ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Johnstown Inclined Plane - Wikipedia

ジョンズタウン・インクラインド・プレーン: Google map フォト・スフィア (展望デッキ) 3D

関連項目: デュケイン・インクラインモノンガヒラ・インクライン

ジョンズタウン・インクラインド・プレーン
(Johnstown Inclined Plane)

ジョンズタウン・インクラインド・プレーンは米国ペンシルバニア州カンブリア郡 (Cambria County) のジョンズタウンにある 896.5 フィート (273.3 m) の長さのケーブル鉄道 (funicular) である。 インクラインと 2 つの駅は、 ストーニー川 (Stony Creek) とリトル・コンモー川 (Little Conemaugh River) の合流点にあるジョンズタウン市と、ユッダー丘 (Yoder Hill) のウェストモント町 (Westmont borough) を接続している。 ジョンズタウン・インクラインド・プレーンは 「世界で最も急な車両用のインクラインド・プレーン」 として広告されている。 これは、これが 70.9% の傾きの坂道を乗客のみならず自動車も昇降できるからである。 1 つの駅からもう 1 つの駅までの所要時間は 90 秒である。


ジョンズタウン・インクラインド・プレーン

1889 年の破局的な洪水 (ジョンズタウンの洪水) の後に、 ジョージタウン・インクラインは 1891 年に完成し、 谷の上部にある新しい共同体の住民の便利な輸送方法を提供するのみならず、 将来の洪水時の避難ルートを提供した。 これはカンブリア鉄会社 (Cambria Iron Company) と その後継であるベスレヘム・スティール部門 (Bethlehem Steel unit) により 1935 年まで操業され、この年にウェストモント町に売却された。 インクラインは 1963 年に短期間閉鎖された、 これはベスレヘム・スティールからの電力供給が停止したからである。 歴史上 2 度、ジョンズタウン・インクラインド・プレーンは洪水時の避難手段としての 役割を果たしている。一度は 1936 年で、もう一度は 1977 年である。 インクラインは 1973 年に 「国の歴史登録財」 (National Register of Historic Places) として指定され、 1994 年には ( アメリカ機械技術者学会 (American Society of Mechanical Engineers) の) 「歴史的機械工学ランドマーク」 (Historic Mechanical Engineering Landmarks) に選定された。 インクラインド・プレーンは 1962 年と 1983 年から 1984 年にかけて、重大な修復をした。

  1. デザイン
  2. 歴史
  3. 現在の操業
デザイン

ジョンズタウン・インクラインド・プレーンはハンガリーの技術者であるサミュエル・ディシャー (Samuel Diescher) によりデザインされたが、 彼はそれ以前にピッツバーグの デュケイン・インクライン、キャッスル・シャノン・インクライン、 フォート・ピット・インクラインもデザインしていた。 ケーブル鉄道は平行した (2 つの) 8 フィート (2,440 mm) の広軌の鉄道軌道で、 勾配が 70.9% (35度28分) であるものから構成されていた。 インクラインは 896.5 フィート (273.3 m) の長さで、 502.2 フィート (153.1 m) を垂直に上昇し、 頂上のユッダー丘 (Yoder Hill) でウェストモント町 (Westmont borough) に達する。 駅は海抜 1,693.5 フィート (516.2 m) である。 レールは 720 個の 14 フィート (4 m) の長さのマツ (Southern Yellow Pine) の枕木で支えられている。 インクラインは夜間は軌道沿いに設置された 14 個の 高圧 ナトリウムランプでライトアップされている、 2 つの軌道の間には 966 段の階段があったが、これは 1963 年頃に撤去された。 2 つの車両が坂道を越える時に一つは下り、もう一つは上昇し、平衡するように振舞う。 車両は幅が 15 フィート 6 インチ (4.7 m)、高さが 15 フィート 2 インチ (4.6 m)、 長さが 34 フィート (10 m) であり、65 名、あるいは 6 台のオートバイ、あるいは一台の自動車を運ぶことができる。 自動車は外気にさらされているが、ベンチがある囲まれた場所はインクラインの外側に面している。 2 つの車両を接続しているケーブルは直径が 2 インチ (50.8 mm)、6×36 普通左撚り (right regular lay) のスティール・ワイヤである。 ケーブルは 3 米トン (2.7 トン) の直径 16 フィート (5 m) のドラムの回りに巻かれ、 これが 2 つの車両をつなぎとめている。

左:ベンチがある囲まれた乗客の場所
右:車の主デッキ、十分に大きいので
数台のオートバイ、あるいは一台の自動車を収容できる
横の光景
ジョンズタウン・インクラインド・プレーンの動画

北側の軌道のケーブルは 1075 フィート (328 m) の長さで、 南側のケーブルは 7 フィート (2.13 m) 短い。 どちらの車両も 22 米トン (20.0) トンの重さがあるが、車両、従ってケーブルは追加の 15 米トン (13.6 トン) の負荷を運ぶことができる。 400 馬力 (298 kW) の電気モーターがドラムを回転し、 ケーブルの巻き上げと巻き戻しを同時に実施し、インクラインに動力を与える。 ジョンズタウン・インクラインの異常な点はモーターとウィンチがインクラインの直下ではなく、 90度の角度を持たせた位置にあることである。 インクラインの操作は上の駅の操作室 (booth) にあるフット・ペダルにより制御されている。

もしもインクラインを制御するのに必要な空気圧が不十分であれば、 緊急ブレーキが作動し、 操作室のデッドマン・スイッチ (dead man's switch, 操作員が意識喪失などした時に作動するスイッチ) が起動すれば、緊急ブレーキが作動する。 牽引ケーブルに付け加え、 972 フィート (296 m) の 165 米トン (149.7 トン) に耐える安全ケーブルも車両に接続されている。

歴史
背景と建設

インクラインはヨーロッパでは普通で、ドイツ、スラブそしてウェールズからの移民にも普通であり、 彼らはジョンズタウンの近くに定住し、母国のインクラインを思い出し、その概念を米国に伝えた。 米国の最も初期のインクラインは 1830 年代に アレゲーニー・ポーテッジ鉄道の一環として建設された 10 基の連結するインクラインであった。ポーテッジ鉄道はアレゲーニー山脈を越えて、 運河のボートを輸送し、ピッツバーグの運河からフィラデルフィアの運河まで接続した。 これに加え、ピッツバーグは一時期には 「少なくとも 17 基」 のインクラインがあり、 あるものは乗客を運び、別のものは貨物を運んだ。 一方、他の 2 基のインクライン (例えばナナリー・ヒル・インクライン (Nunnery Hill Incline)) は曲がっていた。

1889 年 5 月 31 日に、サウス・フォーク・ダム (South Fork Dam) が ジョンズタウンのリトル・コンモー川の上流で崩壊した。その結果起きた大洪水は市を崩壊し、2,209 名が死亡した。 市が復興する時にカンブリア鉄会社はユッダー丘の頂上に住宅開発を始めていた。 新しいウェストモントの共同体の住民にけいわしい坂を上り下りするための簡単な輸送方法を提供するために 会社はインクラインド・プレーンの建設を決意した。 便利な輸送方法であるのみならず、 ジョンズタウンのインクラインド・プレーンはもう一度洪水が起きた時の避難ルートの役目も果たした。 ディシャーはカンブリア鉄会社に採用されて、インクラインをデザインした。 インクラインで使用されたレールはすべてジョンズタウンのカンブリア鉄会社で製造され、 建設で必要となる多くの道具もそこで手作業で作られた。 232 フィート (71 m) のインクラインド・プレーン橋がストーニー川にかけられ、インクラインの下の駅への出入りに使用された。 ジョンズタウン・インクラインド・プレーンは元々カンブリア・インクラインド・プレーンと命名されて、 1891 年 6 月 1 日に開通し、 建設費は $133,296 であった。 インクラインが便利であったため、活気づいて、ウェストモント町の人口が急激に増え、 町が米国の最初の (都市の) 郊外の 1 つになった。 最初の 80 年間の操業でインクラインは 4000万回の昇降をした。

使用

インクラインの元々の蒸気エンジンは 1912 年 1 月 6 日に切り離され、 電動モーターで置き換えられた。 インクラインで使用された車両は元々 2 階建てであったが、 再設計されて 1 階建てとなった。 2 階建ての車両では馬と荷馬車が主要な 2 階のデッキに乗り、乗客は下の客室に乗った。 インクラインでは唯一回の死亡事故があったが、この事件はインクライン自身によって引き起こされたものではないと決定された。 1920 年代には 2 回事件があり、この時馬が驚いて下の軌道に飛び降りた。 カンブリア鉄会社の後継であるベスレヘム鋼部門はジョンズタウン・インクラインド・プレーンを 1935 年 4 月にウェストモント町に売却した。 1938 年 3 月 17 日に 4000 名近くの人々がインクラインによって、 ジョンズタウンから高台に避難した。 この時、ストーニー川とコンモー川が堤防を乗り越えた。 洪水は下流に流れ続けピッツバーグに到達した。 1938 年 2 月から、1953 年 7 月までジョンズタウン交通輸送会社 (Johnstown Traction Company) がジョンズタウンからウェストモントへバスを運行させ、 「完全に積載したバス」 をインクラインで運んだ。 ベスレヘム鋼部門が 「両立しない電力システム」 に移行した時に、 ジョンズタウン・インクラインド・プレーンへの電力供給を停止し、 インクラインは 1962 年 1 月 31 日に閉鎖することを余儀なくされた。 インクラインの操業継続の公衆の圧力から、 広範な修復 -- 電気モーターの巻き替え、枕木の取り換え、車両の再塗装 -- をして 1962 年 7 月に再開通した。

ジョンズタウン・インクラインド・プレーンは 1973 年 6 月 13 日に 「国の歴史登録財」 (National Register of Historic Places) として指定された。 1977 年 7 月 20 日に、 インクラインは再び避難路として使用され、洪水の水位が上昇する最中に住民を避難させた。 インクラインはボート、緊急隊員と装置を谷に降ろし、救援活動を支援した。 インクラインは 1983 年 3 月 8 日にウェストモント町はカンブリア郡交通局 (Cambria Transit Authority) -- 現在のカムトラン (CamTrans) -- に $1 で売却した。 カムトランは 1983 年 9 月 7 日に $420万 の修復を開始し、 「インクラインの基礎橋脚、構造鋼、軌道」 を交換した。 修復は 1984 年 8 月 22 日に完成し、9 月 6 日に再開通式を催した。 アメリカ機械技術者学会 (American Society of Mechanical Engineers) は 1994 年 9 月にインクラインを 「歴史的機械工学ランドマーク」 (Historic Mechanical Engineering Landmarks) に選定した。 ペンシルバニア州ルート 56 の上にかかり、 インクラインとバイン・ストリート (Vine Street) を結ぶ歩道橋が同じ頃に開通した。 2000 年 9 月 1 日にペンシルバニア州交通部 (PenDOT = Penssylvania Departmet of Transportation) が、橋と橋に至る進入路の $230万 の修復を手がけた時にインクラインは閉鎖された。 2001 年 4 月に再開したが、PenDOT が橋の路面の修復を完成するために 9 月に再び閉鎖された。 修復は 2001 年 12 月 14 日に完成した。 2010 年 4 月 16 に強い雷雨によりインクラインへの電力供給が停止した時に、 自動車と 2 人の乗客を坂のほとんど中途で立ち往生させた。 救助には 3 時間かかり、消防士がロープを伝って軌道を降りて車両に到達した。 ジョンズタウン・インクラインド・プレーンは 2010 年 9 月 9 日から 10 月 14 日まで 新しい 9000 ポンド (4,100 kg) の 「巻き上げブレーキ・シャフト」(hoist break shaft) の設置のために閉鎖された。 2012 年の 10 月 29 日から 10 月 31 日にかけて、 カムトランはハリケーン・サンディ (Sandy) の通過による停電を恐れてインクラインを閉鎖した。 毎年開かれるオートバイの大集会 「サンダー・イン・ザ・バレー」 (谷の雷、Thunder in the Valley) の最中に 2 つの抵抗器が故障し、 2014 年 6 月 28 日にインクラインが駅のすぐ外で停止した。 修理にはおよそ 1 ヶ月かかり、専門家が呼ばれて故障の診断をした。 センサーの問題が 2014 年の 8 月にインクラインを短期間停止させ、 2014 年 12 月に再び同じ問題が起き、 インクラインの冬季保守期間を早期開始することを余儀なくされた。

現在の操業

自動車の人気が増大し、その後、新しい道路が建設されたことにより、 インクラインに乗る人が減り、1961 年には $25,000 の赤字となった。 しかしながら、1980 年以来インクラインはジョンズタウンの主な観光客の呼び物の 1 となり、 「楽しみとノスタルジアと目新しさから乗る」 観光客がインクラインを訪れるようになった。 主に観光客に使用されているが、徒歩や自転車による通勤でインクラインを使用することも増大した。 カムトランのルート18 運行バスはインクラインとジョンズタウンのダウンタウンを接続している。 2015 年現在ではインクラインの料金は $2.25 で、往復は $4 であり、 自動車のインクラインの料金は片道 $6 である。 インクラインは 1 つの駅からもう 1 つの駅までおよそ 90 秒かかる。 自動車による同じ行程は 10 分かかる。 2014 年にジョンズタウン・インクラインド・プレーンは年間 70,761 名の乗客があり、 前年から 18.7% の減少となった。

インクラインの上の駅にはギフト・ショップがあり、土産物とスナックを売っている。 ビジター・センターが駅に隣接している。 インクラインの電気モーターと巻き上げ機械を収容する機械室はギフト・ショップとビジター・センターの ロビーの窓から見ることができる。 インクライン、市そして谷が見える展望台は駅のビジター・センターの反対側にある。 ハイキング用の道で坂を歩くことができる。 1 つが彫刻の道で、作品は地元の芸術家であるジェームズ・ウルフ (James Wolfe) が 1989 年に作り、 彼はジョンズタウンのベスレヘム鋼部門の残り物を使用した。

インクラインの巻き上げ機
を収容する部屋
上野駅には展望デッキと
ビジター・センター及び
レストランが付随する。
歴史的乗客数
乗客数 増減
1996 142,109
1997 120,156 −15.4%
1998 118,802 −1.1%
1999 120,456 +1.4%
2000 121,779 +1.1%
2001 66,620 −45.3%
2002 74,485 +11.8%
2003 72,431 −2.8%
2004 65,685 −9.3%
2005 86,031 +31.0%
2006 109,222 +27.0%
2007 104,238 −4.6%
2008 100,653 −3.4%
2009 102,516 +1.9%
2010 92,185 −10.1%
2011 81,236 −11.9%
2012 94,934 +16.9%
2013 86,984 −8.4%
2014 70,761 −18.7%
原典:連邦公共交通局、国内公共交通データベース
(National Transit Database, Federal Transit Administration)

インクラインの頂上にある展望デッキからのパノラマ。
リトル・コンモー川 (中央左) とストーニー川 (右) が
ジョンズタウンで合流してコンモー川になる。