittsburgh and Lake Erie Railroad) の駅は 現在のステーション・スクエア商業複合施設がある所にあった