ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Duquesne Incline - Wikipedia

デュケイン・インクライン: Google map ストリート・ビュー

デュケイン・インクライン (Duquesne Incline) とは以下の説明にあるように インクラインド・プレーン鉄道 (inclined plane railroad) ですが、現代的な言い方ではケーブル鉄道となります。完成したのが 1877 年なので古い言い方が使用されている。 普通のケーブル鉄道とは違い、山腹の上で高架になっている。 (インクライン/訳注:「インクライン」の用語に関してを参照のこと。)

関連項目:モノンガヒラ・インクラインジョンズタウン・インクラインド・プレーン

デュケイン・インクライン
(Duquesne Incline)

デュケイン・インクラインはピッツバーグのサウス・サイド近隣の近くにある インクラインド・プレーン鉄道であり、ワシントン山をよじ登っている。 インクラインは サミュエル・ディシャー (Samuel Diesher) いよりデザインされ、 1877 年に完成し、 長さが 800 フィート (244 m)、 高さが 400 フィート (122 m)、 30°の傾きがある。 インクラインは通常とは違う 5 フィート (1,524 mm) のゲージである。

デュケイン・インクライン
国の歴史登録財
(National Register of Historic Places)
ピッツバーグにおける位置
  1. 歴史
  2. ポピュラー・カルチャーで
  3. ギャラリー
歴史

デュケイン・インクラインは 元々蒸気駆動で、19 世紀末にワシントン山に貨物を昇降するのに建設された。 これは後に、とりわけワシントン山の住民を運ぶのに使用された。 彼らは歩いて頂上まで登るのに疲れていたのである。 複数のインクラインがその後、ワシントン山の至る所に建設された。 しかし、もっと多くの道路がコール・ヒル (Coal Hill, ワシントン山の別名、石炭丘) にできると、他のインクラインは閉鎖された。 1960 年代の終わりまでに、モノンガヒラ・インクラインとデュケイン・インクラインのみが残った。

1962 年に、インクラインは明らかに永久に閉鎖された。 大きな修理が必要であったが、後援者がほとんどいなかったため、 インクラインの所有者は何もしなかった。 しかしデュケイン高台 (Duquesne Height) の住民はインクラインを救うために、 資金集めに乗り出した。 これは大成功で 1963 年 7 月 1 日にインクラインは、保存に専念する非営利団体の保護の下に再開した。

インクラインはそれ以来一新した。 フィラデルフィアの J. G. ブリル会社 (J. G. Brill and Company) により製造された車両はペンキをはがれて木材がむき出しになった。 頂上に展望台が追加され、ピッツバーグの 「ゴールデン・トライアングル」 の光景が見えるようになり、 デュケイン・インクラインは今ではピッツバーグ市の最も人気の高い観光客の呼び物となった。

ポピュラー・カルチャーで
ギャラリー
下の建物 インクライン上昇中の
上方の光景
車両内部。
ピッツバーグの
スカイラインが見える。
下の駅のロビー 下の駅のプラットフォーム