ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Ketley Canal - Wikipedia
ケットリー運河 (Ketley Canal)

ケットリー運河はタブ・ボート運河で、 イングランドのシュロップシャー州において オ-ケンゲーツ (Oakengates) からケットリー工場までのおよそ 1.5 マイル (2.4 km) を走っていた。 運河はおよそ 1788 年に建設され、 英国で初めてのインクライン (inclined plane) を備えていた。 運河の主な貨物は石炭と鉄岩 (ironstone, 鉄鉱石の 1 種) であった。 インクラインはケットリー工場が閉鎖された 1816 年に使用されなくなったが、 上層の運河が遂に使用されなくなるのは 1880 年代のことであった。 幾つかの運河の痕跡をあたりに見ることができる。


ケットリーのパドック・マウントにある
運河の一部分にはまだ水がある。
  1. 歴史
  2. 位置
歴史
シュロップシャー・タブボート運河網

ケットリー運河は 1787 年から 1788 年にかけて、ケットリーの ウィリアム・レイノルズにより建設された。 レイノルズは鉄の名匠 (ironmaster) で博愛主義者であったリチャード・レイノルズの子息として、 ケットリーのバンク・ハウスで 1758 年に生まれた。 エイブラハム・ダービー II が他界し、エイブラハム・ダービー III が成人になるまでの 1763 年から 1768 年にかけて、レイノルズの父親はコールブルックデールの工場を経営した。 レイノルズは父親が経営者の時に見習いをした。 これは偉大な革新の時代で、最初に鉄製のレールが使用された時でもある。 彼はシュロップシャーの鉄の名匠 (ironmasters) の中で、最も革新的で有能となり、 コールブルックデールに定期的に訪れる何人かの技術者と会っている。 このような人に マシュー・ボウルトンジェームズ・ワット、 ジョン・ウィルキンソン (John Wilkinson) ダンドナルド卿 (Lord Dundonald)、 トーマス・テルフォードがいる。 彼はまたジョセフ・プリムリー (Joseph Plymly) を中心とする知識人の グループとも友人であった。 1786 年に、彼は「コールポート・タール・トンネル」(Coalport Tar Tunnel) を建設した。トンネルは元々更に北にある鉱山への低層接続抗として建設されたが、 掘削により天然ビチューメン (天然アスファルト) に到達した。 翌年、彼はワムブリッジ運河を建設した。 レイノルズと彼の父親は 1787 年にケットリー運河の工事を開始した。 運河の目的は鉄岩 (ironstone) と石炭をオーケンゲーツからケットリーに おける彼らの鋳物工場に輸送することであった。 運河はオーケンゲーツから西の方に進み、 シェファーズ・レーン (Shepherds Lane) がレッド・レイク・ヒルを横切る場所で トンネルを通り、 ケットリー邸宅 (Ketley Hall) の南で終了した。 この時点で、彼の工場までに 73 フィート (23.3 m) の落差があった。

運河のレベルを下げるために水門を使用するのは論外なことであった。 運河への貧弱な給水は鉱山からくみ上げられた水によっていたからである。 主な給水源は恐らくダービーシャー水平坑道で、 これはケットリーからオールド・パークまで走っていた地下の排水水路であった。 荷を荷馬車に積み替えるには余分の作業が必要で、 革新家であったため、彼は 荷を積んだボートを引き下ろすインクライン (inclined plane) の建設を決意した。 ボートはインクラインの頂上にある二基ある水門の一つに進入し、 隔室から水が貯水池にくみ上げられ、その結果、タブ・ボートがクレイドル (かご、cradle) に横たわることになった。 インクラインには二つの軌道があり、 荷を積んだボートが一つの軌道を降下するときに、 もう一つの空、あるいは少し荷を積んだ上昇するボートが釣り合いを取ることになった。 ボートを固定するために使用されたロープや鎖は一つの巻き上げドラムに 接続され、巻き上げドラムはインクラインの頂上にかけられた構造物の内部に 格納されていた。 操作はウィンドラス (巻き上げ機) で制御され、これはブレーキの役割をした。 そして蒸気の揚水エンジンは水を運河に戻すのに使用された。 建設時には、200 人から 300 人の労働者が計画に従事した。 リーの百科事典 (Ree's Cyclopedia) で公表されている同時代の報告では、 運河沿いの幾つかの湾曲部にサイド・レールが設置されていたことが言及されている。 これにより一編成のタブ・ボートが一匹の馬で牽引されるときに 湾曲部で誘導された。 インクラインの基底部から運河が継続し、60 ヤード (55 m) のトンネルを通過して、 ウェアハウス・プールに到着し、ここに工場があった。

訳注
水門の箇所が読みづらいですが、次のようになっているようです。 水門にはゲートが 2 つありますが、後方のゲートが運河につながり、前方のゲートがインクラインに接続しています。 始めは後方のゲートが開いており、ボートがそのまま隔室に進入できる。そのあとで後方のゲートを閉じて、 隔室の水を揚水エンジンで運河に汲み戻して、隔室を空にする。 ボートには車輪が付いており (シュロップシャー運河参照)、 隔室の水を抜くときに、ボートの車輪が隔室の下に敷設してあるレールに載るようにする。 あとは前方のゲートを開ける。これで前方へ進めば インクラインの上に出て、重力で下る。軌道は上りと下りが対になっていて下りの水門のゲートを開ける時に上りの水門のゲートも 開けておかないと、上昇してくるクレードルの入り場所がなくなる。これでほぼ水の損失が無いように見えますが、 水門のゲートは多少水が漏れるので、わずかですが水の損失があります。(前方のゲートからインクラインに水が漏れる。) この時点では蒸気エンジンの動力を回転運動に使用していません。ワットの回転エンジンは 1782 年の発明ですが、 この時点ではまだ利用可能ではなかったようです。しかしウィリアム・レイノルズが 1792 年に建設する ヘイ・インクラインでは 回転ビーム・エンジンを使用しています。このことに関してはシュロップシャー運河を参照のこと。

インクラインのレールは断面が L 字型をしており、 鋳鉄で製造され、システムはうまく動作した。 1789 年にジェームス・ワットにあてた手紙で、 レイノルズは次のように書いている:

我々のインクラインは私の最も楽観的な期待に応えている。... 我々は 1 日あたり 40 台以上のボートを降下させており、 1 台あたり 8 トンを積んでいる。-- 平均すればおよそ 30 台のボートを降下させているが、 まだ事故はありません。

インクラインでボートを運ぶシステムはこれ以前に一度英国で試みられており、 場所はアイルランドのタイローン (Tyrone) のダカートの運河 (Dukart's Canal) であった。これは失敗であった。 しかしながらレイノルズのインクラインはケットリー工場が 1816 年に 閉鎖されるまでの 28 年間動作し続けた。 運河を建設してから、 レイノルズと他の何人かは、 シュロップシャー運河の建設を続けた。 シュロップシャー運河はケットリー運河とオーケンゲーツ側の端で接続されていた。 新しい運河の水位はケットリー運河の水位よりも 1 フィート (0.3 m) 高く、 水門がジャンクションの近くで建設された。 シュロップシャー運河でもインクラインが建設されたが、 レイノルズは彼のデザインを修正し、 水門の隔室とゲートを逆向きのスロープで置き換えた。

ケットリー鉄工場が閉鎖後、1818 年までにインクラインは使用されなくなったが、 ケットリー運河とケットリー邸宅の近くの石炭波止場は 1842 年にも いまだに使用され、1880 年代に至るまで最終的に見捨てられることはなかった。

今日では運河には何も残されていないが、インクラインの坂はいまだに見ることができ、 運河がケットリー邸宅の近くを通過した上層部の痕跡がある。

位置
地点 座標
オーケンゲーツにおける元々の開始店 52.6954°N 2.4503°W
ケットリーにおける元々の終了点 52.6964°N 2.4719°W